80年代の「ナウいアニメ」を、どうやって現代に復活させる? 「MUTEKING THE Dancing HERO」の総監督は、あの髙橋良輔さんだ!【アニメ業界ウォッチング第79回】

2021年07月31日 12:000
80年代の「ナウいアニメ」を、どうやって現代に復活させる? 「MUTEKING THE Dancing HERO」の総監督は、あの髙橋良輔さんだ!【アニメ業界ウォッチング第79回】

1980年に放送されたタツノコプロのヒーローアニメ「とんでも戦士ムテキング」が、この秋、「MUTEKING THE Dancing HERO」としてリブートされる。新作の監督は気鋭のサトウユーゾー氏だが、エグゼクティブディレクターを務めるのは、重鎮・笹川ひろし氏。そして、総監督として髙橋良輔氏が名前を連ねている。
今回の「MUTEKING THE Dancing HERO」は、手塚プロダクションとタツノコプロの初めての共同制作となる。サンライズのロボットアニメで知られる髙橋良輔氏が、どうして手塚プロとタツノコプロの最新アニメに参加するにいたったのだろう? ご本人に、お話をうかがってみた。

サンライズでもギャグ物をやろうとしたが、それぞれのスタジオには特性がある


── まず、今回の「MUTEKING THE Dancing HERO」に参加するいきさつを聞かせてください。

髙橋 僕はアニメ業界ではフリーという立場なのですが、ここ10年ほどは手塚プロダクションとの付き合いが復活していました。その中で、「とんでも戦士ムテキング」をリブートする話が耳に入ってきて、虫プロで働いていた若いときにタツノコプロの仕事もしていたものですから、懐かしさもあって「いいねえ」などと気軽に言っていたら、「だったら手伝ってよ」と頼まれてしまったんです。具体的には、よく一緒に企画をやっている手塚プロの宇田川純男プロデューサーに声をかけられて、「笹川ひろしさんともお会いしたいし、やってみるかな」という気持ちになりました。

── 肩書きは「総監督」となっていますが?

髙橋 すみません、それは現場サイドからの希望であって、僕自身は総監督という意識は最初から最後までありませんでした。サトウユーゾー監督の手伝いをしたいという程度です。
最近、自分でやりたい企画以外は、若い人に付き合ってあげてほしいという依頼が多くなりました。富野由悠季さんは虫プロ時代の同期ですが、彼も「下の世代に頼まれごとをされたら、断っちゃいけないよ」と、よく言っています。富野さんは雪山登山でいうラッセルのように、道のないところをどんどん切り拓いてくれて、僕は彼のつくった道を辿っているようなものなんです。


── 髙橋さんというと、どうしても「太陽の牙ダグラム」(1981年)や「装甲騎兵ボトムズ」(1983年)、「蒼き流星SPTレイズナー」(1985年)のシリアスな印象が強いのですが、「ムテキング」はギャグ物ですよね。

髙橋 だけど、スタジオぎゃろっぷのギャグ物にシリーズ構成や演出協力として参加していますし、自分としてはそれほど違和感はありません。ギャグ物は漫画やアニメーションの王道だと思います。「ダグラム」の素材を使って、自分の企画として「チョロQダグラム」(1983年)というパイロットフィルムをつくったこともあります。まだ自分の作風が固まる前でしたから、次はギャグ物をやりたいなと思って。ところが、サンライズの山浦栄二さんから、やんわりと否定されてしまい、それで「ボトムズ」をつくることになりました。もし「チョロQダグラム」が採用されていたら、サンライズにも「タイムボカンシリーズ」のようなギャグ路線が生まれていた……かと言うと、ちょっと怪しいですね。僕はそれほどギャグのセンスがありませんし、サンライズも実際にギャグ物をつくったこともありましたが、どうしてもスタジオの気質として根づかなかったようです。
その点、タツノコプロは「科学忍者隊ガッチャマン」(1972年)のアクション路線、「昆虫物語 みなしごハッチ」(1970年)などのメルヘン物、そして「タイムボカンシリーズ」のようなギャグ物の三本柱があります。「ガッチャマン」の作画監督は虫プロ出身の宮本貞雄さんですけど、宮本さんの本来の絵柄は、決して明るいタッチではありません。だけど、タツノコ作品を手がけると、ちゃんとタツノコの絵柄になって、きれいに映えるんです。僕は、監督デビュー作「ゼロテスター」(1973年)ではタツノコのスタッフを集めて、打倒「ガッチャマン」を目指しました。ところがフタを開けてみると、足元にも及びませんでした。同じスタッフを集めても、アニメーションの質がまったく違ったんです。

画像一覧

  • 80年代の「ナウいアニメ」を、どうやって現代に復活させる? 「MUTEKING THE Dancing HERO」の総監督は、あの髙橋良輔さんだ!【アニメ業界ウォッチング第79回】

  • 80年代の「ナウいアニメ」を、どうやって現代に復活させる? 「MUTEKING THE Dancing HERO」の総監督は、あの髙橋良輔さんだ!【アニメ業界ウォッチング第79回】

関連作品

MUTEKING THE Dancing HERO

MUTEKING THE Dancing HERO

放送日: 2021年10月2日~   制作会社: タツノコプロ/手塚プロダクション
キャスト: 真白健太朗、江口拓也、日野聡、高橋李依、米澤円、田所あずさ、愛河里花子、興津和幸、京雅、木村隼人、田中美海、西山宏太朗、KENN、青山穣、松山鷹志、羽多野渉、鈴村健一
(C) タツノコプロ・MUTEKING製作委員会

とんでも戦士ムテキング

とんでも戦士ムテキング

放送日: 1980年9月7日~1981年9月27日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 井上和彦、納谷六朗、小宮和枝、田の中勇、大平透、青森伸、高坂真琴、加藤治、千葉繁、安原義人、有崎由見子、筒井たか子、中村武己、辻三太郎

太陽の牙ダグラム

太陽の牙ダグラム

放送日: 1981年10月23日~1983年3月25日   制作会社: サンライズ
キャスト: 井上和彦、田中亮一、山田栄子、銀河万丈、宮内幸平、高島雅羅、山内雅人
(C) サンライズ

装甲騎兵ボトムズ

装甲騎兵ボトムズ

放送日: 1983年4月1日~1984年3月23日   制作会社: サンライズ
キャスト: 郷田ほづみ、富田耕生、千葉繁、川浪葉子、銀河万丈、戸谷公次、玄田哲章、広瀬正志、郷里大輔、速水奨、政宗一成、麦人、上恭ノ介、緒方賢一
(C) サンライズ

蒼き流星SPTレイズナー

蒼き流星SPTレイズナー

放送日: 1985年10月3日~1986年6月26日   制作会社: サンライズ
キャスト: 井上和彦、江森浩子、梅津秀行、鹿股裕司、鳥海勝美、平野文、戸田恵子、塩沢兼人、広瀬正志、横尾まり
(C)サンライズ

ゼロテスター

ゼロテスター

放送日: 1973年10月1日~1974年12月30日
キャスト: 神谷明、中尾隆聖、広川太一郎

おらぁグズラだど

おらぁグズラだど

放送日: 1967年10月7日~1968年9月25日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 大平透、東美江、松尾佳子、富山敬、麻生みつ子
(C) タツノコプロ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事