【中国オタクのアニメ事情】中国で話題になった冬の新作アニメ(マニア編) 中国のアニメ配信と続編作品の難しさ

アキバ総研 | 2015年03月21日 12:00
【中国オタクのアニメ事情】中国で話題になった冬の新作アニメ(マニア編) 中国のアニメ配信と続編作品の難しさ

中国オタク事情に関するあれこれを紹介している百元籠羊と申します。

冬アニメもそろそろ終盤かと思いますが、前回に引き続き、今回は中国で配信されている冬アニメで、現地のマニア層を中心に話題になっている作品についてと、冬アニメで強かった続編作品の人気に関する中国オタク界隈の事情などを紹介させていただきます。


マニア層を中心に人気になっている作品


今期も中国のオタクのマニア層の間で話題になったアニメはいくつかありますが、その中で比較的広い範囲から注目され、話題にもなっているのは「冴えない彼女の育てかた」かと思われます。


中国のオタク界隈ではラノベ原作アニメ(特に中国のオタク界隈でよく知られているレーベルの作品)は、ラノベ読みの層からの支持があり、アニメ配信開始前の作品紹介から、他の原作アニメやオリジナルアニメに比べて堅調な人気となる傾向がありますが、「冴えない彼女の育てかた」はラノベ読みの層以外からの支持も獲得しつつあります。

中国のオタク界隈においては、原作者の丸戸史明さんの手がけたPCゲーム「WHITE ALBUM2」の評価がきわめて高く、アニメ配信前からラノベ読み層以外のマニア層からも注目が集まっていました。始まってみれば手堅い作品展開に加えて、日本の同人関係の内容(特に同人ゲーム制作)についてのストーリーが「新鮮な日本のオタク事情に関する情報」と受け止められることになったようです。

中国でも最近はオタク系のイベントがさまざまな都市で開催されるようになり、同人誌制作も珍しい話ではなくなっていますが、同人ゲームに関してはまだ同人誌ほど明確にイメージできていません。日本の作品は入るものの、日本においてどのような形で扱われているのか、制作されているのかといった情報は少ないため、同人ゲームに関するオタクの知識を学べる作品として歓迎されている面もあります。

また、作中に出てくるアニメやギャルゲーなど、各種のオタクネタが現在の中国のオタクのマニア層にとって手頃なレベルだったのもプラスに働いているそうで、「冴えない彼女の育てかた」は中国のオタク系コミュニティにおいては、「語れる」「ネタにできる」作品ともなっているそうです。


中国のアニメ配信と続編作品の難しさ


冬アニメは、前回のライト層編と同様、「東京喰種トーキョーグール√A」、「黒子のバスケ」、「アルドノア・ゼロ」など続編作品が人気となっていますが、これは第2期や第3期の作品は新作の中に埋もれやすい、第1期ほどは伸びないという傾向のある中国の動画サイトにおけるアニメ配信では少々珍しい結果と言えます。

中国では春節休みにおける学生、若い世代の帰省とそれに伴って同年代の交流が大きく減少するという事情があることから、冬アニメに関しては昨年、一昨年ともに新作を積極的に発掘、追いかける人が減り、定番や作風が確定していると思われる「外れないであろう作品」に流れる傾向がありました。今年の春節は例年よりも遅いため、冬アニメへの注目だけでなく、イベント関係も含めて春節モードの空気が長く残り、動きの鈍い時期が長めになっていたようです。

そういった背景もあってか、冬アニメにおいては続編の人気が目立っていますが、続編であれば人気になったというわけではありません。たとえば「デュラララ!!×2 承」は、中国のオタク界隈における事前の予想、人気からすれば意外な苦戦をしています。

中国でも「デュラララ!!」の人気は高く、原作のライトノベルも、2010年に放送されたアニメ第1期も大人気となり一大ジャンルを形成するなど中国のオタク界隈に大きな影響を与えた作品ですし、その人気の根強さから中国のオタク業界では冬アニメの期待作のひとつとされていました。しかし始まってみればアクセス数が思ったよりも伸びない……といった状況となっています。
それでも「デュラララ!!」はまだ比較的よい方で、過去にはさらに残念なことになってしまった続編作品も珍しくはありません。

冬アニメで人気となった続編作品は、作品の面白さもさることながら、「春節特有の事情があり、第1期からそれほど間が空いておらず、ファンの記憶、コミュニティにおける熱、話題としての鮮度が十分に残っていたから人気となった」という見方もあります。

この見方に関しては、私自身も納得できるところがあります。過去、期待されたほど人気を獲得できなかった、埋もれてしまった続編作品は、前作から時間が空いたことにより、続編の開始時点で以前のファンが別の作品に移ってしまっている。中国のオタク層にとっては過去の作品扱いになっていたようなものも見受けられました。

