自主規制の進む中国の4月新作アニメ事情と、日中ネット小説テンプレのそこはかとない違い【中国オタクのアニメ事情】

2019年06月09日 12:000
自主規制の進む中国の4月新作アニメ事情と、日中ネット小説テンプレのそこはかとない違い【中国オタクのアニメ事情】

日中ネット小説テンプレのそこはかとない違い


近頃の日本のアニメやマンガにはネット小説原作の作品が増えていることから、中国のオタク界隈でも日本のネット小説のお約束、テンプレ的展開といったものが、ネタ的な方向込みで認識されるようになっています。
また中国はネット小説の商業化に関しては日本よりも先行していて、現在の中国国産コンテンツにおいて強い存在感を示していることもあり、中国のオタクな人たちも国産ネット小説に関しては基礎知識的に把握しています。

そのような背景もあってか、中国のオタク界隈では日本のネット小説出身の作品に関して中国国産作品との違いが話題になることも増えているそうですし、「中国の」テンプレ的なイメージから来る展開を期待していたところに、予想外の「日本の」テンプレ的展開にぶつかって引っかかりを覚えたり、ガッカリしたりといったようなことも起きているのだとか。

最近の新作アニメでは、「転生したらスライムだった件」や「盾の勇者の成り上がり」、現在は配信中止となってしまったようですが「異世界かるてっと」(クロスオーバー元の4作品すべてが中国で一定以上の人気になっています)といった、中国でも比較的広い範囲で話題になった日本のネット小説原作の作品が出ていますが、人気や話題とともに、日本と中国の「ネット小説のテンプレの違い」「好まれる定番要素の違い」といった部分についても浮き彫りになってきているそうです。
そんなわけで、以下に中国のオタクな方たちから聞いた、目に付きやすい「日中ネット小説テンプレの違い」をいくつかあげてみようかと思います。

●主人公が強くなる過程、強くなる方法

中国の作品では主人公に与えられる特別な能力は「強くなる方法」で、一般人とは違う効率で鍛錬しレベルアップするための特別な方法を習得して主人公が強くなっていく。
それに対して日本の作品では、異世界に行く際などに主人公が何らかの特別な能力、強力な力を直接獲得する。またその影響なのか、中国の作品であれば最後に獲得するような最強能力が、日本の作品では序盤から与えられて随分と軽く扱われるようなこともある。

●強いキャラ(主人公)の待遇

中国の作品ではキャラは強くなるとともに上の立場になり組織や種族のトップになる。
それに対して日本の作品では強いキャラがそのままトップになるとは限らず、また面倒ごとを避けるために実力を隠したりする。
また中国の作品の「強い主人公」は上位的な存在となっていることにより格下の敵からの攻撃で深手を負う、突然の不意打ちでピンチになるといったこともないので、日本の作品の主人公の格下の敵に対する突発的な弱さ、あっさり死んだり死にかけたりする展開にはとまどう。

●強くなって求めるモノ

中国の作品では「凡人」ではなくなること、人の上位的存在になって支配される側から抜け出して好き勝手にやる、世界を変えるなど、日常ではやれないことを実現するために目標に向かって奮闘する。
それに対して日本の作品は世界を変えるような方向の意欲はあまりなく、自分の周囲に居心地のよい人間関係や生活水準などが整った環境を構築して日常を楽しみたがる、守りたがる。

以上のような違いのほかにも、大きな違いとして、文字数課金やそれにともなう評価が基本となっている中国のネット小説プラットフォーム事情による文字数稼ぎの技法でもある、展開の引き延ばしや、世界設定と攻略法的内容の掘り下げなどから来る作品の印象の違いなどもあるそうです。
もちろん日中問わず個別のネット小説作品を見ていくとテンプレ的なところから外れる、独自要素を備えているという作品もたくさんありますし、変化の速いジャンルなので、次々と「新しい定番ネタ」も出てきているそうですが、大まかなイメージの違いとして上のようなものがあるのも確かだということです。

ネット小説系作品に限らず、日本の作品に関して、中国では見ている側が求める主人公の活躍、乗り越えるべき障害の描写などに関する感覚の違いから、イロイロな引っかかりや不満が出たりすることも少なくないそうです。
しかしちょっとした感覚の違いがあっても人気になる作品は出ていますし、そういった作品の反応から中国にも刺さる日本作品の傾向を見ていくのも面白いかもしれませんね。


(文/百元籠羊)

画像一覧

  • 自主規制の進む中国の4月新作アニメ事情と、日中ネット小説テンプレのそこはかとない違い【中国オタクのアニメ事情】

関連作品

鬼滅の刃

鬼滅の刃

放送日: 2019年4月6日~   制作会社: ufotable
キャスト: 花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、櫻井孝宏、大塚芳忠、山崎たくみ
(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

