森功至(モリカツジ)

性別
男性
血液型
B
生年月日
-
出生地
東京都
所属事務所
プラスワンカンパニー
森功至
公式ブログ:http://ameblo.jp/katsuji-mori/

アキバ総研独占インタビュー

声優界のレジェンドがここでしか聞けないトークをたっぷりと!? 「Talk~声のお仕事~ partⅠ」森功至・池田秀一・潘恵子 インタビュー
アニメ 2018-04-20

声優界のレジェンドがここでしか聞けないトークをたっぷりと!? 「Talk~声のお仕事~ partⅠ」森功至・池田秀一・潘恵子 インタビュー

ベテラン声優の森功至さん・池田秀一さん・潘恵子さんによるスペシャルトークショーが2018年5月4日(金・祝)、東京・サントリーホール/ブルーローズ(小ホール)で開催される。これまでに数々のアニメや映画... >>続きを見る

関連ニュース

「Cutie Honey Universe」、ハリケーンハニー役の内田真礼コメント&第2話あらすじ到着!!
アニメ 2018-04-12

「Cutie Honey Universe」、ハリケーンハニー役の内田真礼コメント&第2話あらすじ到着!!

漫画家・永井豪さんのデビュー50周年を記念し、4月よりTVアニメが放送開始となった新たな「キューティーハニー」──「Cutie Honey Universe」から、第1話にてハリケーンハニー役であるこ... >>続きを見る

「銀河英雄伝説」、ワイン「410年物の白」発売開始! 皇帝ラインハルトも味わった美酒を商品化
ホビー 2016-12-07

「銀河英雄伝説」、ワイン「410年物の白」発売開始! 皇帝ラインハルトも味わった美酒を商品化

「銀河英雄伝説」より、劇中に登場するワイン「410年物の白」が白糸酒造より商品化される。「銀河英雄伝説」は、田中芳樹さんによるSF小説。1982年に第1巻が刊行されて以来、累計発行部数1,500万部を... >>続きを見る

「銀河英雄伝説」、2017年公開の新作アニメについて謎の一文を発表! 原作小説の一節
アニメ 2016-01-03

「銀河英雄伝説」、2017年公開の新作アニメについて謎の一文を発表! 原作小説の一節

2017年に公開となる「銀河英雄伝説」の新作アニメより、謎の一文が発表された。名作SF「銀河英雄伝説」、新アニメを2017年に公開! 制作はProduction I.G「銀河英雄伝説」は、田中芳樹さん... >>続きを見る

名作SF「銀河英雄伝説」、新アニメを2017年に公開! 制作はProduction I.G
アニメ 2015-08-13

名作SF「銀河英雄伝説」、新アニメを2017年に公開! 制作はProduction I.G

名作「銀河英雄伝説」より、新アニメ制作決定が発表された。「銀河英雄伝説」は、田中芳樹さんによるSF小説。1982年に第1巻が刊行されて以来、累計発行部数1,500万部を超えるベストセラーで、1988年... >>続きを見る

出演作品

2018

劇場版 フリクリ オルタナ

2015

ガッチャマンクラウズ インサイト

2013

ポケットモンスター THE ORIGIN

ガッチャマンクラウズ

2010

ぬらりひょんの孫

2008

RD 潜脳調査室

2005

戦国英雄伝説 新釈 眞田十勇士 The Animation

うえきの法則

1993

獣兵衛忍風帖

1988

銀河英雄伝説 本伝

劇場版 闘将!!拉麺男

トランスフォーマー 超神マスターフォース

銀河英雄伝説 わが征くは星の大海

闘将!! 拉麺男

1987

トランスフォーマー・ザ・ヘッドマスターズ

ダーティペア(劇場版)

1984

大自然の魔獣 バギ

ビデオ戦士レザリオン

1983

銀河疾風サスライガー

愛してナイト

1982

銀河烈風バクシンガー

あさりちゃん

1981

銀河旋風ブライガー

ハロー!サンディベル

1980

世界名作童話 森は生きている

1979

ベルサイユのばら

科学忍者隊ガッチャマンF

エースをねらえ! 劇場版

科学冒険隊タンサー5

1978

新・エースをねらえ!

科学忍者隊ガッチャマンII

はいからさんが通る

1977

無敵超人ザンボット3

1976

ドカベン

1975

イルカと少年

宇宙の騎士テッカマン

1973

キューティーハニー

エースをねらえ!

1972

科学忍者隊ガッチャマン

1971

アパッチ野球軍

アタックNo.1 涙の不死鳥

1970

アタックNo.1 涙の回転レシーブ

アタックNo.1

1969

アタックNo.1(テレビ版)

1968

サイボーグ009

1967

マッハGoGoGo(第1作)