抽選でAmazonギフト券5000円が当たる!アキバ総研アンケート実施中

6つの美術館が連携して実現した「富野由悠季の世界」展の道のりを、学芸員・山口洋三が振り返る【アニメ業界ウォッチング第84回】

2021年11月20日 11:001
6つの美術館が連携して実現した「富野由悠季の世界」展の道のりを、学芸員・山口洋三が振り返る【アニメ業界ウォッチング第84回】

富野由悠季監督のアニメ作品を、テーマごとに深く掘り下げた展覧会「富野由悠季の世界」が、現在、北海道立近代美術館で開催中だ(2022年1月23日まで)。
2019年6月に福岡市美術館からスタート、兵庫県、島根県、静岡県、富山県、青森県と6つの美術館を巡回してきた「富野由悠季の世界」は、さらに新潟県と北海道を加えて、3年近くも続いている。企画の初期から携わってきた福岡市美術館 学芸係長の山口洋三さんに、「富野由悠季の世界」展がこれほど大きな規模になった理由を聞いてみた。はたして、アニメ作品は“アート”になり得たのか?

ただアニメの制作資料を並べるだけでは、“富野由悠季”の展覧会にはならない


── 山口さんは福岡市美術館の学芸係長という立場ですが、そもそも美術館の学芸員は、どういう仕事をしているのですか?

山口 美術作品の収集と保存管理です。館の方針にしたがって作品を集めて、適切に保存しながら、展示をしていく。いわゆる、常設展示の開催ですね。そうした基本的な仕事のほかに、企画展があります。その美術館の収蔵していない作品を借りてきて、テーマに従って企画展を開催することも仕事です。学芸員によって専門分野は異なり、私の場合は現代美術が専門です。いま活躍している作家の作品を収集して、展覧会につなげたりします。

── 無論、かなりの専門知識が必要な仕事だと思いますが……。

山口 福岡市の場合は、文化学芸職という文化財に関わる役職があって、その採用試験に合格する必要があります。

── では、「富野由悠季の世界」展を企画しはじめた発端を聞かせてください。

山口 青森県立美術館に、工藤健志さんという学芸員がいます。工藤さんとは以前から顔見知りで、2014~2015年に「成田亨 美術/特撮/怪獣」という展覧会を共同で開催した縁もあり、「また一緒に何かやりたいね」という話をしていました。私も工藤さんも、もともとアニメやプラモデルへの興味が強くて、特に工藤さんはそうした分野の展覧会に多く携わってきた方です。その工藤さんから「富野由悠季をテーマにした展覧会はできないだろうか」と、相談されました。その時点では「そんなの、どうすればできるんだろう?」という感じで、お互いに具体的な内容までは想像していなかったと思います。おそらく、設定画やセル画を展示することになるだろうけど、単に資料を並べるだけでは富野由悠季というアニメ監督の展覧会にはならない。富野監督自身が、絵を描くわけではないからです。だけど、たとえば『機動戦士ガンダム』(1979年)のアムロ・レイというキャラクターは富野監督の指示があって、初めて形になったはずだ……という予想がありました。アニメ作品において、監督のディレクションなしに表現されるものは何もないのではないか。そうした監督の意図を解説していけば、展覧会が成立するのではないかと思いました。
とはいえ、「これなら必ず実現する」と確信できたのは、富野監督がご自分で保管されていた資料を提供していただけることに決まったときです。作品が形になる前の、監督自身の意図やアイデアの断片を整理して展示できるなら、ちゃんと“富野由悠季展”になる。監督の提供してくださった資料を実際に見てみると、スケッチや絵コンテがたくさんありました。全部を確認するのに、3~4人がかりで2週間かかりました。サンライズさんや手塚プロダクションさん、東北新社さん、日本アニメーションさんに加え、クリエイターの皆さんなどからも大量に資料をお借りして、展示した数は公称3,000点にのぼります。『∀ガンダム(ターンエーガンダム)』(1999年)や『OVERMANキングゲイナー』(2002年)の頃はデジタルによる制作が進んでおり、データ資料もかなり増えています。会場では映像もたくさん流していますから、それらも含めると、実際には3,000点を超えていると思います。各館の学芸員で作品を分担して受け持ち、監督の意図がどのような形で制作資料に現れているか、それを最重視して全体を構成しました。いっぽうで、安彦良和さんや湖川友謙さんをはじめとするスタークリエイターたちの絵を見たいというニーズも無視できませんから、視覚的に華やかになるよう、脇を固めていきました。

▲ 第1会場 福岡市美術館

── 企画を動かすためには、富野監督やサンライズとの交渉が必須だったと思うのですが?

山口 それが、話を持っていった当初、監督はなかなか首を縦に振ってくれませんでした。

画像一覧

  • 6つの美術館が連携して実現した「富野由悠季の世界」展の道のりを、学芸員・山口洋三が振り返る【アニメ業界ウォッチング第84回】

  • 6つの美術館が連携して実現した「富野由悠季の世界」展の道のりを、学芸員・山口洋三が振り返る【アニメ業界ウォッチング第84回】

関連作品

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム

放送日: 1979年4月7日~1980年1月26日   制作会社: サンライズ
キャスト: 古谷徹、池田秀一、鈴置洋孝、鵜飼るみ子、白石冬美、井上瑤、古川登志夫、鈴木清信、戸田恵子、潘恵子、永井一郎
(C) 創通・サンライズ

