【懐かしアニメ回顧録第5回】映画第1作「うる星やつら オンリー・ユー」!! 思春期にトラウマを残した悪夢の試写イベントとは!?

アキバ総研 | 2015年05月02日 10:00
【懐かしアニメ回顧録第5回】映画第1作「うる星やつら オンリー・ユー」!! 思春期にトラウマを残した悪夢の試写イベントとは!?

ベテランライター・廣田恵介氏が、懐かしいアニメ作品を回顧する「懐かしアニメ回顧録」。その時代を知っている世代には懐かしく、知らない世代には、新たな作品を知るいいきっかけとなるだろう。今回は、高橋留美子原作の大人気SFコメディ「うる星やつら」の劇場版シリーズ第1作「うる星やつら オンリー・ユー」を取り上げる。






高橋留美子原作の「境界のRINNE」がスタートした。おそらく、世代ごとに“アニメ化された高橋留美子の漫画”というのはイメージが違っていて、「犬夜叉」こそが代表作という人もいれば、私がぞっこんだったのは「らんま1/2」だという人もいるだろう。今でもよく覚えているのだが、アニメ雑誌を通じて「うる星やつら」のグッズを売却したとき、買ってくれた高橋留美子ファンが「らんま1/2」の話題をふってきて、それについていけなかった記憶がある。「らんま1/2」は1989年放送開始なので、その頃には「うる星やつら」のファンをやめていたことになる。なぜ、ファンをやめたのか。公式ファンクラブ「うる星くらぶ」の会報をすべて売ってしまったのか。映画第1作「うる星やつら オンリー・ユー」(1983年)に、その原因を求めることができる。

「全体が映画になっていないということがショックだった。ただのテレビのでかいものであって、それがショックだった」(徳間書店「イノセンス 押井守の世界」より)と監督自らが語るほど、「オンリー・ユー」の評価は低い。押井守監督作品の中でも「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」(1984年)の方が傑作、代表作と認められている。だが、僕は「ビューティフル・ドリーマー」は映画館に見にいかなかった(何年もしてからビデオで見た)。半面、「オンリー・ユー」の方は、専用ハガキで応募して当選しないとチケットすら買えないプレミアム試写会に足を運んだほど熱心だった。

だが、そのような熱心なファンが選ばれて集まる試写会だったからこそ、トラウマになるような光景を目にすることになった。主題歌や挿入歌をうたうアーティストたちのライブが終わると、いよいよ「オンリー・ユー」の試写会が始まった。すると、客席前に三脚が立てられ、またたく間にカメラの砲列が出来たのだ。その当時は映画館で写真を撮るマニアは多かった(アニメや特撮のオールナイトには必ずいた)が、この数は尋常ではない。そして、映画が進行し、服を盗まれたラムちゃんが目を覚ますカット。一瞬だが、ラムちゃんの胸が見える。カメラのシャッター音が場内に鳴り響いたのは、その瞬間である。カメラを並べていたファンたちは、ラムちゃんの胸チラを目当てに来ていたのだ。ショックだった。「こんな奴らと同じ人種と思われたくない」と思った。

帰り道、足は重たかった。確かにラムちゃんは魅力的なヒロインだが、そこまで割り切って性的な対象として見ることはできなかったからだ。16歳の僕は、潔癖症だったのかもしれない。

映画は面白かった。映画だけのゲストキャラクター“エル”の声が、後にハマーン・カーンやクシャナを演じる榊原良子さんで、シーンによっては甘ったれるような声を出している。榊原さんの甘え声はレアだ。声優の話を続けると、「ラムのラブソング」を歌っていた松谷祐子さんがUFOの艦長として出演したのもうれしかった。僕は押井監督の作家性よりも、主題歌歌手が声優として特別出演するとか、ラムちゃん役の平野文さんが挿入歌を歌うとか、そういうわかりやすい豪華さでお腹いっぱいだった。テレビシリーズの流れをくんだお約束のギャグも網羅されていたので、それで十分。ただ、ラムちゃんの胸チラが必須だったかというと、そういう描写は心の中でこっそり楽しむべきものだと思っていたし、今でもそう思う。人前で、堂々とカメラに収めてしまう神経をはかりかねた。


