旅アニメまとめ

彼らはどこから来て、どこへ向かうのか? そんな長い旅路を描く旅アニメを、編集部が独自にピックアップ! 血沸き胸躍る新発見あり、旅先での心温まる交流あり、はたまた命がけのファイト一発案件あり。アニメだからこそ描ける、ロング・ロング・ジャーニーの行く末を見届けよう!

関連まとめ:冒険ファンタジーアニメ

アニメまとめ

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series

テレビアニメ 放送日:2017年10月6日~2017年12月22日

シリーズ累計800万部超の名作「キノの旅 -the Beautiful World-」の新たなTVアニメシリーズ。少年に見えるけれど実は少女の旅人キノが、相棒でモトラド(二輪車)のエルメスとともに、いろいろな国をめぐる。目的のある旅ではなく、物語は、価値観も風習もまったく異なる国々の出来事をつなぐ、連作短編。1つひとつが、独立した寓話のよう。人間の欲が、感情が引き起こすダークな物語を、淡々と拾い上げ、描き出していく。

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series

主人公の人間キノと言葉を話す二輪車エルメスは、目的もなく、世界をあちこち旅している。世界のあちこちには個性豊かな国があり、人々は自分たちなりの法や常識をもって暮らしていて、キノとエルメスはそんな国々を訪れ、基本的に3日間だけ滞在し、また次の国へと旅...

キャスト
キノ(悠木碧)
エルメス(斉藤壮馬)
シズ(梅原裕一郎)
陸(松田健一郎)
ティー(佐倉綾音)
師匠(Lynn)
相棒(興津和幸)
フォト(水瀬いのり)
ソウ( 緒方恵美)

少女終末旅行

テレビアニメ 放送日:2017年10月6日~2017年12月22日

つくみずさんがWEBコミックサイト「くらげバンチ」にて連載中のディストピアファンタジーマンガをアニメ化。人間たちのほとんどが死に絶え、生き物さえもいなくなった終末の世界を舞台に、愛車の半装軌車・ケッテンクラートに乗って、あてのない旅を続けるふたりの少女・チトとユーリのほのぼのした姿が描かれる。

少女終末旅行

繁栄と栄華を極めた人間たちの文明が終わりを迎えてから長い年月が過ぎた。人間たちのほとんどが死に絶え、生き物さえもいなくなった終わりを迎えた世界。複雑に建造された都市はまるで迷路のような廃墟となり、整備するものがいなくなった機械たちは徐々にその動きを...

キャスト
チト(水瀬いのり)
ユーリ(久保ユリカ)
レビュー★ピックアップ
誰もいない荒廃した土地を「ケッテンクラート」に乗って旅する2人の少女。いかにも、ミリタリーマニアが好きそうなシチュエーションだが、それだけではない。この世界で描かれるのは、戦闘でも冒険でもない。ある意味、2人だけのゆるふわな日常なのだ。ある意味では「漫才」と言えなくもない。軍服姿の女の子が2人だけで漫才しながら、誰もいない(たまにいる)ディストピアの世界をゆく。ものすごいシュールな設定なのに、これが自然とハマってしまうから不思議だ。(40代後半 男性)
はるか未来の話なのにどこかノスタルジックな雰囲気の世界観に不思議と引き込まれちゃいます。動くものがない静かな世界をひたすら2人が移動していくだけなんですが、チトとユーリのゆるーくまったりした会話が好きで、金曜の夜、ふぅって一息つくのにちょうどいい感じです。(女性)

けものフレンズ

テレビアニメ 放送日:2017年1月10日~2017年3月28日

【2017年冬アニメ5位】コミック連載をはじめグッズなどさまざまに展開中のコンテンツで、「ケロロ軍曹」などで知られる吉崎観音さんがキャラクターコンセプトデザインを担当。TV放送されると人気に火がつき、大ブームとなった。監督は「てさぐれ!部活もの」のたつきさん、シリーズ構成は「団地ともお」の田辺茂範さん、アニメーション制作は「てさぐれ!部活もの」のヤオヨロズ。

けものフレンズ

この世界のどこかにつくられた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。ある日の現象をきかっけに、動物達は次々と「アニマルガール」へと変身。「セルリアン」と「サンドスター」――そのふたつの不思議な現象を調べる間にもアニマルガールの仲間は続々と増えていき、ジ...

