アニメ業界ウォッチング第29回:神山健治監督が語る、「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」への長い道のり

アキバ総研 | 2017年01月14日 11:00
アニメ業界ウォッチング第29回:神山健治監督が語る、「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」への長い道のり

神山健治監督の最新作「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」が、2017年3月18日より公開される。監督作品としては、「009 RE:CYBORG」(2012年)以来、実に5年ぶりの新作だ。「ひるね姫」の主人公は女子高生。舞台は3年後の日本で、変形ロボも出てくる。これまでの社会派ドラマとは一線を画す内容だが、そこへたどり着くまでには、みずからがアニメをつくる意味を問い直す苦難の道を、くぐり抜けねばならなかったという。
制作会社シグナル・エムディで仕上げ作業に追われる神山監督に、「ひるね姫」にいたる道のりを振り返ってもらった。


アニメ監督として、本当に人の役に立てているのだろうか?


──神山監督は、以前から、ご自分を「頼まれもせずに世界を救う男」とおっしゃっていました。新作の「ひるね姫」は、その路線から外れているように見えます。「世界を救う男」シリーズは中断なのでしょうか?

神山 いえ、そういうわけでもないんですが(笑)。僕は企画を持ち込まれたり、依頼されたりすることが多い立場なので、「このアニメをつくろう」と決めるとき、いくつか基準を設定しています。これまでは、世の中に対する疑問や怒りを題材に、作品をつくってきました。「なぜ世界中の人たちが反対しているのに、湾岸戦争が起きてしまうのだろうか?」とか、もう少し小さいレベルだと「なんで、こんな法案が通ってしまうのか?」、さらには「どうして、こんなゴミの出し方をするのか?」 そうした、ちょっとした引っかかりを手がかりにして、作品をつくってきわけです。社会に対する不満を物語の中で正そうとすると、どうしても「世界を救う」ような話になる。映画監督はある種のサービス業ですから、企画を持ち込んできた相手をよろこばせたい、作品を見てくれる人をよろこばせたい……とがんばった結果、世界を救ってきたんだと思います。
ところが、「009 RE:CYBORG」(2012年)と、お蔵入りになってしまったもう1本の企画を進めているとき、初めて、本心と作品のあいだにズレが生じたんです。東日本大震災があった後、物語の中で事件の解決をしても、起きてしまった現実に対しては何の結果も得られないんじゃないか? という敗北感をおぼえたし、いままでの自分の作品のつくり方、込めてきたメッセージに初めて疑問を感じてしまったんです。


──震災が、ひとつのキッカケだったのですね。

神山 「009」の脚本が完成し、もうひとつの企画の打ち合わせをしている最中、スタジオのビルが地震で揺れたのを覚えています。師匠(押井守監督)は「こういう時代だからこそ、ファンタジーをつくるべきだ」と言っていましたが、僕は、逆にファンタジーにそらぞらしさを感じてしまったわけです。震災直後、「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society 3D」(2011年)を、震災にあった仙台で上映する機会をいただきました。まだ復興半ばという時期でしたが、なんとか映画がかけられる状態だったので、プロデューサーたちとフィルムを持って訪ねたんです。現地の方々には「こんな何もなくなってしまった被災地に映画をもってきてくれて、ありがとう」と言われたのですが、申し訳ない気がしました。お金をとって見せているわけだし、僕らが映画をもっていって、本当に役に立っているんだろうか? 「ありがとう」と言ってもらえるような映画を、本当に自分はつくれているんだろうか? 何ともいえず、座り心地が悪かったのを覚えています。
さらに「009」の公開を終えた後も、僕の中ではしっくりしないままでした。
そんなとき、日本テレビの奥田誠治プロデューサーから「自分の娘に見せたい映画をつくったらどう?」と提案されたんです。原作の提示も何もない、オリジナル企画でやってみたら? という、とてもありがたい話でした。「そういう映画のつくり方をしてもいいのか」と、すこし気が楽になりました。これまでの考え方を変えることができ、気持ちを切りかえることができました。

画像一覧

  • アニメ業界ウォッチング第29回:神山健治監督が語る、「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」への長い道のり

  • アニメ業界ウォッチング第29回:神山健治監督が語る、「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」への長い道のり

関連作品

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

上映開始日: 2017年3月18日   制作会社: Signal-MD
キャスト: 高畑充希、満島真之介、古田新太、高木渉、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介、釘宮理恵
(C) 2017 ひるね姫製作委員会

009 RE:CYBORG

009 RE:CYBORG

上映開始日: 2012年10月27日   制作会社: プロダクションI.G/サンジゲン
キャスト: 宮野真守、杉山紀彰、吉野裕行、増岡太郎、丹沢晃之、大川透、斎藤千和、小野大輔、玉川砂記子
(C) 2012 「009 RE:CYBORG」製作委員会

CYBORG009 CALL OF JUSTICE

CYBORG009 CALL OF JUSTICE

上映開始日: 2016年11月25日   制作会社: Signal-MD
キャスト: 河本啓佑、福圓美里、佐藤拓也、種田梨沙、日野聡、乃村健次、真殿光昭、佐藤せつじ、石谷春貴
(C) 2016 「CYBORG 009」製作委員会

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

放送日: 2002年10月1日~2003年11月30日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 田中敦子、阪脩、大塚明夫、山寺宏一、仲野裕、大川透、山口太郎、小野塚貴志、玉川砂記子
(C) 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

放送日: 2004年1月~2005年1月   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 田中敦子、阪脩、大塚明夫、山寺宏一、仲野裕、大川透、小野塚貴志、山口太郎、玉川砂記子
(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society

攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society

発売日: 2006年9月1日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 田中敦子、阪脩、大塚明夫、山寺宏一、仲野裕、大川透、小野塚貴志、山口太郎
(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D

攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D

上映開始日: 2011年3月26日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 田中敦子、阪脩、大塚明夫、山寺宏一、仲野裕、大川透、小野塚貴志、山口太郎
(C) 2011 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会

東のエデン

東のエデン

放送日: 2009年4月9日~2009年6月18日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 木村良平、早見沙織、江口拓也、川原元幸、齋藤彩夏、斉藤貴美子、田谷隼、白熊寛嗣、五十嵐麗、小川真司、玉川砂記子
(C) 東のエデン製作委員会

東のエデン 総集編 Air Communication

東のエデン 総集編 Air Communication

上映開始日: 2009年9月26日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 木村良平、早見沙織、江口拓也、川原元幸、齋藤彩夏、斉藤貴美子、田谷隼、檜山修之、白熊寛嗣、五十嵐麗、小川真司、玉川砂記子、宮内敦士、森田成一、遊佐浩二

東のエデン 劇場版 I The King of Eden

東のエデン 劇場版 I The King of Eden

上映開始日: 2009年11月28日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 木村良平、早見沙織、江口拓也、川原元幸、齋藤彩夏、斉藤貴美子、田谷隼、白熊寛嗣、五十嵐麗、小川真司、玉川砂記子
(C) 東のエデン製作委員会

東のエデン 劇場版 II Paradise Lost

東のエデン 劇場版 II Paradise Lost

上映開始日: 2010年3月13日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 木村良平、早見沙織、宮内敦士、江口拓也、川原元幸、齋藤彩夏、斉藤貴美子、田谷隼、玉川砂記子
(C) 東のエデン製作委員会

関連ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • いかさんサイン入りCDプレゼント!
  • 「アニメ人気投票作成」キャンペーン
  • 2017 春アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 2017 冬アニメ