プロデューサー・大澤信博 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第40回)

2020年02月08日 10:000
プロデューサー・大澤信博 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第40回)

ライターcrepuscularのインタビュー連載第40回は、株式会社EGG FIRM(エッグファーム)代表で、プロデューサーの大澤信博さん。大澤さんは、「ソードアート・オンライン」や「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」といった人気ライトノベル原作をアニメでも大成功させた、業界きってのすご腕プロデューサーだ。プロデュース作品は日本国内だけでなく海外でも賞賛され、「斉木楠雄のΨ難」などはテレビからNetflix配信へと活躍の場を広げている。キャリア初期にあの伝説のロボットアニメ「機動警察パトレイバー」の製作に関わり、株式会社ジェンコ在籍時には「おねがい☆ティーチャー」、「ハチミツとクローバー」、「のだめカンタービレ」、「とらドラ!」、「アクセル・ワールド」といったアニメ史に残る名作を多数手がけた。記事ではそうした大澤さんの豊富な仕事歴をていねいに紐解きながら、コンテンツプロデュースの要諦とは何か、アニメ業界が抱える課題にはどう向き合えばいいのか、今後どういった挑戦をしようとしているのか、といった質問にも正面から答えていただいた。新設の株式会社スタジオバインドと同社制作の「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」にかける思いもうかがっているので、新旧問わずアニメ好きの方はぜひチェックしていただきたい。

 

プロデューサーは「作品の経営者」


─本日はどうぞよろしくお願いいたします。早速ですが、大澤さんはアニメ業界に入られてどのくらいになるのでしょうか?


大澤信博(以下、大澤) 一番最初は、前々職の東北新社でやった「機動警察パトレイバー」初期OVA(1988~89)で、現場側ではなくて、出資者側のAP(アシスタント・プロデューサー)です。新卒で入って最初の仕事が、「パトレイバー」だったんですよ。ここがスタートで、真木太郎さんのジェンコに入ったのが1998年で、そこからはずっとプロデューサーをやっていました。アニメのプロデューサーという意味ではジェンコに入ってからだから、22年ぐらいになりますね。


─アニメのプロデューサーは、どういう存在だとお考えですか?


大澤 本来的な意味で言うと、「作品の経営者」だと思うんですよ。日本のアニメの場合は、内容に関しては監督が引っ張ることが多いんですけど、関わる人数は述べで言うと1000人以上になりますから、そうした方々の取りまとめ役を行っているのはプロデューサーになります。企画立案、スケジュール管理、金銭管理、クオリティ・コントロールということを、作品の社長みたいな立場で行うわけです。


─どういう時にお仕事のやりがいを感じますか? 


大澤 僕は現場、制作プロダクションのプロデューサーじゃないので、できあがった時というよりは、それをユーザーさんとか観客の方に観てもらってリアクションをもらった時ですね。僕はなるべく上映会イベントにも顔を出すようにしているんですけど、そこでお客さんが喜んでくれているのを見ると、「ああ、作った甲斐があったな!」と感じます。現場では画が上がってくるたびに一喜一憂するし、シナリオ開発でもいろいろありますけど、最終的にはやっぱり、お客さんの反応だと思いますね。


─影響を受けた作品は? 


大澤 伊藤和典さんの「機動警察パトレイバー」の脚本というのは、本当にすばらしかったです。今でも屈指のアニメ脚本だと思っています。真木さんからシナリオを渡された時は、最初の仕事ということもあって、何度も繰り返し読みましたね。シナリオはもちろんテキストなんですけど、「二課の一番長い日」のエピソードなんかは陰謀やそれに振り回される面々の顔が目に浮かぶようでした。


仕事をする前は、「宇宙戦艦ヤマト」(1974~75)、「ガンバの冒険」(1975)、「機動戦士ガンダム」(1979~80)、あとはギリギリで押井守監督の「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」(1984)とかを観ていましたけど、今で言うアニメオタクみたいな感じではなかったですね。実際観ていたのは、実写のほうが多かったですし。


本当に趣味で言っちゃうと、リドリー・スコット監督の「ブレードランナー」とか、テリー・ギリアム監督の「未来世紀ブラジル」とか、クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」といったSFが好きなんですけど、あくまで趣味だから、仕事をするうえで影響を受けた作品とは言えないです。

 

「世の中にアニメ化できないものはない」


─現場のプロデューサーではないとのことでしたが、大澤さんの企画・プロデュース会社EGG FIRMでは、どういった形で企画を作っておられるのでしょうか?


