“やられメカ”から世界観を構築する――。出渕裕の仕事と美学【アニメ業界ウォッチング第57回】

2019年08月31日 12:000
“やられメカ”から世界観を構築する――。出渕裕の仕事と美学【アニメ業界ウォッチング第57回】

出渕裕氏のデザインしたロボットといえば、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」(1988年)のνガンダム、「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」(1989年)のアレックス、「機動警察パトレイバー」(1988年)のイングラムなど、現在でも新たに商品化される超人気メカが多い。
しかし、10代でアニメ業界に出入りするようになった出渕氏は主役ロボットではなく、1話かぎりで倒されてしまう敵側のロボット、俗に言う“やられメカ”専門のデザイナーとして制作現場で重宝された。その長い仕事歴の裏には、物語や作品に対する独特の美学が息づいていた。

僕が描いていたのは、絵コンテ用のアイデアラフだった


── 出渕さんが敵メカをデザインしたのは、「闘将ダイモス」(1978年)が最初でしたね。デザインするとき、長浜忠夫監督から何か特別なオーダーはあったのでしょうか?

出渕 最初、「ダイモス」の敵メカは、聖悠紀さんが描いてらしたんです。ただ、聖さんは宇宙船などは描けても、敵メカはあまり得意ではないようでした。次に蛭田充さんが敵メカを描いて、その後を自分が引き継いだ形です。受験生だったころ、ファンとしてスタジオ見学に行ってそれまで描いていたものを見せたら、「やりませんか?」と声をかけてもらった感じです。長浜さんは裏表のない人ですから、こちらで描いたものを「いいねえ」とストレートに誉めてくれて、それですっかり気分がよくなってしまって(笑)。今にして思うと、長浜さんは山田風太郎の小説に出てくるような怪忍者のような、毎回違う殺陣を構成できるアイデアが欲しかったのでしょうね。

── 当時のロボットアニメは、主役メカはスポンサーさえ許可すれば、後は何も問われなかったと思うのですが?

出渕 ええ、確かに「ダイモス」はそうでした。しかし、長浜さんが唯一、主役メカに注文をつけたのが「ダイモス」だったと聞いています。「顔をゴツくしないでほしい、シャーキン(「勇者ライディーン」のプリンス・シャーキン)みたいなスマートな顔にしてほしい」と注文したんだそうです。でも、体はトレーラーですからね。なんかアンバランスで(笑)。当時の主役メカとしては、ちょっと異色な顔面ではないでしょうか。

── 「ダイモス」の後が「未来ロボ ダルタニアス」(1979年)、「宇宙大帝ゴッドシグマ」(1980年)と、毎年、敵メカを専門的にデザインするようになりますね。

出渕 そうは言っても、僕は絵を描くのが好きなだけのド素人。それと、意外に思われるかもしれませんが、主役メカをデザインしたいなんて微塵も思っていませんでした。「仮面ライダー」で言うと、新しいライダーを自分で考えるよりも、脳内で新ショッカー怪人やデストロン怪人を考えるのが好きな子どもでしたからね。当時、大河原邦男さんから「出渕くんも主役メカをデザインできるようにならないとね」と言ってもらえて、「そうですね、ありがとうございます!」なんて答えながらも、内心では「本当は敵側だけやっていたいんだけどなー」と思っていました(笑)。

── どうして、主役メカはイヤだったのですか?

出渕 うーん……。多分、自分からすると、つまらなかったからでしょうね。作品の世界観をつくるのは、(単一のヒーローではなく)たくさん出てくるキャラクターだと思うんです。戦隊ヒーローでいうと、戦闘員こそが作品の世界観を体現している……と考える性質なので。「機動戦士ガンダム」だって、あの世界を代表しているのは、ガンダムではなくてザクですよね。汎用性があって、視聴者が作品のイメージをつかみやすいアイコンができれば、8割方、僕らの仕事はうまくいくんです。本当は「ダイモス」の敵メカにはみんな翼をつけたほうが良いのに、と思っていました。

── ああ、敵のバーム星人は羽が生えていますからね。

出渕 そう、別に飛ばなくてもいいから、デザインとして翼を背負っていたほうが、統一感が出ますよね。途中からの参加だったので、既にその案は実現できない感じでした。最初から参加していればそのように提案したはずだし、何体かは翼のある敵メカも描きました。あと、「ダイモス」は途中から、敵メカが単なる「戦闘ロボ」から「メカ戦士」に強化されたんです。それで、ビジュアル的に合体メカのようなコンセプトを打ち出した感じでした。……確か、美形のゲストキャラが出てきたときには、更にスペシャルな敵メカ感が出るように心がけたかな。「ダイモス」は、長浜さんが女性ファンを意識したせいで、美形キャラのゲストが多かったんですよね。

── 敵メカはプロットを読んで、デザインしていたのですか?

