プロデューサー・前田俊博 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第50回)

2021年08月28日 10:000
プロデューサー・前田俊博 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第50回)

記念すべき連載第50回にご登場いただくのは、株式会社毎日放送(MBS)コンテンツビジネス部副部長で、プロデューサーの前田俊博さん。ライターcrepuscularの連載では2人目となる、テレビ局のアニメPだ。MBSアニメで特徴的なのは、やはりガンダムシリーズだろう。前田さんは「ガンダム Gのレコンギスタ」や「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」を手がけている。そのほかにも多くのオリジナルアニメをプロデュースしており、「結城友奈は勇者である」、「Classroom☆Crisis」、「91Days」、「RELEASE THE SPYCE」は、前田さんが企画の立ち上げから関わっている作品である。原作ものを迫力と感動のある映像に仕上げることでも定評があり、「戦国BASARA」、「進撃の巨人」、「ハイキュー‼」、「呪術廻戦」といった名作にも、前田さんは携わっている。当記事ではそんな前田さんのキャリア、プロデュース論、仕事術、今のアニメ業界について思うこと等をうかがった。日本のテレビアニメを支え、日本のテレビアニメの未来を創る、トッププロデューサーの単独インタビュー、ぜひ最後までお読みいただきたい。

 

「ビジネスとクリエイティブを一元的に管理・担保する」プロデューサー


─お会いできて光栄です。早速ですが、プロデューサーの方にはぜひともお聞きしたい質問から。前田さんにとって、「アニメプロデューサー」とは何でしょうか?


前田俊博(以下、前田) ちょっと硬い言い方になりますけど、「アニメ作品のビジネスとクリエイティブを一元的に管理し、担保する人」だと思っています。


─「管理」だけではなく「担保」も、プロデューサーの役割なのですね。


前田 そうです。ビジネスから説明しますと、ある幹事会社が「こういう作品をアニメ化したいので出資者を募っています」というケースがあったとします。出資を検討している企業は、その作品の収益性・収支計画をどのように考えているのか、ヒアリングするんです。そして、「今のパッケージビジネスを考えると、現実的な数字は〇〇ですね」とか、「この作品性なら海外でこれくらい売れそうですね」とか、「自動公衆送信ならこれくらいの数字は行きそうですね」とか、そういったビジネス的な予測をして収支計画の担保をするんです。


クリエイティブの担保に関しては、現場の皆さんは当然いいものを作ろうとしているし、僕たちも「この作品はおもしろいんです!」と言いながら出資者を集めていくわけですから、出資者にはその作品のおもしろさをどうしたらわかってもらえるかを考え、「制作会社さんは〇〇で、こういった有望な、あるいはスタークリエイターも集まっています」というように、説得力を持ったお話をしています。


─そういった出資者へのプレゼンテーションは、いつも前田さんや毎日放送(MBS)が行っているのですか?


前田 僕がやるケースももちろんありますし、逆に受けるケースもあります。MBSは出資したとしても、小口の出資が多いんですよ。だから、残りの出資額の大半は、パートナーを見つけなくちゃいけない。今のアニメ製作は、パッケージメーカーさんが幹事会社になって、一番作品に寄り添う会社になることが多いです。MBSはその幹事会社さんと組んで、一緒に制作会社さんを見つけて、残りの出資者も集めてくる、みたいなケースが多いんです。その時の企画書や資料の作成は、MBSが作るよりも幹事会社さんのほうが長けているので、お任せすることがよくあります。


─「寄宿学校のジュリエット」(2018)、「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(2019)、「彼女、お借りします」(2020、2022)では「チーフプロデューサー」、「炎炎ノ消防隊」(2019~20)では「エグゼクティブプロデューサー」とクレジットされていますが、「プロデューサー」とはどう違うのですか?


前田 夢のない話なんですけど、僕が知る作品の大半は、役職に従って決められています。MBSは入れていないんですけど、ほかの会社さんだと、「企画」や「製作」はその会社の局や部の上長の方が入ります。「チーフプロデューサー」や「エグゼクティブプロデューサー」はその次の役職の人、「プロデューサー」は現場を任された人です。そして、「アシスタント」や「アソシエイト」が付く方は、現場のプロデューサーを補佐する人になります。


─「チーフ」や「エグゼクティブ」の場合、現場には出ないのですか?


前田 そんなことはありませんよ。チーフPとPが現場を把握して、汗をかくケースのほうが多いんです。その中でもPが一番汗をかいていると思います。


─マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギは、代表である現在も、劇場用作品では「プロデューサー」とクレジットされています。前田さんも、現在はMBSコンテンツビジネス部の副部長という役職でありながら、「プロデューサー」と表記されることが多いようです。前田さんもファイギも、現場主義なのですね。


前田 プロデューサーって、本来そうあるべきだと思います。日本でも、シナリオ会議に出て、アフレコや編集にも顔を出している人、つまりは現場でちゃんと作品をプロデュースしている人だけを、「プロデューサー」とクレジットしようという考え方をしている方は結構おられます。

 

「テレビ局のアニメプロデューサー」とは?


