ホビー業界インサイド第1回:3Dプリンターは美少女フィギュアを革新するか? 有限会社アルターのクリエイターたちの期待と不安!

アキバ総研 | 2015年07月19日 10:00
ホビー業界インサイド第1回:3Dプリンターは美少女フィギュアを革新するか? 有限会社アルターのクリエイターたちの期待と不安!

いま、フィギュアやプラモデルを含めたホビー業界が面白いことになっている。80年代に業界に進出した中小メーカーが初心者にも組み立てられる色分けずみのプラモデルを発売し、新進気鋭のフィギュアメーカーは、海外のイベントへ猛烈な勢いで参加している。

だが、たとえば美少女フィギュアは「一部のマニアのもの」と勝手に決めつけられ、作り手たちの声が、業界の外へ届く機会は少なかった。この連載【ホビー業界インサイド】では、業界内のどんな小さな変化、どんな小さな声も逃すことなく、フィギュアやプラモデルの作り手、関係者たちの声を、どこまでも広く伝えていきたい。

連載第1回は、今年で設立10周年を迎えるフィギュアメーカー「有限会社アルター」を取材した。プランナーの矢吹崇さん、原型師の稲垣洋さん、フィニッシャー(彩色)の渡邊恭大さんの3人に、PVC(ポリ塩化ビニル)製フィギュア制作の現在、そして3Dプリンターの普及や女性ファンの急増など、いま起こりつつある変化を語っていただいた。


よく目にする「デコマス」とは何なのか?


――よく、フィギュアの紹介写真に「デコマス」と書いてありますね。

渡邊 はい、「デコレーション・マスター」の略です。

――あれは、製品の原型に色を塗った状態なのですか?

 

渡邊 いえ、原型とは別にシリコンゴムで原型の型を造り、レジンキャストで複製したものを彩色した状態です。デコマスは「こういう製品に生産します」という量産での彩色目標であり、見本ですね。また特に気をつけているところは肌色です。製品で肌色はPVCの成型色に置き換わってしまいますので、PVCの成型色の再現を目標としてデコマスを彩色しています。目は、デコマスでは筆で塗りますが、製品ではタンポ印刷で処理されたり、工程も違ってきます。


――すると、工場で再現できるような、簡単な塗り方をしているのですか?


渡邊 いいえ、逆なんです。デコマスではもっとも理想的な塗り方をしておいて、なるべくデコマスに似た製品になるよう、工場に頑張ってもらうんです。

稲垣 おそらく、メーカーさんによっては、工場で再現しやすい塗り方をしていると思います。弊社の場合、もっとも理想に近い状態を、デコマスで作ります。


矢吹
 まずは製品になる場合のことは気にせず、社内できれいなデコマスを作って、工場では、そのデコマスに近づけて生産してもらう……それが弊社の方針です。そのほうが製品のクオリティも上がるし、お客さんからも支持していただけます。

――すると、工場とのやりとりが重要になってきますね。

矢吹 ええ、自分を含む企画の人間が、工場とやりとりします。量産するにあたっては、お客さんが手に取ったとき違和感をおぼえない“落としどころ”を決めて、進めています。

稲垣 原型をシリコンゴムで複製するのと、工場でPVCに置き換えるのとでは、収縮率が違うんです。ですから、単に原型を複製したものではなく、原型を別の素材(PVC)に置き換え、再構成したものが製品になるのだ……と解釈しています。最初は工場から上がってきたサンプル品を見て「ここがヒケている(収縮している)」「ここも厚みが違う」……と、細部をチェックしていたのですが、最近は、全体としてのバランスを重視するようになりました。

――すると、PVCに置き換えたときの収縮率も考えて、原型を作っているのですか?

矢吹 金型の修正と、あとはパーツの磨きです。金型からパーツを抜くと、どうしても合わせ目(パーティングライン)が出てしまいます。パーティングラインは工場の人たちが磨いて消して、強めのシンナーで、綺麗に処理しています。金型だけでなく、最終的には、人の手に頼っているんです。


稲垣
 ひとつひとつサンドペーパーで磨いていると聞いたときは、「えっ、工場で手で作業してるの?」と驚きましたね(笑)。

――工場は中国ですか?

矢吹 そうです。弊社の場合、株式会社申華ジャパンに、窓口として入ってもらっています。

――商品が出荷されるまで、どれぐらい工場とのやりとりがあるんですか?

矢吹 弊社の場合、形状だけでも5回ぐらいサンプルがあがってきます。彩色サンプルも、4~5回ぐらいできてきて調整をくり返すので、ほかのメーカーさんより手間は多いと思います。

画像一覧

  • ホビー業界インサイド第1回:3Dプリンターは美少女フィギュアを革新するか? 有限会社アルターのクリエイターたちの期待と不安!

  • ホビー業界インサイド第1回:3Dプリンターは美少女フィギュアを革新するか? 有限会社アルターのクリエイターたちの期待と不安!

  • ホビー業界インサイド第1回:3Dプリンターは美少女フィギュアを革新するか? 有限会社アルターのクリエイターたちの期待と不安!

  • ホビー業界インサイド第1回:3Dプリンターは美少女フィギュアを革新するか? 有限会社アルターのクリエイターたちの期待と不安!

  • ホビー業界インサイド第1回:3Dプリンターは美少女フィギュアを革新するか? 有限会社アルターのクリエイターたちの期待と不安!

  • ホビー業界インサイド第1回:3Dプリンターは美少女フィギュアを革新するか? 有限会社アルターのクリエイターたちの期待と不安!

関連作品

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

放送日: 2011年4月14日~2011年6月23日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 入野自由、茅野愛衣、戸松遥、櫻井孝宏、近藤孝行、早見沙織
(C) ANOHANA PROJECT

関連シリーズ

関連ニュース

ホビーの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)