キャスト
かばん(内田彩)
サーバル(尾崎由香)
フェネック(本宮佳奈)
アライグマ(小野早稀)
ロイヤルペンギン(佐々木未来)
コウテイペンギン(根本流風)
ジェンツーペンギン(田村響華)
イワトビペンギン(相羽あいな)
フンボルトペンギン(築田行子)
レビュー★ピックアップ
こんなアニメが今まであっただろうか?初めて1話を見た時の感想は低評価だった。しかし回を重ねる度に綿密な伏線と引きに魅了されあっという間にこのアニメに引き込まれてしまった。大切な物とは何かということを思いださせてくれる素敵なフレンズ達に出会えたこととたつき監督に感謝。はやく続きをよこすのです。我々はまっているのですよ。(非公開)
子供向けのスタイルを踏襲した、疲れる大人達に向けられた癒やしの旅物語。それにしても、この癒やしがここまで広く望まれていたとは思わなかった。ここまでのダークホースは滅多に見れるものではないだろう。実に素敵な旅を見せてくれて、実にありがたい3ヶ月だった。(非公開)
この作品が支持されている理由は、このようなほのぼのした要素だけでなく、話が進むに連れて次々と謎が明らかになっていくストーリー展開が合わさっていることでしょう。主題歌については、中毒性のあるOPと、作品の世界観にマッチした温かい雰囲気のEDで非常に好印象に思います。(ネットでいわれているように、EDの映像についてはミステリアスですが)セリフが2chの実況などで多用されたり、動物園の来場者が増えたりと、この作品は大きなブームになっています。(20代前半 男性)

ローリング☆ガールズ

テレビアニメ 放送日:2015年1月11日~2015年3月29日

世の中の平和のために旅をする4人の少女たちを描く青春ロードムービー。全編を通してザ・ブルーハーツへのオマージュが見られ、主題歌は「月の爆撃機」「人にやさしく」など同バンドの楽曲をメインキャストが実際に結成したユニットが担当。アニメーション制作は、本作が初のオリジナル企画となるWIT STUDIOが手がける。

ローリング☆ガールズ

地方自治をめぐる「東京大決戦」の終結から10年がたち、都道府県がすべて独立国家となった列島。ご当地色をテーマパークのように肥大化させた各地域では、「モサ」と呼ばれる能力者が自警団を率いて統治、あるいはその一翼を担っていた。そんな中、あちこちで巻き起...

キャスト
森友望未(小澤亜李)
小坂結季奈(日高里菜)
響逢衣(種田梨沙)
御園千綾(花守ゆみり)
宇徳真茶未(藤村歩執)
行玖仁子(大浦冬華)
音無ゆかり(古木のぞみ)
所沢大統領(大原さやか)
レビュー★ピックアップ
言葉で説明するのが難しいですけど、個人的には大好きなアニメです。ブルーハーツの曲がカバーされてるのでその世代の人にもオススメです。(20代前半 男性)
「普通の女の子4人組の青春ロードムービー」というキャッチの本作ですが、ロードムービーというより、全国珍道中に近い感じかな。旅の目的は正直よくわかりませんが、設定はハチャメチャで結構面白い。パロディ作品に近いです。ただ、結構ベタなので、面白いか?と言われると、微妙なところもありますが、デフォルメという点では、「キルラキル」にも通じるものがあります。キライじゃないです。こういうの。(40代後半 男性)

暁のヨナ

テレビアニメ 放送日:2014年10月7日~2015年3月24日

「花とゆめ」(白泉社)に連載中の同名コミック(作:草凪みずほ)をアニメ化。原作は累計発行部数300万部を突破している。想いを寄せていた人に父王を殺され、城を追われることとなった皇女・ヨナ。すべてを失いながらも、護衛のハクや「四龍の戦士」とともに戦い生き抜いていく、大河ファンタジー・ロマン。ヨナとハクの身分違いの恋、ヨナに次第に心惹かれていく四龍など、激動の運命の中で芽生える感情が複雑に絡み合う。また、最初は守られるだけだったヨナが覚悟を決め、強く成長していく姿には心を揺さぶられる。骨太なドラマも恋愛も両方楽しみたい人にオススメ!

