週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

アキバ総研 | 2012年07月18日 20:45

アキバ総研スタッフが秋葉原で食べたものをご紹介する「アキバメシ(秋葉原の食事処情報)」。



麺祭り状態。 どうもアキバ総研でございます。


こうも暑いと…麺ばかりになってしまいます。

酒のつまみも乾きモノ主体で、もうすっかり夏バテまっしぐらorz

一方、ヒキコモリ時間拡大のため、アニメ消化は捗るようになったりw (ノ∀`)

夏のイベントも近づいてきているので、体力つけないと!

■2012年7月第2週

・北極ラーメン(脂少なめ)+辛さ2倍+半ライス@蒙古タンメン中本 御徒町店
・冷やしスルッつけめん(※極太麺に変更)+大盛@麺屋武蔵 巌虎(いわとら)
・つけ麺+味玉@中華そば活力屋 秋葉原店
・冷やし中華 醤油+ミニマーボー丼セット@良平らーめん
・イカ天そば@小諸そば 末広町店


先週土曜の清水戦@アウスタは、稀に見るとんでもないバ○試合でした。

清水PK失敗→柏PKで先制→清水PKで同点→清水1人退場

(ハーフタイム)

清水逆転→清水追加点→柏1人退場&清水もう1人退場→柏1点返す→柏同点

(ロスタイム) 柏逆転→柏追加点


といった具合に、終わってみれば3-5という野球のようなスコアに。

勝ったから良いものの、主審と解説者にはもう少ししっかりしてもらわないと…(`・д・´)

20120718204500.jpg akiba20120710-3901.jpg akiba20120710-3906.jpg akiba20120710-3907.jpg
 北極ラーメン(脂少なめ)+辛さ2倍+半ライス@蒙古タンメン中本 御徒町店
       
800円+無料サービス+110円。JR御徒町駅ガード下のラーメン横丁にある、人気ラーメン屋の支店。今回は、「北極」(辛さレベル9)を辛さ2倍で注文。問答無用で襲いかかってくる強烈な辛味と刺激が特徴で、スープの"熱さ"がそれを引き立てる。なので、個人的にはヒヤミこと「冷やし味噌」(辛さレベル10)よりも北極のほうが辛く感じる。後半になってくるとスープの温度も落ち着いてくるので、ベースにある味噌の旨みなどもじっくり味わえる。あと、中本の半ライスは結構多めなので、雑炊風にしたりいろいろアレンジできる
       
akiba20120710-3954.jpg akiba20120710-3958.jpg akiba20120710-3964.jpg akiba20120710-3965.jpg
 冷やしスルッつけめん(※極太麺に変更)+大盛@麺屋武蔵 巌虎(いわとら)
       

800円+無料サービス。有名ラーメン屋「麺屋武蔵」の支店だが、頻繁にメニューや味が変わるのが特徴。期間限定メニュー「冷やしスルッつけめん」は、麺・つけダレともに冷たいタイプのしょうゆワンタンつけ麺。本来は細麺で出てくるが、同店のウリともいえる極太麺に変更してもらった。ただ、店員には「(タレと)絡みにくくなりますがよろしいですか?」と強く念を押されたw つけダレは、ほどよい塩辛さのオーソドックスなもの。脂はそれなりにあるが、甘さや酸味はない。たっぷりの刻みネギ、メンマ、ゴマに加え、ワンタン×4~5個が入っている。ワンタンは普通のものだが、食感が良いので、箸休めに最適。つけダレと極太麺の相性はまずまずで、互いに冷たいため、超強力なコシとダイナミックなのど越しが楽しめた。ちなみに、付属の柑橘系ペーストはほぼ使わなかった。全体の感想として、味そこそこ&ボリューム抜群なので、相変わらずコストパフォーマンスは優秀。個人的には、"つけ麺"によく入っている甘みや酸味が苦手なので、こういった味付けはすごく好み。あたたかいバージョンも食べてみたいと感じた

       
akiba20120705-3820.jpg akiba20120705-3825.jpg akiba20120705-3826.jpg
 つけ麺+味玉@中華そば活力屋 秋葉原店
     

700円+無料サービス。テクノハウス東映近くのステーキ屋の2階にあるつけ麺屋。あつもり注文が定番化していたので、ひさびさに冷やしで注文。アッサリ&サッパリとしつつも魚介の風味がしっかりと感じられるつけダレ、コシと風味が豊かな麺、仕上がり抜群の味玉、どれも安定。全体量もまずまず。というか、数年前と比べると確実に麺量がアップしている気がする。これで700円は本当にリーズナブル

     
akiba20120702__9339.jpg akiba20120702__9343.jpg akiba20120702__9347.jpg akiba20120712-4121.jpg
 冷やし中華 醤油+ミニマーボー丼セット@良平らーめん  イカ天そば@小諸そば 末広町店
       
680円+200円。蔵前橋通り沿い、がんこラーメン近くにある低価格ラーメン屋。ラーメン1杯380円という安さを誇るが、人によってはやや入りにくい店構えかもしれない。今回は、「冷やし中華」と「ミニマーボー丼」をセットで注文。「冷やし中華」は、ホウレンソウを練り込んだ翡翠麺を使用。鮮やかな緑色の細麺で、やや縮れ気味。ホウレンソウ臭さなどは特にない。しょうゆベースのタレは、脂少なめでサッパリとしている。具は、モヤシ、錦糸卵、キュウリ、チャーシュー、紅ショウガ、味玉(半分)と標準的な構成。価格に見合った量がある。「ミニマーボー丼」は、絹豆腐を使用したピリ辛仕上げ。和風寄りの味付けで、多種多様な香辛料を使った複雑な辛さではない。全体量もなかなかで満足できる 330円。早い、安い、味なかなか。ひさびさのイカ天だが、当たりだった
(※店/料理の詳細説明は過去ログにたっぷりあるので割愛)

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2012年7月第2週号

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)