─テレビ局のプロデューサーということで、企画製作会社や制作会社のプロデューサーとは違う、独特のお考えや役割はありますか?


前田 大前提として理解していただきたいのは、テレビ局でバラエティ番組などを作っている「プロデューサー」と、コンテンツ業界、特にアニメの「プロデューサー」は、全く役割が違うということです。僕は、コンテンツ業界のプロデューサーが、本来的な意味でのプロデューサーだと思っています。テレビ局の「プロデューサー」というのは、ガラパゴス化した日本のテレビが当時考え出した、カッコいい呼び名だったんじゃないでしょうか。番組の「プロデューサー」は、収益の担保などは一切していませんし、広告収入による制作費の回収リスクも一切営業部に任せているので、二次利用の運用も全然考えていないと思います。そのうえで、アニメにおけるテレビ局のプロデューサーの役割ですが、制作会社のプロデューサーはよりクリエイティブ側に特化していて、企画製作会社のプロデューサーはアニメファンに刺さる制作や宣伝を心がけていると思っていて、テレビ局のプロデューサーはアニメファンへの訴求はもちろんながら、普段アニメを観ない視聴者層にも作品を届ける役割を意識しています。


─なるほど……前田さんはラジオ営業でキャリアをスタートしておられることもあり、一般的なテレビ局の「プロデューサー」とは違うようですね。


前田 MBSのアニメは、社内の営業局には頼っていません。なので、営業がスポンサーを見つけてくるわけでも、「これだけの金があるから、これで番組を作れ」といった指示があるわけでもないんです。「この作品をやりたい!」となったら、自分たちで出資者を集めて、MBSとしても出資するので社内用の稟議書を書いて、「こういう回収計画で、こういう仲間たちです」とちゃんと説明をして、出資のパーセンテージを決めています。MBSの社員は600人ぐらいいますけど、アニメの稼ぎ方やノウハウを知っている人は数人だと思います。

 

「呪術廻戦」や「ホリミヤ」をプロデュースして感じたこと


─アニメのプロデューサーは激務ですが、どのような時にやりがいを強く感じますか?


前田 自分が「この作品いいな」、「アニメに映えそうだな」と思った作品が、実際に映像化にたどり着いて放送として届けられ、当初思い描いていた狙い通りの反応を視聴者の皆さんがしてくれた時は、すごくやりがいを感じますね。


─今年3月まで放送していた「呪術廻戦」(2020~)は爆発的なヒットとなりました。これも狙い通りだったのでしょうか?


前田 まず僕ひとりで手がけたわけではありませんので、「狙い通りでした!」というと大変おこがましいですけど、「呪術廻戦」を含めて、どの作品も大ヒットを目指してやっていますし、大ヒットしてもおかしくないポテンシャルを持った作品を、いつもプロデュースできるように心がけています。「呪術廻戦」は、初めて原作漫画を読んだ時、アニメ映えする作品だろうと思っていました。これは、「進撃の巨人」(2013~)の原作漫画を初めて読んだ時にも感じました。


─「呪術廻戦」監督の朴性厚(パク・ソンフ)さんはアクション演出で、制作会社のMAPPAも作画で高い評価を得ていますね。


前田 MAPPAさんは一切妥協ないですね。ギリギリまで粘って、クオリティを上げてくださっています。


─「呪術廻戦」は、前田さんが企画の立ち上げを?


前田 いえ。ある程度メインとなるところが決まった後での参画になりますので、完全にゼロからの参画ではありません。


─「ホリミヤ」(2021)も好評だったようです。


前田 「ホリミヤ」という作品は、原作のファンにずーっと愛されていて、待望のアニメ化だったと思います。そして、アニプレックスのプロデューサーさんもずっとこの作品のアニメ化を夢見ていて、そして念願かなってアニメ化に至りました。こういう熱意のあるプロデューサーがいる作品は細部までこだわりを持たれているので、強いと思っています。アニメを長い間待っていた原作ファンの飢餓感と、プロデューサーの熱意と、CloverWorksさんのクオリティの高い映像があってこそだと思います。


─一番影響を受けた作品は? 


