ツンデレアニメまとめ

最終更新日:2020年12月23日

普段はそっけなくて素直じゃないのに、ふと優しくしてくれたり、気を許してくれたり……。ツンデレと言えば、時代も性別の垣根も超えて愛される、ギャップ萌えの黄金属性。一度デレを知ると、ツンすら可愛く思えてくるものです。「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「化物語」など、ツンデレ女子好きにはたまらない人気作品をまとめてみました!

アニメまとめ

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)

テレビアニメ 放送日:2012年1月13日~2012年3月30日
妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)

最強のセキュリティを誇ると言われている高級マンション 「メゾン・ド・章樫(あやかし)」。そこは通称 「妖館」(あやかしかん)と呼ばれていた。『変人ばかり住んでいる』、『中はおばけ屋敷になっている』 等の噂が絶えない妖館だが、その実態は、妖怪の “先...

キャスト
白鬼院凜々蝶(日高里菜)
御狐神双熾(中村悠一)
反ノ塚連勝(細谷佳正)
雪小路野ばら(日笠陽子)
渡狸卍里(江口拓也)
夏目残夏(宮野真守)
青鬼院蜻蛉(杉田智和)
髏々宮カルタ(花澤香菜)
レビュー★ピックアップ
主人公コンビ二人は王道の少女マンガっぽいカップリングなので見ていて微笑ましいものがあります。各話のエンディング毎に歌が違っているが面白い。
ギャグ要素が結構多いアニメだった。キャストが今となっては主要キャラばかりをやっている人達しかいないというくらい豪華だ。

政宗くんのリベンジ

テレビアニメ 放送日:2017年1月5日~2017年3月23日

【2017年冬アニメ7位】「月刊ComicREX」で連載中のマンガを原作としたアニメ作品。8年前に美少女・安達垣愛姫にこっぴどくフラれた過去を持つ主人公・真壁政宗が、愛姫を最高の形で振ることで復讐を果たそうと奮闘する“リベンジラブコメディ”。監督を湊未來さん、シリーズ構成を横手美智子さん、脚本を横手美智子さんと下山健人さん、アニメーション制作をSILVER LINK.が担当する。

政宗くんのリベンジ

復讐するために、俺はこの町に帰ってきた! 8年前、美少女・安達垣愛姫にこっぴどくフラれたデブで冴えなかった少年・真壁政宗は、激ヤセし名字を変え、イケメンに変身して帰って来た。そう、すべては残虐姫の異名を持つドSな彼女を惚れさせ、最高の形で振るという...

キャスト
真壁政宗(花江夏樹)
安達垣愛姫(大橋彩香)
小岩井吉乃(水瀬いのり)
藤ノ宮寧子(三森すずこ)
双葉妙(田所あずさ)
朱里小十郎(早見沙織)
レビュー★ピックアップ
天使のような藤ノ宮さんとか。サポート役の小岩井さんとか。大橋さんが演じるツンデレヒロインも悪くない味を出してました。

オオカミさんと七人の仲間たち

テレビアニメ 放送日:2010年7月1日~2010年9月16日
オオカミさんと七人の仲間たち

助けの依頼を受けて貸しを作り、有事の際は強制的に借りを返させるという、恐怖の部活、御伽学園学生相互扶助協会・通称「御伽銀行」―――。正義の味方? 悪の組織? ただの変人の集まりか……? 凶暴一匹オオカミ・新型ツンデレ女子高生・大神涼子と、そんな彼女...

キャスト
大神涼子(伊藤静)
赤井林檎(伊藤かな恵)
森野亮士(入野自由)
桐木アリス(堀江由衣)
桐木リスト(野島裕史)
鶴ヶ谷おつう(川澄綾子)
マジョーリカ・ル・フェイ(こやまきみこ)
浦島太郎(浅沼晋太郎)
竜宮乙姫(豊崎愛生)
レビュー★ピックアップ
キャラクターの個性豊な所が、とても好きな作品の一つです。ストーリーの展開も分かりやすく、主人公もやる時はやるって感じで最後まで見入ってしまう作品でした。

迷い猫オーバーラン!

テレビアニメ 放送日:2010年4月6日~2010年6月29日
迷い猫オーバーラン!

築巧は、血の繋がらない姉と二人暮らしをしている。潰れかけの洋菓子店『ストレイキャッツ』店長である姉はお人好しで不器用なドジッ子の為、近くに住む幼なじみ芹沢文乃の手を借りながら何とか店を維持するだけで精一杯の日々。そんな折、乙女姉さんがまた大胆なもの...