キャロル&チューズデイ

キャロル&チューズデイ

放送日: 2019年4月10日~   制作会社: ボンズ
キャスト: 島袋美由利、市ノ瀬加那、大塚明夫、入野自由、上坂すみれ、神谷浩史、宮野真守、堀内賢雄、宮寺智子、櫻井孝宏、坂本真綾、安元洋貴
(C) ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない

放送日: 2019年4月6日~2019年6月29日   制作会社: シルバー/アルボアニメーション
キャスト: 逢坂良太、白石晴香、富田美憂、鈴代紗弓、Lynn、朝日奈丸佳
(C) 筒井大志/集英社・ぼくたちは勉強ができない製作委員会

賢者の孫

賢者の孫

放送日: 2019年4月10日~2019年6月26日   制作会社: SILVER LINK.
キャスト: 小林裕介、小松昌平、本泉莉奈、若井友希、屋良有作、高島雅羅、森川智之
(C) 2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

放送日: 2018年10月5日~   制作会社: デイヴィッドプロダクション
キャスト: 小野賢章、中村悠一、諏訪部順一、鳥海浩輔、山下大輝、榎木淳弥
(C) LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

盾の勇者の成り上がり

盾の勇者の成り上がり

放送日: 2019年1月9日~   制作会社: キネマシトラス
キャスト: 石川界人、瀬戸麻沙美、日高里菜、松岡禎丞、高橋信、山谷祥生
(C) アネコユザキ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

どろろ

どろろ

放送日: 2019年1月7日~   制作会社: MAPPA/手塚プロダクション
キャスト: 鈴木拡樹、鈴木梨央、佐々木睦、内田直哉、千葉翔也、大塚明夫、中村千絵、麦人
(C) 手塚プロダクション/ツインエンジン

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

放送日: 2019年4月3日~   制作会社: feel.
キャスト: 林勇、小澤亜李、内田真礼、大西沙織、釘宮理恵、小林ゆう、前田玲奈、名塚佳織、楠大典、藤原祐規、江口拓也
(C) MAGES./5pb.

さらざんまい

さらざんまい

放送日: 2019年4月11日~2019年6月20日   制作会社: MAPPA/ラパントラック
キャスト: 村瀬歩、内山昂輝、堀江瞬、諏訪部順一、宮野真守、細谷佳正、釘宮理恵、津田健次郎、伊瀬茉莉也、帝子、加藤諒
(C) イクニラッパー/シリコマンダーズ

異世界かるてっと

異世界かるてっと

放送日: 2019年4月9日~2019年6月25日   制作会社: スタジオぷYUKAI
キャスト: 日野聡、原由実、上坂すみれ、加藤英美里、内山夕実、加藤将之、三宅健太、福島潤、雨宮天、高橋李依、茅野愛衣、小林裕介、水瀬いのり、村川梨衣、新井里美、子安武人、悠木碧、早見沙織、濱野大輝、笠間淳、林大地、三木眞一郎、玄田哲章、大塚芳忠
(C) 異世界かるてっと/KADOKAWA

川柳少女

川柳少女

放送日: 2019年4月5日~2019年6月21日   制作会社: CONNECT
キャスト: 花澤香菜、畠中祐、矢作紗友里、逢田梨香子、久野美咲、上坂すみれ
(C) 五十嵐正邦・講談社/川柳少女製作委員会

真夜中のオカルト公務員

真夜中のオカルト公務員

放送日: 2019年4月7日~2019年6月23日   制作会社: ライデンフィルム
キャスト: 福山潤、前野智昭、入野自由、遊佐浩二、櫻井孝宏、土岐隼一
(C) 2019たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

ISLAND(アイランド)

ISLAND(アイランド)

放送日: 2018年7月1日~2018年9月16日   制作会社: feel.
キャスト: 田村ゆかり、阿澄佳奈、山村響、鈴木達央、佐藤利奈、茂木たかまさ、中島唯、高柳知葉、田中貴子
(C) 2015 Frontwing/PROTOTYPE/アニメISLAND製作委員会

氷菓

氷菓

放送日: 2012年4月22日~2012年9月16日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 中村悠一、佐藤聡美、阪口大助、茅野愛衣、ゆきのさつき、置鮎龍太郎、ゆかな、小山茉美、早見沙織、悠木碧、川原慶久、浅野真澄、豊崎愛生、小倉唯、阿部敦、伊瀬茉莉也、入野自由、小清水亜美、広橋涼、秦勇気、山崎たくみ、小西克幸、こぶしのぶゆき、日笠陽子、伊藤かな恵、升望、近藤孝行、森川智之、進藤尚美、茅原実里、寺島拓篤、竹達彩奈、寿美菜子、福山潤、杉田智和、谷山紀章、杉山紀彰、平川大輔、吉野裕行、石塚運昇、永井一郎、西村知道、二又一成、田中正彦、千葉繁、諏訪部順一
(C) 米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

関連記事