前田 影響とはちょっと違うのかもしれませんが、「この仕事をやっててよかったな」ということにつながったのは、三浦建太郎さんの「ベルセルク」です。高校時代に学校にマンガを持ってきているやつがいて、皆で回し読みをしていたんですけど、「なんじゃ、このおもしろい作品は!」と衝撃を受けたんですよ。当時の僕には青年誌を読む習慣がなかったので、「ベルセルク」を全く知らなかったんです。その後、MBSで自分が「ベルセルク」(2016~17)を担当することになった時には、子どもの頃にむちゃくちゃハマった作品を、大人になった自分がアニメプロデューサーとして携わることができたので、感慨深いものがありました。


─ご自身で手をあげられたのですか? 


前田 当時、もう映像化プロジェクトは動いていました。でも、フィールズのプロデューサーさんから初めてプロジェクトの話を聞いた時には、収支計画とか度外視して、「やりたいです!」と言っていましたね(笑)。

 

 

「作品性」へのこだわり


─お得意な企画はありますか? フィルモグラフィーを拝見すると、ラブコメが若干多い印象があります。


前田 得意なものは特にないです。作品選定も雑食ですね。20年近く前のMBSのカラーでいうと、「機動戦士ガンダムSEED」(2002~03)とか「鋼の錬金術師」(2003~04)とかをやっているので、割と硬派な大作系が多い印象があったんですよね。2008年に僕がアニメの部署に異動してきて当時の先輩に言われたのは、「おまえは将来的に、萌えものをできるようになれ」でした。だから、MBSとしてはオリジナルでも原作ものでも、「こういうジャンルがほしい」というのは全くなくて、「幅広くやっていこう」という姿勢でやっています。出資をする・しないのポイントになっているのは、あくまで作品性です。


ただ、MBSの過去作には人が死ぬものが多かったので、「残虐描写のノウハウ」は、他局さんよりはあるという自負があります。視聴者の方からいろいろなクレームをいただいたこともあって、残虐描写の知見を蓄積しているんです。過去の蓄積がなければ、「進撃の巨人」はできなかったと思います。「進撃」は他局の皆さん、考査上の二の足を踏んでいたんですよね。


─「荒ぶる季節の乙女どもよ。」には、第1話から泉のマスターベーションシーンがあり衝撃的でした。性的描写にもMBSは寛容なのでしょうか?


前田 MBSの考査担当者は、作品性を理解しています。「荒ぶる」に関しては、原作でもそこが第1話の肝であるのが明白なので、そこを「放送できません」というのは口が裂けても言えませんでした。だから、あれをOKにするためにはどうしたらいいかというのを、逆算で確認しました。「この角度だったらいける」とか、「この瞬間は手を映さないでください」とか、「AVもトリキリ(編注:画面一杯に被写体を拡大した状態)じゃなくて、PC上で観ているのがわかるような構図にしてください」とか、いろいろノウハウがあるんですよ。


─企画書作成において、こだわっていることはありますか?


前田 企画書にも出資者を集めるための企画書、ラインセンシーに向けた企画書、社内向けの企画書……いろいろあります。どこ向けの企画書かで力を入れるポイントは変わってくるんですけど、ラジオ営業時代の先輩に言われたことで僕も注意しているのは、「決まらないための企画書は書くな」です。企画書を作るために時間を割いたのに、提案先で結局決まりませんでした、というのは時間のムダじゃないですか。そうじゃなくて、企画書には必要最低限のことだけ書いて、後は自分で説得力のあるプレゼンができればいい、ということです。だから僕は、企画書に情報を書き込んだりとかはしないんです。

画像一覧

  • プロデューサー・前田俊博 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第50回)

関連作品

ガンダム Gのレコンギスタ

ガンダム Gのレコンギスタ

放送日: 2014年10月3日~2015年3月27日   制作会社: サンライズ
キャスト: 石井マーク、嶋村侑、寿美菜子、逢坂良太、佐藤拓也、高垣彩陽、福井裕佳梨、井荻翼
(C) 創通・サンライズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

放送日: 2015年10月4日~2016年3月27日   制作会社: サンライズ
キャスト: 河西健吾、細谷佳正、花江夏樹、梅原裕一郎、内匠靖明、村田太志、天﨑滉平、田村睦心、斉藤壮馬、寺崎裕香、金元寿子、櫻井孝宏、松風雅也
(C) 創通・サンライズ・MBS

結城友奈は勇者である

結城友奈は勇者である

放送日: 2014年10月17日~2014年12月26日   制作会社: Studio五組
キャスト: 照井春佳、内山夕実、黒沢ともよ、三森すずこ
(C) 2014 Project 2H

Classroom☆Crisis

Classroom☆Crisis

放送日: 2015年7月3日~2015年9月25日   制作会社: レイ・デュース
キャスト: 森久保祥太郎、雨宮天、小澤亜李、洲崎綾、夏川椎菜、津田美波、豊永利行、南條愛乃、近藤孝行、堀江由衣、阿澄佳奈
(C) CC PROJECT