大澤 うちでは3種類の企画書を準備します。原作ものの場合はアニメ化権を取得しないといけないので、まず原作側に見せる企画書を作ります。それからアニメ化権が取得でき次第、出資者側に見せる企画書も用意します。そして最後に現場組成、監督やスタッフ・キャストを決めるための企画書ですね。そこにはコンテンツプラン、ビジネスプラン、スタッフプランの「企画の3本柱」を必ず盛り込みます。


─EGG FIRM作品は名作ぞろいですが、企画採用率はどのくらいなのでしょうか?


大澤 うちでは外部スタッフも交えて定期的に企画会議を行っているのですが、企画が通るのは社内会議に提出された企画の内、1割です。ただ、うちは結構、企画書を練って書き込むほうで、それによってアニメ化権取得のためのエントリーが遅れるんですよ。そうすると、「もうほかで決まりました」みたいなこともあるので、痛し痒しではありますね。


─お得意な企画はありますか?


大澤 これは僕じゃなくて、監督の新房昭之さんが言っていたことなんですけど、「世の中にアニメ化できないものはない」と言うんです。よく「映像化困難」、「アニメ化困難」とか言われているものがありますけど、僕もアニメ化できないものはないと思っています。でも個人個人に得手不得手はあって、僕は意外に日常ものや心情の機微などを読み解くのはちょっと苦手かもしれないですね。それよりは、アクションとかファンタジーみたいに画柄が派手で、ストーリーの転がりが大きいもののほうがやりやすいですね。


─フィルモグラフィを拝見すると、日常ものも数多くあるようです。


大澤 長井龍雪監督は、心の動きや機微を扱うのがすごく得意な方ですよね。「とらドラ!」(2008~09)や「あの夏で待ってる」(2012)でご一緒させてもらいました。そういうのが得意な監督ともぜひ一緒にやりたいなと思いつつ、僕自身は苦手かな、という感じですね。


─企画は、海外市場への売り込みも前提に作られるのでしょうか? 「ソードアート・オンライン」(2012~)や「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(2015~)は国内だけでなく、海外でも人気があると聞いています。


大澤 うちはアジア圏にしろ北米圏にしろ、海外市場をウォッチしているわけでも海外にスタッフが常駐しているわけでもないので、海外パートナーと組んで共同で企画を作っていることもあります。国内向けの企画書をうちが、海外向けの企画書をパートナーが作る、といったダブルで企画書を作ったこともありますね。ちなみに、「斉木楠雄のΨ難」(2016~)も海外で火がついた作品ですが、これは全くの目論見違いでした(笑)。


─「斉木楠雄のΨ難」には、日本ローカルなネタもたくさんありますよね。


大澤 そう! 海外では無理だと思ったら意外に……(笑)。こちらがびっくりしています。今ではNetflixで「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」もやらせてもらっています。

 

オリジナルコンテンツに必要な「種」


─オリジナルコンテンツの企画で、考慮していることは? 「えんどろ~!」(2019)もオリジナル作品でした。


大澤 EGG FIRMのオリジナル作品というのはいくつかあって、アニメに限らないんですよ。ブシロードさんと「トリプルモンスターズ」というアプリをやったこともありますし、「えんどろ~!」は、ホビージャパンさんとキングレコードさんとうちでやりました。


オリジナルって1個、「種」みたいなものが必要で、「えんどろ~!」の場合はフィギュアが「種」だったんですよ。EGG FIRM立ち上げ前にジェンコで「一騎当千」(2003~15)や「クイーンズブレイド」(2009~12)のような紳士枠をやっていたんですけど、その時にホビージャパンさんと組んでいたんです。そのご縁で「えんどろ~!」でもご一緒することになったんですが、ホビージャパンさんから「今度は『ボン、キュッ、ボン』の逆をやりたい」、「ツルペタ系のフィギュアを作りたい」というお話があったので、それが「種」になりました。その1個の「種」から、「なもりさんの絵だったら、立体物にしてもすごい映えそうだな」、「Studio五組さんだったら、かわいいアニメになりそうだな」、「ユニットものだったら、AKBを手がけたキングレコードさんの得意分野だよな」と、考えを広げていきました。


─タイトルは、どのようにして決められたのでしょうか?


