アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

アキバ総研 | 2015年07月26日 10:00
アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

メカデザイナーの仕事は、派手なロボットや巨大な戦艦などをデザインする仕事……と思われがちだ。だが、80年代にアニメ会社に就職し、玩具企画会社を経て、現在もアニメ業界で活躍する大河広行さんは「メカデザイナー」を名乗りながらも、アクション・シーンの構成や演出に近い仕事までこなす「何でも屋さん」ともういうべき多彩な職能で、アニメ業界を渡り歩いている。関わった作品は、それこそ数え切れない。

「絵を描くのが大好き」と語る大河さんは、食わず嫌いしない、貪欲な仕事歴を原動力にしている。その豊かでパワフルな生き方から、きっと元気をもらえるはず!


――動画マン出身とのことですが、もともとアニメーター志望だったのですか?

大河 いえ、漠然と「絵を描いてメシ食っていけないかな……」と思っていた程度です。高校生の頃、学校の外にマンガやアニメ好きのサークルがあって、地元の書店の社長さんがビルの最上階を開放してくれていたんですよ。ただの素人サークルが、のびのびと漫画を描けるように(笑)。そのサークルにはプロ志向の人もいて、たとえばアニメ監督になった紅優さん。そういう人もいたので、いい加減なことに「頑張れば、アニメで食えるんじゃないか」と東京に出てきました。飛び込みでスタジオを回ってみたら、シャフトが動画マンとして採用してくれたんですよ。ちょうど、「機動戦士Zガンダム」の始まった頃(1985年)でした。

――すると、シャフトで動画を担当していたわけですね。

大河 ええ。だけど、割と早い時期にぎゃろっぷに移籍したんです。ぎゃろっぷにいるとき、漫画家の知り合いが、「B-CLUB」誌に掲載されていたレイアップ(玩具企画会社)の求人広告を見て、レイアップに入社しました。僕はその頃、「メカデザイナーになりたい」と考えるようになっていて、だけど、どうすればメカデザインができるのかわからず、悩んでいました。そんなとき、今、監督になっている千明孝一さんが「ヴイナス戦記」で演出として参加していて、「大変だから手伝ってくれ」と電話をかけてきたんです。僕の中では、大河原邦男さんと安彦良和さんは神様のような人だったので、安彦さんの現場を手伝えただけで、夢がかなった気になってしまった。「これで悔いなく、アニメをやめられる」って(笑)。それでレイアップに入社し、SDガンダムを中心にした玩具デザイン、バンダイさんの女玩企画のスケッチなど、何でもやりました。12~13年ぐらい在籍していましたね。

――だけど、気持ちとしては、メカデザイナーになりたかったわけですよね?

大河 メカが主に好きでしたけど、キャラやモンスターを描くのも大好きでした。当時、バンダイのゲーム企画をレイアップで担当していて、僕はメカデザインとして関わったんです。それがモンスターもやることになって、キャラデザインも任されて、一部、マップや美術設定もやることになりました。たぶん、人手が足りなかったんでしょうね。そのあげく、「Vジャンプ」誌の鳥嶋和彦編集長に、「毎月、このゲームのカラーイラストを1枚ずつ描いてほしい」と言われて……。

――それだけ広範囲に仕事をされて、誰か師匠のような人はいなかったのですか?

大河 いえ、ほとんど独学ですね。たとえば……(と、分厚いファイルを取り出す)、この大昔のカラーイラストは、初めてMacで塗ったんです。だけど、その時はペンタブレットなんて知らなかったから、マウスで塗りました。これは、パンプレストさんの出していたガンダム・ゲーム用の下絵なんです。まだ3Dではなく、ドット絵にして動かしていた時代のものですね。モビルスーツのディテールなんかも、自分なりに考えたりして。

――これは「カードキャプターさくら」ではありませんか?

大河 20年前の古い絵なのでお恥ずかしいのですが、プライズ向けのポスターか何かの下絵でしょう。男の子向け、女の子向け……レイアップにいた頃は、ジャンルを問わずに描きましたね。僕の描いた絵がバンプレストさんでOKになると、サンライズさんや東映さんなどの版権元に渡り、現場のアニメーターが描くわけです。だから、商品用に「SLAM DUNK」の下絵なんかも描きました。


――(ファイルを見ながら)モビルスーツから美少女まで、何でもありますね。


大河 これは、プライズ向けフィギュアのポーズ参考図ですね。カプセル自体を「ガンダム」のジオラマにしちゃおうとか、たくさん企画を出すんです。ガンダム関連の僕の経歴では、「機動戦士ガンダムSEED」(2002年)のコクピットデザインが最初だと思われていますが、初めて関わったのは「機動新世紀ガンダムX」(1996年)なんです。担当者から「今度のガンダムは、コントローラーがないと動かない」「コントローラーを商品にしたい」と言われて、デザインしました。


――すると、ガンダムXのコントローラーを玩具用にデザインしたわけですね?

