【中国オタクのアニメ事情】手堅い所が人気となった中国での10月新作アニメ、その横で中華ネタへの反発も

アキバ総研 | 2017年12月10日 12:00
【中国オタクのアニメ事情】手堅い所が人気となった中国での10月新作アニメ、その横で中華ネタへの反発も

中国オタク事情に関するあれこれを紹介している百元籠羊と申します。
今回は中国の動画サイトで配信されている日本の10月の新作アニメの人気や、最近の中国で目立つようになってきている、日本の作品における中華関係の描写に対する反発などについて紹介させていただきます。


気軽に見られて手堅く話題になる作品が強かった10月の新作アニメ


10月の新作アニメに関しては、中国ではすでに安定した評価のある続編系の作品や、気軽に見られて話題にしても盛り上がれる手堅い作品などに人気が集まった模様です。
そんな10月の新作アニメの中で再生数や話題の広がる範囲という点で頭ひとつ抜けていたのは「干物妹!うまるちゃんR」です。
「うまるちゃん」に関しては一昨年の7月に中国でも配信された第1期の頃から一般層も含めて広い範囲での人気を獲得しており、10月の第2期の再生数もかなりのペースで伸びている模様です。

これまで中国で配信されてきた作品には第1期から第2期の間に中国での人気が冷え込み、第2期が始まっても盛り上がらないケースも多かったのですが、「うまるちゃん」は2年の時間が空いていながら埋もれることもなく、むしろ定番枠的な人気を獲得しているようなところも見受けられるそうです。

これに関してはうまるちゃんというキャラクターが、中国の「宅」なスタイルに刺さっており、身近な感覚で見られるからだという話も聞きます。
「宅」という言葉は日本の「オタク」「御宅」から来た言葉ですが、現在の中国語においては「オタク」という意味に加えて、「インドア派」、「引きこもり」、「外に出ないで画面の前でネットやゲームにふけっている」といった意味が加わっています。

現在の中国では、自分がこの「宅」なスタイルで暮らしている人間だと認識している人も多いそうで、そこに「うまるちゃん」のパリッとした外面とは違う、家の中ではインドア的な趣味に浸り、ぐうたらな生活を送ろうとするキャラクターや、それを取り巻くキャラ達との関係などが刺さって共感を生んでいる……といった評価もあるのだとか。

また、ほかには「宝石の国」「少女終末旅行」も話題になっているようです。
この2作品はどちらも放映開始前にはまったく注目されておらず、放映開始後に人気と評価が急上昇したため、10月新作アニメにおけるダークホース枠としても扱われているようです。

「宝石の国」は、当初中国のオタク界隈のマニア層から作画などを中心に話題が盛り上がり、その後はキャラクターやストーリー、そして世界観などのほうにも注目が集まっていくこととなりました。特にキャラクターに関してはハマる人が多いようで、「少年のようにも少女のようにも見える」「女性的なデザインに感じられるが女性ではない」というのがよいのだという話も。

また「少女終末旅行」に関しては、日常系としての「見やすさ」と、ミリタリーやポストアポカリプスな世界観による「語りやすさ」がよいという評価もあるそうです。
中国ではさまざまなメディアにおいて軍事関連のテーマが積極的に取り上げられていますし、学校のほうでも国防教育が行われ、小学校から大学まで軍事訓練が学校生活の大きなイベントとなっていますから、日本と比べてミリタリー的な話題が非常に身近になっている感もあります。そういった背景もあるので、ミリタリーと何かを組み合わせた作品は日本と比べて「語れる」作品となるようです。

それから、ラノベ原作系の作品のほうでは「妹さえいればいい。」が注目作となっているようです。
「妹さえいればいい。」は、過去に同じ原作者の作品である「僕は友達が少ない」が中国でも人気となってはいましたが、放映開始前にはあまり活発な動きはなかったようで、アニメ放映開始後に人気を拡大していった模様です。
この作品は、さまざまなオタクネタに加えて、ラブコメという中国オタク界隈でも慣れ親しまれている要素や、最近の中国でもイメージしやすくなっているというラノベの登場人物、さらに日本より刺さりやすいところもある下ネタ関係の話題なども出て来るので、中国のオタクな面々にとっていろいろと話題にできるとのことです。

以上の作品以外にも、SF的な展開とともに現代社会の問題や人間関係がいろいろ考えさせられると受け止められている「いぬやしき」や、短編アニメで手軽に見られて、コメントもできるグルメ枠の作品としても歓迎されている「お酒は夫婦になってから」などが注目を集めたり話題になったりしているようですし、表立っての話題にはなりがたいものの、お色気や下ネタ枠として「僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件」なども順調に再生数を稼いでいる模様です。


最近の中国における中華ネタへの反発


日本のアニメや漫画では昔から歴史や料理に武術などさまざまな中華系の設定が出て来たり中華系のキャラクターが活躍したりしていましたし、中国のオタク界隈でもこういった中華関連の要素についてさまざまな話題が飛び交っています。
しかし最近では、日本の作品に限らず、外国の作品に出てくる中華文化関係の要素、中国人あるいは中華系のキャラに関する描写に対して辛口な反応が目立つようになってきています。

たとえば10月の新作アニメの中では、「食戟のソーマ 餐ノ皿」で、最初の料理勝負の題材が中華料理勝負だったことから、放映開始直からちょっとした注目、そして批判を集めることとなりました。
また現在中国でも、「Fate/Grand Order」 のサービスが展開されているFateシリーズにおいても、この1年ほどの間に外伝作品に登場したり、新規に実装された中華系のサーヴァントや中華系の要素に関してはネガティブな反応のほうが目立つ状況となっています。

