中国にオタク文化を作った京アニ作品の影響と中国の7月期新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

2019年09月07日 18:000
中国にオタク文化を作った京アニ作品の影響と中国の7月期新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

中国のオタク文化の基礎となった京アニ作品


7月に発生した京都アニメーション放火事件は中国でも大きなニュースとなり、中国のオタク関連のコミュニティの各所では数千から万を超えるレスがつく事件関連のスレッドが立ち、「weibo」などでもたくさんの発言が飛び交いました。

この事件が中国でこれほどまでに大きな注目を集め、たくさんの心を痛める人が出た理由には、京都アニメーションの制作したアニメ作品、いわゆる「京アニ作品」が中国で単に面白い作品として人気になっただけでなく、中国のオタク文化に極めて大きな影響を与えているという背景が存在します。

2000年代に入ってから本格的に動き出した中国のオタク文化形成の過程では、ところどころでその後に大きな影響を及ぼす人気作品が出てきますが、その中にはたくさんの京アニ作品が含まれています。
大雑把なものではありますが、以下に中国で人気になった、現地のオタク文化に影響を与えた京アニ作品についてまとめてみようかと思います。

まず中国に大きな影響を与えた最初の京アニ作品は、「フルメタル・パニック? ふもっふ」だそうです。クオリティの高さに加えて「当時の中国の一般的な感覚でもわかるミリタリーネタが混じる学園モノのコメディ」というのが非常に強かったそうで、かなり長い期間人気作品扱いとなっており、現在でも「オタクの入門アニメ」的な扱いをされているとのことです。
もっとも、当時の中国ではまだアニメ制作会社が意識されることはほとんどなく、後年になって「あれは京アニ作品だったのか」と気付く人も多かったそうです。

そしておそらく中国のオタク文化にもっとも大きな影響を与えた京アニ作品が、「涼宮ハルヒの憂鬱」です。
「涼宮ハルヒの憂鬱」が放映された当時、本作は世界各国のオタクカルチャーに大きな影響を与えましたが、中国への影響も尋常なものではありませんでした。それ以前も日本のアニメやマンガ、ゲームの人気は高かったものの、中国で本格的にオタク層が形成され、オタクとしての活動が盛り上がるようになったのは「涼宮ハルヒ」以降の話となります。
この作品を通じて中国に日本のオタク界隈の盛り上がりや楽しみ方、原作のライトノベルやファンによって作られる動画などのアニメ以外の環境に関する情報が広まり、そして作品を見るだけでなくファンとして活動する、アピールするといった動きや、オタク系コミュニティの構築の流れが加速することになります。

その後の中国では、「らき☆すた」によって「涼宮ハルヒ」からさらに一歩進んだオタクネタの活用方法、同人活動、オタク文化圏や商業圏というのが意識させられるようになりましたし、「CLANNAD」、「CLANNAD 〜AFTER STORY〜」は、中国のオタクな人々を恋愛系作品の新たな形へ目覚めさせたそうです。またそれ以降も、「けいおん!」が、アニソンも含めた作品の盛り上がり方を体験させるなど、00年代半ばから10年代初め頃まで、京アニ作品が出るたびに、その影響によって中国のオタク界隈では新たな流れが生まれるといったような状況が続きました。

昔の事情を知る中国のオタクの方によると、
「京アニ作品は中国におけるオタク文化が発展する基礎を作った」
「その後の中国国内における日本のオタク系コンテンツの人気や盛り上がりは、京アニ作品の影響によって形成されたコミュニティや活動の感覚抜きには成立しなかった」
と言っても過言ではないそうです。

その後2010年代に入ってからは徐々に中国独自のオタク文化や活動の方向が構築されるようになり、京アニ作品に関しても一定以上の人気はあれど、影響力という点では徐々に目立たなくなっていった感もあるそうです。
当時の話によると、「けいおん!」の第2期頃からは京アニ作品も中国のオタクの主流層の好みや、最新の流行からは外れるようになり、日本での盛り上がり方とのズレがハッキリと出てくるようになったそうです。

もっとも、この時点ですでに中国では京アニの名声とブランドは確立されており、さらに期待を裏切らないクオリティの作品も続いていたので京アニ作品に対する注目は相変わらず大きかったようです。この時期の京アニ作品では「日常」、「氷菓」、「中二病でも恋がしたい!」などはオタク層だけでなく一般寄りのアニメ視聴者層でも手堅い人気となり、シーズンを問わず長期的な人気が続くような状況になっていたのだとか。
そして京アニ作品は、流行り廃りの激しい中国においては比較的珍しく、長期的に人気を維持する作品、特定の話題のときに常に作品の名前があがるようなある種の定番作品といった位置付けになっていったそうです。

