アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由

アキバ総研 | 2017年04月22日 12:00
アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由

アニメに求められる過剰な“売り”が、業界を自縄自縛する


── そのようにして福島県で取材してきた内容が、クラウドファンディングのサイトで公開されている「薄暮」の原案に盛り込まれるわけですね?

山本 盛り込める要素は、いっぱいあります。いっそ、ドキュメンタリーにしたほうが面白いんじゃないかって思うぐらい(笑)。ですから、何をどれぐらい盛り込むのかは、ずっと議論しています。現地の関係者の人たちに、ヒアリングも続けています。原発についても、もちろん触れることになります。いわきフィルム・コミッションさんのおかげで、帰還困難区域から仮設住宅に移り住んできた人のお話も聞けましたからね。だけど、純粋なボーイ・ミーツ・ガール、田舎町の男の子と女の子を描きたい。その根本部分だけは崩さないようにしたいと思っています。

── 背景は、実在の福島県いわき市の場所を使うのですか?

山本 はい、1つひとつ了解をとって、実在の場所を描くつもりです。聖地巡礼だとかいうよりも……この前の取材で出会った、いわき市の親子に見せたいですね。あの2人によろこんでもらえる作品にしたい――それぐらい、心を揺さぶられました。その親子の体験のほうが、よほどドラマチックなんですけど、お母さんのほうは「薄暮」の原作を読んでくださっていて、「私たちも前向きに生きていきますから、この主人公たちも、どうか前向きに」とおっしゃってくれました。僕の心情としてはお母さんに寄り添ってしまいがちなのですが、むしろ、その方の娘さんが「素敵だな」「今後も、いわき市で暮らしていきたいな」と思ってもらえる作品にしたいです。


── 「薄暮」が完成したら、福島県とは関係のない人たちも見ることになるわけですよね。そういうお客さんに対するアニメ作品としての“売り”は何でしょう?

山本 「薄暮」は、ごく普通の恋愛物ですよ。僕は「日常とは何か」「いま目の前にある世界をどうとらえるか」、そのシンプルで哲学的な問いかけを、繰り返しているだけなんです。「かんなぎ」の売りは何だったのか、「らき☆すた」の売りは何だったのかと聞かれたら、「ダンス」と答えないといけないんでしょうか? そういう安易な“売り”をやりたくないから、アニメ業界から距離をおいているんですよ。
強いて言うなら、「薄暮」ではヴァイオリンの演奏シーンが見せ場になると思います。僕は「ライブアライブ」(『涼宮ハルヒの憂鬱』第12話)以降、楽器は描いてきませんでした。なぜなら、とても難しいからです。「セロ弾きのゴーシュ」の演奏シーンの素晴らしい臨場感は、CGやロトスコープでは出せません。ただ音が鳴っているだけでは人間は感動せず、“音楽”にしならなければいけない。その音楽を絵にするには、何をしなければいけないのか? 難しい分、うまくいけば、すごい表現になります。そこにチャレンジしたい。

── では、「薄暮」の“売り”は演奏シーンですか?

山本 昨年、太宰治や川端康成のような純文学を調べてみたのですが、ああいう文学作品は、とりたてて何も起きないのに、名作として読まれ続けていますよね。そして、たとえば太宰治の「女生徒」の“売り”って何ですか、と聞く人はいません。僕らは、どうしてそのレベルに行けないんでしょうか? なぜ、アニメだけが派手でわかりやすい“売り”を求められるのでしょうか? 「薄暮」はボーイ・ミーツ・ガールを描く作品なのに、それだけでは作品が成立しないと思われてしまう。アニメである以上、なにか強烈な引きのある“売り”がなければいけない――そんな考えにとらわれているから、業界が自縄自縛してしまうのではないでしょうか。普通に笑ったり泣いたりできれば、それでいいはずですよ。いまの僕は、自分の創作の原点に戻りたいんです。


(取材・文/廣田恵介)



「薄暮」スタッフキャスト情報

原作・脚本・監督・音響監督:山本寛

キャラクターデザイン:近岡直

色彩設計:村口冬仁

音響演出:山田陽

音楽:鹿野草平

アニメーション制作:Twilight Studio

キャスト:花澤香菜、福原香織、島本須美、雨宮天 他


山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト

https://camp-fire.jp/projects/view/11715


(C) Yutaka Yamamoto/Project Twilight

画像一覧

  • アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由

  • アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由

  • アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由

関連作品

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

放送日: 2006年4月2日~2006年7月2日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 平野綾、杉田智和、後藤邑子、小野大輔、茅原実里、松岡由貴、桑谷夏子、白石稔、松元惠、あおきさやか
(C) 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

らき☆すた

らき☆すた

放送日: 2007年4月8日~2007年9月16日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 平野綾、加藤英美里、福原香織、遠藤綾、今野宏美、白石稔、長谷川静香、茅原実里、ささきのぞみ、清水香里、前田このみ、西原さおり、平松広和、井上喜久子、古澤徹、小菅真美
(C) 美水かがみ/らっきー☆ぱらだいす

Wake Up,Girls!

Wake Up,Girls!

放送日: 2014年1月10日~2014年3月28日   制作会社: Ordet/タツノコプロ
キャスト: 吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑、大坪由佳、加藤英美里、津田美波、福原香織、山本希望、明坂聡美、安野希世乃、浅沼晋太郎、日髙のり子、戸松遥、花澤香菜
(C) Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会

宮河家の空腹

宮河家の空腹

配信日: 2013年4月29日~2013年7月8日   制作会社: Ordet/エンカレッジフィルムズ
キャスト: 川崎琴、島形麻衣奈、曽和まどか、岩崎可苗、小田果林、松岡禎丞、山田奈都美、関智一、立木文彦、くじら、平野綾、加藤英美里、福原香織、今野宏美
(C) 美水かがみ・角川書店/はらぺこ

フラクタル

フラクタル

放送日: 2011年1月13日~2011年3月31日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 小林ゆう、津田美波、花澤香菜、井口裕香、浅沼晋太郎
(C) フラクタル製作委員

かんなぎ

かんなぎ

放送日: 2008年10月4日~2008年12月27日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 戸松遥、下野紘、沢城みゆき、花澤香菜、星野貴紀、柿原徹也、早水リサ、中原麻衣
(C) 武梨えり/一迅社・アニプレックス

戦勇。

戦勇。

放送日: 2013年1月8日~2013年4月2日   制作会社: ライデンフィルム/Ordet
キャスト: 下野紘、中村悠一、茅野愛衣、鈴村健一、中田譲治、加藤英美里
(C) 春原ロビンソン/戦勇。製作委員会

関連シリーズ

関連ニュース

アニメニュースの新着ニュース

「宇宙兄弟」神シーン決定戦 「捏造トラップ-NTR-」プレゼントキャンペーン 夏アニメレビュー投稿キャンペーン ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第1回 「サクラクエスト」プレゼントキャンペーン 2018 冬アニメ 2017 秋アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 夏アニメレビュー投稿キャンペーン
  • 「捏造トラップ-NTR-」プレゼントキャンペーン
  • 「サクラクエスト」プレゼントキャンペーン
  • 「宇宙兄弟」神シーン決定戦
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2017 春アニメ