【中国オタクのアニメ事情】中国における4月新作アニメの人気。関連作品の悪評が人気の追い風になるケースも

アキバ総研 | 2017年06月10日 12:00
【中国オタクのアニメ事情】中国における4月新作アニメの人気。関連作品の悪評が人気の追い風になるケースも

中国オタク事情に関するあれこれを紹介している百元籠羊と申します。
今回は中国の動画サイトで配信されている日本の4月新作アニメの人気の動向や、その周辺事情などを紹介させていただきます。


前評判や関連作品からの話題の影響が目立った4月新作アニメ


中国は9月から新学年になるので6月頃になると中国の学校では学年末の空気になっていきますし、受験シーズン真っ盛りということにもなるので、中国のオタクの主要な層を占める学生にとって忙しい時期となります。
そういった状況なので中国のオタクな人たちの交流や情報収集の動きも鈍くなり、4月の新作アニメに関してはスタートダッシュに成功した作品がそのまま人気と話題を独占する傾向が見受けられます。

今年の4月の新作アニメに関しても初動のよかった作品がそのまま人気を維持しているようで、人気や話題性の高い作品としてはまず「エロマンガ先生」「Re:CREATORS」が目に付きます。
それからやはり「NARUTO」の続編として注目されている「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」が一般層も含む高い人気とPV数を獲得している模様です。
また定番作品の続編として安定した人気作品となっている「夏目友人帳 陸」や、比較的安定したファン層があるとされているラノベ原作系のアニメの中では「冴えない彼女の育てかた♭」「ゼロから始める魔法の書」といったあたりの作品も好調のようです。


関連作品の悪評は中国のアニメ視聴者にどう影響するか


4月の新作に関しては前評判の影響が他のシーズンと比べて大きく出た感もありますが、その「前評判」に関してはポジティブなものばかりではなく、なかでも「エロマンガ先生」と「Re:CREATORS」は中国のオタク界隈ではネガティブな方向の前評判が非常に強く出ていました。

実はこれは「エロマンガ先生」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「Re:CREATORS」「アルドノア・ゼロ」という、中国オタク界隈では「やらかした作品」としての悪評が非常によく知られている作品と、原作者や関わっているクリエイターが共通していることによるものでした。

中国における日本のコンテンツの反応や各種炎上に関しては中国特有の政治的社会的な理由によるゴタゴタが目に付きやすいですが、中国の日本アニメファンの間での炎上はキャラの扱いやストーリー展開、特に
「中国のアニメファンにとって納得のいかない展開」
に対する不満が爆発するケースが大きな炎上につながりやすいといった傾向が見受けられます。

またこの「中国のアニメファンにとって納得のいかない展開」が作品終盤で発生し不満が爆発した場合は、作品やキャラクターのイメージがその不満に基づくネガティブなもので固まり、負のイメージの拡散が長期的に続きやすい……といった事情もあります。

そしてこの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と「アルドノア・ゼロ」はどちらも作品の終わり方に関して中国のオタク界隈で大きく炎上を起こした作品でした。
(※以下の内容に関しては作品の結末に関するネタバレが含まれますのでお気を付けください)


まず「アルドノア・ゼロ」のほうは、予想外の展開に対する期待外れなどから来る不満や反発が当時の炎上の原因となったそうです。
中国のアニメファンの間では「勝ち負け」が話題になることが多く、それは「主人公とくっ付くキャラが誰か」といった方面にも適用され、作品中盤から終盤にかけての話題の中心になることも少なくありません。

「アルドノア・ゼロ」も主人公格の2人とヒロインの関係はどうなるのか、どういった形で決着が付くのかと注目されていたところに、終盤で唐突に出た新キャラがイロイロと持っていってしまったということで、中国のオタク界隈では非常に強烈な反発が起こってしまったそうです。

