2021年秋アニメ

最終更新日:2021年5月6日

2021年秋放送予定の新作アニメ情報をいち早くお届け! 各局の放送スケジュールやキャスト・スタッフ情報など随時更新していきます。

✔ 各社新作アニメがひと目でわかる! 配信会社比較

最速放送日  2021年10月~(放送局未定)

周囲に馴染めず、内に強い孤独を抱えた少年・結希アンジュ。 天涯孤独の身になったのを機に、故郷を離れて憧れのアーティストが活躍していた街・ハラジュクを訪れたところ、ヴィジュアル系ユニット「ECLIPSE」と「LOS†EDEN」のライブバトルに遭遇する。 エネルギッシュなステージに圧倒される中、突然激しい痛みがアンジュを襲う――

キャスト
スタッフ・制作会社
原作:上松範康/Afredes、キャラクター原案:片桐いくみ、音楽:Elements Garden 、制作会社:A-1 Pictures
最速放送日  2021年10月~(フジテレビ)

国の豊かさ、抱えている強者どもの数、 そして王様自身がいかに勇者のごとく強いか、 それらを総合的にランキングしたもの、それが“王様ランキング”である。 主人公のボッジは、王様ランキング7位のボッス王が統治する王国の 第一王子として生まれた。 ところがボッジは、生まれつき耳が聞こえず、 まともに剣すら振れぬほど非力であり、 家臣はもちろん民衆からも「とても王の器ではない」と蔑まれていた。 そんなボッジにできた初めての友達、カゲ。 カゲとの出会い、そして小さな勇気によって、 ボッジの人生は大きく動きだす———— 。

キャスト
日向未南、村瀬歩
スタッフ・制作会社
原作:十日草輔(ビームコミックス/KADOKAWA刊)、監督:八田洋介、副監督:今井有文、シリーズ構成:岸本卓、キャラクターデザイン・総作画監督:野崎あつこ、サブキャラクターデザイン・総作画監督:河毛雅妃、チーフ演出:渕上真、メインアニメーター:大城勝/小笠原真/藤井望、美術監督:金子雄司、美術設定:藤井一志、色彩設計:橋本賢、撮影監督:出水田和人/上田程之、編集:廣瀬清志、音楽:MAYUKO、音響監督:えびなやすのり、音響効果:緒方康恭、アニメーションプロデューサー:岡田麻衣子 、制作会社:WIT STUDIO
放送スケジュール
地上波・BS・CS 放送スケジュール
フジテレビ2021年10月~
「王様ランキング」公式サイト 「王様ランキング」公式Twitter

(C) 十日草輔・KADOKAWA刊/アニメ「王様ランキング」製作委員会

最速放送日  2021年10月~(放送局未定)

キャスト
スタッフ・制作会社
原作:盆ノ木至(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)、監督:神志那弘志、シリーズ構成:菅原雪絵、キャラクターデザイン:中野繭子 、制作会社:マッドハウス
「吸血鬼すぐ死ぬ」公式サイト 「吸血鬼すぐ死ぬ」公式Twitter

(C) 盆ノ木至(秋田書店)/製作委員会すぐ死ぬ

最速放送日  2021年秋~(放送局未定)

西暦2061年、日本は支配された。 4つの世界主要経済圏によって分割統治されるに至り、日本人は隷属国の人間として虐げられる日々を送っていた。 日本は各経済圏が投入した人型特殊機動兵器 AMAIM が闊歩する世界の最前線となった。 機械好きの少年、椎葉アモウは、ある日、自律思考型AI「ガイ」と出会う。 これをきっかけに、アモウは日本を取り戻すための戦いに身を投じることになる。 自ら組み上げた AMAIM「ケンブ」に乗って。

スタッフ・制作会社
監督:羽原信義、シリーズ構成:木村暢、キャラクターデザイン:大貫健一、メカニックデザイン:小柳祐也/海老川兼武/寺岡賢司/形部一平、メカニックデザインスーパーバイザー:奥山清行、音楽:ラスマス・フェイバー 、制作会社:SUNRISE BEYOND
最速放送日  2021年10月~(放送局未定)

キャスト
スタッフ・制作会社
原作:柳野かなた(オーバーラップ文庫刊)、キャラクター原画:輪くすさが、監督:信田ユウ、シリーズ構成:髙橋龍也、キャラクターデザイン:羽田浩二 、制作会社:Children’s Playground Entertainment
「最果てのパラディン」公式サイト 「最果てのパラディン」公式Twitter

