【懐かしアニメ回顧録第11回】新房演出の源流は、「コゼットの肖像」に息づいている!

アキバ総研 | 2015年10月18日 11:00
【懐かしアニメ回顧録第11回】新房演出の源流は、「コゼットの肖像」に息づいている!

最新の作品から、過去作をたぐりよせて語る「懐かしアニメ回顧録」。

現在、新房昭之さんが総監督をつとめる「終物語」が放映中だ。近作の「ニセコイ」や「幸腹グラフィティ」はコメディだったが、<物語>シリーズのような幻想的な作風こそが、新房監督の真骨頂という気がする。

その新房監督が「魔法少女まどか☆マギカ」の「原点」とまで言う作品が、2004年に発売された「コゼットの肖像」。全3話のゴシックホラーだ。


“新房演出”のルーツを探る


「コゼットの肖像」は、本当に「まどか☆マギカ」の原点なのだろうか?

まず、わかりやすい例をあげると、主人公の永莉が働く骨董店。左右に分かれた道の真ん中に建物が建っているシンメトリーの構図は、「まどか☆マギカ」の暁美ほむらの家とそっくり同じだ。

永莉の顔をあおりでとらえ、顔の半面を影色で塗りわけ片目だけを印象づけるカットは、<物語>シリーズの阿良々木暦のアップでも多用されている。また、画面の手前に物を置いて黒くつぶしたり、広角レンズで人物を背景の奥に配置したり……と、「まどか☆マギカ」や<物語>シリーズで縦横に駆使された構図が、あちこちに見つかる。

構図の話から入ったが、シーンの途中で、一色に塗りつぶしたコマを挿入してテンポ感を出す演出も「コゼットの肖像」がルーツと言えそうだ。

では、「コゼットの肖像」は、どんな物語なのか。

主人公の永莉は大学生だが、叔父の経営する骨董店の店番をまかされている。ある日、海外にいる叔父から送られてきたグラスを手にした永莉は、その美しさに魅せられ、グラスを介して、少女の幻影を見るようになる。ふとしたことから、そのコゼットという名の少女の肖像画が、店内の倉庫から見つかる。永莉は画家に殺されたコゼットと対話するようになり、やがて2人は恋に落ちる。

途中、永莉がモンスターに変身したり、霊能力者の女性が戦う派手なシーンもあるものの、ストーリーの説明は難しい。物語の舞台は、東京・阿佐ヶ谷駅前をモデルにしており、背景は写実的だ(写真を加工したカットもある)。だが、何の説明もなく、コゼットの生きていた時代のヨーロッパへシーンが飛ぶ。コゼットのセリフは散漫かつ抽象的で、突発的にストーリーの流れを変えてしまう。


“演出”は、物語の隷属物なのか?


「まどか☆マギカ」は、虚淵玄という堅実なストーリーテラーによって、全脚本が書かれた。<物語>シリーズも、西尾維新の小説に忠実で、きわめて文学的なストーリー構成だ。つまり、どれほど絵画的な構図を用いようとも、いかに跳躍の激しいカットをつなげようとも、そのいずれの演出も、ガッチリと練り上げられた物語世界へと回収される。

「暁美ほむらの家が、常にシンメトリーの構図で描かれるのは、彼女が時間から切り離された孤独な存在だから」「阿良々木暦とヒロインたちの会話シーンに、黒いコマが挿入されるのは、彼と彼女たちの関係の断絶を表している」など、どんな解釈をも許容する。

ところが、「コゼットの肖像」は、そうではない。似たようなシーンが何度も繰りかえされ、場所や時間もあいまいだ。物語冒頭、永莉と友人たちがファミリーレストランで恋愛話をしている。友人の1人がライターを着火しようとするが、「カチッ」「カチッ」と2度、空振りする。そのたび、サングラスをかけた女性の顔がアップで挿入される。サングラスには、雑談する永莉と友人たちが映っているが、彼女はその後、物語にいっさい登場しない。この演出は、どう説明したらいいのだろう?

