アニメーター・中野裕紀 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第49回)

2021年08月14日 10:000
アニメーター・中野裕紀 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第49回)

ライターcrepuscularの連載第49回は、アニメーターの中野裕紀さん。「くまクマ熊ベアー」のキャラクターデザイナーとして一躍知られることになった中野さんは、アクションやかわいい女の子の作画を得意とする気鋭のアニメーターだ。これまでも「干物妹!うまるちゃん」、「NEW GAME!」、「ガヴリールドロップアウト」、「私に天使が舞い降りた!」といった作品に参加し、日本の萌えアニメの発展を作画面から支えてきた。女性向けアニメでも確かな実力を発揮し、キャラデザデビュー作となった「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」では、デフォルメ、半デフォルメ、リアル頭身と3つのパターンを見事に描き分け、原作マンガに負けずとも劣らないハイクオリティなアニメへと昇華させた。その功績が認められ、現在は株式会社EMTスクエアードの社員として同社の屋台骨を支えている。当記事ではそんな中野さんのキャリア、作画論、キャラクターデザインのこだわり、制作エピソード、今後の挑戦などをお伝えする。ここでしか読めない単独インタビュー、ぜひ最後までお楽しみいただきたい。

 

「絵を動かす仕事」が一番楽しい


─日々のご制作でお忙しい中、ありがとうございます。現在はキャラクターデザイナーとしても大活躍の中野さんですが、どんな時にアニメーターのやりがいを感じますか?


中野裕紀(以下、中野) アニメの専門学校の体験入学に行った時、「自由に絵を動かしてみよう」という課題がありまして、それをやっていくうちにアニメを作る作業自体が好きになりました。だから今も、「絵を動かす仕事」をするのが一番楽しいと感じますね。自分の描いた絵が動くというのは、マンガや小説の挿絵では決して得られない経験ですし、家族に「テレビに自分の名前が載ったんだよ!」と言えるのも、アニメならではのことだと思います。


─創作活動にあたり、一番影響を受けた作品は?


中野 一番を決めるのは難しいんですけど、アニメーターになりたいと強く思ったのは、「NARUTO -ナルト-」(2002~07)で若林厚史さんが絵コンテ・演出・作画監督をされた30話、「蘇れ写輪眼! 必殺・火遁龍火の術!」を観た時です。自分の理解を超えていて、「こんなことができるんだ!」、「自分もこうなりたい!」と強い憧れを持つようになりました。あと、アニメーター個人でいうと、「NARUTO」30話でも原画を描かれた、松本憲生さんを尊敬しています。


─ご自身の作画で、松本さんの影響を感じる部分はありますか?


中野 そうですね……おもしろみのある画を作るようにいつも意識しています。「NARUTO」では割とシンプルめな影で表現していたんですけど、これは一般のアニメーションとはちょっと違った作り方なんですよね。もちろん作品に合うことが大前提ですけど、自分もそういったおもしろい画づくりをやっていきたいなと思っています。


─「おもしろみのある画」の例をいただけますか?


中野 「干物妹!うまるちゃんR」(2017)1話にサッカーをするシーンがあるんですけど、僕はシルフィンのスペース・ストリーム・グランドクロスで、風が起こって、うまるが吹き飛ぶところの原画を描きました。あれは自由に描かせていただきまして、とても楽しかったです。


─「ガヴリールドロップアウト」(2017)1話にも、サターニャがくるくる踊りながら教室に入っていくおもしろい動きがありましたね。


中野 このシーンは僕ではないのですが、とてもよい動きでしたよね。原画の三谷暢之さんの原画で、本当にうまくて勉強になりましたし、僕は作監として少しお手伝いした程度ですが、とても思い出深い仕事です。


─「くまクマ熊ベアー」(2020~)も、ユナの戦闘シーンなどアクションが盛りだくさんでした。


中野 僕個人でいうと、「くまクマ熊ベアー」はキャラクターデザイン・総作画監督で参加しているので多くはないですけど、原画も多少描きました。総作監として修正したのは、アクションもですが、エフェクトが多くて。たとえば、2話のクマをイメージした火属性魔法でユナが岩を溶かす2カットは、僕が修正したカットです。

アクションや女の子の作画が得意


─お得意な作画やジャンルはありますか?