暁のヨナ

建国神話・四龍伝説が伝わる高華王国。緋龍城では当時、王の他には世継ぎの王子も、世継ぎを産むお妃も無く、ただ齢十五の王女・ヨナが、大切に大切に育てられていた――。そして迎えた十六歳の誕生日。武器を厭う心優しい父王・イル、幼馴染で護衛のハクや、ヨナが想...

キャスト
ヨナ(斎藤千和)
ハク(前野智昭)
スウォン(小林裕介)
キジャ/白龍(森田成一)
シンア/青龍(岡本信彦)
ジェハ/緑龍(諏訪部順一)
ゼノ/黄龍(下野紘)
ユン(皆川純子)
レビュー★ピックアップ
原作の面白さを余すところなく伝え、更にアニメならではの魅力をふんだんに盛り込んだすばらしい映像化だと思います。に、第22話「歴史は夜作られる」のクオリティの高さは鳥肌もの。軽快なギャグパートとしっかり落としていくシリアスパートがくるくる入れ替わりますが、演出の妙で振り回される感じもなく、ともすればマンネリ化しがちな仲間集めという旅の過程をテンポ良く描いています。(非公開)
仲間を集めながら旅を勧めるうちに主人公も成長していく、といった王道の冒険物ですが、王道だからこそ面白いです。このままゲームになりそうな感じです。(男性)
原作が大好きでアニメも見ましたが、原作通りでとても楽しんで見れました。色遣いがきれいでとても楽しめます。(30代後半 女性)

ガンダム Gのレコンギスタ

テレビアニメ 放送日:2014年10月3日~2015年3月27日

「∀ガンダム」以来15年ぶりとなる、「機動戦士ガンダム」総監督・富野由悠季さんによる新作アニメ。宇宙世紀の次の世紀である「リギルド・センチュリー」を舞台に、宇宙エレベーターを守る組織「キャピタルガード」のパイロット候補生・ベルリが、未知のテクノロジーで作られたモビルスーツ「G-セルフ」とともに、世界の秘密を知るべく宇宙を股にかけた旅に出る。

ガンダム Gのレコンギスタ

宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた。R.C.1014年。地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋...

キャスト
ベルリ・ゼナム(石井マーク)
アイーダ・スルガン(嶋村侑)
ノレド・ナグ(寿美菜子)
ルイン・リー/マスク(佐藤拓也)
マニィ・アンバサダ(高垣彩陽)
ラライヤ・マンディ(福井裕佳梨)
クリム・ニック(逢坂良太)
レビュー★ピックアップ
自分は初代のガンダム以外富野さんシリーズは詳しくみていないので、最初はあのテンポについていけてないです。それはおそらく解説のない専門用語が多いからだと思います。wiki等を参照にするとわかりやすくなります。そんなGレコですが、戦闘シーンがカッコよく、最近面白くなってきているので、富野作品のガンダムを見てきた人ならオススメできると思います。(20代前半 男性)
OPからして富野アニメなのが一目瞭然。序盤からハイクオリティなアニメですぐ引き込まれました。ノリはガンダムってよりザブングルっぽいですかね。(非公開)
最近のガンダムに無かった漫画っぽさが新鮮でした。ガンダムビルドファイターズと同時期の放送ということですが、若い世代にも見やすく作られていると思うので、この機会にガンダムワールドを好きになってほしい。(40代前半 男性)

棺姫のチャイカ

テレビアニメ 放送日:2014年4月9日~2014年6月25日

榊一郎さんによるライトノベルシリーズを原作としたアニメ作品。戦乱後のとある大陸を放浪する兄妹が、棺を背負った不思議な少女・チャイカと出会い、彼女の願いを叶えるためにともに旅をする様子を描いたファンタジー。「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」の増井壮一さんが監督を務め、「交響詩篇エウレカセブン」「 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のボンズがアニメーション制作を担当した。

棺姫のチャイカ

時に大陸歴1604年。フェルビスト大陸において、実に三世紀にも亘って続いてきた戦国時代は北方の雄ガズ帝国の崩壊を以て終焉を迎えた。投入された兵力は正規の騎士や兵士の他、魔法師(ウィザード)や、乱破師(サバター)、傭兵団を含め実に62万、更に航天要塞...

