デジタルと出会ってから何が変わったのか? 河森正治の発想と実験【アニメ業界ウォッチング第54回】

2019年05月30日 12:000
デジタルと出会ってから何が変わったのか? 河森正治の発想と実験【アニメ業界ウォッチング第54回】

メカニックデザイナーでありアニメーション監督でもある河森正治の過去40年間の仕事を網羅した大展示会「河森正治EXPO」の開催が、2019年5月31日に迫った。
河森正治がアニメ業界に引き起こしたブレイクスルーは数知れないが、そのひとつが1990年代前半、テレビアニメに3DCGを導入したこと。「マクロス7」(1994年)のオープニング、ダイナミックに回り込む背景に仰天した人は多いのではないだろうか? 単に新しいことにトライするというよりは、時代の変化を先読みする勘のよさ、他人が手出ししない領域に分け入る豪胆さが河森正治のクリエイティビティの根底にある。「河森正治EXPO」の準備に追われる合間をぬって、ご本人にインタビューを試みた。

1990年代半ば、「時代は変わりつつある」と実感した


── はじめてデジタルとかCGを現場に導入したとき、何かキッカケがあったのでしょうか。

河森 OVA「マクロスプラス」(1994年)をつくるとき、何度もアメリカに取材旅行へ行きました。エアーコンバットUSAで模擬空中戦を実体験したり、当時最新のコンピュータ技術を知るためにシリコンバレーの会社を取材したついでに、コロッサスという映画制作スタジオへ行きました。サンフランシスの湾岸に建っている巨大倉庫なんですけど、その中でSFX、2Dアニメーション、3DCGアニメーションを別々の2階建てのプレハブでつくっていて、とても面白いスタジオでした。当時、日本では3DCGをつくると「1分間1億円」と言われていました。ところが、コロッサスに言わせると「手で描くより安いから、CGを使ってるんだよ」……手で描くより安い? 一体、どういうことなんだ?と、とてもショックを受けました。好むと好まざるとに関わらず、いずれ3DCGとデジタル化の波は日本にもやってくるだろう。だとしたら、いち早く手をつけておきたいと高梨実プロデューサーと話して、「マクロスプラス」と「マクロス7」で、やれるところからデジタルを導入しはじめました。まだ日本では高価だったので、まずはメカニックと空間表現に3DCGを使いました。
その後、「イーハトーブ幻想~KENjIの春」(1996年)をつくる前の年、雑誌の取材で「札幌に面白いスタジオがあるけど、行ってみる?」と誘われました。その取材で訪ねたのが、サテライトです。当時のサテライトは、世界初のフル3DCGのテレビシリーズ「ビット・ザ・キューピッド」(1995年)を製作中でした。ロボットの歩き回る簡単なカットをつくっているスタッフが「入社3か月目」と聞いて、「たった3か月でカット担当か!」と驚きました。もし手描きのアニメーターだったら、原画を任されるまでに何年かかることか……。時代は変わりつつあるな、と実感しました。
そんなとき、グループ・タックの田代敦巳プロデューサーから「KENjIの春」の企画を相談されました。「ときどきサテライトという会社にCGを頼んでいて……」と聞いて「えっ、あの会社ですか? では、ぜひともサテライトにCGをお願いしましょう」といった具合に、いくつかの運が重なって、「KENjIの春」でCGをたくさん使うことになったんです。その当時はプレイステーションの立ち上げにも参加していて、翌年には「アーマード・コア」(1997年)でメカデザインを担当しました。つまり、ゲーム業界ではメカをCGで表現するのは、すでに常識になっていた。ということは、そう遠くない日に、アニメ業界も必ず同じ流れになる。だったら、ほかの作品があまりCGでは表現しないものを、あえてCGで表現したほうが有効だろうと判断したわけです。「KENjIの春」では手描きの稲を“デジタル田植え”で増やしたり、「地球少女アルジュナ」(2001年)ではバイクとバイクに乗っているキャラを同時に3DCGでモデリングしたり、鳥などの生き物もCGで動かしました。

── その当時、まだセルは使っていたのでしょうか?

河森 「KENjIの春」では従来のセルが7割、撮影までデジタル化したカットが3割でした。まだ過渡期でしたね。


── そこまでデジタル化しながらも、「アルジュナ」には岸田隆宏さんをはじめとして、松本憲生さん、大久保宏さん、錚々たるアニメーターたちが参加していて、作画パートも見どころでしたよね。デジタル処理と作画の割合は、どれぐらい計算していたのでしょう?

河森 デジタル処理でさまざまな効果を入れられることはわかっていたので、それは積極的に使っていきたい。いっぽうで、作画パートの方たちがとてもいい絵を描いてくださるので、そのよさも損なわないように……。気をつけていないと、現場で“作画vsデジタル”の構図ができやすかったのは確かです。今はそんなこと滅多にありませんけど、当時は「作画もCGもどちらも好きです」と言っても、なかなか理解してもらえなかったですね。

画像一覧

  • デジタルと出会ってから何が変わったのか? 河森正治の発想と実験【アニメ業界ウォッチング第54回】

  • デジタルと出会ってから何が変わったのか? 河森正治の発想と実験【アニメ業界ウォッチング第54回】

関連作品

超時空要塞マクロス

超時空要塞マクロス

放送日: 1982年10月3日~1983年6月26日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 長谷有洋、飯島真理、羽佐間道夫、小原乃梨子、土井美加、神谷明、佐々木るん、鶴ひろみ、深雪さなえ、蟹江栄司、大林隆介
(C) 1982 ビックウエスト