中国のオタクな方に聞いた話によれば、現在でもひと昔前の「名作」に出た設定やキャラクターにおける中華要素は、すでに確立された評価や思い出による補正もあってか多少トンデモ具合の高いものであっても受け入れられているそうですが、新作や、人気シリーズに新規で追加される中華要素に対してはかなり辛口な評価となってしまうとのことです。
これは日本の感覚で「劇中の扱いは悪くない」「活躍している」というケースでも変わらないそうで、「描写が正しくない」「中国文化を理解していない」「もっとよい扱いをするべきだ」など、何かしらネガティブな声が出てきてしまうのだとか。

こういった反発に関しては、現在の中国の若者のイメージする中国像や中国文化の扱いと、海外における中華関連の扱いの違いが拡大傾向にあることや、中華関連の描写が身近な感覚で語りやすくツッコミどころも容易に見つかるということなどが理由として考えられるそうです。またそれに加えて、ネットが発達した現在の環境ではどうしてもネガティブな意見が強くなるといったことも影響しているという話も聞きます。

どちらにしろ現在の中国では、日本のコンテンツにおける、日本の知識や感覚で描かれた中華関連の描写が肯定的に受け入れられることはなかなかに難しく、
「中国の描写がヒドイ」「中国の文化(或いは中国の歴史)を何もわかっていない」
などといったネガティブなレッテルを貼られてしまったり、下手をすれば炎上するリスクもあるのだとか。

またそういった不満が出て空気がギスギスする荒れ方に嫌気がさしてか
「日本が出してくる中国関係の要素はどれも不満しか出ないので、ないほうがマシ」
「自分の好きな作品には中国関係の要素を出してほしくない」
といった声も中国のオタク界隈ではかなり目に付くようになってきています。

もちろん日本国内のみをターゲットにしたコンテンツであればこれまでと同じやり方で何の問題もありませんが、中国にも展開される作品に中華要素を出すというのはひと昔前に比べてずいぶんとヤヤコシイことになってしまっている模様です。


中国の市場の動向もひと昔前とは様変わりしていますが、コンテンツを受け取る中国のオタク層の面々の感覚も常に変わってきているようで、数年前ならば問題なく受け入れられていたようなことが、反発を生む原因となったりするようなケースも見受けられます。
今年の後半に中国で公開された日本のアニメ関係の映画や、10月の新作アニメの反応を見ていくと、そういった中国人の感覚の変化が見て取れますし、中国でのコンテンツビジネスの難しさを改めて感じてしまいます。



(文/百元籠羊)
(C) 2017 サンカクヘッド/集英社・「干物妹!うまるちゃんR」製作委員会

画像一覧

  • 【中国オタクのアニメ事情】手堅い所が人気となった中国での10月新作アニメ、その横で中華ネタへの反発も

関連作品

干物妹!うまるちゃんR

干物妹!うまるちゃんR

放送日: 2017年10月8日~2017年12月24日   制作会社: 動画工房
キャスト: 田中あいみ、野島健児、影山灯、白石晴香、古川由利奈、安元洋貴、柿原徹也、小清水亜美
(C) 2017 サンカクヘッド/集英社・「干物妹!うまるちゃんR」製作委員会

宝石の国

宝石の国

放送日: 2017年10月7日~2017年12月23日   制作会社: オレンジ
キャスト: 黒沢ともよ、小松未可子、茅野愛衣、佐倉綾音、田村睦心、早見沙織、内山夕実、高垣彩陽、内田真礼、伊藤かな恵、小澤亜李、種﨑敦美、茜屋日海夏、広橋涼、皆川純子、能登麻美子、釘宮理恵、中田譲治、生天目仁美、桑島法子、原田彩楓、上田麗奈
(C) 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会

少女終末旅行

少女終末旅行

放送日: 2017年10月6日~2017年12月22日   制作会社: WHITE FOX
キャスト: 水瀬いのり、久保ユリカ
(C) つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

妹さえいればいい。

妹さえいればいい。

放送日: 2017年10月8日~2017年12月24日   制作会社: SILVER LINK.
キャスト: 小林裕介、山本希望、金元寿子、加隈亜衣、日野聡、鳥海浩輔、代永翼、沼倉愛美、藤田茜
(C) 平坂読・小学館/妹さえいれば委員会

いぬやしき

いぬやしき

放送日: 2017年10月12日~2017年12月21日   制作会社: MAPPA
キャスト: 小日向文世、村上虹郎、本郷奏多、上坂すみれ、諸星すみれ
(C) 奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

お酒は夫婦になってから

お酒は夫婦になってから

放送日: 2017年10月3日~2017年12月26日   制作会社: Creators in Pack
キャスト: 喜多村英梨、市来光弘、朝井彩加、仲田ありさ
(C) クリスタルな洋介・小学館/「お酒は夫婦になってから」製作委員会

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

放送日: 2017年10月11日~2017年12月13日   制作会社: ディオメディア/Studio Blanc
キャスト: 悠木碧、市来光弘、武田羅梨沙多湖、山田奈津美、八木侑紀、長妻樹里、長谷美希、水谷麻鈴
(C) 2017 松本ナミル/KADOKAWA/マジメ過ぎる製作委員会

関連シリーズ

関連ニュース

「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」プレゼントキャンペーン 2018 夏アニメ 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」プレゼントキャンペーン
  • 2018 夏アニメ
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