91Days

91Days

放送日: 2016年7月8日~2016年9月30日   制作会社: 朱夏
キャスト: 近藤隆、江口拓也、小野大輔、斉藤壮馬、津田健次郎、西山宏太朗、中村悠一、櫻井孝宏、山路和弘
(C) 91Days

RELEASE THE SPYCE

RELEASE THE SPYCE

放送日: 2018年10月6日~2018年12月22日   制作会社: レイ・デュース
キャスト: 安齋由香里、沼倉愛美、藤田茜、洲崎綾、のぐちゆり、内田彩、伊藤静、種田梨沙、鈴木愛奈、早見沙織
(C) SORASAKI.F

戦国BASARA

戦国BASARA

放送日: 2009年4月1日~2009年6月17日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 中井和哉、保志総一朗、森川智之、玄田哲章、子安武人、朴璐美、桑谷夏子、森田成一、坪井智浩、甲斐田裕子、大川透、宮澤正、塩屋浩三、辻谷耕史、能登麻美子、日野由利加、下和田ヒロキ、速水奨、若本規夫
(C) CAPCOM/TEAM BASARA

進撃の巨人

進撃の巨人

放送日: 2013年4月7日~2013年9月29日   制作会社: WIT STUDIO
キャスト: 梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、谷山紀章、嶋村侑、小林ゆう、三上枝織、下野紘、逢坂良太、細谷佳正、橋詰知久、藤田咲、藤原啓治、神谷浩史、小野大輔、朴璐美
(C) 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ハイキュー!!

ハイキュー!!

放送日: 2014年4月6日~2014年9月28日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 村瀬歩、石川界人、日野聡、入野自由、林勇、細谷佳正、岡本信彦、内山昂輝、斉藤壮馬、増田俊樹、名塚佳織、神谷浩史、田中一成、浪川大輔、吉野裕行、中村悠一、梶裕貴、立花慎之介
(C) 古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会

呪術廻戦

呪術廻戦

放送日: 2020年10月2日~   制作会社: MAPPA
キャスト: 榎木淳弥、内田雄馬、瀬戸麻沙美、小松未可子、内山昂輝、関智一、津田健次郎、中村悠一、諏訪部順一
(C) 芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

カノジョも彼女

カノジョも彼女

放送日: 2021年7月2日~2021年9月17日   制作会社: 手塚プロダクション
キャスト: 榎木淳弥、佐倉綾音、和氣あず未、竹達彩奈、高橋李依
(C) ヒロユキ・講談社/カノジョも彼女製作委員会 2021

ホリミヤ

ホリミヤ

放送日: 2021年1月9日~2021年4月3日   制作会社: CloverWorks
キャスト: 戸松遥、内山昂輝、山下誠一郎、小坂井祐莉絵、岡本信彦、M・A・O、近藤玲奈、山下大輝、福山潤、八代拓、千葉翔也、麻倉もも、小野大輔、茅野愛衣、寺崎裕香、金元寿子
(C) HERO・萩原ダイスケ/SQUARE ENIX・「ホリミヤ」製作委員会

ベルセルク

ベルセルク

放送日: 2016年7月1日~2016年9月23日   制作会社: GEMBA/ミルパンセ
キャスト: 岩永洋昭、水原薫、日笠陽子、興津和幸、下野紘、安元洋貴、行成とあ、櫻井孝宏、大塚明夫、石塚運昇、沢城みゆき、高森奈津美、平川大輔、竹達彩奈、寿美菜子、中村悠一、石井康嗣、小山力也、稲垣隆史
(C) 三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/ベルセルク製作委員会

荒ぶる季節の乙女どもよ。

荒ぶる季節の乙女どもよ。

放送日: 2019年7月5日~2019年9月20日   制作会社: レイ・デュース
キャスト: 河野ひより、安済知佳、麻倉もも、黒沢ともよ、上坂すみれ、土屋神葉、福山潤、広瀬裕也、咲野俊介、戸松遥、花江夏樹
(C) 岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会

炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊

放送日: 2019年7月5日~   制作会社: デイヴィッドプロダクション
キャスト: 梶原岳人、小林裕介、中井和哉、鈴村健一、上條沙恵子、M・A・O、楠大典、興津和幸、日野聡、関智一、悠木碧、小西克幸、Lynn、河西健吾、宮野真守、前野智昭、津田健次郎、阪口大助
(C) 大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい

犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい

放送日: 2020年10月2日~   制作会社: Team TillDawn
キャスト: 花澤香菜、杉田智和、金澤まい
(C) 松本ひで吉・講談社/犬と猫製作委員会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事