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

上映開始日: 1984年7月21日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 飯島真理、長谷有洋、土井美加、羽佐間道夫、小原乃梨子、神谷明
(C) 1984 ビックウエスト

マクロスプラス Vol.1

マクロスプラス Vol.1

発売日: 1994年   制作会社: トライアングルスタッフ
キャスト: 山崎たくみ、石塚運昇、深見梨加、内海賢二、速水奨、林原めぐみ、西村朋紘、銀河万丈
(C) 1994ビックウエスト/マクロス製作委員会

マクロスプラス MOVIE EDITION

マクロスプラス MOVIE EDITION

上映開始日: 1995年10月7日   制作会社: トライアングルスタッフ
キャスト: 山崎たくみ、石塚運昇、深見梨加、内海賢二、速水奨、林原めぐみ、西村朋紘、銀河万丈、兵藤まこ
(C) 1995ビックウエスト/マクロス製作委員会

天空のエスカフローネ

天空のエスカフローネ

放送日: 1996年4月2日~1996年9月24日   制作会社: サンライズ
キャスト: 坂本真綾、関智一、三木眞一郎、中田譲治、飯塚雅弓、小杉十郎太、山内雅人
(C) サンライズ

マクロス7

マクロス7

放送日: 1994年~1995年   制作会社: 葦プロダクション
キャスト: 神奈延年、櫻井智、菅原正志、高乃麗、子安武人、速水奨、大林隆介、竹田えり、井上瑤、園部啓一、夏樹リオ、岩男潤子、七海入歌、室園丈裕、西村朋紘、陶山章央、中川亜紀子
(C) 1994 ビックウエスト/マクロス7製作委員会

マクロス ゼロ Episode-1

マクロス ゼロ Episode-1

発売日: 2002年12月21日   制作会社: サテライト
キャスト: 鈴村健一、小森創介、神谷明、進藤尚美、佐々木誠二、有本欽隆、小林沙苗、南里侑香、大木民夫、高山みなみ、大友龍三郎、野沢那智
(C) 2002 ビッグウエスト/マクロスゼロ制作委員会

創聖のアクエリオン

創聖のアクエリオン

放送日: 2005年4月4日~2005年9月26日   制作会社: サテライト
キャスト: 寺島拓篤、かかずゆみ、杉田智和、小野坂昌也、小林沙苗、佐藤ひろ美、日笠山亜美、阪口大助、朴璐美、石塚運昇、玉川砂記子、飛田展男、森川智之、兵藤まこ、青森伸
(C) 2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION

マクロスFRONTIER

マクロスFRONTIER

放送日: 2008年4月4日~2008年9月26日   制作会社: サテライト
キャスト: 中村悠一、中島愛、遠藤綾、神谷浩史、福山潤、桑島法子、小西克幸、豊口めぐみ、大川透、小林沙苗、三宅健太、田中理恵、平野綾、福原香織、井上喜久子、西村知道、杉田智和
(C) 2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS

劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~

劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~

上映開始日: 2009年11月21日   制作会社: エイトビット/サテライト
キャスト: 中村悠一、遠藤綾、中島愛、小西克幸、神谷浩史、福山潤、豊口めぐみ、保志総一朗、三宅健太、小林沙苗、井上喜久子、杉田智和
(C) ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会

劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~

劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~

上映開始日: 2011年2月26日   制作会社: サテライト
(C) 2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会

アクエリオンEVOL

アクエリオンEVOL

放送日: 2012年1月8日~2012年6月24日   制作会社: エイトビット/サテライト
キャスト: 梶裕貴、茅野愛衣、花澤香菜、内山昂輝、福島潤、中村悠一、安元洋貴、浪川大輔、鈴村健一、鳥海浩輔、藤村歩、中島愛、佐藤健輔、諏訪部順一、小林沙苗
(C) 河森正治・サテライト/Project AQUARION EVOL

アクエリオンロゴス

アクエリオンロゴス

放送日: 2015年7月2日~2015年12月24日   制作会社: サテライト/C2C
キャスト: 島﨑信長、佐倉綾音、千菅春香、梅原裕一郎、淺井孝行、小澤亜李、安達勇人、白石涼子、中野さいま、中田譲治
(C) 2015 SHOJI KAWAMORI,SATELIGHT/Project AQUARION LOGOS

マクロスΔ(デルタ)

マクロスΔ(デルタ)

放送日: 2016年4月3日~2016年9月25日   制作会社: サテライト
キャスト: 内田雄馬、鈴木みのり、瀬戸麻沙美、小清水亜美、安野希世乃、東山奈央、西田望見、森川智之、内山昂輝、川田紳司、石塚運昇、石川界人、木村良平、KENN、遠藤大智、拝真之介、峰岸佳、てらそままさき、寺崎裕香
(C) 2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会

劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ

劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ

上映開始日: 2018年2月9日
キャスト: 鈴木みのり、小清水亜美、安野希世乃、西田望見、東山奈央、木村良平、石川界人、峰岸佳、KENN、内田雄馬、瀬戸麻沙美、川田紳司、内山昂輝、森川智之、石塚運昇、寺崎裕香
(C) 2017 ビックウエスト/劇場版マクロスデルタ製作委員会

重神機パンドーラ

重神機パンドーラ

放送日: 2018年4月4日~2018年9月26日   制作会社: サテライト
キャスト: 前野智昭、東山奈央、花澤香菜、津田健次郎
(C) 2017 Shoji Kawamori,Satelight / Xiamen Skyloong Media

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

関連記事