秋葉原1000円ランチ24選!ラーメンから定食まで!お財布にやさしいコスパグルメ

2024年05月13日 14:020

※本コンテンツはアキバ総研が制作した独自コンテンツです。また本コンテンツでは掲載するECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

秋葉原に遊びに来て、悩ましいのが「どこでランチを食べるか」だろう。

  そこで、皆さまのランチ選択の一助になればと、用がなくとも秋葉原をウロウロしているワタシ、旬ゴリがおススメのアキバ飯をご紹介しよう。

なお、趣味にお金を使いたいアキバ民としては、ランチに使える金額は1,000円代と想定して、1,000円前後で食べられるメニューを中心に紹介。※価格は取材当時のもの。一部終了している場合あり

項目
ラーメン
定食
カレー
丼・ご飯
中華
ステーキ・焼肉
エスニック
洋食

ラーメン

「汁なし担担麺ピリリ」白胡麻担担麺950円!


JR秋葉原駅から徒歩8分、末広町駅からなら徒歩1分ほどの蔵前橋通り沿いにある。「白胡麻担担麺(辛め)」は、麺は平打ちちぢれ麺で、白胡麻ベースのタレがよく絡む。 食べる前によく混ぜて食べると、ひき肉もゴロリと粗挽きのものが使われており、食べ応えもバッチリだ。

店舗情報
店名:汁なし担担麺ピリリ
住所:東京都千代田区外神田3-7-8 D.B末広町ビル 1F
電話:03-6262-9993
営業時間:
月 11:00~15:00
火~金 11:00~15:00、17:00~21:30
土 11:00~21:30
日・祝日 11:00~20:00
定休日:不定休 年末年始
店舗MAP

痺れるおいしさ!花椒たっぷりの担担麺なら「汁なし担担麺ピリリ」白胡麻担担麺950円!

「肉玉中華そば 連獅子」肉玉中華そば950円!

 

「肉玉中華そば 連獅子」は、JR秋葉原駅の昭和通り口から徒歩3分のところにある。一番人気の「肉玉中華そば」は、もっちりとした食感を出すために、タピオカ粉を練り込み、キッカリ2分で茹であげたこだわりの特製麺。鶏と豚から旨味を引き出したあっさりとこってりが同居する「こっさり」タイプの濃厚スープだ。また、「満月たまご」と⾃家製の特製ダレで焼いた「焼肉」が入っている。

店舗情報
店舗名:「肉玉中華そば 連獅子」
住所:東京都千代田区神田佐久間町3-1
電話:03-5823-4829
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:無休
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
店舗地図:

「百年本舗 秋葉原総本店」旨辛肉汁中華ソバ950円!

 

「百年本舗 秋葉原総本店」は、JR秋葉原駅の電気街口から徒歩8分、東京メトロ銀座線・末広町駅から1分ほどの蔵前橋通り沿いにある。今回のオーダーは、人気の「旨辛肉汁中華ソバ」大盛り! お値段は950円だ。「旨辛肉汁中華ソバ」は、旨辛な肉汁による油膜が表面に浮いているおかげで、スープが冷めにくくなっているのもポイント。 「旨辛」と銘打たれているだけあってやはり少々辛いが、辛さだけでなくその奥にしっかりと肉のうまみや鶏ガラ・豚ガラ・モミジ・野菜が溶け込んだスープの味が感じられる。

店舗情報
店名:百年本舗 秋葉原総本店
住所:東京都千代田区外神田3-8-9昌徳ビル1F
電話:03-3255-0220
営業時間:11:00~22:00
定休日:年中無休
店舗地図:

「秋葉原つけ麺 油そば 楽」鶏つけ麺940円と油そば!

 

「秋葉原つけ麺 油そば 楽」は、JR秋葉原駅の電気街口から徒歩9分ほど、東京メトロ銀座線・末広町駅からなら徒歩1分ほどのところにある。つけ麺と油そばに使われている麺は自家製麺で、国産小麦「麗華」や、カリウムを含まないナトリウム100%のかん水など素材にこだわって作られている。もちろん防腐剤不使用なので、かなりの時間と手間がかけられている。 そのうえ、麺には「粉末こうや豆腐」を練り込んであるそうで、こうや豆腐に含まれるレジスタントプロテインには、内臓脂肪を減らしてくれたり、中性脂肪や悪玉コレステロールを抑制してくれるなど、さまざまな効果が期待できるそうで、「罪悪感なしに食べられる麺」なのだそうだ。つけ汁は、「大山地鶏」の鶏ガラ、もみじ、ぼんじりを、超強火で豪快に炊き上げ、残った肉片まで裏ごしして使っている。もちろん魚介にもこだわっていて、鹿児島枕崎の鯖節、高知の宗田鰹節、うるめ鰯などを使用している。