ネットにより日本から入ってくる情報、コンテンツが昔と比べて急増しているとは言え、それでもアニメ配信以外のオタク関係の環境(書籍での展開や、各種イベント、ラジオ番組など日常的に接することのできるもの)は、まだ日本と中国では大きな差があります。

中国で人気になる作品の多くは、やはりアニメ経由となっていますが、これはアニメ配信がなければ作品に接する機会が激減するということでもあります。
もちろん今の時代、時間とお金をかければ日本に近いレベルで作品を追いかけることも不可能ではなくなっていますが、それはあくまでマニアな層の話です。ライトな層はやはり基本的にネットで見ることのできるアニメと、その作品の話題がメインとなっています。

そういった環境にあることから、中国ではアニメ配信がない期間におけるライトな層の作品に対する熱の冷め方は日本より随分と急激なのです。

そして現在の中国の動画サイトにおける視聴者は、ライト寄りな層が多数となっていますから、「間が長く空いた」続編アニメは作品の人気は根強くても、中国の動画サイトにおけるアクセス数に関しては苦戦する……といったことになってしまうのも珍しくないのです。

アニメの正規配信の増大により、中国における作品の広まり方、人気の出方も大きく変化しています。そして中国のオタク界隈では「作品の人気」に関して、それがどういった層におけるものなのか、また、動画サイトにおける配信ビジネスや動画サイト上の人気につながるものなのか……といったことを、ある程度区別して考えるべきだという認識も出ている模様です。


(文/百元籠羊)

画像一覧

  • 【中国オタクのアニメ事情】中国で話題になった冬の新作アニメ(マニア編) 中国のアニメ配信と続編作品の難しさ

関連作品

冴えない彼女の育てかた

冴えない彼女の育てかた

放送日: 2015年1月8日~2015年3月26日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 松岡禎丞、大西沙織、茅野愛衣、安野希世乃、矢作紗友里、赤﨑千夏、柿原徹也
(C) 2015 丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA富士見書房刊/冴えない製作委員会

東京喰種トーキョーグール√A

東京喰種トーキョーグール√A

放送日: 2015年1月8日~2015年3月26日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 花江夏樹、雨宮天、宮野真守、菅生隆之、諸星すみれ、浅沼晋太郎、梶裕貴、小西克幸、釘宮理恵、豊永利行、遊佐浩二、下野紘、悠木碧、戸松遥、井上和彦、瀬戸麻沙美、近藤孝行
(C) 石田スイ/集英社・東京喰種製作委員会

黒子のバスケ(第3期)

黒子のバスケ(第3期)

放送日: 2015年1月13日~2015年6月30日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 小野賢章、小野友樹、斎藤千和、細谷佳正、野島裕史、浜田賢二、江口拓也、井上剛、三木眞一郎、木村良平、保志総一朗、小野大輔、鈴木達央、諏訪部順一、中井和哉、折笠富美子、鈴村健一、谷山紀章、神谷浩史、逢坂良太
(C) 藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

アルドノア・ゼロ(第2クール)

アルドノア・ゼロ(第2クール)

放送日: 2015年1月10日~2015年3月28日   制作会社: A-1 Pictures/TROYCA
キャスト: 花江夏樹、小野賢章、雨宮天、三澤紗千香、小松未可子、村田太志、加隈亜衣、大原さやか、中井和哉、鳥海浩輔、茅野愛衣、嶋村侑、水瀬いのり、大川透、平川大輔、夏川椎菜、興津和幸、千葉進歩、竹内良太、豊永利行、生天目仁美、三宅健太、木島隆一、逢坂良太
(C) Olympus Knights / Aniplex・Project AZ

デュラララ!!×2 承

デュラララ!!×2 承

放送日: 2015年1月10日~2015年3月28日   制作会社: 朱夏
キャスト: 豊永利行、宮野真守、花澤香菜、沢城みゆき、福山潤、神谷浩史、小野大輔、中村悠一、梶裕貴、高垣彩陽、寺島拓篤、下野紘、M・A・O、小野友樹、山口勝平、金元寿子、喜多村英梨、岸尾だいすけ、藤田咲、大塚明夫、堀江一眞、小林沙苗、伊瀬茉莉也、福圓美里、小西克幸、大塚芳忠、藤原啓治、黒田崇矢、小野坂昌也、久野美咲、加瀬康之、飯塚昭三、森川智之、三上哲、種﨑敦美、梁田清之
(C) 2014 成田良悟/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/池袋ダラーズ

WHITE ALBUM2

WHITE ALBUM2

放送日: 2013年10月5日~2013年12月28日   制作会社: サテライト
キャスト: 水島大宙、米澤円、生天目仁美、寺島拓篤、中上育実、杉山紀彰、梶裕貴、夏樹リオ
(C) PROJECT W.A.2

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)