キャスト
チャイカ・トラバント(安済知佳)
トール・アキュラ(間島淳司)
アカリ・アキュラ(原優子)
フレドリカ(斎藤千和)
ニコライ・アフトトル(佐藤健輔)
ヴィヴィ・ホロパイネン(野水伊織)
ズィータ・ブルザスコ(幸田夢波)
マテウス・キャラウェイ(森嶋秀太)
レビュー★ピックアップ
ストーリは父の遺体を集めるという少し変わったものですが、「遺体を集める」が異質なだけで基本普通の旅物語です。二期があるようなので、この1期ではなぞは余り解けていませんが、今のところグロなどは特に無く、普通のファンタジー物と見てよいかと思います。戦闘の立ち回りは、とてもよかったですね。(非公開)
ヒロインであるところのチャイカは動きや表情がコロコロ変わり可愛いです。素直で幼さが強調される一方、芯がしっかりしていて、トールやアカリを信頼しており、お飾りでなく戦闘でも必要なので出番も多いです。剣と魔法のファンタジー世界というよりは中世~近代の魔法科学技術の世界なので、ちょっと昔のRPGに似た雰囲気が楽しめます。(30代後半 男性)
西欧系世界観のファンタジーアニメでは、リアル重視を目指していても、「その世界は経済的、あるいは社会的に矛盾している、成り立たない」とすぐ思えてしまう物が殆どだと思います。チャイカは、地味で堅実な社会設定ながら、強力なエネルギーを持つが一般技術として確立されているようには見えない、魔法思念量?という技術体系を押し込むことで、少し面白い、少数のアイテムが違和感なく嵌めこまれていると感じました。(40代前半 男性)

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

テレビアニメ 放送日:2014年4月4日~2014年9月12日

荒木飛呂彦さんによる大人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の第3部をアニメ化。2012年に放送された第1部「ファントムブラッド」、第2部「戦闘潮流」に続く作品で、ジョースター家の宿敵・DIO復活の影響で「幽波紋(スタンド)」と呼ばれる能力を身につけた青年・空条承太郎が、祖父・ジョセフや仲間とともに打倒DIOを目指す旅を描く。

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

時は1987年、ジョセフ・ジョースターと柱の男たちとの死闘から50年後…。ジョセフは「悪霊に取り憑かれた」という孫の空条承太郎に会うため日本を訪れる。それは悪霊ではなく幽波紋(スタンド)であった。スタンドが突如発現した原因は、100年に渡る長き眠り...

キャスト
空条承太郎(小野大輔)
花京院典明(平川大輔)
ジャン=ピエール・ポルナレフ(小松史法)
ジョセフ・ジョースター(石塚運昇)
モハメド・アヴドゥル(三宅健太)
イギー(福圓美里)
DIO(子安武人)
ナレーション(大川透)
レビュー★ピックアップ
ジョジョアニメの決定版。人気のスターダストクルセイダース。前作同様とても丁寧なつくりで原作からのファンも納得の出来だと思う。丈太郎やポルナレフ、最大の敵のDIOもとても魅力的に描かれており面白い。戦闘も迫力がありジョジョの醍醐味というか独特なジョジョ語も満載で映像にもとても合っていた。(30代後半 男性)
原作の作画が好きな感じではなかったから、見なかったけどアニメでジョジョを見始めて面白さを感じて見続けてる。女っ気一切無いのに見続けてる作品は、個人的に珍しいかもしれない。戦闘シーンも楽しめるし、最後まで楽しみ。(非公開)
原作のある作品は原作に史実にして欲しいというのがアニメファンの要望。ただ今作ジョジョ3部は非常に古い作品であり史実に作ってしまうと今見るととても古臭い部分が出てしまう。にもかかわらずスタッフは異常と言えるほど史実に原作を再現している。これは見事という他ない。(30代前半 男性)

