アニメ業界ウォッチング第18回:「オープニング・アニメの鬼才」としての苦心とよろこびとは? 梅津泰臣監督インタビュー!

アキバ総研 | 2016年02月13日 11:00
アニメ業界ウォッチング第18回:「オープニング・アニメの鬼才」としての苦心とよろこびとは? 梅津泰臣監督インタビュー!

1980年代半ばに「メガゾーン23/PartII 秘密く・だ・さ・い 」で、これまでの常識を覆すスタイリッシュなキャラクターデザインを発表、「A KITE」「MEZZO FORTE」などの18禁OVAの秀作で海外でも注目され、最近では「ガリレイドンナ」「ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル」などのオリジナル監督作で知られるアニメーター兼アニメ監督の梅津泰臣氏。

その梅津監督が、テレビアニメーション作品のオープニング、エンディングに数多く関わっていることはご存知だろうか。ここ数年、“オープニング・ディレクター”として精力的に仕事をこなす梅津監督に、視聴者を引き込むテクニックをうかがってみた。


自分のカラーを出しすぎてはいけない


──オープニング(以下、OP)については、作画のみの参加も数えると「機動戦士Zガンダム」(1985年)の頃から始まっていますね。

梅津 「Zガンダム」のOPでは、僕は作画監督として参加しました。「Zガンダム」は本編の作画には関わらず、OPのみに参加した最初の作品です。

自分の監督作「ガリレイドンナ」(2013年)はOPも絵コンテ・演出を担当しましたが、「ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル」(2014年)は、あまりに監督としての仕事が多すぎてOPに専念できず、苦肉の策でパイロットフィルムをアレンジしてOPを作るしかなかった。それを考えると、OPだけ別のディレクターに発注したい気持ちは、よくわかります。

──OP1本の制作期間は、どれくらいかかるのでしょう?

梅津 2~3か月です。OPは平均して40~50カットですが、制作期間としては十分です。「Dimension W」(2016年)のOPは70カット近くありますから、ちょっと異例ですね。

──本編とは関係なく、OPのためだけにスタッフを集めるのですか?

梅津 アニメーターに限るなら、そうなります。僕の場合、キャリアがあるので、力量のあるなじみのアニメーターが集まってくれますね。だけど、OPアニメで担当できるのは、1人のアニメーターにつき2~3カットぐらい。それでは僕の集めたスタッフだけではまかない切れないので、制作スタジオからも、アニメーターを投入します。

──どんなOPにするか、本編の監督からオーダーはあるのですか?

梅津 ケース・バイ・ケースです。完全におまかせしてくれる監督もいれば、細かく指示を出してくる監督もいます。その条件の中で、監督の要望、原作のテイスト、僕のカラーを折衷して作るんです。OPは作品の顔なので、あまり僕のカラーが出すぎて、作品の方向性から外れてはいけない。そこが何より難しい。エンディング(以下、ED)は遊んでもいいんだけど、OPはそうはいきませんから、原作を読んで設定や世界観を把握して、脚本ができていれば目を通して……その膨大な準備期間がいちばん大変です。だいたい3週間ぐらいかけて資料を読みこんで、主題歌も100回ぐらい聴いて、イメージができたら、ようやく絵コンテに入ります。いま、2本のOP・EDをかけ持ちしていますけど、キツいですね(笑)。

──準備後の作業としては、絵コンテと演出ですね。

梅津 たまに、作監と原画を兼ねることもあります。だけど、それでは僕の絵のテイストに偏ってしまうので、「終わりのセラフ」(2015年)のOPでは本編のキャラクターデザインの門脇聡くんに、作監として入ってもらっています。「BLOOD-C」(2011年)も、キャラクターデザインの黄瀬和哉くんがOPの作監をやっています。僕は、コンテと演出のみですね。

──言われてみれば、「BLOOD-C」のOPの皮膚がはがれる演出は「攻殻機動隊」っぽいですね。

梅津 よくそう言われるんですけど、あのシーンはオマージュではなく、進化の象徴なんです。はがれた皮膚がカラスに変化して、飛び去っていくところが肝なんですね。「BLOOD-C」ではスタッフクレジットの文字の一部が、血のようにジワッとにじむでしょ? あの演出も、こだわりのひとつでした。

──なるほど。ほかに、梅津さんのOPといえばダンスが入りますよね。

梅津 いや、ダンスはそんなに多くはないですよ。「Dimension W」ぐらいでしょ?

