かわいいヒロインは好きだけどハーレムを語るのは恥ずかしい? 中国の10月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

2018年12月09日 12:001
かわいいヒロインは好きだけどハーレムを語るのは恥ずかしい? 中国の10月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

中国オタク事情に関するあれこれを紹介している百元籠羊と申します。
今回は中国の動画サイトで配信されている日本の10月の新作アニメの人気作品やその影響、作品の人気に関わった要素などについて紹介させていただきます。

中国のオタクもかわいいヒロインは好きだけど、ハーレムを語るのは恥ずかしい?


10月の新作アニメに関しては特に大きなトラブルもなく、初動で話題になった作品を中心に順調に盛り上がって行ったようです。今期の新作の中で人気や話題の面で特に目立つのは「SSSS.GRIDMAN」や「ゴブリンスレイヤー」、「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」といったあたりでしょうか。

これらの作品の人気の出方や話題の盛り上がり方を見ていくと、作品の世界観やストーリーの面白さに加えて、「魅力的なヒロイン」による影響も大きいように感じられます。
たとえば、始まる前は「特撮」という中国のオタク界隈では軽視されがちなテーマなどから、中国における注目度は今ひとつだった「グリッドマン」が大きな注目を集めるきっかけとなったのはヒロインの描写でした。またほかの2作品についても中国のオタクな面々を作品に引き込むきっかけや、作品関連の話題の広がりとその人気の維持について、各作品のヒロインの魅力による影響が少なからずあったという話です。

しかし、このように中国のほうでも、作品の人気に関して「魅力的なヒロイン」の存在が無視できない要素となってはいるものの、同時に中国のオタク界隈では、複数ヒロインの出てくる「ハーレム系」的な要素を表だって話題にする、積極的に語ることに対する抵抗感も存在するのだとか。

これについては、中国では若い世代がアニメや漫画、ゲームなどの趣味を「自分たちの世代の文化」だと自負していることも影響しているそうです。そして文化としての意義を求めてか、中国のオタクな人たちの間では昔から
「オタクが見るべき作品は含蓄があるものでなければならない」
「露骨なキャラ萌えやお色気などに釣られるのは恥ずかしいことである」
「ガキの見る子どもだましとは違う、大人向けのアニメを評価すべし」
などといった考えの人が少なくなかったそうですし、その流れでキャラ萌えの強調やハーレム要素に対する強い反発と否定の空気も形成されていったといった話も聞こえてきます。

さすがに近年は、こうした「含蓄のある作品を評価する、話題にするのがよい」といった考えに固執する人は少なくなってきているそうですし、中国のオタク界隈におけるやり取りでもキャラ萌え的な部分を声高に叫ぶ人が目に付くようになってはいます。
しかし、いまだに「自分のオススメアニメ」としてハーレム系の要素が強い作品を薦める、あるいは自分の好きな作品が「ハーレム系」だと断定されるのを嫌がるといった傾向も根強いのだとか。

もっとも、ハーレム系の作品の話題がネガティブに扱われることがあったとしても、魅力的なヒロインや恋愛モノ自体は嫌われていないようです。複数のヒロインが出てくる作品に対しても、ストーリー重視であったり、青春や恋愛をメインに据えた作品となると、むしろ「含蓄がある」的な扱いになり評価が高くなることもあるそうです。

中国のオタクな方の話では、
「一見してハーレム系でなければ純愛系とされることもありますし、基準はそこまで明確ではありません。ただ話題性や表立っての評価という面で考えると、やはりハーレム系要素が前面に出てくる作品が少々不利になるのは確かでしょうか」
「しかし明らかなハーレム系作品であっても、キャラのかわいさやサービス次第ではあまり話題にならなくても再生数が継続的にかなり伸びるといったケースも珍しくありません」
とのことで、なかなかに複雑なところがある模様です。
どちらにしろ、魅力的なヒロインというのは中国のオタク界隈でもさまざまな方向で非常に「強い」要素なのでしょうね。

画像一覧

  • かわいいヒロインは好きだけどハーレムを語るのは恥ずかしい? 中国の10月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

