アニメ業界ウォッチング第18回:「オープニング・アニメの鬼才」としての苦心とよろこびとは? 梅津泰臣監督インタビュー!

2016年02月13日 11:000
アニメ業界ウォッチング第18回:「オープニング・アニメの鬼才」としての苦心とよろこびとは? 梅津泰臣監督インタビュー!

曲を聴いているうちに、体が動き出した


──実際に踊ってくれるモデルがいるんですか?

梅津 「Dimension W」の場合は、こちらのイメージを伝えて、大学生に踊ってもらってるんです。彼のアイデアも入れながら踊ってもらったものをビデオに撮って、その映像を参考に作画しています。キョーマというオッサン主人公のダンスなので、大学生のキレッキレのダンスそのままでは若さが出てしまう。だから、作画の段階で「気だるく誰かにお願いされて踊らされている感」に微調整しています。

──そもそも、なぜキョーマを踊らせようと思ったのですか?

梅津 主題歌を何度もリピートして聴いていたら、間奏の部分で、体が踊りだしたんです(笑)。「ああ、俺が自然に踊りだすぐらいだから、そこにキョーマのキャラクター性を加味すれば成立するな」と、思ったんです。OP・EDは、特に楽曲に左右されるので、感覚的に作品とフィットする曲だとのれますね。

──逆に、イメージが浮かばないときは、どうするのですか?

梅津 片っぱしから、映像や雑誌を見ます。また、自分の半径数メートルのところにある資料だけではネタが尽きてしまうので、毎回、いろいろな場所からヒントを探します。OPアニメは作品エッセンスの凝縮なので、自分自身のインスピレーションと実験性を試したい。常に、新しいことをやりたいんです。だけど、放送局によって、「スタッフクレジットは4秒以上」「メインタイトルは6秒以上、映すこと」などの決まりごとがあるので、その制約も考慮しないといけません。「幸腹グラフィティ」のOPで、スタッフクレジットの文字をフライパンで料理してるでしょ? 本来はNGなんですけど、後半、ピタッと止まるからOKをもらえました。局ごとに、制約が違うんですよ。


肉体は衰えても、精神は研ぎ澄まされる


──なぜ、こんなに沢山、OPの仕事が入るんでしょうか?

梅津 自分にはわからないですよ。僕に依頼してくれたスタッフたちに、聞いてください(笑)。だけど、「幸腹グラフィティ」はアニメ化が決定したとき、原作者の川井マコトさんが“「それ町」のOPをやった方にお願いしたい”と希望してくれたそうです。プロデューサーや監督、制作からの依頼が多いですね。

初めから、「これ、梅津の演出したOPじゃない?」と視聴者に言い当てられるのは、くやしいです。「これも梅津の仕事だったのか!」と、後から驚いてもらえるとうれしいし、それが理想的ですね。

これだけ毎クール、OPアニメを担当していると、才能のある新しいスタッフとの出会いもあります。そういうすぐれた人材は、所属スタジオに迷惑をかけない範囲で、次の自分の監督作に参加してほしいなと思っています。OP・EDは短い尺だから僕のクオリティ・バランスが行きとどくけど、テレビシリーズは今後、そこが課題ですね。あるプロデューサーからは映画向きだと言われましたが、僕も、映画はぜひ取り組みたいと思っています。

──この業界は、50代になっても、60代になっても最前線で働き続けている方たちが多くて、素晴らしいですね。

梅津 肉体は年齢とともに衰えるけど、精神はむしろ研ぎ澄まされると、僕は思っています。演出にしても、人生経験を積んだほうが表現は豊かになる。もちろん人にもよりますが、アニメ業界は、もっとオジサン監督を大事にしたほうがいい(笑)。

僕が20代のころ、「野心をもった若い才能はつぶせ」というベテランがいっぱいいました。自分がベテランになっても、そういうイヤな大人にはなるまいと思いましたね。もし若手に脅威を感じたとしても、彼らをつぶすような人間にはなるまい。そうならないためにも、力量や感性をさらに高めよう……そう思いながら、ずっと仕事してきました。