──「それでも町は廻っている」(2010年)は、ずっと踊りっぱなしでしたよ。

梅津 ああ、それは新房昭之監督から「ミュージカルにしてほしい」という要望があったからです。あの踊りは、制作スタジオの制作さんにお願いして、踊ってもらいました。

画像一覧

  • アニメ業界ウォッチング第18回:「オープニング・アニメの鬼才」としての苦心とよろこびとは? 梅津泰臣監督インタビュー!

関連作品

メガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い

メガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い

発売日: 1986年5月30日
キャスト: 矢尾一樹、川村万梨阿、塩沢兼人、宮里久美、千葉繁、速水奨、日比野朱里、榊原良子、西村朋紘、坂本千夏、井上和彦、塩屋浩三、二又一成、銀河万丈、岡和男、橋本晃一
(C) AIC

ガリレイドンナ

ガリレイドンナ

放送日: 2013年10月10日~2013年12月19日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 日高里菜、大久保瑠美、真堂圭、井上麻里奈、楠大典、神谷浩史、小山力也、桑島法子
(C) ガリレイドンナ製作委員会

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル

放送日: 2014年1月12日~2014年3月30日   制作会社: ARMS
キャスト: 田辺留依、真堂圭、東地宏樹、竹達彩奈、荒川美穂、大久保瑠美、恒松あゆみ、高木渉、諏訪部順一、井上麻里奈、若本規夫
(C) ウドパートナーズ

それでも町は廻っている

それでも町は廻っている

放送日: 2010年10月7日~2010年12月23日   制作会社: シャフト
キャスト: 小見川千明、悠木碧、櫻井孝宏、入野自由、矢澤りえか、白石涼子、杉田智和、ゆきのさつき、田村睦心、仙台エリ、松来未祐、黒田崇矢、金光宣明、桜井敏治、中博史、千葉繁
(C) 石黒正数・少年画報社/それ町製作委員会

BLOOD-C

BLOOD-C

放送日: 2011年7月7日~2011年9月30日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 水樹奈々、藤原啓治、野島健児、浅野真澄、福圓美里、阿部敦、鈴木達央、宮川美保
(C) 2011 Production I.G/Project BLOOD-C TV

幸腹グラフィティ

幸腹グラフィティ

放送日: 2015年1月8日~2015年3月26日   制作会社: シャフト
キャスト: 佐藤利奈、大亀あすか、小松未可子、井口裕香、小林ゆう、野中藍
(C) 川井マコト・芳文社/幸腹グラフィティ製作委員会

終わりのセラフ

終わりのセラフ

放送日: 2015年4月4日~2015年6月20日   制作会社: WIT STUDIO
キャスト: 入野自由、小野賢章、中村悠一、櫻井孝宏、早見沙織、岡本信彦、石川界人、井口裕香、前野智昭、鈴木達央、悠木碧、鈴村健一、種﨑敦美、石川由依、小野大輔、嶋村侑、山村響、永塚拓馬、梅原裕一郎、古木のぞみ、日笠陽子
(C) 鏡貴也・山本ヤマト・降矢大輔/集英社・終わりのセラフ製作委員会

Dimension W

Dimension W

放送日: 2016年1月10日~2016年3月27日   制作会社: オレンジ/Studio 3Hz
キャスト: 小野大輔、上田麗奈、石田彰、中村悠一、鈴木絵理、斉藤貴美子、松岡禎丞、鳥海浩輔、山下大輝、土師孝也
(C) 岩原裕二/スクウェアエニックス・DW製作委員会

関連ニュース

関連リンク

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • ニンテンドー3DS「モンスターハンター ストーリーズ」プレゼント!
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)