店舗情報
店名:秋葉原つけ麺 油そば 楽
住所:東京都千代田区外神田3-8-7 神栄ビル1F
電話:03-3255-4649
営業時間:11:00~21:00 
定休日:年末年始(2023年12月31日~1月3日)
店舗地図:

「蘭州拉麺五福 秋葉原店」五福蘭州牛肉麺大盛り850円!

 

「蘭州拉麺五福 秋葉原店」は今年2023年5月にオープンしたお店で、JR秋葉原駅の昭和通り口から徒歩2分ほど、昭和通りを和泉橋に向かって歩いた角地にあるビルの地下1階だ。
太麺にコクの深いスープがよく絡んで非常においしい!透明なスープは一見すると味がないように思えるが、数十種類の調味料を使っており、コクも深みもある非常においしいスープで、それが麺やラー油とからむことで、さらにおいしくなるので、秋葉原でランチに困ったらぜひ本場の蘭州牛肉麺を試してもらいたい!

店舗情報
店名:蘭州拉麺五福 秋葉原店
住所:東京都千代田区神田佐久間町1丁目21 地下1階
電話:03-5829-3589
営業時間:【ランチ】11:00~15:00【ディナー】16:00~23:30
定休日:無休
店舗地図:

「関取ラーメン 竜軒」リブ肉ラーメン中1,000円!

 

「関取ラーメン 竜軒」は、JR秋葉原駅から徒歩3分ほど、中央通りから入った路地裏にひっそりとある老舗ラーメン屋だ。ランチメニューはないが、並ラーメンで530円と、アキバ界隈のラーメン相場的に見てもかなり安く、お財布にもやさしい。「リブ肉ラーメン」は、麺は昔ながらの中太麺に、しょうゆベースのスープ。トッピングは大きなリブ肉に、のり、メンマ、味玉とシンプル。ラーメンはシンプルのひと言。 こちらもまた、“こういうのでいいんだよ、こういうので”と脳内再生されてしまうほど、求めていたラーメンの味だ。

店舗情報
店名:「関取ラーメン 竜軒」
住所:東京都千代田区外神田4-3-12
電話:なし
営業時間:11:00~21:00
定休日:月曜日(月曜日祝日の場合は営業し翌日休業)
店舗地図:

「マルショーラーメン ヨドバシAkiba店」つけ中華980円!

 

「マルショーラーメン ヨドバシAkiba店」は、JR秋葉原駅の中央改札口を出てすぐ目の前のヨドバシAkibaの8階、レストランフロアに9月25日にニューオープンしたお店だ。 「つけ中華」は、チャーシューやゆで卵、のりが載ったこってりのつけ汁に、1.5玉から2玉はあろうたっぷりの麺がセットになったメニューで、ボリューム的には、大食いの旬ゴリでもこれ1杯で満足できる量である。 もし、これでも足りないのであれば、無料ライスを追加するのがおススメだ。

店舗情報
店名:「マルショーラーメン ヨドバシAkiba店」
住所:東東京都千代田区神田花岡町1-1ヨドバシカメラマルチメディアAkiba 8F
電話:03-6285-2760
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
店舗地図:

「超ごってり麺 ごっつ 秋葉原店」家系超ごっつ1,000円!

 

「超ごってり麺 ごっつ 秋葉原店」は、JR秋葉原駅の昭和通り口を出て昭和通りを御徒町方面に徒歩4分ほどのところにある。「家系超ごっつ」は、パンチの効いたスープにたっぷり背脂、もちもち太麺のパワフルラーメンだ。トッピングは、大ぶりな海苔が5枚に、これまた大きなチャーシューが2枚、ほうれん草ときくらげがのっている。超ごってりなスープに背脂チャッチャがプラスされ、ほかでは味わえない濃厚スープは、ひと口食べるたびに謎の背徳感がありつつも本当においしい!

店舗情報
店名:「超ごってり麺 ごっつ 秋葉原店」
住所:東京都千代田区神田松永町18-1 ビオレ秋葉原1階
電話:03-3257-3330
営業時間:AM11:00~AM4:00
定休日:なし
店舗地図:

「秋葉原ラーメン わいず」つけ麺1,000円!

