タグ「中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録」の検索結果

アンの生きる現実は、空想を使わないと描写できない――。「赤毛のアン」第12話を見る【懐かしアニメ回顧録第63回】

アニメ 2020-02-09

アンの生きる現実は、空想を使わないと描写できない――。「赤毛のアン」第12話を見る【懐かしアニメ回顧録第63回】

今月2020年2月21日より、富野由悠季監督の最新作、劇場版『Gのレコンギスタ II』「ベルリ 撃進」が公開される。その富野監督が絵コンテとして参加した作品が、「赤毛のアン」(1979年)だ。とみの喜... >>続きを見る

企画記事
中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録

複数の透過光が引き立てる「勇者エクスカイザー」の変形シークエンス【懐かしアニメ回顧録第62回】

アニメ 2020-01-04

複数の透過光が引き立てる「勇者エクスカイザー」の変形シークエンス【懐かしアニメ回顧録第62回】

2020年、サンライズのオリジナルロボットアニメ「勇者シリーズ」が誕生から30年を迎える。本シリーズは玩具会社のタカラ(当時)が玩具のコンセプトを考案し、サンライズが玩具と同様に変形合体するロボットを... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

「マイマイ新子と千年の魔法」は、積み重なった世界を“鏡”で指し示す【懐かしアニメ回顧録第61回】

アニメ 2019-12-08

「マイマイ新子と千年の魔法」は、積み重なった世界を“鏡”で指し示す【懐かしアニメ回顧録第61回】

片渕須直監督の最新作「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の公開が、今月2019年12月20日に迫っている。そんな片渕監督が今から10年前に撮った劇場用アニメが「マイマイ新子と千年の魔法」だ。昭和3... >>続きを見る

企画記事
中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録

敵味方のロボット・デザインの差異を無効化する「ブレンパワード」の革新的なメカ描写、君は気がついているか?【懐かしアニメ回顧録第60回】

アニメ 2019-11-24

敵味方のロボット・デザインの差異を無効化する「ブレンパワード」の革新的なメカ描写、君は気がついているか?【懐かしアニメ回顧録第60回】

今月2019年11月29日(金)から、富野由悠季監督の最新作、劇場版『Gのレコンギスタ Ⅰ』「行け!コア・ファイター」が公開される。そんな富野監督作品の中でも、ガンダムシリーズと無縁で、なかなか顧みら... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

「天空のエスカフローネ」の主役ロボットが、「竜」に変形する意味と効果【懐かしアニメ回顧録第59回】

アニメ 2019-10-13

「天空のエスカフローネ」の主役ロボットが、「竜」に変形する意味と効果【懐かしアニメ回顧録第59回】

この10月から、赤根和樹監督の新作アニメ「星合の空」の放送が始まる。その赤根監督のTVデビュー作が「天空のエスカフローネ」(1996年)。異世界ガイアを舞台にしたファンタジー調のロボットアニメと説明さ... >>続きを見る

企画記事
中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録

絵による“例え話”で怪異に説得力を持たせる「化物語」の発想【懐かしアニメ回顧録第58回】

アニメ 2019-09-15

絵による“例え話”で怪異に説得力を持たせる「化物語」の発想【懐かしアニメ回顧録第58回】

2019年9月から、「グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION」が地上波で放映されている。キャラクターデザイン/総作画監督は、渡辺明夫氏。渡辺氏がキャラデを担当した作品といえば、「化... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

「雲のむこう、約束の場所」――“垂直”と“水平”が織りなす新海誠のユートピア【懐かしアニメ回顧録第57回】

アニメ 2019-08-17

「雲のむこう、約束の場所」――“垂直”と“水平”が織りなす新海誠のユートピア【懐かしアニメ回顧録第57回】

新海誠監督の新作「天気の子」が公開中だ。「雲のむこう、約束の場所」(2004年)は、新海監督の商業デビュー2作目に当たる。設定も展開もやや難解だが、ざっとストーリーを整理してみよう。舞台は我々の住む世... >>続きを見る

企画記事
中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録

人型メカのアクションを登場人物の回想シーンにシンクロさせる「マクロスプラス」の演出力【懐かしアニメ回顧録第56回】

アニメ 2019-07-07

人型メカのアクションを登場人物の回想シーンにシンクロさせる「マクロスプラス」の演出力【懐かしアニメ回顧録第56回】

渡辺信一郎氏が総監督を務める「キャロル&チューズデイ」が、2019年4月から放送・配信されている。その渡辺氏の初監督作品が、1994年発売のOVA「マクロスプラス」(1994年)。OVA版は全4話で構... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

「∀ガンダム」が会話で聞かせる、品のいい「ミリタリー趣味」【懐かしアニメ回顧録第55回】

アニメ 2019-06-23

「∀ガンダム」が会話で聞かせる、品のいい「ミリタリー趣味」【懐かしアニメ回顧録第55回】

前々回の当コラムでは「ガンダム」がオーソドックスな「活劇」の構造を持っていること、前回では「機動戦士Vガンダム」に「御伽噺(おとぎばなし)」的な要素が混入していることを指摘した。いずれも、宇宙世紀的(... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

過酷な物語を抽象化する“童話”としての「機動戦士Vガンダム」【懐かしアニメ回顧録第54回】

アニメ 2019-05-03

過酷な物語を抽象化する“童話”としての「機動戦士Vガンダム」【懐かしアニメ回顧録第54回】

前回は放送から20周年を迎えた「ガンダム」(1999年)の戦闘シーンを解析して、そのオーソドックスな演出スタイルを確認した。その6年前に富野由悠季監督が手がけたテレビシリーズが、「機動戦士Vガンダム」... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