関連作品

SSSS.GRIDMAN

SSSS.GRIDMAN

放送日: 2018年10月6日~2018年12月22日   制作会社: トリガー
キャスト: 広瀬裕也、緑川光、斉藤壮馬、宮本侑芽、上田麗奈、高橋良輔、小西克幸、悠木碧、松風雅也、鈴村健一、稲田徹、新谷真弓、三森すずこ、鬼頭明里
(C) 円谷プロ (C) 2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

ゴブリンスレイヤー

ゴブリンスレイヤー

放送日: 2018年10月6日~2018年12月29日   制作会社: WHITE FOX
キャスト: 梅原裕一郎、小倉唯、東山奈央、井口裕香、内田真礼、中村悠一、杉田智和、日笠陽子、松岡禎丞
(C) 蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

放送日: 2018年10月3日~2018年12月26日   制作会社: CloverWorks
キャスト: 石川界人、瀬戸麻沙美、東山奈央、種﨑敦美、内田真礼、久保ユリカ、水瀬いのり
(C) 2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

ソードアート・オンライン アリシゼーション

ソードアート・オンライン アリシゼーション

放送日: 2018年10月6日~2019年3月30日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 松岡禎丞、戸松遥、茅野愛衣、島﨑信長、前田佳織里、近藤玲奈、石原夏織、小林沙苗、森川智之、岩瀬周平、木島隆一、潘めぐみ、村田太志
(C) 2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

とある魔術の禁書目録III

とある魔術の禁書目録III

放送日: 2018年10月5日~2019年4月5日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 阿部敦、井口裕香、佐藤利奈、岡本信彦、日野聡、松風雅也、日野まり、真堂圭、原田彩楓、子安武人、森川智之、沢海陽子、原由実、土井美加
(C) 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX III

ゾンビランドサガ

ゾンビランドサガ

放送日: 2018年10月4日~2018年12月20日   制作会社: MAPPA
キャスト: 宮野真守、本渡楓、田野アサミ、種田梨沙、河瀬茉希、衣川里佳、田中美海、吉野裕行、高戸靖広
(C) ゾンビランドサガ製作委員会 (C) ZOMBIE LAND SAGA PARTNERS

転生したらスライムだった件

転生したらスライムだった件

放送日: 2018年10月1日~2019年3月25日   制作会社: エイトビット
キャスト: 岡咲美保、豊口めぐみ、前野智昭、花守ゆみり、古川慎、千本木彩花、M・A・O、江口拓也、大塚芳忠、山本兼平、泊明日菜、小林親弘、田中理恵、日高里菜、熊田茜音
(C) 川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

うちのメイドがウザすぎる!

うちのメイドがウザすぎる!

放送日: 2018年10月5日~2018年12月21日   制作会社: 動画工房
キャスト: 白石晴香、沼倉愛美、M・A・O、原田彩楓、井澤詩織、加藤将之
(C) 中村カンコ/双葉社・うちのメイドがウザすぎる!製作委員会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

コメント(1)
ネプテューヌネプテューヌ2018/12/11 14:08

めっちゃ詳しいじゃんwww、中国人の俺にとって、編集者さんとの視点はほぼ一致、なお、「ガキの見る子どもだましとは違う、大人向けのアニメを評価すべし」という点は、中国の親たちはほぼ「アニメは子供が見るべきものなんじゃない?お前いくつでした?」という視点が持ちで以上、それを逆らうため、自ら見るアニメは「大人ぽい、成熟な人が見るもの、自分は子供じゃない」っというのを自負し、大半は子供向けの中国製アニメと区別し、自分は奴らとは違う、と思いつず、その最後、編集者さんが見る結果になりました。ついてに、中国オタクはオタクとしての年齢が長いほど、若いオタクに対して嫌いな態度が大きい、その原因の根本も、「大半の中国人が受けた教育は古くて固く、開放的な人生観は持っていない、そこ今はどうにもならない」、だから人を嫌らがせるようなコメントとかがネットで思いついたところ好き勝手にふらしている。それに対して、オタク歴が長い人はほぼネタバレとか、自分の意識を他人に強引に受け入れたいとか人を嫌らがせないことはしないから、コメントとかもほぼ使わない、見もしない、自分たちが集められるSNSグループでお互い交流し、若いオタク故に生み出した馬鹿事を見るに笑いとか。オタクも二つの極端な陣営に分けれいるから

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事