ただ近年の中国では、京アニ作品はブランドによる話題性こそ高いものの、新作としての再生数や人気の盛り上がりという面ではあまり目立たなくなってきているといった話も聞こえてきます。
現在の中国では、京アニ作品が高クオリティの代名詞となってはいますが、近年の作品の傾向や中国のアニメ視聴環境の大きな変化などから主にマニア層、含蓄のある作品を求める層からの支持が中心で、ひと昔前のように、京アニの新作が中国のオタク界隈全体から歓迎されるような状況ではなくなっている模様です。

また、この状況に関して、過去に京アニ作品にハマった中国のオタクな人たちの中には、京アニのスタンスが変化していったことや、自分たちの好みの作品を作ってくれなくなったことを残念に思うなど、京アニに対してイロイロな意味で複雑な感情を抱く人が少なからず出ているといった話もあるとのことです。

しかしそれでも中国のオタクな面々にとって、京アニがとても強い思い入れのある存在だというのは変わらないそうです。中国で先日の京アニの事件に対して大きなショックを受け、強い憤りを感じる人がたくさん出たのは、京アニ作品が中国で愛され、京アニ作品の影響を受けた人がとても多かったということの現れでもあります。

中国では現在も、京アニ事件が注目され続けていますし、悲嘆の声や犠牲者の方々のご冥福を祈る声が絶えません。
私もこの場を借りて犠牲者の方々のご冥福を改めて祈らせていただきます。


(文/百元籠羊)

画像一覧

  • 中国にオタク文化を作った京アニ作品の影響と中国の7月期新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

関連作品

女子高生の無駄づかい

女子高生の無駄づかい

放送日: 2019年7月5日~2019年9月20日   制作会社: パッショーネ
キャスト: 赤﨑千夏、戸松遥、豊崎愛生、長縄まりあ、富田美憂、高橋李依、佐藤聡美、M・A・O、興津和幸
(C) ビーノ/KADOKAWA/女子高生の無駄づかい製作委員会

Dr.STONE

Dr.STONE

放送日: 2019年7月5日~   制作会社: トムス・エンタテインメント
キャスト: 小林裕介、古川慎、佐藤元、中村悠一、市ノ瀬加那、沼倉愛美、前野智昭、村瀬歩、上田麗奈、高橋花林、河西健吾、麦人
(C) 米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会

からかい上手の高木さん2

からかい上手の高木さん2

放送日: 2019年7月7日~2019年9月22日   制作会社: シンエイ動画
キャスト: 高橋李依、梶裕貴、小原好美、M・A・O、小倉唯、内田雄馬、小岩井ことり、岡本信彦、落合福嗣、内山昂輝、悠木碧、田所陽向
(C) 2019 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん2製作委員会

とある科学の一方通行

とある科学の一方通行

放送日: 2019年7月12日~2019年9月27日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 岡本信彦、日高里菜、久保ユリカ、渡部紗弓、ささきのぞみ、甲斐田裕子、逢坂良太、真野あゆみ
(C) 2018 鎌池和馬/山路新/KADOKAWA/PROJECT-ACCELERATOR

ダンベル何キロ持てる?

ダンベル何キロ持てる?

放送日: 2019年7月3日~2019年9月18日   制作会社: 動画工房
キャスト: ファイルーズあい、雨宮天、石川界人、石上静香、東山奈央、堀江由衣、玄田哲章、戸松遥
(C) 2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-

ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-

放送日: 2019年7月6日~2019年9月28日   制作会社: TROYCA
キャスト: 浪川大輔、上田麗奈、小野大輔、水瀬いのり、松岡禎丞、山下誠一郎、小林裕介、平川大輔、伊藤静
(C) 三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

ありふれた職業で世界最強

ありふれた職業で世界最強

放送日: 2019年7月8日~2019年10月7日   制作会社: アスリード/WHITE FOX
キャスト: 深町寿成、桑原由気、高橋未奈美、日笠陽子、大西沙織、花守ゆみり、加隈亜衣
(C) 白米良・オーバーラップ/ありふれた製作委員会

