機動戦士ガンダム

テレビアニメ
開始時期:
1979年春
放送日:
1979年4月7日~1980年1月26日
制作会社:
サンライズ
ジャンル:
ロボット
声優:
古谷徹池田秀一鈴置洋孝、鵜飼るみ子、白石冬美、井上瑤、古川登志夫、鈴木清信、戸田恵子潘恵子永井一郎
スタッフ:
総監督:富野由悠季、企画:サンライズ、アニメーションディレクター・キャラクターデザイン:安彦良和、メカデザイン:大河原邦男、美術設定:中村光毅、動画チェック:浜津守、特殊効果:土井通明、撮影:旭プロダクション/斉藤秋男、編集:鶴渕友彰/小谷地文男、現像:東京現像所、音響監督:松浦典良、効果:松田昭彦、整音:日向国雄、録音:整音スタジオ、制作進行:豊住政弘、設定制作:円井正、プロデューサー:関岡謙渉/大熊伸行/渋江靖夫、アシスタントプロデューサー:神田豊

宇宙世紀0079。宇宙植民地(スペースコロニー)サイド3はジオン公国を名乗り、連邦軍に独立戦争をしかけてきた。サイド7に住む15歳の少年アムロは、ジオン軍の奇襲の中、モビルスーツ・ガンダムに偶然乗り込み、敵モビルスーツ・ザクを撃退する。避難民を乗せたホワイトベースは、ジオン軍の追撃をかわし、逃避の旅を続ける。迫るジオン軍の赤い彗星シャア。大人はみんな死んだ。生きのびたければ、やるしかない。アムロの意志が、ガンダムを飛翔させる!

満足度4.56
ストーリー
4.83
オリジナリティ
4.88
作画
3.92
演出
4.83
キャラクター
4.83
声優
4.75
音楽
4.46
4.38

ヒトコト (4)

評価レビュー(16)

  • アソパソマソ

    4.5言わずと知れた名作

    あえて語るまでもない有名な作品。人間対人間、思想対思想の戦争を泥臭く描いた傑作ロボットアニメ。古い作品なので、作画などを今のアニメと単純比較できませんが、ストーリーや音楽、設定、キャラクターは、ずば抜けています。1stの...>>続きを見る

    アソパソマソ 2015-02-13 12:50:34 コメント(0) いいね(1)
  • testarossa

    5.0元祖ガンダム

    ガンダムシリーズの元祖なわけですが、話は今でも楽しめます。戦争モノなので楽しいという表現は語弊があるかもしれませんが、人の生き様と死に様がてんこ盛りで熱いのです。MSの描写は年代なりで今見ると無理があります。スケジュール...>>続きを見る

    testarossa 2014-11-30 22:06:52 コメント(0) いいね(0)
  • xxxlunatixxx

    4.5今でも人気あるのはわかる

    ガデムやラルなどのおっさんキャラのセリフがいちいち熱い。物がわかってきたくらいの子供はちょうどこういうのに憧れる時期なんじゃないですかね。自分もラルやスレッガーあたりの飄々としつつちょっと男くさいキャラが好きでした。>>続きを見る

    xxxlunatixxx 2014-11-21 03:28:47 コメント(0) いいね(0)
  • mozzc

    4.5打ち切りとは思えない完成度

    最初の放送から30年以上経ってるのに、未だに毎年のようにどこかで再放送されているアニメ。さすがにメカの作画は厳しいものも見受けられるもの、大筋での展開や個々の人物の描写は上手いです。終盤は打ち切り決定からまとめたものらし...>>続きを見る

    mozzc 2014-11-12 18:40:49 コメント(0) いいね(0)
  • 兄マックス

    5.0ファーストを超える物は作れない。

    昔の富野監督の言葉だと思っているが、「ファーストを超える物は作れない。」聞いた当時は、何を言っているんだと驚きましたが、結局はそのとおりになりました。普通は、新たな高みを目指すべきなのに、あきらかに敗北宣言である。それ程...>>続きを見る

    兄マックス 2014-10-21 14:44:15 コメント(0) いいね(0)

作品詳細

原作/原案 原案:矢立肇、原作:富野由悠季 制作国 日本
主題歌 【OP】池田鴻「翔べ! ガンダム」
【ED】池田鴻「永遠にアムロ」
挿入歌 堀光一路「シャアが来る」、戸田恵子「きらめきのララァ」、戸田恵子「いまはおやすみ」
公式サイト http://www.gundam.jp/