大河 そうです。僕の描いた三面図を元に、線を減らしたものがアニメ用設定として描かれたんだと思います。だけど、メカだけに特化していたわけではなく、レイアップ時代は知育玩具もデザインしたし、絵本も企画しましたよ。

――知育玩具なんて、何を参考にデザインするんですか?

大河 本屋で子ども向けの本を見るのはもちろん、オモチャ屋さんにも行ってみたし、育児の講習会にも行きましたね。

画像一覧

  • アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

  • アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

  • アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

  • アニメ業界ウォッチング第11回:「ガンダムではなく、ガンダムに乗るパイロットの食事をデザインする」アニメ現場の縁の下の力持ち、ベテラン・メカデザイナーの大河広行に学べ!

関連作品

戦姫絶唱シンフォギアGX

戦姫絶唱シンフォギアGX

放送日: 2015年7月4日~2015年9月26日   制作会社: サテライト
キャスト: 悠木碧、水樹奈々、高垣彩陽、日笠陽子、南條愛乃、茅野愛衣、井口裕香、石川英郎、保志総一朗、赤羽根健治、瀬戸麻沙美、小松未可子、東山奈央、赤﨑千夏
(C) Project シンフォギアGX

ノブナガ・ザ・フール

ノブナガ・ザ・フール

放送日: 2014年1月5日~2014年6月22日   制作会社: サテライト
キャスト: 宮野真守、日笠陽子、櫻井孝宏、梶裕貴、杉田智和、茅原実里、東山奈央、中村悠一、木戸衣吹、石田晴香、島﨑信長、七海ひろき、小山力也、中井和哉、松岡禎丞、奈波果林、梅村結衣、高橋紗妃、織田圭祐、下野紘、大原さやか、石川界人、近藤孝行、遠藤綾、藤原貴弘
(C) 河森正治・サテライト/ALC/GP/ノブナガ・ザ・フール製作委員会

トータル・イクリプス

トータル・イクリプス

放送日: 2012年7月1日~2012年12月23日   制作会社: ixtl/サテライト
キャスト: 小野大輔、中原麻衣、生天目仁美、能登麻美子、野川さくら、浜田賢二、大原さやか、杉田智和、小山力也、津田英三、斧アツシ、本田貴子、石原夏織、羽多野渉、田中理恵、ayami、日笠陽子、高森奈津美
(C) 吉宗鋼紀・ixtl / オルタネイティヴ第一計画

境界線上のホライゾン

境界線上のホライゾン

放送日: 2011年10月2日~2011年12月25日   制作会社: サンライズ
キャスト: 福山潤、茅原実里、沢城みゆき、田村睦心、子安武人、名塚佳織、小野大輔、黒田崇矢、東山奈央、新田恵海、井上麻里奈、真堂圭、斎藤千和、小清水亜美、悠木碧、大橋歩夕、平川大輔、森永理科、又吉愛
(C) 川上稔/アスキー・メディアワークス/境界線上のホライゾン製作委員会

境界線上のホライゾンII

境界線上のホライゾンII

放送日: 2012年7月8日~2012年9月30日   制作会社: サンライズ
キャスト: 福山潤、茅原実里、沢城みゆき、斎藤千和、小清水亜美、井上麻里奈、小野大輔、黒田崇矢、東山奈央、新田恵海、真堂圭、子安武人、名塚佳織、田村睦心、大橋歩夕、悠木碧、平川大輔、森永理科、又吉愛、白石涼子、楠大典、清水愛、真殿光昭、中原麻衣、小林ゆう、中田譲治、杉田智和、寿美菜子、白石稔、宮下栄治、田村ゆかり、白鳥哲、三宅健太
(C) 川上稔/アスキー・メディアワークス/境界線上のホライゾン製作委員会

F-ZERO ファルコン伝説

F-ZERO ファルコン伝説

放送日: 2003年10月7日~2004年9月28日   制作会社: 葦プロダクション
キャスト: 森川智之、井上喜久子、矢尾一樹、飛田展男、千葉一伸、辻親八、水樹奈々、田中秀幸
(C) Nintendo/葦プロ

関連シリーズ

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • ニンテンドー3DS「モンスターハンター ストーリーズ」プレゼント!
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)