ミチコとハッチン

テレビアニメ 放送日:2008年10月15日~2009年3月18日

ブラジルをモチーフにした世界を舞台に、2人の主人公が繰り広げる逃走劇を描く。監督は「ユーリ!!! on ICE」の山本沙代さんが務め、音楽は「カウボーイビバップ」などで知られる渡辺信一郎さんが担当。アニメーション制作は、「サムライチャンプルー」「エルゴプラクシー」など新感覚のオリジナルアニメーションで話題になったマングローブ。

ミチコとハッチン

厳しい里親のもとで育ちそこから逃げて自由に生きたいと願う少女「ハッチン」。でも、そんなことできるわけないとスグにあきらめてしまう。しかしその日は突然やってきた。あのオンナと共に…。その名は「ミチコ・マランドロ」脱獄不可能といわれた監獄要塞を破り、自...

キャスト
ミチコ・マランドロ(真木よう子)
ハッチン(大後寿々花)
アツコ・ジャキソン(坂井真紀)
ヒロシ・モレーノス(津田寛治)

狼と香辛料

テレビアニメ 放送日:2008年1月8日~2008年3月25日

電撃文庫で刊行されていた同名のライトノベルを原作としたアニメ作品。行商人・クラフト・ロレンスと少女の姿をした豊作の神・賢狼ホロの2人の旅を描く。ファンタジー作品でありながら剣や魔法を使った冒険ものではなく、商売上の駆け引きや経済、そして、多くのキャラクターが織り成す人間関係に焦点を置くという独特の作風が人気を博した。

狼と香辛料

行商人ロレンスと、狼神ホロが織りなす新感覚ファンタジー。馬車で各地を巡り、数々の物品を取り引きする行商人クラフト・ロレンスは、収穫祭に沸くパスロエの村を発つ道すがら、荷台に積んだ麦束に埋もれて眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい顔立...

キャスト
ホロ(小清水亜美)
ロレンス(福山潤)
クロエ(名塚佳織)
ノーラ(中原麻衣)

ガン×ソード

テレビアニメ 放送日:2005年7月4日~2005年12月26日

かつての婚約者の仇である“カギ爪の男”を追う男・ヴァンとさらわれた兄を探す少女・ウェンディが繰り広げる、アクションありメカバトルありの“痛快娯楽復讐劇”。監督は「コードギアス 反逆のルルーシュ」の谷口悟朗さん、脚本は倉田英之さん、キャラクターデザイン・総作画監督は木村貴宏さん、イメージリーダーはまさひろ山根さんが担当する。

ガン×ソード

それは、宇宙の底にある、おとぎの国…。荒野に夢、街に暴力があふれる、ボンクラたちの理想郷…。人呼んで、惑星・エンドレス・イリュージョン。流浪の男、その名はヴァン。さらわれた兄を追い求める少女・その名は、ウエンディ。荒野の果てに、一人は絶望を、一人は...

キャスト
ヴァン(星野貴紀)
ウエンディ・ギャレット(桑島法子)
カルメン99(井上喜久子)
ミハエル・ギャレット(保志総一朗)
レイ・ラングレン(櫻井孝宏)
ジョシュア・ラングレン(野田順子)
ファサリナ(倉田雅世)
ガドヴェド(岸野一彦)
カギ爪の男(堀内賢雄)
プリシラ(千葉紗子)
レビュー★ピックアップ
コードギアスなどの有名作品を多く持つ谷口悟朗監督のオリジナル作品です。オジリナル作品は滑り出しがよくてもうまくまとまりきらずにグダグダなまま終わることもおおいですが、この作品はスッキリハッピーに完結するのでとても爽快です。作画はとても綺麗で、様々なメカやロボットが登場するのでロボットものが好きな方も楽しめます。(30代前半 女性)

KURAU Phantom Memory

テレビアニメ 放送日:2004年6月24日~2004年12月15日

2004年に放送された、ボンズ制作によるオリジナルアニメ。幼いころの事故で超人的な能力「リナクス」を身体に宿してしまったクラウと、彼女の対となる存在の少女・クリスマスの逃走劇を描く。「S.E.N.S.」の勝木ゆかりさんが音楽を担当し、全編にわたって繰り広げられるアクションシーンと情緒的なストーリーをさらに盛り上げている。

KURAU Phantom Memory

西暦2100年。原子衝突の実験中、突然実験装置から放たれた光により、身体にリナクスを宿した少女・クラウ。彼女の体内に対の光を眠らせたまま、10年の年月が過ぎる。エージェントとして日々を送るクラウだったが、ある日クラウの中からクリスマスという少女が現...