(C) 柳野かなた・オーバーラップ/最果てのパラディン製作委員会

最速放送日  2021年秋~(放送局未定)

遠い未来。人類は岩盤に隔てられた「コロニー」で肩を寄せ合い生きていた。 コロニーの外には危険な未開地帯「ラビリンス」が広がり、命を懸けて「ラビリンス」を開拓する者たちは、未開に印付ける者、すなわち「マーカー」と呼ばれた。 マーカーになりたい少女・メメンプー、マーカーをやめた男・ガガンバー。 そんな凸凹な父娘が今、ラビリンスに挑む!

キャスト
天希かのん、東地宏樹、花澤香菜、豊永利行、緑川光、津田美波
スタッフ・制作会社
原作:コロニー大会議、原案:戌井猫太郎『削岩ラビリンスマーカー』 (エブリスタ)、キャラクター原案:岩原裕二、監督:和田純一、助監督:三塩天平、シナリオ:永井真吾/望月真里子/根元歳三、アニメーションキャラクターデザイン:望月俊平、コンセプトデザイン:幸田和磨、カイジュウコンセプトデザイン:河森正治、カイジュウ・メカニックデザイン:大河広行、メカニックデザイン:ブリュネ・スタニスラス、プロップデザイン:石本剛啓/森岡賢一、美術設定:坂本竜、美術監督:大西穣、色彩設計:長谷川美穂、撮影監督:志村豪、編集:松本秀治、3DCGディレクター:後藤浩幸、2Dワークス:中村倫子、音響監督:木村絵理子、音楽:加藤達也、音響制作:東北新社、音楽制作:ランティス 、制作会社:サテライト
主題歌
【OP】遠藤正明「恍惚ラビリンス」
【ED】MindaRyn「Shine」
最速放送日  2021年10月~(放送局未定)

紅葉と共に桜が咲き誇るシキザクラの地― 現世と異界の交わる特別な場所で、人の世を救うための儀式が行われようとしていた・・・ 高校生の『三輪 翔(ミワ カケル)』は、 異界から現れ人を喰らう『オニ』と、パワードスーツとの争いに巻き込まれる。 人に取り憑き、現世に顕(あらわ)れようとするオニ。 人々をオニから守ることができるのは、古代の秘術と最新技術が融合したパワードスーツ『ヨロイ』のみ。 翔は、ひょんなことからパワードスーツを身にまとい、オニと戦うチームのイレギュラーなメンバーとなる。 ヒーローになる決意をした翔は、世界を救う宿命の巫女『明神 逢花(ミョウジン オウカ)』を守りオニと戦う。 シキザクラの季節。 紅葉と桜吹雪の中で、逢花は巫女として舞う。 過去と未来、現世と異界、想いと願いが交差する、活劇英雄譚(ヒロイックアクション)、ここに開幕!

キャスト
野田雄大、茉白実歩、中元大介、水上翔斗、坂崎絵理、落合菜月、米山伸伍、矢方美紀、新井ユウト、イヲリ
スタッフ・制作会社
原作:サブリメイション、総監督:須貝真也、監督:黒﨑豪、シリーズ構成:永川成基、原案デザイン:井上涼雅、キャラクターデザイン:中武学、CGディレクター:佐藤真/佐藤悠、モデルチーフ:本田崇、美術監督:小島俊彦、色彩設計:野地弘納、撮影監督:山﨑忠明、編集:神野学、音響監督:齋藤匠、録音スタジオ:東海サウンド、音楽:chick tack corea、キャスティング:TYK Promotion、制作協力:K&Kデザイン 、制作会社:サブリメイション
主題歌
亜咲花「BELIEVE MYSELF」
最速放送日  2021年10月~(放送局未定)

糸巻商社入社2年目、早く一人前になりたい五十嵐双葉。 ちょっとガサツだけど面倒見のいい先輩・武田晴海。 双葉は武田先輩をうざいと思いながらも、 本当はまんざらでもない様子だったり、 でもやっぱり本当にうざいときもあったり…

キャスト
「先輩がうざい後輩の話」公式サイト 「先輩がうざい後輩の話」公式Twitter

(C) しろまんた・一迅社/先輩がうざい製作委員会

最速放送日  2021年秋~(放送局未定)