鬼滅の刃

鬼滅の刃

放送日: 2019年4月6日~   制作会社: ufotable
キャスト: 花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、櫻井孝宏、大塚芳忠、梶裕貴、加隈亜衣、岡本信彦、森川智之、悠木碧、井澤詩織、浪川大輔、山崎たくみ、緑川光、子安武人、坂本真綾、山下大輝、早見沙織、千葉繁、上田麗奈、日野聡、小西克幸、花澤香菜、河西健吾、杉田智和、鈴村健一、関智一、関俊彦、木村良平、福山潤、小松未可子、諏訪部順一、内山昂輝、小清水亜美、森久保祥太郎、白石涼子、稲田徹
(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

フルメタル・パニック? ふもっふ

フルメタル・パニック? ふもっふ

放送日: 2003年8月26日~2003年11月28日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 関智一、ゆきのさつき、木村郁絵、森川智之、田中理恵、金田朋子、福山潤、吉田小百合、能登麻美子、夏樹リオ、ゆかな、根谷美智子、三木眞一郎、大塚明夫、西村知道、平松晶子、青野武、菊池志穂、浅野まゆみ、浜田真瑞、池水通洋、宮本充
(C) 賀東招二・四季童子/陣代高校生徒会

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

放送日: 2006年4月2日~2006年7月2日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 平野綾、杉田智和、後藤邑子、小野大輔、茅原実里、松岡由貴、桑谷夏子、白石稔、松元惠、あおきさやか
(C) 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

らき☆すた

らき☆すた

放送日: 2007年4月8日~2007年9月16日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 平野綾、加藤英美里、福原香織、遠藤綾、今野宏美、白石稔、長谷川静香、茅原実里、ささきのぞみ、清水香里、前田このみ、西原さおり、平松広和、井上喜久子、古澤徹、小菅真美
(C) 美水かがみ/らっきー☆ぱらだいす

CLANNAD

CLANNAD

放送日: 2007年10月4日~2008年3月27日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 中村悠一、中原麻衣、広橋涼、神田朱未、桑島法子、野中藍、能登麻美子、阪口大助、置鮎龍太郎、井上喜久子、ゆきのさつき、榎本温子
(C) VisualArt's/Key/光坂高校演劇部

CLANNAD ~AFTER STORY~

CLANNAD ~AFTER STORY~

放送日: 2008年10月2日~2009年3月26日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 中村悠一、中原麻衣、置鮎龍太郎、井上喜久子、緑川光、広橋涼、神田朱未、桑島法子、能登麻美子、阪口大助、ゆきのさつき、榎本温子
(C) VisualArt's/Key/光坂高校演劇部

けいおん!(第1期)

けいおん!(第1期)

放送日: 2009年4月2日~2009年6月25日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈、真田アサミ、藤東知夏、米澤円
(C) かきふらい・芳文社/桜高軽音部

日常

日常

放送日: 2011年4月3日~2011年9月25日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 本多真梨子、相沢舞、富樫美鈴、今野宏美、古谷静佳、白石稔、堀川千華、川原慶久、山本和臣、平松広和、小林元子、吉崎亮太、廣坂愛、比上孝浩、玉置陽子、樋口結美、佐土原かおり、山口浩太、小菅真美、稲田徹、水原薫、チョー、中博史、銀河万丈
(C) あらゐけいいち・角川書店/東雲研究所

氷菓

氷菓

放送日: 2012年4月22日~2012年9月16日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 中村悠一、佐藤聡美、阪口大助、茅野愛衣、ゆきのさつき、置鮎龍太郎、ゆかな、小山茉美、早見沙織、悠木碧、川原慶久、浅野真澄、豊崎愛生、小倉唯、阿部敦、伊瀬茉莉也、入野自由、小清水亜美、広橋涼、秦勇気、山崎たくみ、小西克幸、こぶしのぶゆき、日笠陽子、伊藤かな恵、升望、近藤孝行、森川智之、進藤尚美、茅原実里、寺島拓篤、竹達彩奈、寿美菜子、福山潤、杉田智和、谷山紀章、杉山紀彰、平川大輔、吉野裕行、石塚運昇、永井一郎、西村知道、二又一成、田中正彦、千葉繁、諏訪部順一
(C) 米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

中二病でも恋がしたい!

中二病でも恋がしたい!

放送日: 2012年10月3日~2012年12月19日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 内田真礼、赤﨑千夏、浅倉杏美、上坂すみれ、天野由梨、福原香織、設楽麻美、保志総一朗、井上喜久子、仙台エリ
(C) 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事