キャスト
クラウ(川澄綾子)
クリスマス(小林美佐)
ダグ(志村知幸)
アヤカ(甲斐田裕子)
天箕(小形満)
王(古澤徹)

サムライチャンプルー

テレビアニメ 放送日:2004年5月19日~2004年9月22日

「神のみぞ知るセカイ」「ハヤテのごとく!」を制作していたマングローブによる初のオリジナルアニメ。江戸時代の日本を舞台としつつも随所に現代文化がミックスされた世界を舞台に、1人の少女と2人の侍の珍道中を描く。ブレイクダンスを用いた殺陣など、個性的な演出が特徴。監督は、「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎さんが担当する。

サムライチャンプルー

「カウボーイ・ビバップ」の渡辺信一郎が監督した新感覚サムライアニメ。時は江戸時代。ガラの悪いチンピラのような男・ムゲン、剣の達人・ジン、「ひまわりの匂いのする侍」を探してバイトを転々とする少女・フウの3人が偶然出会った。性格のバラバラな3人は成り行...

キャスト
ムゲン(中井和哉)
ジン(佐藤銀平)
フウ(川澄綾子)

明日のナージャ

テレビアニメ 放送日:2003年2月2日~2004年1月25日

20世紀初頭のヨーロッパとエジプトを舞台に、興行団の一員として各地を回りながら母親を探す少女の旅を描く冒険物語。少女向けのアニメとして作られた作品ながら、貴族と平民の恋といった身分格差や、嫉妬心から友人を陥れるといったエピソードも描かれるなど、骨太のストーリーが展開される。

明日のナージャ

20世紀初頭ヨーロッパ。孤児院で育ち、みなしごだと信じていた主人公ナージャであったが、ある日「お母さんは生きているかも知れない」と告げられる。手がかりは形見のブローチと日記帳、そして母親が舞踏会で初めて着たというドレス・・・。旅芸人一座「ダンデライ...

キャスト
ナージャ(小清水亜美)
団長(一条和矢)
アーベル(山崎たくみ)
シルヴィー(折笠富美子)
トーマス(岸尾だいすけ)
ケンノスケ/ショーコ(木内レイコ)
リタ(大谷育江)
おばば(京田尚子)
フランシス(斎賀みつき)
クリスチャン(小栗雄介)

WOLF'S RAIN

テレビアニメ 放送日:2003年1月6日~2003年7月28日

2003年放送の、ボンズが制作を手がけたオリジナルアニメ。荒廃した世界を舞台に、4匹の狼の青年と永い眠りから覚めた少女が、この世のどこかにあると言われる「楽園」を目指す冒険が描かれる。「青の祓魔師」「七つの大罪 The Seven Deadly Sins」の岡村天斎さんが監督を務める。

WOLF'S RAIN

氷河期を迎え、ゆっくりと滅びへの道をたどりつつある星。かつて隆盛を誇ったであろう都市の残骸。今や半分廃墟と化したドーム都市群。人は貴族の支配のもとで消極的な生を受け入れていた。そんな凍りつき、なにもかもが静止したかに思えた街に、ある日一人の少年が現...