時は大正――。 金持ちの家に生まれ、何不自由なく育ってきた志磨珠彦は、 大事故に遭い、右手の自由と父の期待、そして母を失う。 養生という名目で田舎に厄介払いされ、 いつしか世の中すべてを嫌う厭世家(ペシミスト)になっていた。 そんな彼のもとへ、夕月と呼ばれる少女がやってくる。 珠彦の世話をするために父があてがった、妻だった。 最初は夕月をうっとうしく思っていた珠彦だが、 次第にその笑顔と優しさに心を開いていき――。 果たして、二人は本当の夫婦になれるのか。 大正ノスタルジック・ラブストーリー、開演!

キャスト
スタッフ・制作会社
原作:桐丘さな(集英社 ジャンプコミックス刊)、監督:羽鳥潤、シリーズ構成・脚本:福田裕子、キャラクターデザイン:渡辺まゆみ、音楽:高梨康治、美術監督:松本浩樹、色彩設計:瀬戸治子、撮影監督:坪内弘樹、編集:村井秀明、音響監督:郷文裕貴、音響効果:山田香織、音響制作:ビットグルーヴプロモーション、音楽制作:ポニーキャニオン 、制作会社:Synergy SP
「大正オトメ御伽話」公式サイト 「大正オトメ御伽話」公式Twitter

(C) 桐丘さな/集英社・大正オトメ御伽話製作委員会

最速放送日  2021年10月~(放送局未定)

キャスト
スタッフ・制作会社
原作:アネコユサギ(MFブックス『盾の勇者の成り上がり』/KADOKAWA刊)、原作イラスト:弥南せいら、監督:神保昌登、シリーズ構成:小柳啓伍、キャラクターデザイン:諏訪真弘、総作画監督:諏訪真弘/世良コータ、デザインリーダー:高倉武史、プロップデザイン:ヒラタリョウ/みき尾、衣装デザイン:藤木かほる、美術監督:佐藤勝、美術デザイン:小倉奈緒美、3DCGディレクター:郷博、3DCG:ENGI&GOES、2Dアーティスト:hydekick、モーショングラフックス:上村秀勝、色彩設定:松山愛子、撮影監督:梶原幸代、編集:須藤瞳、音響制作:グロービジョン、音響監督:郷文裕貴、音楽:Kevin Penkin、音楽プロデューサー:植村俊一/飯島弘光 、制作会社:キネマシトラス、DR MOVIE
過去作「盾の勇者の成り上がり」レビューピックアップ
  • 最初の数話は、このどん底からいかにして主人公が這い上がれるかというところにフォーカスしており、周囲の悪意を全身に受けつつも、なんとか這い上がってくるあたりは、最近のアニメにはない新鮮さを感じました。
最速放送日  2021年10月~(放送局未定)

「空間震」という未曾有の災害を伴い、隣界より顕現する少女たち――精霊。 災厄とまで呼ばれるほど圧倒的な能力を有した彼女たちに対して、人類は対処に追われ続けていた。 精霊に対抗するに当たり、人類に可能な手段は、武力をもって精霊を殲滅する、もしくは―― 「デートして、デレさせる」! デレて好感度MAXに達した精霊とキスをすることで、彼女たちの霊力を封印し、己の力にも転換できる――そんな異能の力を持った五河士道。精霊たちを闘争のスパイラルへと巻き込む元凶となっている強大すぎる霊力を抑え、ときに彼女たちを守るためその力を行使することで、士道は夜刀神十香を始めとした精霊たちを次々と救っていった。 人類の前に初めて精霊が出現して数十年。人類と精霊の関係性や対処法も人知れず変容していた…… 士道に救われた数々の精霊たちと、まだ見ぬ精霊たち。 そして、士道を含む<ラタトスク>とは異なる手段を以て、精霊たちと対峙する者たち。つかの間の静寂を破り…… 士道たちの戦争<デート>が、また始まる――

