ホビー業界インサイド第26回:バンダイ ホビー事業部に聞いた、「初音ミクのプラモデル」が発売されるまでの表の事情、裏の事情

アキバ総研 | 2017年08月19日 12:00
ホビー業界インサイド第26回:バンダイ ホビー事業部に聞いた、「初音ミクのプラモデル」が発売されるまでの表の事情、裏の事情

アニメに登場するキャラクターをプラモデルキットとして立体化するバンダイの「フィギュアライズバスト」シリーズが、今月8月26日に発売される「Figure-riseBust 初音ミク」で23作目を迎える。
第1弾「Figure-riseBust キラ・ヤマト」が発売されたのが2016年の6月。ワンパーツの中に複数の樹脂を流して、アニメ特有の瞳を成形色のみで再現する“レイヤードインジェクション”が大きな話題となった本シリーズ。最新作「初音ミク」では、顔面と瞳が一体成形されるなど、さらなる進歩が見られるらしい。バンダイ ホビー事業部で「フィギュアライズバスト」シリーズの企画を担当するニューホビーチームの三宅のぞみさんに、詳しい話をうかがった。


すべてはインサート成形の応用技術から始まった


── フィギュアライズバストは大きめのフィギュアですけど、なぜか上半身だけですよね? なぜ、このサイズになったのでしょうか?

三宅 まず、バンダイのプラモデルを生産している静岡ホビーセンターで、異素材をひとつの金型に流しこむ“インサート成形”という技術があります。ガンプラのRG(リアルグレード)シリーズで、モビルスーツの関節などに使われている技術ですね。そのインサート成形の応用で、複数のカラーをひとつの金型に流してキャラクターの瞳を作れるという提案が、ホビーセンターからありました。ホビー事業部として、ぜひとも製品に生かそうという方針が決まりまして、ワンパーツで瞳の色分けを再現した“レイヤードインジェクション”が生まれました。その最先端の技術を顔に集約させたかったのが、このサイズになった理由のひとつです。
もうひとつ、シリーズの当初は「モビルスーツのプラモデルと並べて飾れるフィギュア」としてスタートしましたので、全身像だとスケール感が合いません。胸像にすれば、違和感なくモビルスーツと展示台を組み合わせて飾れますので、それで上半身だけになりました。


── レイヤードインジェクションは、この大きさでないと成形できないのでしょうか?

三宅 そうですね、新しいアイテムを出すごとに限界に挑戦してはいます。今年の2月から「ラブライブ!サンシャイン!!」をラインアップしまして、まつげの先端はこれまでより細くなっていますし、キャラクターによっては、ホクロまで成形色で再現してあります。

── シリーズを始めて1年ちょっと経過しましたが、お客さんの反応はいかがですか?

三宅 初期のころは、ガンプラを作っている合間の箸休め、お漬物をつまむような楽しみ方をされていたと思います。大きな転機は、「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」のLikoを出したとき(昨年9月)です。Likoもメカニックと並べて飾る仕様ではあったのですが、髪の毛はぎりぎりまで細くして、瞳にも初めてクリアーの成形色を使いました。すると、「こんな繊細な女の子のプラモデルが作れるのか」と、Likoというキャラクターを知らない人からも反響がありました。「ガンダムビルドファイターズトライ」のホシノ・フミナでは服を2種付属させて、だんだん「女の子をどう魅力的に再現するか」にこだわり始めました。「ラブライブ!」にはメカは関係ありませんので、その代わりに9体を集めて並べたとき、展示台が合体するよう工夫しました。


── 髪の毛の再現も凝っていますよね。「マクロスΔ(デルタ)」のフレイア・ヴィオンでは、2色の髪の毛パーツを組み合わせるようになっていて、驚きました。

三宅 髪の毛は、実は悩みどころです。パーツ分割には、試行錯誤してきました。「機動戦士ガンダムSEED」のラクス・クラインのとき、思い切って表裏でパーツを合わせるよう、単純化してみました。その研究成果が、今回の初音ミクにも生かされています。

── ミクの髪の毛は、葉っぱのように薄く成形されているんですね。

三宅 パーツを前後に組むのではなく、付け根以外は1枚のパーツだけでボリュームのある髪を表現しています。躍動感を出すため、髪は2回ほど作りなおしてもらいました。

画像一覧

  • ホビー業界インサイド第26回:バンダイ ホビー事業部に聞いた、「初音ミクのプラモデル」が発売されるまでの表の事情、裏の事情

  • ホビー業界インサイド第26回:バンダイ ホビー事業部に聞いた、「初音ミクのプラモデル」が発売されるまでの表の事情、裏の事情

  • ホビー業界インサイド第26回:バンダイ ホビー事業部に聞いた、「初音ミクのプラモデル」が発売されるまでの表の事情、裏の事情

  • ホビー業界インサイド第26回:バンダイ ホビー事業部に聞いた、「初音ミクのプラモデル」が発売されるまでの表の事情、裏の事情

  • ホビー業界インサイド第26回:バンダイ ホビー事業部に聞いた、「初音ミクのプラモデル」が発売されるまでの表の事情、裏の事情

関連作品

機動戦士ガンダムSEED

機動戦士ガンダムSEED

放送日: 2002年10月5日~2003年9月27日   制作会社: サンライズ
キャスト: 保志総一朗、三石琴乃、桑島法子、子安武人、豊口めぐみ、高戸靖広、井上隆之、白鳥哲、鳥海勝美、渋谷茂、千葉一伸、大川透、宝亀克寿、石田彰、摩味、関智一、笹沼尭羅、関俊彦、川津泰彦、田中理恵、西川貴教、進藤尚美
(C) 創通・サンライズ・毎日放送

ラブライブ!サンシャイン!!

ラブライブ!サンシャイン!!

放送日: 2016年7月2日~2016年9月24日   制作会社: サンライズ
キャスト: 伊波杏樹、逢田梨香子、諏訪ななか、小宮有紗、斉藤朱夏、小林愛香、高槻かなこ、鈴木愛奈、降幡愛
(C) 2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-

放送日: 2016年1月7日~2016年3月24日   制作会社: プロダクションアイムズ
キャスト: 島﨑信長、櫻井孝宏、小澤亜李、石上静香、倉田雅世、村田太志、相坂優歌、花江夏樹、大川透、大西沙織、鳥海浩輔、緑川光、大原さやか、山下大輝、黒沢ともよ
(C) 創通・フィールズ・フライングドッグ/ACTIVERAID PARTNERS

ガンダムビルドファイターズトライ

ガンダムビルドファイターズトライ

放送日: 2014年10月8日~2015年4月1日   制作会社: サンライズ
キャスト: 冨樫かずみ、内田雄馬、牧野由依、遠藤綾、広瀬正志、宝亀克寿
(C) 創通・サンライズ・テレビ東京

マクロスΔ(デルタ)

マクロスΔ(デルタ)

放送日: 2016年4月3日~2016年9月25日   制作会社: サテライト
キャスト: 内田雄馬、鈴木みのり、瀬戸麻沙美、小清水亜美、安野希世乃、東山奈央、西田望見、森川智之、内山昂輝、川田紳司、石塚運昇、石川界人、木村良平、KENN、遠藤大智、拝真之介、峰岸佳、てらそままさき、寺崎裕香
(C) 2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会

関連ニュース

アキバ総研15周年大感謝祭 「ネト充のススメ」特集 ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第2回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • アキバ総研15周年大感謝祭
  • 「ネト充のススメ」特集
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