大澤 「RPGのエンドロールが終わった後の世界」、「邪悪な魔王もドラゴンも倒された後の世界」ということで、最初は仮題で「エンドロール」と付けていました。でも、かおり監督やプロデューサー全員と話し合った結果、あまりにもストレートすぎるよねとなって、「えんどろ~!」に変えることにしました。


─「神田川JET GIRLS」(2019~20)は、高木謙一郎さんが原案でクレジットされていますが、オリジナル作品と考えてよいでしょうか?


大澤 KADOKAWAさん、マーベラスさん、ティー・エヌ・ケーさん、EGG FIRMの4社のオリジナル企画です。この作品は僕ではなくて、うちの畠山拓郎がプロデューサーとして、金子ひらくさんを監督・シリーズ構成に、鳴子ハナハルさんをキャラクター原案に選んでいます。


─今後も、オリジナルをどんどん発表していきたいですか?


大澤 オリジナルは知名度ゼロのところから始めないといけないのと、時間的にも労力的にも精神的にもすごく負荷が高くて、「オリジナルができたらいいな」と常々思ってはいるんですけど、僕の中ではごほうびぐらいに思っているんですよ。なので、全部が全部、オリジナルにすることはこれからもありません。もちろんオリジナルは楽しいので、「種」みたいなものが見つかれば、ぜひやってみたいと思っています。

 

 

絵コンテやダビングで新しい才能を探す


─近年の大澤さんは、「チーフプロデューサー」とクレジットされることが多いようですが、「プロデューサー」とはどう違うのでしょうか?


大澤 僕は55歳で、肉体的にも精神的にもすでにロートルなので、今は入り口と出口だけを見ています。マーケティング、企画書作成、スタッフィング、製作委員会の組成、メディアプランの立案、ここまではがっつりやります。プロダクションが動き出したら設計図、つまり脚本、キャラクターデザイン、絵コンテなどプリプロ部分を重点的にチェックします。ここまでが入り口。そこから先のマネジメントは若手のプロデューサーに任せています。そして最後に、制作の出口、ポスプロの一部となるアフレコ、ダビングにも参加していますし、当然、宣伝会議や委員会にも主体的に関わるようにしています。


─スタッフィングについてうかがいます。たとえば、「えんどろ~!」のクリエイターはどのように決まっていったのでしょうか?


大澤 監督のかおりさんとキャラクターデザインの飯塚晴子さんは、Studio五組の柴田知典さんがお声がけし、お2人とも快く引き受けていただきました。僕がお声がけしたのは、キャラクター原案のなもりさんです。お忙しい方々ですし、しかも全員女流作家で、よく集められたなと思いますね。


─新人発掘にも意欲的ですか? 他業種からも起用されるのでしょうか?


大澤 他業種から入られた大きい才能と言えば、たとえば虚淵玄さんですね。最初にご一緒したのは、虚淵さんご自身が原作シナリオを書かれた「Phantom ~Requiem for the Phantom~」(2009)です。シリーズ構成の黒田洋介さんが虚淵さんに、「脚本書いてみない?」、「この話数をお願いしたい」と話されたんですよ。それで虚淵さんの脚本が上がってきたんですけど、すばらしかったですね! なので、ほかにもゲーム業界や出版業界にも新しい才能は必ずいると思います。


業界内で探すやり方で言うと、僕は比較的若手の演出家探しは、絵コンテやダビングでやっています。各話の演出・コンテマンで「この人いいな」と思ったらメモったり、名刺交換をしたりすることがあります。伊藤智彦さんを「ソードアート・オンライン」の監督に決めたのもそうでした。「ソード」は、一番最初はアニプレックスの岩上敦宏さんと僕で企画したんですけど、監督をどうしようか悩んでいた時に岩上さんから紹介されたのが、伊藤さんの「魔法少女まどか☆マギカ」(2011)の11話コンテでした。そのコンテも実際の映像もすばらしかったので、伊藤さんに「ソード」のオファーをしたんです。

画像一覧

  • プロデューサー・大澤信博 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第40回)

関連作品

ソードアート・オンライン

ソードアート・オンライン

放送日: 2012年7月7日~2012年12月22日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 松岡禎丞、戸松遥、竹達彩奈、伊藤かな恵、日高里菜、高垣彩陽、平田広明、安元洋貴、子安武人、山寺宏一、早見沙織、大川透
(C) 川原礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

