WXIII 機動警察パトレイバー

アニメ映画
開始時期:
2002年春
上映開始日:
2002年3月30日
制作会社:
マッドハウス
ジャンル:
SF
声優:
綿引勝彦、平田広明田中敦子、穂積隆信、拡森信吾、森田順平、池田勝、冨永みーな古川登志夫、池水通洋、二又一成郷里大輔、大林隆介
スタッフ:
監督:遠藤卓司、総監督:高山文彦、企画:角田良平/薬師寺衛、エグゼクティブ・プロデューサー:渡辺繁/川城和実/小坂恵一、プロデューサー:杉田敦/福島正浩、脚本:とり・みき、キャラクターデザイン:高木弘樹、メカニックデザイン:カトキハジメ/河森正治/出渕裕、美術設定:渡部隆、プロップ・セットデザイン:武半慎吾、ディスプレイデザイン:佐山善則、クリーチャーデザイン:末弥純、作画監督:黄瀬和哉、撮影監督:白井久男、編集:瀬山武司、音楽:川井憲次、音響監督:亀山俊樹、オリジナルサウンドトラック:ビクターエンタテインメント、音楽プロデューサー:石川吉元、アニメーション・プロデューサー:丸山正雄/篠原昭、スーパーバイザー:出渕裕

レイバーを狙う奇妙な破壊活動が続く東京湾沿岸。城南署の刑事、久住と秦はその捜査に難航していた。そんな中、秦は大学講師の冴子に出会う。秦は冴子との時間を重ねるうち、次第に彼女に惹かれていった。捜査の途中、久住と秦は湾岸に浮かぶ備蓄基地で次々と人間を食い殺す“怪物”に遭遇する。この“怪物”こそがレイバー連続襲撃事件の犯人なのか。残された“怪物”の肉片から判明した事実が、すべての状況を一変させた。事態は警視庁、防衛庁、特車二課まで巻き込み、やがて秦の知らない冴子の姿が浮かび上がる。明かされていく驚愕の真実。暗躍する自衛隊の影。様々な思惑が交錯する中、再び“怪物”が東京湾に上陸する。この悲しい戦いに決着をつけるため、イングラムが立ち上がる・・・!

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

関連ニュース

「パトレイバー」再起動! 「機動警察パトレイバーREBOOT」吉浦康裕監督インタビュー

「パトレイバー」再起動! 「機動警察パトレイバーREBOOT」吉浦康裕監督インタビュー 2016-10-26

「劇場上映 ゴーゴー日本アニメ(ーター)見本市」で「日本アニメ(ーター)見本市EXTRA」と銘打たれて公開された新作短編「機動警察パトレイバーREBOOT」。「イヴの時間」の吉浦康裕監督による新た... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:ヘッドギア、原案:ゆうきまさみ「機動警察パトレイバー」(小学館・少年サンデーコミックス所載「廃棄物13号」より)、キャラクター原案:ゆうきまさみ/高田明美 制作国 日本
公式サイト http://www.bandaivisual.co.jp/patlabor/