七つの大罪

ファンタジーアクション

<シリーズ解説> 鈴木央さんが「週刊少年マガジン」に連載のファンタジーマンガ。いまだ人と、人らなざるものの世界が、分かれていなかった時代ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団<七つの大罪>の戦いを描く。2014年から2015年にかけてTVアニメ第1シリーズが放送され、2018年1月からは、TVアニメ第2シリーズ「戒めの復活」が放送された。

インタビュー・企画特集

新着ニュース

キャラクター紹介

メリオダス(CV:梶裕貴)
移動する酒場<豚の帽子>亭を営みつつ旅をしている。見た目は少年だが、その実は<七つの大罪>のメンバーである。背負っている罪は〈憤怒の罪(ドラゴン・シン)〉。ちょっぴりエッチだけど頼れるリーダー。


エリザベス(CV:雨宮天)
リオネス王国の第三王女。各地に散ったメリオダスたち<七つの大罪>を探し出し、王国を危機から救った。 泣き虫だけど強い信念と慈愛に満ちた心を持つ、キュートなお姫様。


ホーク(CV:久野美咲)
人間の言葉を話すことができる豚で、この世界でも少しレアな存在。ヘンドリクセン、ドレファスとの戦いの中で自らを犠牲にして仲間を救ったが、その後遺症(?)で今はちっちゃい姿になっている。自分を最強の戦士だと思っており、上から目線なところがあるが憎めないやつ。


ディアンヌ(CV:悠木 碧)
<七つの大罪>のメンバーで、背負っている罪は<嫉妬の罪(サーペント・シン)>。巨人族の女の子で、身体も力も普通の人間の何倍もあるけれど、中身はとってもピュア。


バン(CV:鈴木達央)
<七つの大罪>のメンバーで、背負っている罪は<強欲の罪(フォックス・シン)>。別名、<不死身のバン(アンデッド・バン)>。自分の興味がある物に対しては平気で盗み、興味がない物にはとことん無関心。お酒が大好物だが、とても弱い。


キング(CV:福山潤)
<七つの大罪>のメンバーで、背負っている罪は<怠惰の罪(グリズリー・シン)>。ディアンヌの事が大好きだが、本人はそれを悟られまいと必死。メリオダスやバンに比べると、かなりの常識人。だと自分では思っている。


ゴウセル(CV:髙木裕平)
<七つの大罪>のメンバーの一人で、背負っている罪は<色欲の罪(ゴート・シン)>。中性的な容姿を持ち、無機質的な立ち振る舞いをする。その魔力「侵食(インベイジョン)により人の心は読めるが、人の感情の機微には鈍感で「空気を読まない」発言をしてしまう。


マーリン(CV:坂本真綾)
<七つの大罪>のメンバーの一人で、背負っている罪は<暴食の罪(ボア・シン)>。
メリオダスたちと合流するまでは、キャメロット王国のアーサー王のそばにいた。この世界一の魔術士であり、さまざまな術や秘薬を使いこなす。いつも不敵な笑みを浮かべた、綺麗なお姉さん。


ギルサンダー(CV:宮野真守)
リオネス王国聖騎士のひとり。聖騎士たちの中でもトップクラスの実力を誇り、<七つの大罪>と互角に渡り合えるほどである。 エリザベスの姉、マーガレット王女を護るため二大聖騎士長側についていたが、メリオダスによりその呪縛を解かれ救われた。


ハウザー(CV:木村良平)
リオネス王国聖騎士のひとり。 幼馴染であるギルサンダーとは対照的な熱血型で情にも厚い。 『バイゼル喧嘩祭り』での一件からは、なんだかディアンヌのことが気になっているようである。


グリアモール(CV:櫻井孝宏)
リオネス王国聖騎士のひとり。ギルサンダー、ハウザーとは同い年の幼馴染。 鍛え上げたたくましい体躯の持ち主だが、性格は生真面目でおとなしい。 王国第二王女ベロニカの護衛を務めており、彼女に忠誠を尽くしている。


ゼルドリス(CV:梶裕貴)
「敬神」の戒禁を持つ<十戒>の一人。


エスタロッサ(CV:東地宏樹)
「慈愛」の戒禁を持つ<十戒>の一人。


ガラン(CV:岩崎ひろし)
「真実」の戒禁を持つ<十戒>の一人


メラスキュラ(CV:M・A・O)
「信仰」の戒禁を持つ<十戒>の一人。


ドロール(CV:小野大輔)
「忍耐」の戒禁を持つ<十戒>の一人。


グロキシニア(CV:小林裕介)
「安息」の戒禁を持つ<十戒>の一人。


モンスピート(CV:津田健次郎)
「沈黙」の戒禁を持つ<十戒>の一人。


グレイロード(CV:遊佐浩二)
「不殺」の戒禁を持つ<十戒>の一人。

放送スケジュール

放送情報がありません