中野 アクションが好きですね。あと男性向けというか、女の子がいっぱい出てくるようなタイトルも好きです(笑)。


―「ラクエンロジック」(2016)には変身シーンもありましたね。


中野 「ラクエンロジック」は本編の修正が大変だったので、変身バンクは描けなかったんですよ……。僕自身は戦隊ものも好きですし、「戦姫絶唱シンフォギア」(2012~)とかの変身するアニメも好きで、よく観ています。女性向けの作品も好きなので、「美少女戦士セーラームーン」(1992~)、「おジャ魔女どれみ」(1992~)、「ふたりはプリキュア」(2004~)とかも隠れて観ていました(笑)。


─キャラクターの芝居を考える時には、どういったやり方をしていますか?


中野 ストップモーションを自分で撮ってみるということはないんですけど、頭の中でイメージしたり、実際に動いてみたりはしています。学生時代には作画MADが流行っていたので、でいろんなアニメーターさんの作画をコマ送りして、研究したりもしていました。

 

デザインに「自分ならではのエッセンス」を


─キャラクターデザインのこだわりをお聞かせください。


中野 原作者の方の絵に合わせて描く、というのは当然なんですけど、その中で僕がデザインする意味というのを見つけるために、「自分ならではのエッセンス」というか、「これだったら原作の絵を変えずに、映えるものになるんじゃないかな」というのを考えて、毎回チャレンジしています。たとえば、細かい処理になりますけど、服のしわの入れ方、手の描き方、眼の中の処理などにはこだわっています。


─具体例をいただけますか?


中野 「くまクマ熊ベアー」の目でいえば、ほかのアニメだと使っていないような位置に色違いのハイライトを置いてみたり、普通の白いハイライトも少し大きくしてみたりと試行錯誤していました。「今までのアニメとはちょっとだけ違うものを、何か取り入れられないかな」と考えてデザインをした感じです。髪のハイライトの形に関しては、「私に天使が舞い降りた!」(2019)のキャラクターデザインをされた、中川洋未さんの影響も多分にあると思います(笑)。


─服にもやはりこだわりがあるのですね。「くまクマ熊ベアー」にはクマセットという、非常に個性的な衣装が登場します。


中野 学生の頃から服のしわが好きで、「どうやったら立体的なしわが描けるかな」とか、考えて描いていました。クマセットは、かわいくないと思われないように気を付けながら、ちゃんと綿が入った丸っこい印象のフォルムにしています。


─主人公のユナはクマの着ぐるみを着たかわいらしい女の子ですが、作中ではお姉さん的なふるまいが多いですね。


中野 大人のキャラからは少女に見られがちなんですが、フィナ、シュリ、ノアール、ミサーナ、フローラといった周りのキャラがさらに幼いので、お姉さんになるんですよね。このバランスは割と難しかったですね。


─ユナ以外の女の子のデザインはいかがですか?


中野 天真爛漫な感じが強いキャラは勝手に動いてくれるので、表情集が作りやすかったです。妹系のキャラのほうが表情が明るかったり、ちょっとオーバーリアクションだったりするので。そういう意味では、妹ではないですけど、ノアとかも作りやすかったと思います。フローラは、顔もですが、手なども子供の手を意識して描いていましたので、よりかわいらしいフォルムになっていたらいいなと思っています。


─サブキャラも含めて、全キャラをデザインされたのですか? サブキャラは、各話数の作画監督がデザインすることもあるようですが。


中野 どこまでがサブかというのもありますけど、村人などはほかの方にお手伝いしていただきました。EMTで設定を起こす場合は、サブキャラもデザイナーの方にお願いしています。

 

「ぼくはか」では、3つのパターンを提出


─「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」(2020)は、キャラクターデザインデビュー作ですね。


中野 「ぼくはか」では、男性キャラが男男しないように、中性的に見えるように描きました。


─ヒロインの澄楚さんもすごくかわいかったです。


中野 ありがとうございます。男性だらけの中の女性という感じだったので、かわいく見せようとがんばりました(笑)。


─メインターゲットは違いますが、「ガヴリールドロップアウト」でのご経験も生かせたのではないでしょうか? というのも、「ぼくはか」も「ガヴドロ」も、中二病キャラやいじりキャラが登場します。


中野 直接的ではないですが、「『ガヴ』と『うまるちゃん』のキャラクターを男にした感じをイメージしてください」といったようなお話もあったので、2作品を心の本棚に置いていたと思います。そのうえで原作に合わせた形で、骨格のラインだとか顔の配置を考えていきました。


─「ぼくはか」には、デフォルメされた表情やちびキャラもありました。


中野 原作でもがっつり表情が変わることが多かったので、そこは原作そのままに使っています。設定を起こす際にはデフォルメ、半デフォルメ、リアルの頭身と、3つのパターンを作りました。


─動物キャラも、中野さんのデザインなのでしょうか?