出渕 プロットというか、シナリオの第1稿です。今のように熟考する時間はなくて、発注から数日でアップしないといけませんでした。何しろ敵メカというのは、毎週出てきますから。ただ当時はラフデザインで良く、コンテマンが「こんな殺陣ができるよね」と芝居を組み立てるためのアイデアを提供するという側面も強かったですね。(作画監督の)金山明博さんが描きやすいように、こちらのラフデザインをクリンナップしてくれるシステムでした。自分で清書するようになったのは、「無敵ロボ トライダーG7」(1980年)からですね。ですから、「ダイモス」で僕が描いていたデザイン画は、飽くまで作画用のアイデアラフといった感じです。当時はデジタルではないし、今のように整えられた線ではなく、鉛筆タッチでもドンと来いというタイプの作画マンが多かった気がします。

── 敵メカの中には、「スター・ウォーズ」に登場したダース・ベイダーやストームトルーパーのパロディまでありましたね。

出渕 それは「最強ロボ ダイオージャ」(1981年)の頃ですね。「ダイオージャ」は宇宙の水戸黄門なんだから、そういう敵がいても許される世界観だろう、と勝手に解釈して。確か吾妻(ひでお)さんのパロディもやった気が……。良くも悪くも、おおらかな時代だったんですよ(笑)。
その頃の僕は、ずっとサンライズの第2スタジオにお世話になっていました。「ダルタニアス」の途中で長浜さんが抜けて、監督が(佐々木)勝利さんに代わって、その後、「トライダー」も「ダイオージャ」も勝利さんが監督でした。そのあとで2スタへ新しい路線として入ってきたのが、富野(由悠季)さん。そのまま僕は、「戦闘メカ ザブングル」(1982年)に参加するわけです。つまり、僕が作品ごとに移動したのではなく、2スタの作品や人が入れ替わっていったわけです。特に、人とのつながりが大きいと思います。「ダルタニアス」までのサンライズ2スタは、東映の下請けというか制作現場でしたから、後に戦隊物に呼んでくださる鈴木武幸さんとか飯島敬さんといった東映のプロデューサーとも知り合いになれました。

画像一覧

  • “やられメカ”から世界観を構築する――。出渕裕の仕事と美学【アニメ業界ウォッチング第57回】

関連作品

劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

上映開始日: 1988年3月12日   制作会社: サンライズ
キャスト: 古谷徹、池田秀一、鈴置洋孝、榊原良子、白石冬美、川村万梨阿、弥生みつき、佐々木望、山寺宏一、伊倉一恵、安達忍、潘恵子
(C) 創通・サンライズ

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 VOLUME I

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 VOLUME I

発売日: 1989年3月25日   制作会社: サンライズ
キャスト: 浪川大輔、辻谷耕史、林原めぐみ、鈴木健、丸尾知子、吉田小南美、秋元羊介、島田敏、島香裕、稲葉実、増岡弘、折笠愛、榊原良子
(C) 創通・サンライズ

WXIII 機動警察パトレイバー

WXIII 機動警察パトレイバー

上映開始日: 2002年3月30日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 綿引勝彦、平田広明、田中敦子、穂積隆信、森しん、森田順平、池田勝、冨永みーな、古川登志夫、池水通洋、二又一成、郷里大輔、大林隆介
(C) 2002 HEADGEAR/BANDAI VISUAL/TOHOKUSHINSHA

機動警察パトレイバー(初期OVAシリーズ)

機動警察パトレイバー(初期OVAシリーズ)

発売日: 1988年4月25日   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 冨永みーな、古川登志夫、二又一成、池水通洋、郷里大輔、井上瑤、千葉繁、阪脩、大林隆介、榊原良子
(C) HEADGEAR/BV/TFC

機動警察パトレイバー 劇場版

機動警察パトレイバー 劇場版

上映開始日: 1989年7月15日   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 冨永みーな、古川登志夫、池水通洋、二又一成、大林隆介、榊原良子、郷里大輔、井上瑤、千葉繁、阪脩、西村知道、辻谷耕史、辻村真人、小島敏彦
(C) HEADGEAR/BV/TFC 1989

機動警察パトレイバー(TVシリーズ)

機動警察パトレイバー(TVシリーズ)

放送日: 1989年10月11日~1990年9月26日   制作会社: サンライズ
キャスト: 冨永みーな、古川登志夫、池水通洋、二又一成、大林隆介、榊原良子、郷里大輔、井上瑤、千葉繁、阪脩、西村知道、よこざわけい子、合野琢真、鈴置洋孝、土師孝也
(C) HEADGEAR/BV/TFC

機動警察パトレイバー(NEW OVAシリーズ)

機動警察パトレイバー(NEW OVAシリーズ)

発売日: 1990年11月22日   制作会社: サンライズ
キャスト: 冨永みーな、古川登志夫、大林隆介、榊原良子、池水通洋、二又一成、郷里大輔、井上瑤、よこざわけい子、千葉繁、阪脩、西村知道
(C) HEADGEAR/BV/TFC

