超時空要塞マクロス

テレビアニメ
開始時期:
1982年秋
放送日:
1982年10月3日~1983年6月26日
制作会社:
タツノコプロ
ジャンル:
ロボット
声優:
長谷有洋、飯島真理、羽佐間道夫小原乃梨子、土井美加、神谷明、佐々木るん、鶴ひろみ、深雪さなえ、蟹江栄司、大林隆介
スタッフ:
企画:大西良昌、プロデューサー:井上明/岩田弘、チーフディレクター:石黒昇、キャラクターデザイン:美樹本晴彦、メカニックデザイン:宮武一貴/河森正治、シリーズ構成:松崎健一、脚本:松崎健一/石黒昇/富田祐弘/大野木寛、キャラクター作画監督:美樹本晴彦、メカ作画監督:板野一郎、美術:多田喜久子/勝井和子、音楽:羽田健太郎、音響監督:本田保則

1999年、突如宇宙より巨大な宇宙戦艦が地球に墜落した。地球外の宇宙空間で戦争があることを知った人類は、地球統合政府を樹立。戦艦を改修し「SDF-1マクロス」と命名する。そして、2009年のマクロス進駐式の日、人類の意に反して、主砲を発射してしまう。地球付近に出現した異星人ゼントラーディの軍艦隊が出現を感知したマクロスは、人類の意に反して、主砲を発射してしまう。それは組み込まれたプログラムによるブービートラップであり、発進と同時に星間大戦に巻き込まれることとなった。進駐式に来ていた民間人パイロットの一条輝は、偶然可変戦闘機バルキリーに乗ってしまい戦場に駆り出される。戦闘の最中、輝は中華料理屋の娘リン・ミンメイやオペレーターの早瀬未沙と出会う。圧倒的な戦力を誇るゼントラーディ軍の攻撃から逃れるため、発進の際に収容した5万6千人の一般市民を抱え込んだまま宇宙空間へフォールドを決意するがフォールドの失敗により太陽系外周部へ到着する。強大なゼントラーディ軍からの魔の手が迫る中、地球の安否も知れぬままに、マクロスの長く苦しい地球への帰還の旅は開始された。

満足度3.83
ストーリー
4.50
オリジナリティ
5.00
作画
3.00
演出
4.50
キャラクター
4.50
声優
3.00
音楽
5.00
5.00

ヒトコト (2)

  • あにめい太

    そういえば、石黒昇監督、他界されましたね。彼がいなければマクロスは生まれず、マクロスが生まれなければ、今のロボットアニメはなかった。本当に貴重な存在でした。ご冥福お祈りします。

    あにめい太 2012-03-23 15:16:58
  • あにめい太

    HDリマスター版のBD発売らしいが、いいんだか悪いんだか・・。後半かなり作画乱れてたからなあ。リマスターとかそういうレベルじゃ・・w

    あにめい太 2012-01-06 14:37:02

評価レビュー(3)

作品詳細

原作/原案 原作:スタジオぬえ、原作協力:アートランド 制作国 日本
主題歌 【OP】藤原誠「マクロス」
【ED】藤原誠「ランナー」
公式サイト http://www.macross.co.jp/