日本製中華キャラ批判やコロナウイルスで大混乱の中での中国の1月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

2020年02月08日 12:000
日本製中華キャラ批判やコロナウイルスで大混乱の中での中国の1月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

定番、気楽な作品の人気が目立つ1月の新作アニメ


以上のような状況もあり、現在の中国では、新作アニメに関しても本腰を入れて楽しむのは少々厳しい空気になっているそうです。しかしそのような中でも初動を含めて面白い反応が出ている作品はあるので、以下にいくつか紹介させていただきます。

まず1月の新作アニメで、中国における知名度がもっとも高かったのは「とある科学の超電磁砲T」だと思われます。「とある科学の超電磁砲」の主人公である御坂美琴は「炮姐」というあだ名とともに中国のオタク界隈で一時代を築いた伝説のヒロインであり、その人気はいまだ健在なようで、アニメのほうも堅調な人気となっているようです。

ちなみに中国には、このシリーズを昔から追いかけ続けているファンも多く、初期から追いかけ続けていた場合は約10年もの間ファンを続けていることになります。そんなわけで、作品ファンの平均年齢も上昇し続けているそうで、古参のファンからは「ヒロインよりも随分と年上になってしまった」という複雑な声も出ているとかなんとか。

そして中国のオタク的にノーマークで思わぬ人気となっているのが、「理系が恋に落ちたので証明してみた。」だそうです。この作品のロジックである「皮をかぶった頭の悪い議論によるラブコメ」というのが、コメントでツッコミを入れるのも萌えるのにもいいということで、中国のオタクな面々にとっては思わぬ拾い物となっているのだとか。

それから再生数的には好調で人気は高いものの、賛否両論でゴタゴタしているのが「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」だそうです。
この作品に関する反応では、女の子がカワイイ日常系アニメや作画のよいアニメとして見て評価する、気分よく見ながらVRMMOを舞台にしたトンデモ展開にツッコミを入れて楽しめるという評価をする人もいれば、あまりにもイイカゲンな設定やネタが納得できない、矛盾が気になって感情移入できないと批判する人もいるそうです。

これに関して中国のオタクな方からは
「日本ではMMORPGネタがJRPGと融合したある種の架空ジャンル的なものになっているのに対して、中国ではMMORPGネタに関しては経験者が納得できる説得力を求められる傾向がありますし、この作品のような現実にありえないと思われるバランスのゲームや運営に関して引っかかってしまう人が続出しているのでは?」
といった話もありました。

画像一覧

  • 日本製中華キャラ批判やコロナウイルスで大混乱の中での中国の1月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

関連ゲーム

関連作品

とある科学の超電磁砲T

とある科学の超電磁砲T

放送日: 2020年1月10日~   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 佐藤利奈、新井里美、豊崎愛生、伊藤かな恵、浅倉杏美、河西健吾、富田美憂、藤井ゆきよ
(C) 2018 鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA/PROJECT- RAILGUN

理系が恋に落ちたので証明してみた。

理系が恋に落ちたので証明してみた。

放送日: 2020年1月10日~   制作会社: ゼロジー
キャスト: 内田雄馬、雨宮天、原奈津子、大森日雅、福島潤、置鮎龍太郎、麻倉もも
(C)山本アリフレッド・COMICメテオ / アニメ「リケ恋」製作委員会

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

放送日: 2020年1月8日~   制作会社: SILVER LINK.
キャスト: 本渡楓、野口瑠璃子、早見沙織、新井里美、加隈亜衣、諏訪ななか、杉山紀彰、佐藤聡美、小野賢章、山崎たくみ、竹達彩奈、神奈延年、佐藤利奈、山口勝平、石田彰、皆口裕子、丹下桜
(C) 2020 夕蜜柑・狐印/KADOKAWA/防振り製作委員会

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

放送日: 2019年10月5日~   制作会社: CloverWorks
キャスト: 島﨑信長、高橋李依、川澄綾子、鈴村健一、坂本真綾、関智一、小林ゆう、櫻井孝宏、浅川悠、植田佳奈、早見沙織、稲田徹、三木眞一郎
(C) TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事