宇宙世紀的な設定やスペックに頼らない、明快な“ロボット活劇”としての「∀ガンダム」【懐かしアニメ回顧録第53回】

アニメ 2019-04-13

宇宙世紀的な設定やスペックに頼らない、明快な“ロボット活劇”としての「∀ガンダム」【懐かしアニメ回顧録第53回】

今年は初代「機動戦士ガンダム」放送40周年にあたる。そして今から20年前に放送20周年を記念して、原作者の富野由悠季が監督したTVシリーズが「ガンダム(ターンエーガンダム)」(1999年)だ。それ以前... >>続きを見る

企画記事
中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録

「絵」を「現実」と誤認させる「東のエデン」の入れ子構造【懐かしアニメ回顧録第52回】

アニメ 2019-03-21

「絵」を「現実」と誤認させる「東のエデン」の入れ子構造【懐かしアニメ回顧録第52回】

2019年4月1日から、神山健治と荒牧伸志、2人の監督による3DCGアニメ「ULTRAMAN」のネット配信がスタートする。神山健治監督の原作・シリーズ構成による作品といえば、ちょうど10年前に放送され... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

メディアミックス爛熟期に生まれた「フリクリ」が喚起する、アニメと漫画の深い関係【懐かしアニメ回顧録第51回】

アニメ 2019-02-24

メディアミックス爛熟期に生まれた「フリクリ」が喚起する、アニメと漫画の深い関係【懐かしアニメ回顧録第51回】

2019年2月から、バンダイチャンネルやNetflixで「フリクリ オルタナ」と「フリクリ プログレ」、2作品の配信がスタートした。この2本の劇場アニメは、2000~2001年にかけて展開されたOVA... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

“宇宙用ヘルメット”を使って登場キャラクターの心情を描き出す、「プラネテス」の視覚効果【懐かしアニメ回顧録第50回】

アニメ 2019-01-27

“宇宙用ヘルメット”を使って登場キャラクターの心情を描き出す、「プラネテス」の視覚効果【懐かしアニメ回顧録第50回】

今月から、谷口吾朗監督の新作TVアニメ「revisions リヴィジョンズ」がスタートした。その谷口監督が、2003年に監督したテレビシリーズが「プラネテス」。原作は幸村誠氏の漫画で、人類の生活圏が月... >>続きを見る

企画記事
中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録

“アイレベル”の高低で人間関係がわかる、「RD 潜脳調査室」の機能的構図【懐かしアニメ回顧録第49回】

アニメ 2018-12-24

“アイレベル”の高低で人間関係がわかる、「RD 潜脳調査室」の機能的構図【懐かしアニメ回顧録第49回】

来年2019年1月、手塚治虫の漫画「どろろ」が、再度アニメ化される。監督は、「機動戦士ガンダムUC」などで知られる古橋一浩氏。その古橋監督が2008年に監督したサイバーSFアニメが「RD 潜脳調査室」... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

対立する両者の力の差をモビルスーツで描き分ける「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の演出力【懐かしアニメ回顧録第48回】

アニメ 2018-11-17

対立する両者の力の差をモビルスーツで描き分ける「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の演出力【懐かしアニメ回顧録第48回】

宇宙世紀を舞台にしたガンダム作品の最新作、「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」が11月30日から劇場公開される。作品の時系列は、「機動戦士ガンダムUC」(2010~14年)から1年後。「ガンダムUC... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

キャラクターの“実在“と“不在”をレイヤー構造で見せる「serial experiments lain」の演出【懐かしアニメ回顧録第47回】

アニメ 2018-10-28

キャラクターの“実在“と“不在”をレイヤー構造で見せる「serial experiments lain」の演出【懐かしアニメ回顧録第47回】

2018年10月より、SFアニメ「RErideD-刻越えのデリダ-」が放送されている。キャラクター原案は、安倍吉俊氏。安倍氏といえば、「serial experiments lain」(1998年)を... >>続きを見る

企画記事
中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の主人公は、なぜロケットの座席に座ったままなのか?【懐かしアニメ回顧録第46回】

アニメ 2018-09-15

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の主人公は、なぜロケットの座席に座ったままなのか?【懐かしアニメ回顧録第46回】

2018年9月14日(金)より、八王子市夢美術館で「王立宇宙軍 オネアミスの翼展 SFアニメができるまで」が開催中だ。それに先立ち、筆者は監督の山賀博之氏にインタビューを行った。この作品は、制作発表時... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

「千と千尋の神隠し」に秘められた「解放への道」を、シーンとキャラクターから探る【懐かしアニメ回顧録第45回】

アニメ 2018-08-19

「千と千尋の神隠し」に秘められた「解放への道」を、シーンとキャラクターから探る【懐かしアニメ回顧録第45回】

スタジオポノックによるオムニバスアニメ映画、「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」が2018年8月24日から公開される。3本の短編のトップを飾る「カニーニとカニーノ」を監督したのは、スタジオジブリ... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事

「時をかける少女」を残酷に支配する「時の流れ」は、構図に刻みつけられている。【懐かしアニメ回顧録第44回】

アニメ 2018-07-15

「時をかける少女」を残酷に支配する「時の流れ」は、構図に刻みつけられている。【懐かしアニメ回顧録第44回】

細田守監督の最新作「未来のミライ」が今月7月20日から公開される。そんな細田監督の名前を世の中に知らしめた作品といえば、なんといっても2006年公開の「時をかける少女」だ。時間跳躍(タイムリープ)を題... >>続きを見る

中年アニメライターの懐かしアニメ回顧録
企画記事