 

「秋葉原ラーメン わいず」は、JR秋葉原駅の電気街口を出て徒歩8分ほど、東京メトロ銀座線の末広町駅からなら徒歩1分ほどの、蔵前橋通り沿いにある。店内はカウンター9席のみなので、混雑時には店外で行列ができるほどだ。
オススメの「つけ麺」は、鰹と鯖の本枯れ節が大量に使われたつけ汁は、超濃厚。麺の大盛も加わって満足度はかなり高い。麺は、三河屋製麺と共同開発した特製麺が使われており、その濃厚なスープがよくからむ。トッピングは、メンマと大ぶりなチャーシューが3枚載っている。また、つけ汁内にゴロゴロと角切りの肉が入ってるので、トッピングだけでもかなりの満足度だ。

店舗情報
店名:「秋葉原ラーメン わいず」
住所:東京都千代田区外神田3-7-9
電話:03-6206-0030
営業時間:10:30~22:15 日曜営業
定休日:なし
店舗地図:

「ゴル麺。秋葉原店」つけ麺特盛980円!

 

「ゴル麺。秋葉原店」は、JR秋葉原駅の電気街口を出て徒歩7分ほど、東京メトロ銀座線末広町駅からなら徒歩1分ほどの、蔵前橋通り沿いにある。ゴル麺で初めてつけ麺を注文した際、まず多くの人が驚くのが、つけ汁がグラグラに沸騰した状態で提供されることだろう。食べている途中でつけ汁が冷めてしまわないように、つけ汁の入った土鍋がアツアツに加熱されているので、最後まで熱い状態でおいしく食べられる。麺はオリジナルのモッチリとした太麺を使用。しっかりと超濃厚つけ汁の味を堪能できる。

店舗情報
店名:「ゴル麺。秋葉原店」
住所:東京都千代田区外神田5-1-14 三幸ビル 1F
電話:03-6284-4195
営業時間:月~木 11:00~23:00 金・土・日 11:00~24:00
店舗地図:

「濃厚鶏そば麺屋武一」濃厚鶏つけ麺950円!

 

「濃厚鶏そば麺屋武一」は、JR秋葉原駅の電気街口を出て徒歩5分ほど、秋葉原のメインストリート・中央通りから1本裏び通り、「アパホテル秋葉原駅電気街口」の前にある。「濃厚鶏つけ麺」のつけ汁は、「鶏骨醤油スープ」、「鶏白湯スープ」、100円追加で選べる「辛味噌スープ」の3種類から選べる。「濃厚鶏つけ麺」の麺は、その濃厚なスープがよくからむように「平打ち太揉み麺」が使われており、トッピングとしては、メンマとあっさりした鶏肉チャーシューが載っている。旬ゴリ的食べ方として、最初に鶏肉チャーシューをつけ汁に漬け込んでおくと、その濃厚な味が染みて非常においしいのでおすすめだ。

店舗情報
店名:「濃厚鶏そば麺屋武一」
住所:東京都千代田区外神田3-13-5
電話:03-3251-6323
営業時間:全日11:00-21:00
定休日:なし
店舗地図:

「東京豚骨拉麺ばんから 秋葉原店」ラーメン850円!

 

「東京豚骨拉麺ばんから 秋葉原店」は、秋葉原駅の電気街口を出て徒歩3分程、UDXのおとなりに位置している。一頭の豚からほんの数kgしかとる事ができないという「背脂」がたっぷり浮いたスープに食べ応えのある中太麺が特徴。のりやメンマなどの定番トッピングも載っている。麺はモチモチしていて、すこし甘味が感じられる。これに背脂が良くからんで非常においしいのである。食べているうちに背脂が溶けだしてきて、味が変わってくるのもすごい工夫だ。 ガツッとパンチの効いた豚骨醤油ラーメンを食べたいなら当店がおすすめである。

店舗情報
店名:「東京豚骨拉麺ばんから 秋葉原店」
住所:東京都千代田区外神田4-4-7 MTビル1F
電話:03-6206-9299
営業時間:平日・日 11:00〜翌0:00
金・土・祝日前 11:00〜翌2:00
定休日:年中無休
店舗地図:

定食

「ごはん処 あだち」あだちサービス定食 1,100円


「ごはん処 あだち」は、JR秋葉原駅から徒歩6分、末広町駅からなら徒歩3分ほどの一枝ビル1階にある。「あだちサービス定食 1,100円」は、唐揚げ、春巻き揚げ、コロッケ、厚焼き玉子などのメニューがすべて入っていて驚異の安さ。「ごはんの量」は、「普通盛り」で1升(約3.5㎏)、「大盛り」は2升(約7㎏)なので注意したい。 若鶏の唐揚げは、子供の握りこぶしくらいの大きさでカレー味。「秋葉原でカレー味の唐揚げを出してるのは、もううちだけ」だそうだ。若鶏の唐揚げ以外にも、春巻き揚げ2本、厚焼き玉子、コロッケ、そして煮物と、とにかく茶色い! 唯一の緑が3本のオクラ3本はいっている。

店舗情報
店名:ごはん処 あだち
住所:東京都千代田区外神田3丁目11−6 一枝ビル 1F
電話:03-3253-3017
営業時間:11時30分~15時00分、17時30分~21時00分
定休日:不定休
店舗MAP
秋葉原で創業53年の定食屋「ごはん処 あだち」サービスセット定食1100円! とにかくおいしいごはんで腹をみたす!

お好み焼 ゆかり AKIBA-ICHI店」豚平焼うどん定食880円!

 

「お好み焼 ゆかり AKIBA-ICHI店」は、JR秋葉原駅の電気街口を出てすぐ目の前のUDXの3階、徒歩なら4分ほどのAKIBA-ICHIという飲食店街にある。
豚平焼きは、ロシア料理の影響を受け、大阪で生まれた料理で、鉄板の上で豚肉や玉子などを焼いたものにマヨネーズやソースをかけた、関西の定番料理となる。 豚平焼きは、大ぶりの豚肉が入っており、大阪風甘めのソースとマヨネーズがマッチして非常においしい!
焼うどんは、しょうゆバターで味付けされており、これがご飯にとても合うのだ。 豚平焼きと焼うどんのどちらがメインかはわからないが、どちらも手抜きなし、まさに「ほんまもんの大阪の味」を堪能することができる。

店舗情報
店名:「お好み焼 ゆかり AKIBA-ICHI店」
住所:東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX AKIBA-ICHI 3F
電話:03-3526-3310
営業時間:11:00~23:00 (オーダーストップ 22:00)
定休日:不定休
店舗地図:

「美味しいお肉のお店 やまの」唐揚げ定食980円!

 

「やまの」は、秋葉原駅の昭和通り口を出て徒歩1分程、書泉ブックタワーの、道路を挟んで正面に位置している。980円の「唐揚げ定食」メインの唐揚げは5個乗。これにサラダ、香の物、みそ汁が付いて980円は、秋葉原ランチとしてはかなりコスパがいいのではなかろうか。唐揚げは、もちろん揚げたてアツアツで、外側はカリカリ、内側はジューシー。噛めば肉汁があふれだし、「唐揚げはこうでないと」を体現したような完成度。 鶏肉も「お肉の美味しいお店」をうたっているだけあって、しっかりした弾力のある歯ごたえで、いいお肉を使っていると思われる。

店舗情報
店名:「美味しいお肉のお店 やまの」
住所:東京都千代田区神田佐久間町1丁目21 2F
電話:03-3253-3329
営業時間:
ランチ 11:30~14:00 ※ライスがなくなり次第終了
ディナー 平日 17:30~22:30(L.O.22:00) 土日祝 17:00~22:00(L.O.21:30)
 
定休日:不定休 日曜日お休み(GW・お盆など不規則営業あり)
店舗地図:

「チキン南蛮専門店 ひむか食堂」チキン南蛮定食1,000円!

 

「チキン南蛮専門店 ひむか食堂」は、JR秋葉原駅の電気街口を出て徒歩7分ほど、東京メトロ銀座線末広町駅からなら徒歩1分ほどの、中央通り沿いにある。、「本場宮崎チキン南蛮定食(半身)」(1,000円)は、半身でもかなりのボリュームがある。ご飯も「小盛り」「普通盛り」「大盛り」から選べるため「大盛り」をする場合は、お腹の具合とよく相談してから決めたほうがいいかもしれない。「ひむか食堂」の鶏肉は、当然ながら宮崎県産を使用。チキン南蛮の味の決め手とも言えるタルタルソースは、マヨネーズから手作りされている。そして鶏肉を漬け込む南蛮酢にいたっては、1000回以上もの配合調整を経て作り出されたという凝りようである。

店舗情報
店名:「チキン南蛮専門店 ひむか食堂」
住所:東京都千代田区外神田3-16-13
営業時間:昼 11:30 ~ 15:00 夜 18:00 ~ 20:00
※仕込みがなくなり次第閉店
休日:不定休
店舗地図:

カレー

「SPICE BISTRO ZEERA 秋葉原店」2色カレーセット980円!