中野 「くまクマ熊ベアー」の「くまゆる」と「くまきゅう」に関しては、ラフを描いてくれたのは谷津美弥子さんです。僕はその上から多少線を乗せて整えて……みたいなことをさせていただきました。「ぼくはか」のケルベロスは、僕が描いていますね。

画像一覧

  • アニメーター・中野裕紀 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第49回)

関連作品

くま クマ 熊 ベアー

くま クマ 熊 ベアー

放送日: 2020年10月7日~2020年12月23日   制作会社: EMTスクエアード
キャスト: 河瀬茉希、和氣あず未、日高里菜、富田美憂、天野聡美、水瀬いのり、遊佐浩二、鶴岡聡、黒瀬ゆうこ、宮島えみ
(C) くまなの・主婦と生活社/くまクマ熊ベアー製作委員会

干物妹!うまるちゃん

干物妹!うまるちゃん

放送日: 2015年7月8日~2015年9月27日   制作会社: 動画工房
キャスト: 田中あいみ、野島健児、影山灯、白石晴香、古川由利奈
(C) 2015 サンカクヘッド/集英社・「干物妹!うまるちゃん」製作委員会

NEW GAME!

NEW GAME!

放送日: 2016年7月4日~2016年9月19日   制作会社: 動画工房
キャスト: 高田憂希、日笠陽子、茅野愛衣、山口愛、戸田めぐみ、竹尾歩美、朝日奈丸佳、森永千才、喜多村英梨
(C) 得能正太郎・芳文社/NEW GAME!製作委員会

ガヴリールドロップアウト

ガヴリールドロップアウト

放送日: 2017年1月9日~2017年3月27日   制作会社: 動画工房
キャスト: 富田美憂、大西沙織、大空直美、花澤香菜、水瀬いのり、井澤美香子、渕上舞、梅津秀行
(C) うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会

私に天使が舞い降りた!

私に天使が舞い降りた!

放送日: 2019年1月8日~2019年3月26日   制作会社: 動画工房
キャスト: 上田麗奈、指出毬亜、長江里加、鬼頭明里、大和田仁美、大空直美
(C) 椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。

ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。

放送日: 2020年1月11日~2020年3月28日   制作会社: EMTスクエアード
キャスト: 福山潤、櫻井孝宏、木村良平、代永翼、立花慎之介、鳥海浩輔、茅野愛衣、生田善子、増田俊樹、近藤孝行
(C) 亜紀新・KADOKAWA/ぼくはか製作委員会

ミカグラ学園組曲

ミカグラ学園組曲

放送日: 2015年4月7日~2015年6月23日   制作会社: 動画工房
キャスト: 木村珠莉、大西沙織、小澤亜李、諏訪彩花、島﨑信長、花江夏樹、細谷佳正、古川慎、加隈亜衣、松岡禎丞、戸松遥、久保ユリカ、山下大輝、寺島拓篤、高橋未奈美
(C) 2015 Last Note.・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/ミカグラ学園組曲製作委員会

ラクエンロジック

ラクエンロジック

放送日: 2016年1月9日~2016年3月26日   制作会社: 動画工房
キャスト: 小野賢章、上坂すみれ、種田梨沙、東山奈央、徳井青空、小見川千明、水瀬いのり、折笠富美子、愛美、水野理紗、橘田いずみ、松岡禎丞、郷田ほづみ、茅野愛衣、植田佳奈、中谷竜、三森すずこ、鳥海浩輔
(C) Project Luck & Logic

刀剣乱舞-花丸-

刀剣乱舞-花丸-

放送日: 2016年10月2日~2016年12月18日   制作会社: 動画工房
キャスト: 市来光弘、増田俊樹、新垣樽助、山下大輝、入江玲於奈、間島淳司、興津和幸、濱健人、斉藤壮馬、石川界人、泰勇気、山下誠一郎、佐藤拓也、粕谷雄太、前野智昭、逢坂良太、高橋英則
(C) 2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会

冴えない彼女の育てかた♭

冴えない彼女の育てかた♭

放送日: 2017年4月13日~2017年6月22日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 松岡禎丞、安野希世乃、大西沙織、茅野愛衣、矢作紗友里、赤﨑千夏、柿原徹也
(C) 2017丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA富士見書房/冴えない♭な製作委員会

PERSONA5 the Animation

PERSONA5 the Animation

放送日: 2018年4月7日~2018年9月29日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 福山潤、宮野真守、水樹奈々、大谷育江、杉田智和、佐藤利奈、悠木碧、戸松遥、保志総一朗
(C) ATLUS (C) SEGA/PERSONA5 the Animation Project

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。