アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由

アキバ総研 | 2017年04月22日 12:00
アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由

山本寛監督が新作のためにスタートしたクラウドファンティングの出資額が、1000万円をこえている。500人の出資者が支援しているのは、福島県いわき市を舞台にしたアニメ作品「薄暮」。6年前の震災をきっかけにスタートした山本監督の“東北三部作”のラストを飾る1本になるという。
いま、福島県を舞台にアニメ作品をつくる理由、そしてクラウドファンディングで資金を集める理由とは? 「涼宮ハルヒの憂鬱」「かんなぎ」など、かつては華やかなヒット作を世に送り出した山本寛監督。しかし、いまはシンプルでプレーンな環境を求めているようだ。ご本人に、お話をうかがった。


クラウドファンディングは“ヤマカン信任投票”


── 山本監督は、現在は個人事務所(株式会社山本寛事務所)を立ち上げてらっしゃるんですね。

山本 ええ。2015年の10月に創業したので、もう1年以上過ぎていますね。Ordet(「フラクタル」、「Wake Up, Girls!」などの制作会社)での10年間は、もうなかったことにしたいです。アニメ業界とはまったく水が合わないので、できるだけ彼らとは遠いところで生きよう、作品をつくろうと思っています。実際、アニメ監督そのものを廃業しようとも考えまして、家族会議もしました。この先、東京で何をして生きればいいのか……と考えていた頃、「つかさ製菓」という会社を経営する和田浩司さんという、まったくアニメづくりと関係のない方と知り合ったんです。知り合ったというか、僕のスタッフと仲がよかったようで、僕が「サウナに行こうぜ」とスタッフを誘うと、必ず和田さんもついてくる。僕のイベントにも来てくれる。でもね、和田さんにはアニメ業界なんかに関わってほしくなかった。僕はさんざん業界の連中に騙されたし、裏切られてきましたからね。でも結局、「それをわかったうえで、山本さんにアニメをつくってほしい」「このまま山本さんが廃業してしまうのは本当に悔しいので、ぜひ作ってください」と、和田さんは言うわけです。そこまでおっしゃるなら、いくつかある構想のうち、「薄暮」という学生時代から考えていた短編企画がありますよ、と話しました。

── それが、クラウドファンディングで出資を集めている「薄暮」の原型ですね?

山本 ええ、とりあえず小説の形にしてみたんです。だけど、アニメに出資するのは、競馬と同じようなものです。「必ず儲かる」なんて思っているから、みんな感覚がおかしくなってしまう。和田さんがパトロンになって、和田さんのためだけにつくって、和田さんの家に寄贈するのであれば、「薄暮」をつくりましょうという話を、和田さんの財務方と長い時間をかけて話しました。さすがに、相手も「うーん」と考え込みました。そんな時、「この世界の片隅に」のクラウドファンディングの話が耳に入ってきたんです。とは言え、僕の名前で集めてもお金が集まるわけがないと、その時は思いました。だけど、和田さんはとても真っ直ぐな熱意ある方で、「人間不信で生きるのはやめてください、必ずついてきてくれる人たちはいますよ」と、逆に僕を説得してくれました。直接、アニメファン1人ひとりに「あなたは何を見たくて、何を見たくないんですか? 何にハマっていて、何に飽きてるんですか?」を訴えかけるには、クラウドファンディングは向いているかもしれないと、考えるようになりました。いわば、“ヤマカン信任投票”です。


── 現在、クラウドファンディングでは1000万を超える資金を集めていますね。

山本 無一文になったんだから、裸一貫で何でもやってやろうという気持ちになれました。雨の秋葉原に立って、自分でチラシを配ったりもしましたよ。風評だとか大人の事情だとかに振り回されているファンの姿はもう見たくない。「一生懸命に作品を作るので、面白ければ評価してください」というシンプルな関係に持っていきたいんです。そのためには打てる手はすべて打つ。アニメ業界という村社会からは距離を置いて、草の根で作品づくりをする道を選びました。再スタートですね。まだ、うまくいくかはわからないです。クラウドファンディングが失敗したら、また別の手を考えなくてはなりません。

画像一覧

  • アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由

  • アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由

関連作品

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

放送日: 2006年4月2日~2006年7月2日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 平野綾、杉田智和、後藤邑子、小野大輔、茅原実里、松岡由貴、桑谷夏子、白石稔、松元惠、あおきさやか
(C) 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

らき☆すた

らき☆すた

放送日: 2007年4月8日~2007年9月16日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 平野綾、加藤英美里、福原香織、遠藤綾、今野宏美、白石稔、長谷川静香、茅原実里、ささきのぞみ、清水香里、前田このみ、西原さおり、平松広和、井上喜久子、古澤徹、小菅真美
(C) 美水かがみ/らっきー☆ぱらだいす

Wake Up,Girls!

Wake Up,Girls!

放送日: 2014年1月10日~2014年3月28日   制作会社: Ordet/タツノコプロ
キャスト: 吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑、大坪由佳、加藤英美里、津田美波、福原香織、山本希望、明坂聡美、安野希世乃、浅沼晋太郎、日髙のり子、戸松遥、花澤香菜
(C) Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会

宮河家の空腹

宮河家の空腹

配信日: 2013年4月29日~2013年7月8日   制作会社: Ordet/エンカレッジフィルムズ
キャスト: 川崎琴、島形麻衣奈、曽和まどか、岩崎可苗、小田果林、松岡禎丞、山田奈都美、関智一、立木文彦、くじら、平野綾、加藤英美里、福原香織、今野宏美
(C) 美水かがみ・角川書店/はらぺこ

フラクタル

フラクタル

放送日: 2011年1月13日~2011年3月31日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 小林ゆう、津田美波、花澤香菜、井口裕香、浅沼晋太郎
(C) フラクタル製作委員

かんなぎ

かんなぎ

放送日: 2008年10月4日~2008年12月27日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 戸松遥、下野紘、沢城みゆき、花澤香菜、星野貴紀、柿原徹也、早水リサ、中原麻衣
(C) 武梨えり/一迅社・アニプレックス

戦勇。

戦勇。

放送日: 2013年1月8日~2013年4月2日   制作会社: ライデンフィルム/Ordet
キャスト: 下野紘、中村悠一、茅野愛衣、鈴村健一、中田譲治、加藤英美里
(C) 春原ロビンソン/戦勇。製作委員会

関連シリーズ

関連ニュース

アニメニュースの新着ニュース

「捏造トラップ-NTR-」プレゼントキャンペーン 夏アニメレビュー投稿キャンペーン ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第1回 「サクラクエスト」プレゼントキャンペーン 2018 冬アニメ 2017 夏アニメ 2017 秋アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 夏アニメレビュー投稿キャンペーン
  • 「捏造トラップ-NTR-」プレゼントキャンペーン
  • 「サクラクエスト」プレゼントキャンペーン
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2017 春アニメ