中国のオタクな方の話によれば、「アルドノア・ゼロ」は当時作品を追っかけていた人に肩透かしと不完全燃焼な気持ちを深く刻み込み、さらにその炎上の方向からその後の中国オタク界隈では予想を外して期待も外す、ヒロイン的なキャラが予想外のキャラに寝取られるといった展開の代名詞的な存在となってしまっているそうです。


そして「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のほうですが、こちらは私の知る限り作品の内容に関するものでは中国オタク史上もっとも大きな炎上が起こった作品です。

「俺妹」は中国でも大人気となって一時代を築いた作品で、当時の中国オタク界隈では各ヒロインのファンによる派閥が形成され熱い戦い(?)が繰り広げられていました。

そして当時は原作最終巻においてどのヒロインと主人公がくっ付くかが大いに注目されていたのですが、その結果は中国でもっとも人気が高かったキャラではなく妹キャラということになり、中国のオタク界隈では連日連夜大炎上といった事態になってしまいました。
この炎上はヒロイン人気の他にも、中国における肉親系ヒロインに対する拒否感の強さも加わってのもので、日本と中国の感覚の違いが浮き彫りになる事件でもありました。

この事件による影響は大きく中国のオタク界隈ではいまだに「俺妹」と関連するような話題や「ヒロインの勝ち負け」的な話題になると過去の「俺妹」関係の恨みを掘り返すような発言や、「俺妹」のヒロインの1人である「黒猫」の扱いに関する恨みの声があがる状態が続いています。

以上のような背景もあったことから、この2作品に関しては関連作品の悪評による影響がどう出るかが私も気になっていたのですが、現在の高い人気や話題の盛り上がり方を見ると負の影響による失速ということにはなっていない模様です。


新作アニメ情報の拡散と話題性


現在の中国では日本のアニメ、特に新作アニメに関する情報の拡散は、ライセンスを取得した動画サイトによる広報活動や一部のネット系ニュースサイト経由でのものもありますが、やはり現地のアニメファンによるまとめ情報やネットのクチコミベースでの拡散が主なルートとなっています。

また最近では配信される新作の数が増えたことに加えて、中国国産アニメの商業的な宣伝が活発になってきていることから日本のアニメの存在感は相対的に低下しており、日本の新作アニメの人気に関して「中国のアニメファンコミュニティでの話題性」の重要度が以前よりも上がっているのは間違いありません。
そんなわけで、現在の中国のオタク界隈では悪評であっても、ネタにされ続けることによって関連作品への注目が生まれ、結果的に人気の後押しにつながっていくようなところもあるそうです。

もっとも、上述の2作品は他の中国で人気になった作品と違って過去の恨みを掘り返すような発言も常に付いて回っているそうですし、注目を集め人気となって以降も炎上しやすい、作品批判に流れやすい状況が続いている模様です。中国のオタクな方からは、
「中国のアニメ視聴者の好みに合わない展開が出た場合、炎上してファンコミュニティへのダメージが発生してしまう可能性もある」
といった話も聞こえてきます。

中国では作品人気の移り変わりや、日本のアニメを視聴して活発に発言する層の世代交代のペースが日本に比べて速いといった事情もあることから、過去の悪評による新作アニメへの負の影響は日本ほどではないという見方もあるそうです。

もちろんこの手のネガティブな評判に関しては作品ごとに事情が異なりますし、扱いの難しい要素であることは間違いありませんが、そもそも前提として高い人気がなければ中国のアニメ視聴者に広く伝わるほどの悪評も形成されないわけですから、現在の中国のオタク界隈の環境においては、関連性のある過去の人気作品の炎上も、話題性の面などでは、新作に関してむしろプラスになるというケースもあるようですね。


(文/百元籠羊)
(C) 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

画像一覧

  • 【中国オタクのアニメ事情】中国における4月新作アニメの人気。関連作品の悪評が人気の追い風になるケースも

関連作品

エロマンガ先生

エロマンガ先生

放送日: 2017年4月8日~2017年6月24日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 藤田茜、松岡禎丞、高橋未奈美、大西沙織、木戸衣吹、石川由依、小松未可子、島﨑信長
(C) 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