機動警察パトレイバー2 the Movie

機動警察パトレイバー2 the Movie

上映開始日: 1993年8月7日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 冨永みーな、古川登志夫、池水通洋、二又一成、大林隆介、榊原良子、郷里大輔、千葉繁、阪脩、西村知道、根津甚八、竹中直人
(C) HEADGEAR/BV/TFC/IG 1993

機動警察パトレイバーREBOOT

機動警察パトレイバーREBOOT

発売日: 2016年10月26日   制作会社: スタジオカラー
キャスト: 山寺宏一、林原めぐみ
(C) HEADGEAR/バンダイビジュアル・カラー

闘将ダイモス

闘将ダイモス

放送日: 1978年4月1日~1979年1月27日
キャスト: 神谷明、上田みゆき、曽我部和恭、勝田久、栗葉子、井上瑤、大木民夫、市川治、飯塚昭三、弥永和子、麻生美代子
(C) 東映

未来ロボ ダルタニアス

未来ロボ ダルタニアス

放送日: 1979年3月21日~1980年3月5日
キャスト: 古川登志夫、安原義人、井上瑤、飯塚昭三、潘恵子、西村知道、杉田俊也、清川元夢、市川治、藤本譲
(C) 東映

宇宙大帝ゴッドシグマ

宇宙大帝ゴッドシグマ

放送日: 1980年3月19日~1981年2月25日
キャスト: 富山敬、安原義人、玄田哲章、富田耕生、滝沢久美子、緒方賢一、吉田理保子、小原乃梨子、飯塚昭三、寺島幹夫、屋良有作
(C) 東映

無敵ロボ トライダーG7

無敵ロボ トライダーG7

放送日: 1980年2月2日~1981年1月24日
キャスト: 間嶋里美、永井一郎、藤本譲、山本相時、潘恵子、桜片達雄、馬場はるみ、村山明、杉山絹恵、古川登志夫、山下啓介
(C) 創通・サンライズ

最強ロボ ダイオージャ

最強ロボ ダイオージャ

放送日: 1981年1月31日~1982年1月30日   制作会社: サンライズ
キャスト: 古川登志夫、石丸博也、西村知道、高木早苗、滝雅也、永井一郎
(C) 創通エージェンシー・サンライズ

戦闘メカ ザブングル

戦闘メカ ザブングル

放送日: 1982年2月6日~1983年1月29日   制作会社: サンライズ
キャスト: 大滝進矢、横尾まり、島津冴子、古川登志夫、山下啓介、TARAKO、二又一成、銀河万丈、塩沢兼人
(C) 創通・サンライズ

聖戦士ダンバイン

聖戦士ダンバイン

放送日: 1983年2月5日~1984年1月21日
キャスト: 中原茂、川村万梨阿、土井美加、安宅誠、高田由美、田中正彦、速水奨、逢坂秀実、西城美希、立木文彦、大塚智子、横尾まり、高橋美紀、色川京子、佐々木るん、火野カチ子、曽我部和恭、大木正司、若本規夫
(C) 創通・サンライズ

機甲界ガリアン

機甲界ガリアン

放送日: 1984年10月5日~1985年3月29日
キャスト: 菊池英博、渕崎ゆり子、平野文、千葉繁、小林修、筈見純、兼本新吾、屋良有作、泉晶子、井上和彦、速水奨、佐藤正治、石森達幸、坂口征平、加藤精三
(C) サンライズ

機甲界ガリアン 鉄の紋章

機甲界ガリアン 鉄の紋章

発売日: 1986年8月5日

ラーゼフォン

ラーゼフォン

放送日: 2002年1月21日~2002年9月10日   制作会社: ボンズ
キャスト: 下野紘、坂本真綾、桑島法子、橋本一子、久川綾、川澄綾子、宮本充、宮田幸季
(C) 2001 BONES・出渕裕/Rahxephon project

ガサラキ

ガサラキ

放送日: 1998年10月4日~1999年3月28日   制作会社: サンライズ
キャスト: 檜山修之、高田裕司、速水奨、千葉一伸、小山武宏、こおろぎさとみ、藤生聖子、秋元羊介、安井邦彦、中田和宏、日高奈留美、菅原淳一、高山みなみ、岩永哲哉、丹下桜、神奈延年、森しん、岸野幸正、宮崎一成、徳弘夏生、金月真美
(C) サンライズ

宇宙戦艦ヤマト2199

宇宙戦艦ヤマト2199

放送日: 2013年4月7日~2013年9月29日   制作会社: AIC/ジーベック
キャスト: 菅生隆之、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、細谷佳正、赤羽根健治、國分和人、千葉優輝、チョー、田中理恵、佐藤利奈、平川大輔、藤原啓治、土田大、伊勢文秀、高城元気、山寺宏一、秋元羊介、島香裕、宮本充、江原正士、玄田哲章、石塚運昇、小川真司、井上喜久子
(C) 2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事