キャスト
キバ(宮野真守)
ツメ(三宅健太)
ヒゲ(陶山章央)
トオボエ(下和田裕貴)
ハブ(宮本充)
シェール(幸田夏穂)
クエント(石塚運昇)

TRIGUN(トライガン)

テレビアニメ 放送日:1998年4月1日~1998年9月30日

「血界戦線」の内藤泰弘さんによるマンガを原作としたアニメ作品。「人間台風」と呼ばれる高額な賞金首・ヴァッシュ・ザ・スタンピードが、地球から遠く離れた惑星で旅をするさまを描く。迫力あるアクション描写と、SFでありながら西部劇を思わせる個性的な世界観などが人気を博し、TV放送の12年後には劇場版新作も制作された。

TRIGUN(トライガン)

砂漠の惑星を舞台に展開する、サイバーSFウエスタンの決定版!時は近未来。舞台は岩と砂漠に覆われた、とある辺境の一惑星。移民船を連ねて遠く地球を離れ、この地にたどりついた人々は、プラントと呼ばれる人工生命体がもたらすエネルギーをよすがに町を作り、暮ら...

キャスト
ヴァッシュ・ザ・スタンピード(小野坂昌也)
メリル・ストライフ(鶴ひろみ)
ミリィ・トンプソン(ゆきのさつき)
レム・セイブレム(久川綾)
ニコラス・D・ウルフウッド(速水奨)
ミリオンズ・ナイヴズ(古澤徹)
レガート・ブルーサマーズ(関俊彦)
レビュー★ピックアップ
主人公のヴァッシュのキャラクターが良いんですよね。強くて、とても優しいってのが彼の生き様からも見えてきます。またガンアクションが格好良くて、独特の世界観と雰囲気と相まって楽しませてくれる作品に仕上がっています。単なる西部劇物ではなく、SF要素も入っており、それが新鮮なんです。一風変わった作品で見る価値はあると思います。(30代後半 男性)
個人的には当時の感覚では合わない作品でしたが、今は面白い作品だと思えます。当時人気があったのがわかります。魅力的なキャラとストーリーで、楽しめる作品だと思います。(非公開)

ポケットモンスター

テレビアニメ 放送日:1997年12月17日~2002年11月14日

1996年に任天堂から発売されたゲームボーイ用RPGを原作とするアニメシリーズ第1作。ポケットモンスターと人間が共存する世界を舞台に、最強のポケモンマスターを目指す少年・サトシと相棒のピカチュウ、カスミやタケシといった仲間たちとの冒険を描く。

ポケットモンスター

カントー地方のマサラタウンに暮らす主人公・サトシは、オーキド博士からピカチュウとモンスターボール、ポケモン図鑑をもらい、ポケモンマスターを目指して冒険の旅に出発。ニビジム、クチバジムなどでの激しいバトルや、行く先々でのポケモンたちとの出会い。ポケモ...

キャスト
サトシ(松本梨香)
ピカチュウ(大谷育江)
カスミ(飯塚雅弓)
トゲピー(こおろぎさとみ)
タケシ(うえだゆうじ)
ケンジ(関智一)
ムサシ(林原めぐみ)
コジロウ(三木眞一郎)
ニャース(犬山イヌコ)
オーキド博士(石塚運昇)
レビュー★ピックアップ
一世を風靡したこどもに大人気のアニメ。就学前の幼児が、「ピカチュウ、カイリュウ、ヤドラン、ピジョン、・・・」とポケモンの名前を次から次に言いながら主題歌を暗記してしていたのに驚いたものだ。大人顔負けの、こどもの暗記力はすごい!!(60代前半 男性)
今も大人気で続いている作品となっている初期のアニメですね。ロケット団が面白くて当時毎週楽しみにしてました。当時OPなども好きでした、色々楽しめた作品でしたね。(非公開)

銀河鉄道999

テレビアニメ 放送日:1978年9月14日~1981年3月26日

「少年キング」(少年画報社)に連載された松本零士さん原作のSFマンガをアニメ化。1978年に放送を開始するやいなや絶大な人気を博し、現在もなお幅広い層から絶大な人気を誇る。裕福な人々が機械化人となり永遠の命を謳歌する未来世界を舞台に、機械伯爵に母を殺された主人公・星野鉄郎が謎の美女メーテルとともに、機械の体をくれる星を目指す旅が描かれる。

銀河鉄道999

西暦2×××年、地球の人間たちは、体を機械化させて、その寿命を数百年に延ばしていた。 しかし、母と二人暮らしの星野鉄郎は、貧しさのため、未だ生身の体のままだった。誰もが機械の体をもらえる星があり、銀河超特急999号にのればそこに行けるという。 だが...

