アニメ業界ウォッチング第37回:“ぴえろ”創設者の布川郁司が語る、アニメ企画のこれまでとこれから

アキバ総研 | 2017年09月30日 12:00
アニメ業界ウォッチング第37回:“ぴえろ”創設者の布川郁司が語る、アニメ企画のこれまでとこれから

人気漫画が原作でも、企画にはいつも“新しい風”を入れる


── 1985年のぴえろ作品は「魔法のスター マジカルエミ」と「忍者戦士 飛影」の2本のみで、両方ともオリジナル企画でした。

布川 どちらも、玩具にポイントを置いて成立した企画です。ぴえろもロボット物にも挑戦したんだけど、やっぱりサンライズさんには勝てませんでしたね。女児向けアニメにしても、なかなか東映さんに対抗しうる作品がつくれませんでした。当時は18時~19時台がテレビアニメの放送される主な時間帯でしたから、新興の制作会社だったぴえろとしては、何とかその時間帯を狙いたい。そう考えると、オリジナル企画から人気のある漫画原作に企画が移行するのは、いわば必然でした。

── 1987年に「きまぐれオレンジ★ロード」を制作していますが、これは週刊少年ジャンプに連載されていた漫画が原作です。日本テレビ系で月曜19時30分からの放送でした。

布川 「きまぐれオレンジ★ロード」は、当初は集英社のイベント「ジャンプフェスタ」用の1本だけのアニメ化でしたが、何とかしてテレビアニメにしたいと思いました。当時のジャンプ漫画は東映動画さん、バンダイさん、フジテレビかテレビ朝日という、強豪タッグでアニメ化されることが多かったんです。その壁を打ち破るのは、大変なことです。しかし、東映さんとバンダイさんが組んで作るアニメは、「ドラゴンボール」のように、玩具になりやすい漫画原作だろうと思いました。つまり、東映さんは「オレンジ★ロード」には関心がないのではないか……。当時のアニメ市場は東映が独占的でしたから、まだアニメに熱心ではなかった東宝さんに話を持っていきました。それで、「オレンジ★ロード」の製作は「東宝・ぴえろ」となっているんです。
「オレンジ★ロード」がヒットしてくれたので、あまり東映さんが手を出さないであろうジャンプ漫画を狙って(笑)、細かくアニメ化することで、集英社さんの信頼を得ていきました。そこで出てきたのが「幽☆遊☆白書」(1992年)でした。王道パターンで考えれば東映さん向きの企画なんですが、フジテレビ系で土曜18時半という放送枠も魅力でした。いろいろなことがありましたが、どうにか当社がアニメ化権を獲得できて、しかも大ヒットしました。鉄壁だった東映さんに対抗できたという意味では、その後の「NARUTO‐ナルト‐」(2002年)に繋がる番組でしたね。


── しかし、いくら原作漫画が人気でも、いいスタッフを集めて良質なアニメをつくらないと人気は出ないような気がしますが?

布川 もちろん、原作が売れていることも大事ですが、「うる星やつら」(1981年)でも「クリィミーマミ」でも、僕はいつも新しい風を入れたいと思っていました。「うる星やつら」で言えば、若手だった押井守をシリーズディレクターに起用したり、キーになるスタッフを誰にするかは重視します。「幽☆遊☆白書」で監督デビューした阿部紀之(現・阿部記之)くんは、僕が塾長をつとめていた演出講座“NUNOANI塾”で育てた男なんです。新人にこんな大きな作品を任せるのは冒険ではありますが、本人のエネルギーのかけ方がすごいだろうと期待しました。若手クリエイターのパワーを爆発させる場を用意するのも、プロデューサーの役割です。そういう意味では、「幽☆遊☆白書」は成功した作品ですね。

── その後、「みどりのマキバオー」(1996年)など、ジャンプアニメが続きますね。

布川 「マキバオー」の放送されたフジテレビの土曜18時30分は、いちばん視聴率をとれる枠です。僕がタツノコプロで演出をしていたころ、その枠で「タイムボカン」が大ヒットしていました。ぴえろを創立したときから、フジテレビの土曜18時30分は何とかとりたいと思っていました。タツノコ出身の人間がタツノコの枠を狙うのは忍びないのですが(笑)、そこは実力主義ですよね。「おそ松さん」の元となった「おそ松くん」(1988年)では、あの枠で最高視聴率をとりましたよ。

