編集者・柿沼秀樹氏が振り返る、ガンプラ大ヒットへ至るキャラクターモデル勃興の昭和史【ホビー業界インサイド第58回】

2020年04月25日 12:000
編集者・柿沼秀樹氏が振り返る、ガンプラ大ヒットへ至るキャラクターモデル勃興の昭和史【ホビー業界インサイド第58回】

今年は、ガンプラ(「機動戦士ガンダム」のプラモデル商品)が初めて発売されてから、ちょうど40周年となる。かつて模型誌「ホビージャパン」の編集者としてガンプラの大ブレイクに立会い、別冊「How to build GUNDAM」を編集した柿沼秀樹さん(「機甲創世記モスピーダ」「メガゾーン23」のメカデザイナーとしても有名)に、1980年のガンプラ発売へ至る昭和のプラモデル史を、独自の視点から振り返っていただいた。

ガンプラの遠い祖先、それは「鉄人28号」だった!?


── 柿沼さんと故・加藤智さん(バンダイ模型)との共著「バンダイ キャラクタープラモ年代記」学研/刊によると、日本最初のキャラクタープラモデルは今井科学(イマイ)の「電動・鉄人28号」(1960年発売)だそうですね。

柿沼 当時は実物を縮小したスケールモデルが主流で、キャラクターの商品化権を得てプラモデル化した商品としては、イマイのモーター駆動の「鉄人28号」が最初と言われています。1960年は実写ドラマ「鉄人28号」が放送されていたので、プラモデルは実写版の着ぐるみと原作にあたる漫画版が混じったような形で、決して出来はよくありませんでした。けれど出来のよし悪しではなくて、「雑誌やテレビに出ている人気の鉄人を自分の手で組み立てられる」ことが重要だったんです。僕も幼稚園のとき、イマイの「鉄人」を買ってもらって、本当に感動しました。1963年にテレビアニメが放映されると、爆発的な人気となりプラモデルが売れて、累計で500万個売れた、とも言われています。アニメ化されてからは、椅子からサンダルから、子ども向けのグッズに「鉄人28号」と刷られていれば、何でも売れていた時代です。イマイのプラモデルはそれらのキャラクターグッズに先んじて発売されていたわけですから、イマイは凄く進んだ模型メーカーでした。
スケールモデルで世界的に有名になった田宮模型(タミヤ)も、最初は木製模型を作っていて、プラモデルは欧米から舶来品としてやって来たんです。当時、子どもたちの間で流行っていたベーゴマやメンコなどに比べると、プラモデルという商品は“知的”だと言えるかもしれません。飛行機のプラモデルを買って、説明図を見て初めて「ラダー」「スピンナー」など、各部位の名称を覚えていくわけです。何なら飛ぶ原理も学ぶ。また、タミヤが1961年にパンサータンクのプラモデルを発売したとき、そのパッケージを小松崎茂さんが描きました。雑誌のカラー口絵などで大人気の本格的画家がパッケージを担当したのは初めてといわれていて、そういう意味でも文化レベルが高いですよね。海外の特撮番組「サンダーバード」(1966年放送)をイマイがプラモデル化したときも、やはり小松崎さんがパッケージを描きました。子ども文化の中では、トップレベルの文化水準ですよ。最初のプラモデルには、サンダーバード2号の原子炉の配置がわかる図解なども付属していました。ただ、大和や零戦などのスケールモデルが主流の業界では、「鉄腕アトム」「エイトマン」や「0戦はやと」など、漫画やアニメのプラモデルばかり販売しているイマイは「マンガ模型のイマイ」と呼ばれて、駄菓子屋のような扱いでした。


── イマイが、定価50円のマスコットシリーズなどを展開していた60年代ですね。

柿沼 そうです。50円とはいえ正規に版権をとった製品で、しかも漫画雑誌の裏表紙にカラーで広告まで掲載されていました。「漫画を読む、裏表紙の広告を見る、プラモデルを買いに行く」までの流れが完璧にできていたわけですから、イマイは子どもたちにとってはブランドですね。
漫画雑誌のプレゼントを企画して、顧客である子どもたちからアンケートはがきを集めるんです。さらに広告主でしたから、新連載の情報もすべて事前に入手できる、なんてほかの模型メーカー思いつきもしませんよ。しかし、戦車や戦艦などのスケールモデルを出していた老舗の模型メーカーからすれば、キャラクターモデルはスキマ商法です。それでも、漫画のクレジットを借りたうえに、漫画雑誌の広告主だったんですから、60年代のキャラクターモデルは、ほとんどイマイの独占商法でした。

画像一覧

  • 編集者・柿沼秀樹氏が振り返る、ガンプラ大ヒットへ至るキャラクターモデル勃興の昭和史【ホビー業界インサイド第58回】

  • 編集者・柿沼秀樹氏が振り返る、ガンプラ大ヒットへ至るキャラクターモデル勃興の昭和史【ホビー業界インサイド第58回】

関連作品

機甲創世記モスピーダ

機甲創世記モスピーダ

放送日: 1983年10月2日~1984年3月25日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 大山尚雄、島田敏、土井美加、深雪さなえ、鈴置洋孝、松木美音、西村知道、高橋美紀、小原乃梨子、神田和佳、大塚芳忠

メガゾーン23

メガゾーン23

発売日: 1985年3月9日
キャスト: 久保田雅人、川村万梨阿、荘真由美、冨永みーな、塩沢兼人、宮里久美、高木均、三ツ矢雄二、山寺宏一、鳥海勝美、曽我部和恭、郷里大輔、沢木郁也、板野一郎、小林清志
(C) AIC

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマト

放送日: 1974年10月6日~1975年3月30日   制作会社: オフィスアカデミー
キャスト: 富山敬、納谷悟朗、仲村秀生、一龍斎春水、青野武、伊武雅刀、小林修、平井道子
(C) 東北新社

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム

放送日: 1979年4月7日~1980年1月26日   制作会社: サンライズ
キャスト: 古谷徹、池田秀一、鈴置洋孝、鵜飼るみ子、白石冬美、井上瑤、古川登志夫、鈴木清信、戸田恵子、潘恵子、永井一郎
(C) 創通・サンライズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事