伝説巨神イデオン

伝説巨神イデオン

放送日: 1980年5月8日~1981年1月30日   制作会社: サンライズ
キャスト: 塩屋翼、田中秀幸、戸田恵子、井上瑤、白石冬美、松田辰也、井上和彦、塩沢兼人、佐々木秀樹、よこざわけい子、山田栄子、林一夫、一龍斎春水、石森達幸、加藤精三、木原正二郎、鵜飼るみ子
(C) サンライズ

重戦機エルガイム

重戦機エルガイム

放送日: 1984年2月4日~1985年2月23日
キャスト: 平松広和、本多知恵子、大塚芳忠、川村万梨阿、速水奨、木下由美、豊田真司、堀部隆一、島津冴子
(C) 創通・サンライズ

海のトリトン

海のトリトン

放送日: 1972年4月1日~1972年9月30日
キャスト: 塩屋翼、広川あけみ、北浜晴子、八奈見乗児、杉山佳寿子、渡部猛、増岡弘、塩見竜介、滝口順平、矢田耕司、中西妙子、柴田秀勝
(C) ウエスト・ケープ・コーポレーション

OVERMAN キングゲイナー

OVERMAN キングゲイナー

放送日: 2002年9月7日~2003年3月22日   制作会社: サンライズ
キャスト: 野島裕史、かわのをとや、小林愛、鬼頭典子、子安武人、水城レナ
(C) SUNRISE・BV・WOWOW

機動戦士ガンダムZZ

機動戦士ガンダムZZ

放送日: 1986年3月1日~1987年1月31日   制作会社: サンライズ
キャスト: 矢尾一樹、鈴置洋孝、岡本麻弥、菊池正美、森しん、塩屋浩三、原えりこ、松井菜桜子、堀内賢雄、戸谷公次、門間葉月、榊原良子、カシワクラツトム、本多知恵子
(C) 創通・サンライズ

劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

上映開始日: 1988年3月12日   制作会社: サンライズ
キャスト: 古谷徹、池田秀一、鈴置洋孝、榊原良子、白石冬美、川村万梨阿、弥生みつき、佐々木望、山寺宏一、伊倉一恵、安達忍、潘恵子
(C) 創通・サンライズ

ガンダム Gのレコンギスタ

ガンダム Gのレコンギスタ

放送日: 2014年10月3日~2015年3月27日   制作会社: サンライズ
キャスト: 石井マーク、嶋村侑、寿美菜子、逢坂良太、佐藤拓也、高垣彩陽、福井裕佳梨、井荻翼
(C) 創通・サンライズ

機動戦士Zガンダム

機動戦士Zガンダム

放送日: 1985年3月2日~1986年2月22日   制作会社: サンライズ
キャスト: 飛田展男、池田秀一、松岡ミユキ、岡本麻弥、鈴置洋孝、井上和彦、島津冴子、藤代佳代子、郷里大輔、榊原良子、小杉十郎太
(C) 創通・サンライズ

∀ガンダム

∀ガンダム

放送日: 1999年4月9日~2000年4月14日   制作会社: サンライズ
キャスト: 朴璐美、高橋理恵子、村田秋乃、青羽剛、福山潤、渡辺久美子、稲田徹、小山剛志、子安武人、石丸博也
(C) 創通・サンライズ

戦闘メカ ザブングル

戦闘メカ ザブングル

放送日: 1982年2月6日~1983年1月29日   制作会社: サンライズ
キャスト: 大滝進矢、横尾まり、島津冴子、古川登志夫、山下啓介、TARAKO、二又一成、銀河万丈、塩沢兼人
(C) 創通・サンライズ

聖戦士ダンバイン

聖戦士ダンバイン

放送日: 1983年2月5日~1984年1月21日
キャスト: 中原茂、川村万梨阿、土井美加、あたか誠、高田由美、田中正彦、速水奨、逢坂秀実、西城美希、立木文彦、大塚智子、横尾まり、高橋美紀、色川京子、佐々木るん、火野カチ子、曽我部和恭、大木正司、若本規夫
(C) 創通・サンライズ

ブレンパワード

ブレンパワード

放送日: 1998年4月8日~1998年11月11日   制作会社: サンライズ
キャスト: 白鳥哲、村田秋乃、朴璐美、青羽剛、渡辺久美子、磯辺万沙子、名越志保、佐古正人、堀部隆一
(C) サンライズ

さすらいの太陽

さすらいの太陽

放送日: 1971年4月8日~1971年9月30日   制作会社: 虫プロダクション
キャスト: 藤山ジュンコ、嘉手納清美、平井道子、井上真樹夫、富田耕生、来宮良子

勇者ライディーン

勇者ライディーン

放送日: 1975年4月4日~1976年3月26日
キャスト: 神谷明、高坂真琴、芝田清子、井上真樹夫、山下啓介、太地琴恵、西川幾雄、木原正二郎、日比野美佐子、市川治、相模太郎、仁内建之、肝付兼太、滝口順平、加藤精三、飯塚昭三
(C) 東北新社

無敵超人ザンボット3

無敵超人ザンボット3

放送日: 1977年10月8日~1978年3月25日
キャスト: 大山のぶ代、森功至、松尾佳子、永井一郎、川島千代子、鳳芳野、古川登志夫、渡部猛、島田彰
(C) 創通・サンライズ

無敵鋼人ダイターン3

無敵鋼人ダイターン3

放送日: 1978年6月3日~1979年3月31日
キャスト: 鈴置洋孝、井上瑤、水野カコ、白石冬美、北村弘一、信澤三惠子
(C) 創通・サンライズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

コメント(1)
多摩境駅前商店街多摩境駅前商店街2021/11/21 06:17

とはいえ、東京にも、せめて東京近隣でも開催してほしい。

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事