「オンリー・ユー」は映画館でも見たはずだが、試写会前に比べて熱は冷めていた。いっしょに見に行った友だちから「ラムちゃんの胸チラ・シーンがよかった」と言われて、返答に窮した。そういうシーンを楽しみにして「うる星やつら」を好きになったわけじゃない。ギャグが面白くて、それでいてかわいいヒロインが出てくる、その華やかなバランスが好きだった。恋愛に比重がおかれたエピソードであっても、ギャグだけは忘れないでほしい――「オンリー・ユー」は、その節度をたもった映画だったのに、胸チラ・シーンに向けられたカメラの砲列が、作品のイメージを侵食してしまった。「いつ・どこで・誰と」見たのか、映画にとっては大事な要素である。


「オンリー・ユー」公開の1983年夏、テレビシリーズの主題歌が「ラムのラブソング」から「Dancing Star」へ変わった。さらに翌年、チーフディレクターが押井守さんからやまざきかずおさんへ、制作会社もスタジオぴえろからディーンへ変わった。「うる星」も一周したんだな……と、ますます気持ちは遠のいていった。

昨年、仕事の関係で30年ぶりに「オンリー・ユー」を見た。榊原良子さんの演じるエルは未完成で消化不良だが、それゆえに愛らしい。当時、榊原さんは27歳。「スペースコブラ」(1982年)でレディの声を担当していたが、恋に破れたまま宇宙のどこかへ消え去ってしまうエルの悲哀は、やはり27歳の榊原さんでないと演じられなかったと思う。高校生だった公開当時より、ずっと魅力的に感じられた。


(文/廣田恵介)

画像一覧

  • 【懐かしアニメ回顧録第5回】映画第1作「うる星やつら オンリー・ユー」!! 思春期にトラウマを残した悪夢の試写イベントとは!?

関連作品

うる星やつら オンリー・ユー

うる星やつら オンリー・ユー

上映開始日: 1983年2月13日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 平野文、古川登志夫、榊原良子、島津冴子、神谷明、杉山佳寿子
(C) 高橋留美子/小学館

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

上映開始日: 1984年2月11日
キャスト: 平野文、古川登志夫、島津冴子、神谷明、鷲尾真知子、田中真弓、千葉繁、村山明、藤岡琢也
(C) 高橋留美子/小学館

うる星やつら

うる星やつら

放送日: 1981年10月14日~1986年3月19日   制作会社: スタジオディーン/ぴえろ
キャスト: 平野文、古川登志夫、島津冴子、杉山佳寿子、永井一郎、鷲尾真知子、神谷明、小宮和枝
(C) 高橋留美子/小学館・キティフィルム・フジテレビ

らんま1/2

らんま1/2

放送日: 1989年4月15日~1989年9月16日   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 山口勝平、林原めぐみ、日髙のり子、高山みなみ、井上喜久子、大林隆介、緒方賢一、鈴置洋孝、島津冴子、山寺宏一、鶴ひろみ、佐久間レイ、関俊彦、永井一郎
(C) 高橋留美子/小学館・キティ・フジテレビ

犬夜叉

犬夜叉

放送日: 2000年10月16日~2004年9月13日   制作会社: サンライズ
キャスト: 山口勝平、ゆきのさつき、渡辺久美子、辻谷耕史、桑島法子
(C) 高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000

境界のRINNE

境界のRINNE

放送日: 2015年4月4日~2015年9月19日   制作会社: ブレインズ・ベース
キャスト: 石川界人、井上麻里奈、生天目仁美、木村良平、柿原徹也、徳井青空、洲崎綾、坪井智浩、ゆきのさつき、山口勝平、玄田哲章
(C) 高橋留美子・小学館/NHK・NEP・ShoPro

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)