かつて制作進行だった人がプロデューサーになって、「梅津さん、一緒に仕事をしましょう」と電話をくれることがあります。うれしいものですよ、「若いころから梅津さんのファンだったから、ぜひお願いしたい」と、純粋な気持ちで言ってもらえると。


(取材・文/廣田恵介)


画像一覧

  • アニメ業界ウォッチング第18回:「オープニング・アニメの鬼才」としての苦心とよろこびとは? 梅津泰臣監督インタビュー!

  • アニメ業界ウォッチング第18回:「オープニング・アニメの鬼才」としての苦心とよろこびとは? 梅津泰臣監督インタビュー!

関連作品

メガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い

メガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い

発売日: 1986年5月30日
キャスト: 矢尾一樹、川村万梨阿、塩沢兼人、宮里久美、千葉繁、速水奨、日比野朱里、榊原良子、西村朋紘、坂本千夏、井上和彦、塩屋浩三、二又一成、銀河万丈、岡和男、橋本晃一
(C) AIC

ガリレイドンナ

ガリレイドンナ

放送日: 2013年10月10日~2013年12月19日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 日高里菜、大久保瑠美、真堂圭、井上麻里奈、楠大典、神谷浩史、小山力也、桑島法子
(C) ガリレイドンナ製作委員会

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル

放送日: 2014年1月12日~2014年3月30日   制作会社: ARMS
キャスト: 田辺留依、真堂圭、東地宏樹、竹達彩奈、荒川美穂、大久保瑠美、恒松あゆみ、高木渉、諏訪部順一、井上麻里奈、若本規夫
(C) ウドパートナーズ

それでも町は廻っている

それでも町は廻っている

放送日: 2010年10月7日~2010年12月23日   制作会社: シャフト
キャスト: 小見川千明、悠木碧、櫻井孝宏、入野自由、矢澤りえか、白石涼子、杉田智和、ゆきのさつき、田村睦心、仙台エリ、松来未祐、黒田崇矢、金光宣明、桜井敏治、中博史、千葉繁
(C) 石黒正数・少年画報社/それ町製作委員会

BLOOD-C

BLOOD-C

放送日: 2011年7月7日~2011年9月30日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 水樹奈々、藤原啓治、野島健児、浅野真澄、福圓美里、阿部敦、鈴木達央、宮川美保
(C) 2011 Production I.G/Project BLOOD-C TV

幸腹グラフィティ

幸腹グラフィティ

放送日: 2015年1月8日~2015年3月26日   制作会社: シャフト
キャスト: 佐藤利奈、大亀あすか、小松未可子、井口裕香、小林ゆう、野中藍
(C) 川井マコト・芳文社/幸腹グラフィティ製作委員会

終わりのセラフ

終わりのセラフ

放送日: 2015年4月4日~2015年6月20日   制作会社: WIT STUDIO
キャスト: 入野自由、小野賢章、中村悠一、櫻井孝宏、早見沙織、岡本信彦、石川界人、井口裕香、前野智昭、鈴木達央、悠木碧、鈴村健一、種﨑敦美、石川由依、小野大輔、嶋村侑、山村響、永塚拓馬、梅原裕一郎、古木のぞみ、日笠陽子
(C) 鏡貴也・山本ヤマト・降矢大輔/集英社・終わりのセラフ製作委員会

Dimension W

Dimension W

放送日: 2016年1月10日~2016年3月27日   制作会社: オレンジ/Studio 3Hz
キャスト: 小野大輔、上田麗奈、石田彰、中村悠一、鈴木絵理、斉藤貴美子、松岡禎丞、鳥海浩輔、山下大輝、土師孝也
(C) 岩原裕二/スクウェアエニックス・DW製作委員会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

関連リンク

関連記事