サングラスの女性のアップの次に、あじさいの写真が挿入される。永莉は窓の外に気がつく。あじさいを見ていたのは、学校帰りの女子小学生たちだ。小学生たちは、永莉らの会話が聞こえているかのようなリアクションをするが、彼らとは何の関係もない。いったい、小学生たちは、何のために登場したのだろう? あじさいの写真は、何を説明しているというのだろう? われわれは、つい映像に「意味」を求めてしまう。演出は「ストーリー」に貢献するものと、決めつけがちだ。だが、「コゼットの肖像」は起承転結もあいまいな、散文詩のような作品だ。なぜ散文詩が美しいのかといえば、語り口に魅力があるからだ。

「意味」や「ストーリー」から解放された映像は、枝からもがれた果実のように自由で、1つひとつが美しい。約40分×3本という変則的なフォーマットで発表された「コゼットの肖像」は、無地のカンバスに描かれた絵画のような作品だ。“新房演出”の様式が固まる前の、みずみずしい創作の源流をじっくり堪能することができる。


(文/廣田恵介)

画像一覧

  • 【懐かしアニメ回顧録第11回】新房演出の源流は、「コゼットの肖像」に息づいている!

関連作品

コゼットの肖像 Vol.1

コゼットの肖像 Vol.1

発売日: 2004年5月26日   制作会社: 童夢
キャスト: 井上麻里奈、葉山いくみ、斎賀みつき、豊口めぐみ、氷青、五十嵐麗、能登麻美子、古本新乃輔
(C) 2003 COSSETTE HOUSE/アニプレックス

コゼットの肖像 Vol.2

コゼットの肖像 Vol.2

発売日: 2004年7月28日   制作会社: 童夢
キャスト: 井上麻里奈、葉山いくみ、斎賀みつき、豊口めぐみ、氷青、五十嵐麗、能登麻美子、古本新乃輔
(C) 2003 COSSETTE HOUSE/アニプレックス

コゼットの肖像 Vol.3

コゼットの肖像 Vol.3

発売日: 2004年12月22日   制作会社: 童夢
キャスト: 井上麻里奈、葉山いくみ、斎賀みつき、豊口めぐみ、氷青、五十嵐麗、能登麻美子、古本新乃輔
(C) 2003 COSSETTE HOUSE/アニプレックス

終物語

終物語

放送日: 2015年10月3日~2015年12月19日   制作会社: シャフト
キャスト: 神谷浩史、水橋かおり、井上麻里奈、斎藤千和、堀江由衣、沢城みゆき、花澤香菜、坂本真綾、早見沙織、ゆきのさつき
(C) 西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

化物語

化物語

放送日: 2009年7月3日~2009年9月25日   制作会社: シャフト
キャスト: 神谷浩史、斎藤千和、加藤英美里、沢城みゆき、花澤香菜、堀江由衣、櫻井孝宏、喜多村英梨、井口裕香
(C) 西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女まどか☆マギカ

放送日: 2011年1月6日~2011年4月21日   制作会社: シャフト
キャスト: 悠木碧、斎藤千和、水橋かおり、喜多村英梨、加藤英美里、野中藍
(C) Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS

ニセコイ

ニセコイ

放送日: 2014年1月11日~2014年5月24日   制作会社: シャフト
キャスト: 内山昂輝、東山奈央、花澤香菜、小松未可子、内山夕実、梶裕貴、子安武人
(C) 古味直志/集英社・アニプレックス・シャフト・MBS

幸腹グラフィティ

幸腹グラフィティ

放送日: 2015年1月8日~2015年3月26日   制作会社: シャフト
キャスト: 佐藤利奈、大亀あすか、小松未可子、井口裕香、小林ゆう、野中藍
(C) 川井マコト・芳文社/幸腹グラフィティ製作委員会

関連ニュース

関連リンク

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)