キャスト
星野鉄郎(野沢雅子)
メーテル(池田昌子)
車掌(肝付兼太)
ナレーター(高木均)
レビュー★ピックアップ
蒸気機関車のような列車で銀河を旅して行くなんて、なんて素敵な設定なんだろうと思いました。旅の目的は、主人公の鉄郎が機械の体を手に入れるというものなんですが、途中で停車する様々な星で、様々な人や事件、困難に遭遇していきます。鉄郎と共に旅をする美しい女性メーテルが謎めいて素敵です。このアニメには何かいつも物悲しい雰囲気が漂っています。そもそも生身より機械の体が良いと思う世界について、考えさせられます。とても深い作品だと思います。(非公開)

未来少年コナン

テレビアニメ 放送日:1978年4月4日~1978年10月31日

アメリカのSF小説を原作に、「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」などで世界的な評価を得ている宮崎駿さんが初めて監督を手がけたアニメ作品。1978年にNHK開局25周年記念番組として放映された後にも何度も再放送が行われ、以降のアニメクリエイターたちに多大な影響を与えた。

未来少年コナン

宮崎駿第一回監督作品。磁力兵器を使った戦争で、ほとんどの人間が死んでしまった。それから20年後、コナンとおじいが暮らす島に、一人の少女・ラナが流れ着く。しかし、ラナはインダストリアのモンスリーたちに連れ去られてしまう。その時の争いでおじいを失ったコ...

キャスト
コナン(小原乃梨子)
ラナ(信沢三恵子)
ジムシィ(青木和代)
ダイス(永井一郎)
モンスリー(吉田理保子)
レプカ(家弓家正)
ラオ博士(山内雅人)
レビュー★ピックアップ
血は繋がってないがコナンとおんじの絆、ジムシーとの友情、そしてラナを必死で守るコナンの正義感。当時子供でしたが、オープニングに始まる近未来の地球の姿に衝撃を受けたのを今でも憶えています。(40代後半 男性)
NHKがアニメをやってる!と、当時驚いた記憶がある。でもそれは堅苦しいものではなくて、本当に伸び伸びとした質の高いアニメだった。私がまずびっくりしたのがコナンの動き。裸足でいろんな所へ飛んだり、跳ねたり。ありえんでしょーという高さから飛び降りたり。コナンの友人のジムシーや可愛いラナちゃんなど、他のキャラもとても個性的で楽しいアニメだった。(非公開)
今見ても十分面白いです。前のめりの走り方が大好きでした。飛行機などは緻密に描かれていてそれを見るのも面白かったです。なんといってもコナンのキャラクターがいいです。ダイスもインパクトがあっても面白かったし最高でした。(40代前半 女性)

母をたずねて三千里

テレビアニメ 放送日:1976年1月4日~1976年12月26日

1976年に放送された、「世界名作劇場」の第2作。出稼ぎに行ったまま帰ってこない母親に会うために旅に出た少年・マルコが、たくさんの人々との出会いと別れを繰り返して成長していく姿を描く。後に「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」を手がける高畑勲さんが演出を担当した。

母をたずねて三千里

アルゼンチンへ出かせぎに行ったまま、連絡のとだえたお母さんをたずねようと、少年マルコはたったひとりでイタリアのジェノバを旅立ちます。ところが、やっとの思いでたどりついた先にお母さんの姿はありませんでした。ペッピーノ一座や旅先で出会う人々のあたたかい...

キャスト
マルコ・ロッシ(松尾佳子)
アンナ(二階堂有希子)
ピエトロ(川久保潔)
ペッピーノ(永井一郎)
フィオリーナ(信澤三惠子)
レビュー★ピックアップ
「朝~、僕を起こしたお日様がほらもう真上~」今も覚えているアニソンの歌詞。アルゼンチンへ出稼ぎに行ったお母さんに会うために旅をするマルコだけど、どうしてそんなにすれ違うんだというくらい、お母さんに会えません。それでも一生懸命前へすすむマルコ少年をいつも応援していました。こんなアニメ、今はもう見かけませんね。とても懐かしいです。(非公開)

トップへ戻る

ログイン