キャスト
スタッフ・制作会社
原作:橘公司/原作イラスト:つなこ(株式会社KADOKAWA ファンタジア文庫刊)、監督:中川淳、シリーズ構成:志茂文彦、キャラクターデザイン:中村直人、音楽:坂部剛 、制作会社:ギークトイズ
過去作「デート・ア・ライブ」レビューピックアップ
  • 間違いなく言えることは、キャラクターの美しさと言った意味では、ヒロインの「夜刀神 十香」などは、この時期にあったアニメの中でも屈指だと思います。
  • 可愛いキャラが、多く目を惹いた作品でした。しかし、見たり見なかったりでしたが、面白い話もありましたが、中々全部を見る気にならなかった。
「デート・ア・ライブIV」公式サイト 「デート・ア・ライブIV」公式Twitter

(C) 2021 橘公司・つなこ/KADOKAWA/「デート・ア・ライブⅣ」製作委員会

最速放送日  2021年秋~(放送局未定)

スタッフ・制作会社
原作:菅野文『薔薇王の葬列』(秋田書店「月刊プリンセス」連載)、監督:鈴木健太郎、シリーズ構成・脚本:内田裕基、キャラクターデザイン:橋詰力 、制作会社:J.C.STAFF
「薔薇王の葬列」公式サイト 「薔薇王の葬列」公式Twitter

(C) 菅野文(秋田書店)/薔薇王の葬列製作委員会

最速放送日  2021年10月~(放送局未定)

『俺には見える。俺が勝つ道が……』 『今度こそ奴を倒す。 だからもう一度来い…… アクセプト!「魂を賭ける者 ブルーム」!』 「王」によって統治され、すべての優劣が TCG「ビルディバイド」の強さによって決まる都市 ―「新京都」― この新京都には噂がある。 曰く「ビルディバイドで王に勝利すると、何でも望みが叶う」 そして王に挑戦するためには、「リビルド」と呼ばれる TCG バトルに参加し ―「鍵」―を完成させなければならない。 ―誰にだって叶えたい願いがある― とある目的のため、王を倒すと誓う少年・蔵部照人(くらべてると)は、謎の少女・晩華桜良(ばんかさくら)に導かれるがまま、リビルドバトルに身を投じていく。 ビルディバイドに支配された都市「新京都」を舞台に、今照人たちの戦いが幕を開ける!!

キャスト
スタッフ・制作会社
原案:河本ほむら/武野光、監督:駒田由貴、シリーズ構成:冨田頼子、キャラクターデザイン:友岡新平 、制作会社:ライデンフィルム
最速放送日  2021年10月~(放送局未定)

成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎は、ある日、一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。絵を描かない人にも刺さる熱くて泣けるスポコン美術物語!

キャスト
スタッフ・制作会社
原作:山口つばさ『ブルーピリオド』(講談社「アフタヌーン」連載)、総監督:舛成孝二、監督:浅野勝也、シリーズ構成・脚本:吉田玲子、キャラクターデザイン:下谷智之 、制作会社:セブン・アークス
「ブルーピリオド」公式サイト 「ブルーピリオド」公式Twitter

(C) 山口つばさ・講談社/ブルーピリオド製作委員会

最速放送日  2021年10月~(とちぎテレビ)

日光市に本拠を置くアイスホッケーチーム、ドリームモンキーズ。 そのドリームモンキーズが開催する体験教室の門を叩いたのは、地元に住む中学生、 愛佳と彼女に強引誘われた妹の彩佳、幼馴染みの薫子と真美。 同じ参加者には梨子と尚美の姿もあった。 練習後、皆、すっかりアイスホッケーに魅せられてしまい。 「来週も参加しようよ」と言うまでになっていた。 やがて監督の羊子から誘われて、愛佳、彩佳、薫子、そして梨子と尚美は ドリームモンキーズに正式に所属することになる。 そんな中、強豪チーム釧路スノウホワイトに所属していた有名選手、優が チームを辞めるだけでなくアイスホッケーさえも辞める決意を固め祖母の住む日光へとやってくる。 「もう二度とリンクに立つことはない」 そう思っていた優を再びリンクに引き戻したのは、羊子と愛佳達だった。 こうして優を迎えた愛佳達ドリームモンキーズ新人チーム。 練習試合、合宿などを経て、皆、それぞれ成長していき、またチームも一丸となっていく。 「心の絆でパックをつなげっ!」を合言葉に、大会に臨む愛佳達ドリームモンキーズ。 果たして、その結果は!? これは少女達の、汗と涙の成長物語なのである。

