銀河烈風バクシンガー

テレビアニメ

「銀河旋風ブライガー」に続く「J9」シリーズ第2弾で、新撰組をはじめとする幕末をモチーフにした一風変わったロボットアニメ。太陽系管理機構ドメスチック・バクーフの統治体制が揺らぎ始めた動乱の時代、ドン・コンドールは銀河系で一旗あげるべく仲間とともに「銀河烈風隊」を結成。闇の武器商人から譲り受けたロボット・バクシンガーを駆りバクーフ側の尖兵として、反バクーフ勢力と戦いを繰り広げる。リアルロボットブーム下の作品ということで、主人公ロボットをはじめ全てのメカが量産型であったり、シリアスな政治ドラマが描かれている。そして、「新撰組」モチーフならではの衝撃的なクライマックスなど、見所は多数。そのほか、山本正之によるロックンロール色の強い楽曲は、今もなお高い人気を誇る。

開始時期:
1982年夏
放送日:
1982年7月6日~1983年3月29日
制作会社:
-
ジャンル:
ロボット
声優:
塩沢兼人、一龍斎春水、森功至、曽我部和恭、徳丸完、八奈見乗児

銀河旋風ブライガーより600年あまりのち、木星破壊によって誕生した数十個の惑星群が、太陽系に6つの“惑星海”を形づくっていた。太陽系管理機構“バクーフ”による支配体制が弱体化、反体制グループとの熾烈な戦いが繰り広げられる戦乱の時代。コズモバイクで宇宙を駆ける暴走族“烈”のリーダー、ディーゴ(ドン)は、相棒のシュテッケン、士郎(ビリー)とともに、ライラ、佐馬之介を仲間に加えて“銀河烈風”を名乗り、太陽系に一旗上げるべく、同士を集めて“烈風隊”を組織する。

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

動画配信

※価格は変動する可能性があります。詳細は各サイトでご確認ください。

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

関連ニュース

【なつかしいアニメ】今観ても面白い! 80年代名作TVアニメ11選

【なつかしいアニメ】今観ても面白い! 80年代名作TVアニメ11選 2017-02-18

様々な名作アニメが生まれた1980年代。アキバ総研の読者の方には、この頃の作品を観てアニメファンになった、という方も多いのではないでしょうか? 面白い作品は、いつ観てもやっぱり面白いもの。アキバ総... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 - 制作国 日本
最近チェックされたアニメ