【懐かしアニメ回顧録第25回】物語の深層をすくいあげる「十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密-」の「対決の構図」

アキバ総研 | 2016年12月30日 12:00
【懐かしアニメ回顧録第25回】物語の深層をすくいあげる「十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密-」の「対決の構図」

「甲鉄城のカバネリ」総集編が、今月12月31日より劇場上映される。その「カバネリ」監督の荒木哲郎氏が、制作進行としてアニメ業界でのキャリアをスタートさせ、最初にかかわった作品がテレビアニメ「十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密-」(1999年)であった。総監督は大地丙太郎氏、監督は桜井弘明氏である。


コメディタッチの変身美少女アニメには違いないが……


中学生の菜ノ花自由は、引っ越してきたばかりの田舎町で、小田豪鯉之助という侍と出会う。鯉之助は、柳生十兵衛の最後の弟子であり、師匠の遺言にしたがって、2代目十兵衛の資格をもった者を300年間も探し続けてきたのだ。
自由は、鯉之助から押しつけられたハート型の「ラブリー眼帯」を装着することで、セクシーな女剣士に変身する。変身した自由は、柳生十兵衛の剣の腕をひきつぎ、宿敵・竜乗寺家から送りこまれる刺客を次々と倒していく。
だが、シリアスなアクション物ではない。大地丙太郎氏と桜井弘明氏は、前年、「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」でもコンビを組んでおり、シュールなギャグを得意とする。竜乗寺家の刺客や、自由にまとわりつくクラスメイトは、個性のきわだったコメディリリーフばかりで、作品の8~9割はギャグシーンといってもいい。

にも関わらず、「十兵衛ちゃん」の背景には、柳生十兵衛と彼にうらみを抱く竜乗寺家との対立、強烈なコンフリクトが横たわっている。明るいギャグアニメでありつつ、シリアスな剣豪物の要素を失わないために、いかなる工夫が試みられているのだろう? 構図から読みといてみたい。


「椿三十郎」でおなじみとなった、対決の構図


「十兵衛ちゃん」第1話の冒頭は、300年前、柳生十兵衛が最後の敵、竜乗寺醍醐を倒すシーンから始まる。夜の林の中、十兵衛と醍醐が向き合っている。画面はフルショットで、左に十兵衛、右に醍醐が立っている。シンメトリーの構図だ。
「いかにも時代劇らしい対決の構図だ」と、誰もが思うことだろう。「椿三十郎」のラスト、三船敏郎の演じる三十郎と、仲代達矢が演じる半兵衛の対決シーンが、まさにこの構図だった。
十兵衛と醍醐の対決シーンは、典型的な時代劇の構図を援用することで、「柳生十兵衛と竜乗寺家の対立」を鮮烈に印象づける。以降、「画面左に十兵衛、画面右に竜乗寺」の構図は、「十兵衛ちゃん」で何度も繰りかえされることになる。

第1話でいうと、初登校の朝、竹やぶで道に迷った自由と、先輩の竜乗寺四郎との出会いのシーンが、まさしく「画面左に十兵衛、画面右に竜乗寺」である。
自由は、まだ2代目十兵衛として目覚めてはいないし、四郎は彼女にひと目ぼれしてしまう。ほのぼのとしたシーンのはずなのだが、この構図は、彼らの行く末を暗示している。自由はラブリー眼帯の力によって2代目十兵衛に変身するし、四郎は十兵衛に恨みをいだく竜乗寺の人間だ。シリーズ後半で四郎は、醍醐の亡霊に体をのっとられ、自由を襲う。
第1話での2人の出会いのシーンは、会話だけ聞いていると、なんの緊張感もない。しかし、冒頭の十兵衛と醍醐の対決シーンと構図を共有することで、今後の展開を「絵」で暗示している。

第3話でも、自由と四郎は竹やぶで向かい合う。自由は竜乗寺家の刺客に、次々と決闘を申し込まれていることを四郎に相談し、四郎は、想いを寄せる自由こそが2代目柳生十兵衛なのではないかと疑っている。第1話よりは緊張感が増しているものの、2人は対立しているわけではない……が、「画面左に十兵衛、画面右に竜乗寺」であることには変わりがない。前述したように、四郎は竜乗寺醍醐の霊に体をのっとられ、やがて自由と戦う運命にあるからだ(最終話の対決シーンは、もちろん「画面左に十兵衛、画面右に竜乗寺」だ)。
「十兵衛ちゃん」のほとんどのシーンは、キャラクターのアップやデフォルメを多用し、コミカルで賑やかな印象をあたえる。しかし、「画面左に十兵衛、画面右に竜乗寺」の構図を随所に挿入することで、物語の根底にあるコンフリクトを執拗に、何度となく提示し続ける。

物語を推し進めるのが、セリフばかりとは限らない。もの言わぬ「構図」こそが、言葉にできない物語の深層を浮かび上がらせることもある。


(文/廣田恵介)

十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密- Blu-ray BOX (特装限定版)


(C) 1999 大地丙太郎・マッドハウス/バンダイビジュアル

画像一覧

  • 【懐かしアニメ回顧録第25回】物語の深層をすくいあげる「十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密-」の「対決の構図」

関連作品

十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密-

十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密-

放送日: 1999年4月5日~1999年6月28日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 小西寛子、藤原啓治、置鮎龍太郎、中崎達也、うえだゆうじ、西村ちなみ、岩坪理江、生駒治美、鈴木真仁、小倉久寛
(C) 1999 大地丙太郎・マッドハウス/バンダイビジュアル

十兵衛ちゃん2 -シベリア柳生の逆襲-

十兵衛ちゃん2 -シベリア柳生の逆襲-

放送日: 2004年1月7日~2004年3月31日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 堀江由衣、中山恵里奈、藤原啓治、安原麗子、齋藤彩夏、置鮎龍太郎、大津尋葵、うえだゆうじ、西村ちなみ、新子夏代、生駒治美、鈴木真仁、松山鷹志、前田剛、一条和矢、竹内力、目黒祐樹、ユーリ・ノルシュテイン、大平透
(C) 大地丙太郎・マッドハウス/j2製作委員会

甲鉄城のカバネリ

甲鉄城のカバネリ

放送日: 2016年4月7日~2016年6月30日   制作会社: WIT STUDIO
キャスト: 畠中祐、千本木彩花、内田真礼、増田俊樹、梶裕貴、沖佳苗、伊瀬茉莉也、逢坂良太、佐藤健輔、宮野真守
(C) カバネリ製作委員会

甲鉄城のカバネリ 総集編 前編:集う光

甲鉄城のカバネリ 総集編 前編:集う光

上映開始日: 2016年12月31日   制作会社: WIT STUDIO
キャスト: 畠中祐、千本木彩花、内田真礼、増田俊樹、梶裕貴、沖佳苗、伊瀬茉莉也、逢坂良太、佐藤健輔、宮野真守
(C) カバネリ製作委員会

甲鉄城のカバネリ 総集編 後編:燃える命

甲鉄城のカバネリ 総集編 後編:燃える命

上映開始日: 2017年1月7日   制作会社: WIT STUDIO
キャスト: 畠中祐、千本木彩花、内田真礼、増田俊樹、梶裕貴、沖佳苗、伊瀬茉莉也、逢坂良太、佐藤健輔、宮野真守
(C) カバネリ製作委員会

関連シリーズ

関連ニュース

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 冬アニメレビュー投稿キャンペーン
  • 「南鎌倉高校女子自転車部」キャスト直筆サイン色紙プレゼント!
  • 2017 春アニメ
  • 2017 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 2017 冬アニメ