画像一覧

  • アニメ業界ウォッチング第37回:“ぴえろ”創設者の布川郁司が語る、アニメ企画のこれまでとこれから

  • アニメ業界ウォッチング第37回:“ぴえろ”創設者の布川郁司が語る、アニメ企画のこれまでとこれから

  • アニメ業界ウォッチング第37回:“ぴえろ”創設者の布川郁司が語る、アニメ企画のこれまでとこれから

関連作品

魔法の天使 クリィミーマミ

魔法の天使 クリィミーマミ

放送日: 1983年7月1日~1984年6月29日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 太田貴子、水島裕、安西正弘、村山明、土井美加、肝付兼太、三田ゆう子、井上和彦、亀山助清、島津冴子
(C) ぴえろ

おそ松さん

おそ松さん

放送日: 2015年10月5日~2016年3月28日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由、遠藤綾、鈴村健一、國立幸、上田燿司、飛田展男、斎藤桃子
(C) 赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

おそ松さん(第2期)

おそ松さん(第2期)

放送日: 2017年10月2日~   制作会社: ぴえろ
キャスト: 櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由、遠藤綾、鈴村健一、國立幸、上田燿司、飛田展男、斎藤桃子
(C) 赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

魔法のスター マジカルエミ

魔法のスター マジカルエミ

放送日: 1985年6月7日~1986年2月28日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 小幡洋子、水島裕、龍田直樹、峰あつ子、八奈見乗児、青木菜奈、納谷六朗、三田ゆう子、伊倉一恵、郷里大輔、千葉繁、大滝進矢、亀山助清、岡本麻弥
(C) ぴえろ

忍者戦士 飛影

忍者戦士 飛影

放送日: 1985年10月6日~1986年7月27日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 井上和彦、菊池正美、日髙のり子、島本須美、堀内賢雄、岡部政明
(C) ぴえろ

きまぐれオレンジ☆ロード

きまぐれオレンジ☆ロード

放送日: 1987年4月6日~1988年3月7日
(C) まつもと泉/集英社・日本テレビ・東宝

NARUTO -ナルト-

NARUTO -ナルト-

放送日: 2002年10月3日~2007年2月8日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 竹内順子、杉山紀彰、中村千絵、井上和彦、関俊彦、森久保祥太郎、柚木涼香、水樹奈々、柴田秀勝
(C) 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

NARUTO -ナルト- 疾風伝

NARUTO -ナルト- 疾風伝

放送日: 2007年2月15日~2017年3月23日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 竹内順子、中村千絵、井上和彦、落合るみ、鳥海浩輔、川田紳司、水樹奈々、小杉十郎太、森久保祥太郎、柚木涼香、伊藤健太郎、江原正士、増川洋一、遠近孝一、勝生真沙子、根本圭子、飛田展男、本田貴子、佐々木望、関俊彦、大谷育江、下屋則子、重松朋、大塚芳忠、石田彰、朴璐美、加瀬康之、中田譲治、渡辺英雄、川本克彦、青山穣、くじら、神奈延年、杉山紀彰、石川英郎、内田直哉
(C) 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

うる星やつら

うる星やつら

放送日: 1981年10月14日~1986年3月19日   制作会社: スタジオディーン/ぴえろ
キャスト: 平野文、古川登志夫、島津冴子、杉山佳寿子、永井一郎、鷲尾真知子、神谷明、小宮和枝
(C) 高橋留美子/小学館・キティフィルム・フジテレビ

幽☆遊☆白書

幽☆遊☆白書

放送日: 1992年10月10日~1995年1月7日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 佐々木望、千葉繁、緒方恵美、檜山修之、田中真弓、深雪さなえ、天野由梨、京田尚子、林原めぐみ、折笠愛、白鳥由里、中原茂、飛田展男、玄田哲章、鈴木勝美、古田信幸、二又一成、子安武人、真殿光昭、納谷六朗、辻谷耕史、曽我部和恭、若本規夫、山口勝平、松本保典、森川智之、近藤玲子、菅生隆之、高山みなみ、江原正士、大谷育江、西村知道
(C) Yoshihiro Togashi 1990年-1994年/集英社・ぴえろ

みどりのマキバオー

みどりのマキバオー

放送日: 1996年3月2日~1997年7月12日
キャスト: 犬山イヌコ、千葉繁、高山みなみ、飯塚昭三、緒方賢一、桜井敏治、石田彰、玄田哲章、有馬端香
(C) つの丸・スタジオ将軍/集英社・ぴえろ

おそ松くん(第2作)

おそ松くん(第2作)

放送日: 1988年2月13日~1989年12月30日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 井上瑤、松本梨香、林原めぐみ、真柴摩利、松井菜桜子、横尾まり、肝付兼太、田中真弓、大平透、神山卓三、水鳥鐵夫、千葉繁
(C) 赤塚不二夫/ぴえろ

関連ニュース

「ネト充のススメ」特集 夏アニメレビュー投稿キャンペーン ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第1回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ 2017 秋アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 「ネト充のススメ」特集
  • 夏アニメレビュー投稿キャンペーン
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