ガサラキ

テレビアニメ
開始時期:
1998年
放送日:
1998年10月4日~1999年3月28日
制作会社:
サンライズ
ジャンル:
ロボット
声優:
檜山修之、高田裕司、速水奨、千葉一伸、小山武宏、こおろぎさとみ、藤生聖子、秋元羊介、安井邦彦、中田和宏、日高奈留美、菅原淳一、高山みなみ岩永哲哉丹下桜神奈延年、拡森信吾、岸野幸正、宮崎一成、徳弘夏生、金月真美
スタッフ:
監督:高橋良輔、助監督:谷口悟朗、企画:サンライズ、シリーズ構成:野崎透、キャラクターデザイン:村瀬修功、ゲストキャラクターデザイン:山形厚司、メカニックデザイン:出渕裕/荒牧伸志、企画プロデューサー:小林真一郎/池口和彦、美術監督:池田繁美、色彩設計:岩沢れい子、撮影監督:土岐浩司、編集:鶴渕友彰、音響監督:浦上靖夫、音楽:蓜島邦明、音楽プロデューサー:桜井裕子、サウンドコンセプト:ALP、音楽協力:テレビ東京ミュージック、製作協力:バンダイビジュアル、プロデューサー:金岡英司/高城一典/古澤文邦/小池経利

自衛隊の全面的な協力の元に新型兵器の開発を進める総合企業「豪和インスツルメンツ」。彼らが開発をしていたのは、古からの伝承を取り入れた二足歩行兵器「タクティカル・アーマー(TA)」だった。シャーマンの能力を内に持つ、「嵬(かい)」と呼ばれる能力者「豪和ユウシロウ」は、豪和ファミリーの四男。民間人でありながら、TA実験中隊に派遣されたユウシロウは、嵬としての能力を発揮してTAの開発を前進させる。そして、彼の能力は「ガサラキ」と呼ばれる巨大な力を呼ぶためにも必要とされていた。 もともと嵬の一族であった豪和ファミリーは、能の舞いを通じて「餓沙羅(がさら)の鬼」と呼ばれる現象を呼び起こし、「骨嵬(くがい)」と呼ばれる鎧の巨人を操ることができる一族だった。中でも嵬の能力者は、唯一「骨嵬」の操縦が行えた者として利用され続けていたのである。 その骨嵬を基にして極秘裏に開発されたTAだったが、何と同じようなサンプルを元に、二足歩行兵器「イシュタル」を開発した謎の企業があった。ユウシロウと同じ能力を持つ「ミハル」を利用し歴史の影で暗躍してきた「シンボル」である。 同じ伝承が発端となり、別々の企業で作られた2種類の二足歩行兵器。そして同じ能力を持ち、互いに惹かれあうように出逢ったユウシロウとミハル。2人は共に行動するうちに自分たちのルーツを知ることとなる。そして世界情勢に暗雲がたちこめ、クーデターの発生やアメリカとの全面対決を経て、ユウシロウとミハル、特務自衛隊の面々は自分たちが日本や世界のために何を成すべきかを知っていく。

満足度3.00
ストーリー
1.00
オリジナリティ
3.50
作画
3.50
演出
4.00
キャラクター
5.00
声優
4.50
音楽
5.00
4.50

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(1)

関連ニュース

【懐かしアニメ回顧録第14回】90年代末の混迷期を堪能せよ! デジタル化されていくアニメ界で“真実”を追い求めた「ガサラキ」!

【懐かしアニメ回顧録第14回】90年代末の混迷期を堪能せよ! デジタル化されていくアニメ界で“真実”を追い求めた「ガサラキ」! 2016-01-10

1月の新番組「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」の総監督、谷口悟郎氏といえば、「プラネテス」(2003年)、「コードギアス 反逆のルルーシュ」(2006年)で知られるヒットメーカー。その谷口... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原案:矢立肇/高橋良輔 制作国 日本
主題歌 【OP】種ともこ「MESSAGE #9」、種ともこ「REMIX OF MESSAGE #9:type M」
【ED】種ともこ「LOVE SONG」
公式サイト http://www.gasaraki.net/