Re:CREATORS

Re:CREATORS

放送日: 2017年4月8日~   制作会社: TROYCA
キャスト: 山下大輝、小松未可子、水瀬いのり、日笠陽子、坂本真綾、雨宮天、村川梨衣、鈴村健一、豊崎愛生、小西克幸、金元寿子、杉崎亮、柳田淳一、濱野大輝、寿美菜子、恒松あゆみ
(C) 2017 広江礼威/小学館・アニプレックス

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS

放送日: 2017年4月5日~   制作会社: ぴえろ
キャスト: 三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一、小野賢章、白石涼子、阿部敦、竹内順子、水樹奈々、早見沙織、森久保祥太郎、川田紳司
(C) 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

夏目友人帳 陸

夏目友人帳 陸

放送日: 2017年4月11日~2017年6月20日   制作会社: 朱夏
キャスト: 神谷浩史、井上和彦、小林沙苗、石田彰、堀江一眞、木村良平、菅沼久義、沢城みゆき、佐藤利奈、伊藤美紀、伊藤栄次、諏訪部順一
(C) 緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

冴えない彼女の育てかた♭

冴えない彼女の育てかた♭

放送日: 2017年4月13日~2017年6月22日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 松岡禎丞、安野希世乃、大西沙織、茅野愛衣、矢作紗友里、赤﨑千夏、柿原徹也
(C) 2017丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA富士見書房/冴えない♭な製作委員会

ゼロから始める魔法の書

ゼロから始める魔法の書

放送日: 2017年4月10日~2017年6月26日   制作会社: WHITE FOX
キャスト: 花守ゆみり、小山剛志、大地葉、加藤将之、子安武人
(C) 2016 虎走かける/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ゼロの魔術師団

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

放送日: 2010年10月3日~2010年12月19日   制作会社: AIC
キャスト: 竹達彩奈、中村悠一、花澤香菜、生天目仁美、佐藤聡美、早見沙織、田村ゆかり、立木文彦、渡辺明乃
(C) 伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

放送日: 2013年4月6日~2013年6月29日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 竹達彩奈、中村悠一、花澤香菜、生天目仁美、佐藤聡美、早見沙織、田村ゆかり、立木文彦、渡辺明乃
(C) 伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP2

アルドノア・ゼロ

アルドノア・ゼロ

放送日: 2014年7月5日~2014年9月20日   制作会社: TROYCA/A-1 Pictures
キャスト: 花江夏樹、小野賢章、雨宮天、三澤紗千香、小松未可子、村田太志、加隈亜衣、山谷祥生、大原さやか、中井和哉、鳥海浩輔、茅野愛衣、嶋村侑、水瀬いのり、速水奨、大川透、櫻井孝宏、安元洋貴、河西健吾、斉藤壮馬、古川慎
(C) Olympus Knights / Aniplex・Project AZ

アルドノア・ゼロ(第2クール)

アルドノア・ゼロ(第2クール)

放送日: 2015年1月10日~2015年3月28日   制作会社: TROYCA/A-1 Pictures
キャスト: 花江夏樹、小野賢章、雨宮天、三澤紗千香、小松未可子、村田太志、加隈亜衣、大原さやか、中井和哉、鳥海浩輔、茅野愛衣、嶋村侑、水瀬いのり、大川透、平川大輔、夏川椎菜、興津和幸、千葉進歩、竹内良太、豊永利行、生天目仁美、三宅健太、木島隆一、逢坂良太
(C) Olympus Knights / Aniplex・Project AZ

関連ニュース

アニメニュースの新着ニュース

2017 春アニメ 2017 夏アニメ 2017 秋アニメ 春アニメ・レビュー投稿キャンペーン 「宇宙戦艦ヤマト2202」プレゼントキャンペーン
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 春アニメ・レビュー投稿キャンペーン
  • 「宇宙戦艦ヤマト2202」プレゼントキャンペーン
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2017 春アニメ