 

インテリアにこだわった店内はおしゃれに装飾されている中で、 本格的な本格インドカレーを味わうことができる。 ランチメニューは6種類のカレーから選べる 「インドカレーセット」や「2色カレーセット」など、充実している。

店舗情報
店舗名:「SPICE BISTRO ZEERA 秋葉原店」
住所:東京都千代田区外神田4-4-2 HULIC&New AKIHABARA 5F
電話:050-5600-6000
営業時間:11:00~23:00(L.O22:30)
定休日:不定休
店舗地図:

「カレー専門店ベンガル」チキンカレー990円!

 

今年で創業50年のあのお店!「ベンガル」は、JR秋葉原駅の電気街口を出て徒歩10分ほど、東京メトロ銀座線の末広町駅から徒歩5分程。秋葉原のメインストリートである中央通りから見ると西に1本行った昌平橋通りからすぐ入ったところにある。 「チキンカレー」は、大振りなチキンがたっぷり入り、ジャガイモやニンジンは食べやすいサイズで入れられたスパイスの効いたルーにライス。これぞカレー!と叫びたくなる。付け合わせは「ハラペーニョペッパー」「アチャール」「福神漬け」が用意されている。

店舗情報
店名:「カレー専門店ベンガル」
住所:千代田区外神田3-6-1 丸山ビル1F
電話:03-6260-8879
営業時間:火・水・金・土・日、祝 11:30~21:00/月・木 11:30~15:00
※月・木が祝日の場合は翌日が15時閉店
定休日:年末年始
店舗地図:

丼・ご飯

「新福菜館 秋葉原店」焼きめし並630円!

 

「新福菜館」といえば、創業昭和13年という京都最古参の中華そば専門店で「京都ラーメンの原点」と言われている有名店だ。「新福菜館 秋葉原店」は、2015年8月にオープンした。噂の黒いチャーハンこと、「焼きめし並」はそして、並にしては量もたっぷりと盛られている。食べてみるとパラッパラというより、少々しっとりした感じだが、味付けは醤油ベースに胡椒が効いているもの。胡椒のせいか、食べ進めているとジットリ汗をかいてきた。あっさりの中華そばと胡椒の効いたチャーハンは、ベストマッチな印象だ。

店舗情報
店舗名:「新福菜館 秋葉原店」
住所:東京都千代田区神田和泉町1-3-17
電話:03-5835-0209
営業時間:ランチ:11:00〜15:00 LO14:30 ディナー:17:30〜23:00 LO22:30
定休日:不定休 年末年始(要確認)
店舗MAP:

「和風回鍋肉専門店だしや。」“禁断の”背脂チャーハン940円!

 

「和風回鍋肉専門店だしや。」は、JR秋葉原駅の昭和通り口を出て徒歩1分ほどのところにある。「禁断の背脂チャーハン」は、パラッパラに仕上げられたチャーハンに背脂がドーンと乗っていてとてもおいしそうだ。サイドには、辛子高菜とスープが付いてくる。背脂とチャーハンを一緒に食べるとこれもまたおいしい! 口の中で背脂がチャーハンと混ざりあい、どちらのうまさも引き立てている感じだ。

店舗情報
店名:和風回鍋肉専門店だしや。
住所:東京都千代田区神田佐久間町1-24 GATO秋葉原102
電話:03-6271-7972
営業時間:11:00~15:30 17:00~22:00(LO21:30)
定休日:年末年始(12/31、1/1,1/2)
その他の休業日についてはTwitter(@hoikoro_dashiya)にて
店舗地図:

「てんぷら 天芳」特製天丼900円!

 

「てんぷら 天芳」は、JR秋葉原駅の電気街口を出ると右側に見えてくる富士ソフトビル、徒歩なら4分ほどの同ビル1階の飲食店街にある。 イチオシは何と言っても、「特製天丼」だろう。海老が2匹にキス、野菜三品の天ぷらがのった天丼で、味噌汁と香の物がついて900円、しかも注文してから揚げ始めるので、サクッと揚げたてが食べられる。海老は大きめのものが2尾。この日の野菜三品は、ピーマンとナス、サツマイモ。海老は尻尾までカラッと揚がっており、「海老天ぷらの尻尾は残す」という人もしっかり食べられそうだ。

店舗情報
店名:「てんぷら 天芳」
住所:東京都千代田区神田練塀町3富士ソフトビル1F
電話:03-3251-1037
営業時間:11:00~22:00
定休日:日曜
※営業時間・定休日は変更となる場合があります。
店舗地図:

中華

「過橋米線 秋葉原店」モツ米線セット950円!