放送日: 2015年4月3日~2015年6月26日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 松岡禎丞、水瀬いのり、大西沙織、内田真礼、戸松遥、石上静香、日笠陽子、久保ユリカ、岡本信彦、早見沙織
(C) 大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち製作委員会

斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のΨ難

放送日: 2016年7月10日~2016年12月25日   制作会社: EGG FIRM/J.C.STAFF
キャスト: 神谷浩史、小野大輔、島﨑信長、日野聡、花江夏樹、茅野愛衣、田村ゆかり、岩田光央、愛河里花子、内田真礼、細谷佳正、前野智昭、森久保祥太郎
(C) 麻生周一/集英社・PK学園

えんどろ~!

えんどろ~!

放送日: 2019年1月12日~2019年3月30日   制作会社: Studio五組
キャスト: 赤尾ひかる、夏川椎菜、小澤亜李、水瀬いのり、麻倉もも、久野美咲
(C) ERP/えんどろ~製作委員会!

ノー・ガンズ・ライフ

ノー・ガンズ・ライフ

放送日: 2019年10月10日~   制作会社: マッドハウス
キャスト: 諏訪部順一、山下大輝、沼倉愛美、日笠陽子、内田夕夜、堀内賢雄、水瀬いのり、三瓶由布子、上田燿司、江原正士、高野麻里佳
(C) カラスマタスク/集英社/NGL PROJECT.

神田川JET GIRLS

神田川JET GIRLS

放送日: 2019年10月8日~   制作会社: ティー・エヌ・ケー
キャスト: 篠原侑、小原莉子、田所あずさ、洲崎綾、大久保瑠美、大空直美、Lynn、ファイルーズあい、安済知佳、前田佳織里、朝井彩加、内田彩
(C) 2019 KJG PARTNERS

無職転生 ~異世界行ったら本気だす

無職転生 ~異世界行ったら本気だす

放送日: 2020年~   制作会社: スタジオバインド
(C) 理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

機動警察パトレイバー(TVシリーズ)

機動警察パトレイバー(TVシリーズ)

放送日: 1989年10月11日~1990年9月26日   制作会社: サンライズ
キャスト: 冨永みーな、古川登志夫、池水通洋、二又一成、大林隆介、榊原良子、郷里大輔、井上瑤、千葉繁、阪脩、西村知道、よこざわけい子、合野琢真、鈴置洋孝、土師孝也
(C) HEADGEAR/BV/TFC

おねがい☆ティーチャー

おねがい☆ティーチャー

放送日: 2002年1月10日~2002年3月28日   制作会社: 童夢
キャスト: 井上喜久子、保志総一朗、川澄綾子、大原さやか、田村ゆかり、岩田光央、三浦祥朗、金田朋子、内田直哉、佐久間レイ、高田由美、こおろぎさとみ、杉田智和、仲野裕、南央美、西村ちなみ
(C) Please!/バンダイビジュアル

ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー

放送日: 2005年4月14日~2005年9月29日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 神谷浩史、工藤晴香、うえだゆうじ、高橋美佳子、杉田智和、大原さやか、藤原啓治
(C) 羽海野チカ/集英社・ハチクロ製作委員会

のだめカンタービレ

のだめカンタービレ

放送日: 2007年1月11日~2007年6月28日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 川澄綾子、関智一、小川真司、川田紳司、織田圭祐、生天目仁美、松風雅也、小林沙苗、中井和哉、諏訪部順一、能登麻美子
(C) 二ノ宮知子・講談社 のだめカンタービレ製作委員会

とらドラ!

とらドラ!

放送日: 2008年10月1日~2009年3月25日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 釘宮理恵、間島淳司、堀江由衣、野島裕史、喜多村英梨、大原さやか、田中理恵、吉野裕行、興津和幸、野中藍、石川桃子、後藤沙緒里
(C) 竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/「とらどら!」製作委員会

アクセル・ワールド

アクセル・ワールド

放送日: 2012年4月6日~2012年9月21日   制作会社: サンライズ
キャスト: 三澤紗千香、梶裕貴、豊崎愛生、浅沼晋太郎、戸松遥、鈴村健一
(C) 川原礫/アスキー・メディアワークス/AW Project

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。