キャスト
増田里紅、本郷里実、相良茉優、北守さいか、汐入あすか、森山由梨佳、青山吉能
スタッフ・制作会社
原作:プラオレ!メディアミックスパートナーズ、原作キャラクターデザイン・原作衣装デザイン:Craft Egg、、監督:安齋剛文、製作総指揮/エグゼクティブプロデューサー:落合雅也、エグゼクティブプロデューサー:東條寛、ゼネラルプロデューサー:田中宏幸/村上浩一、プロデューサー:村上貴志/瀧田弘、シリーズ構成:待田堂子、アニメーションキャラクターデザイン:田中紀衣、音響監督:藤田亜紀子、アイスホッケー設定考証:H.C.栃木日光アイスバックス、音楽:MONACA/木皿陽平、アニメーション制作統括:山田良輔、アニメーションプロデューサー:早坂一将、協力:栃木県日光市/株式会社とちぎテレビ 株式会社エフエム栃木/CRT栃木放送 株式会社新朝プレス 、制作会社:C2C
放送スケジュール
地上波・BS・CS 放送スケジュール
とちぎテレビ2021年10月~
その他配信系 配信スケジュール
ABEMA2021年10月~
最速放送日  2021年秋~(TBS)

「私が“生きる希望”をあげる」架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。しかし、少年はそこで1羽の天使と出会う――

キャスト
スタッフ・制作会社
原作:大場つぐみ・小畑健(集英社「ジャンプSQ.」連載)、監督:髙橋秀弥、キャラクターデザイン:大舘康二、シリーズ構成:猪爪慎一、美術:草薙、CGIディレクター:池田正憲、音響監督:濱野高年、音響制作:マジックカプセル 、制作会社:Signal-MD
放送スケジュール
地上波・BS・CS 放送スケジュール
TBS2021年秋~
「プラチナエンド」公式サイト 「プラチナエンド」公式Twitter

(C) 大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会

最速放送日  2021年10月~(フジテレビ)

それは、極限の世界で戦う人々の絆の物語― この時空に存在する、無数の並行世界のひとつ― そこで人類は、戦術歩行戦闘機(戦術機)と呼ばれる人型兵器を駆り、 人類に敵対的な地球外起源種「BETA」と数十年にわたる戦いを続けていた。 滅亡の危機に追い詰められた人間たちが、 過酷な運命の中でどのような生き様をみせていくのか―

放送スケジュール
地上波・BS・CS 放送スケジュール
フジテレビ2021年10月~
最速放送日  2021年秋~(放送局未定)

舞台は、自由で陽気な海沿いの街、ネオ・サンフランシスコ。 この街に引っ越して来た心優しきムテキは、『自称DJ』のDJと出逢い、 ダンシングヒーロー・ムテキングへと変身させられる。 突如、出現したモンスターから街を救うべく、歌とダンスで立ち向かうムテキとDJだったが、 その裏には想像を絶する人類の危機が迫っていたー。

キャスト
真白健太朗江口拓也日野聡高橋李依米澤円田所あずさ愛河里花子興津和幸、京雅、木村隼人、田中美海、西山宏太朗、KENN、青山穣、松山鷹志、羽多野渉、鈴村健一
スタッフ・制作会社
原作:タツノコプロ、キャラクター原案:Utomaru、総監督:髙橋良輔、監督:サトウユーゾー、副監督:佐藤まさふみ、エグゼクティブディレクター:笹川ひろし、バトルダンスディレクター:佐藤まさふみ、3DCGディレクター:乙部善弘、シリーズ構成:近藤祐次、音楽:島崎貴光/増田武史、音楽プロデューサー:島崎貴光、音楽制作:ビクターエンタテインメント/スマイルカンパニー、音響監督:伊藤巧 、制作会社:タツノコプロ、手塚プロダクション
最速放送日  2021年10月~(放送局未定)

過去作「結城友奈は勇者である」レビューピックアップ
  • 作画や声優さんも安定していた印象ですし、BGMは鳥肌物のところが結構ありました。個人的には今季どころか、今年最高のアニメだったかもしれません。
  • キャラがかわいらしいですし、設定も楽しいし笑えるところも多く、観ていてほっとできますよ。バトルシーンも意外ときっちりできていますし、あと、香川が好きなのでそこが舞台になっているのもうれしい要素です。

トップへ戻る

ログイン