 

「過橋米線 秋葉原店」は、JR秋葉原駅から徒歩10分、末広町駅から徒歩2分ほどのところにある。米線は米で作られている麺で、ベトナム料理のフォーよりも太く、もちもちの歯触りが特徴。中国雲南省あたりでよく食べられており、「雲南のお母さんの味」と呼ばれている。スープは鶏や豚からダシをとっており、味はあっさりした塩味。スープの表面には油が浮いているが、これはスープが冷めないように工夫されたものだ。麺はモッチモチで、量もたっぷり! あっさり塩味のスープに辛いタレがかけてあり、よいアクセントになって非常に美味である。

店舗情報
店名:「過橋米線 秋葉原店」
住所:東京都千代田区外神田6丁目-11 Moaビル 1F
電話:03-3835-7520
営業時間:昼 11:30~14:30
     夜 17:00~23:30
定休日:無休
店舗地図:

ステーキ・焼肉

「ジュークステーキ 秋葉原中央口店」はらみステーキ990円!

 

「ジュークステーキ 秋葉原中央口店」は、JR秋葉原駅の中央口を出て秋葉原駅前南通り方面に徒歩1分ほどのところにある。今回のオーダーは、「熟成はらみステーキガーリックバターセット」。ごはんを中盛りにして990円だ。「ガーリックバターセット」にしておいて、ステーキソースも「にんにく醤油」なんて、くどいと思われがちだが、これがまた食欲をそそるのだ。はらみ肉にたっぷりとにんにく醤油をつけて、ライスといっしょに掻っ込む!これぞガッツリ肉食ランチだ!

店舗情報
店名:ジュークステーキ 秋葉原中央口店
住所:東京都千代田区神田佐久間町1-8 ニュー千代田ビル B1F
電話:03-5256-5100
営業時間:11:30~14:30
定休日:なし
店舗地図:

エスニック

「サイアム食堂 akihabara」ガパオライス大盛り 880円!


サイアム食堂 akihabara」は、JR秋葉原駅の電気街口を出て徒歩2分ほどのところにある。少し長細いタイ米にピリ辛のひき肉炒め、そしてキレイに半熟で仕上げられた目玉焼きが乗っている。見た目に「こんなのおいしいに違いない」と思わせてくれる。まずは、辛さと味を確認するためにひき肉炒めをひと口。「ピリ辛」と書かれていたが、そこまで辛くなく、しっかり味付けされたお肉がおいしい。はやく米といっしょに食べたいという衝動にかられる。炒めたひき肉と、日本の米より粘り気のないタイ米がすごく合うのだ。

店舗情報
店名:「サイアム食堂 秋葉原店」
住所:東京都千代田区外神田1-2-1 鳥万ビル1階
電話:050-5890-3076
営業時間:ランチ 月~金 11:30-14:00 土日祝 11:30-17:00
              ディナー月~金 17:00-24:00 土日祝 17:00-23:00
定休日:年末年始
店舗地図:

洋食

「肉の万世 アキバプレイス店」パーコーナポリタン1221円!


「パーコーナポリタン」は、洋食屋さながらの鉄板にのったナポリタンにパーコー、そしてライスにとん汁と、洋食屋なのか定食屋なのか判断に困る見た目。 しかし、ライス(炭水化物)にナポリタン(炭水化物)、そしてパーコー(油分)と、見事にアキバのランチらしいメニューだ。 万世麺店の「パーコー麺」はもう食べられないけど、あのパーコーだけでもまた食べたい!という人にぜひたべてほしい。

店舗情報
店名:「肉の万世 アキバプレイス店」
住所:東京都千代田区外神田3-15-1 AKIBA PLACE 3階
電話:03-5256-4129
営業時間:開店 11時00分 オーダーストップ 21時30分
定休日:年中無休
店舗地図:
旬ゴリ

旬ゴリ

ガチオタ歴40年の中年ライター。某PCメーカーの購買を経て、タクシードライバーやカイロプラクターなどを歴任し、アメリカ・中国・台湾に移住していた、なんでも書く謎のフリーライターにしてYouTuber

画像一覧

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事