キャスト
芹沢文乃(伊藤かな恵)
梅ノ森千世(井口裕香)
霧谷希(竹達彩奈)
都築乙女(佐藤聡美)
都築巧(岡本信彦)
鳴子叶絵(堀江由衣)
竹馬園夏帆(田村ゆかり)
菊池家康(吉野裕行)
幸谷大吾郎(間島淳司)
佐藤(佐藤利奈)
鈴木(新井里美)
レビュー★ピックアップ
キャラクターの可愛さも良かったです。OPも何度聞いても飽きない感じでとてもいい曲でした。

To Loveる -とらぶる-

テレビアニメ 放送日:2008年4月3日~2008年9月25日

「週刊少年ジャンプ」で連載されていたセクシーで過激な描写が特徴的なラブコメ作品。主人公結城梨斗をめぐり、三角関係をメインに展開されているが、主人公のうっかりハプニングが巻き起こすバリエーション豊かなお色気シーンと、時にシリアスな展開も魅力。

To Loveる -とらぶる-

超純情な高校生・リトは同級生の春菜に思いを伝えられず悶々とする日々。そこに突如現れたのは、デビルーク星の王女・ララ! 偶然と勘違いもあって、ララはリトを好きになり、2人は婚約&同棲することに。裸でベッドに入り込んで来たり、人が見てても気にせず抱きつ...

キャスト
結城リト(渡辺明乃)
モモ・ベリア・デビルーク(豊崎愛生)
ララ・サタリン・デビルーク(戸松遥)
ナナ・アスタ・デビルーク(伊藤かな恵)
西連寺春菜(矢作紗友里)
ペケ(新井里美)
結城美柑(花澤香菜)
古手川唯(名塚佳織)
籾岡里紗(柚木涼香)
村雨静(能登麻美子)
金色の闇(福圓美里)

りゅうおうのおしごと!

テレビアニメ 放送日:2018年1月8日~2018年3月26日

「のうりん」の白鳥士郎さんによる、「このライトノベルがすごい!2017」文庫部門ランキングで1位、第28回将棋ペンクラブ大賞・文芸部門で優秀賞を獲得した話題のライトベルをアニメ化。将棋連盟全面協力のもと、16歳にして将棋界の最強タイトルを保持する「竜王」となった九頭竜八一と、彼の弟子になろうと押しかけてきた弟子志願の小学三年生の雛鶴あいの2人によるガチ将棋内弟子ストーリーが展開される。

りゅうおうのおしごと!

玄関を開けるとJSがいた―――「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。九歳「え?、・・・弟子?え?」「・・・おぼえてません?」...

キャスト
九頭竜八一(内田雄馬)
雛鶴あい(日高里菜)
夜叉神天衣(佐倉綾音)
空銀子(金元寿子)
清滝桂香(茅野愛衣)
水越澪(久保ユリカ)
貞任綾乃(橋本ちなみ)
シャルロット・イゾアール(小倉唯)
レビュー★ピックアップ
才能についてのシビアな話も多いのですが、真に努力し、才能の壁を感じたことがある人ならば、苦い思い出を思い出してしまう可能性もありますが、キャラの心情を人一倍感じられ、より熱くなれると思います。
ストーリーがしっかりしており、負けた時の葛藤や試練、熱いドラマが描かれていて、将棋アニメとしてもちゃんと楽しめるかと思います。

アスタロッテのおもちゃ!

テレビアニメ 放送日:2011年4月10日~2011年6月26日

2007年から電撃マ王にて連載の『ロッテのおもちゃ!』は、大ヒットライトノベル『バカとテストと召喚獣』のイラストでもおなじみの、葉賀ユイによるオリジナルコミック。ツンデレな性格の夢魔族(サキュバス)の王女ロッテと、彼女の“おもちゃ”として後宮(ハーレム)候補に選ばれた直哉、そして直哉の娘・明日葉を中心にして、ちょっぴりエッチでハートフルな物語

アスタロッテのおもちゃ!

就職活動中の直哉(ナオヤ)が謎の女性に連れてこられたのはなんと妖魔の国「ユグヴァルランド」だった!ナオヤはそこでロッテ王女の後宮(ハーレム)入りを命じられた。ワガママだけど実は寂しがり屋なロッテの素顔を知ったナオヤは彼女のためにこの世界に残ることを...

キャスト
アスタロッテ(釘宮理恵)
直哉(佐藤利奈)
明日葉(田村ゆかり)
ユーディット(生天目仁美)
ゼルダ(藤村歩)
エフィ(堀江由衣)
クー(鈴木美咲)
オラフ(チョー)
メルチェリーダ(皆口裕子 )
ミスト(松来未祐 )
ユナ(広橋 涼 )
リュッカ(波田野由衣)
エリカ(後藤邑子)
シグルド(吉野裕行)
ドーラ(阿澄佳奈)
ヘルガ(白石涼子)
ウルスラ(甲斐田裕子)
イニ(斎藤千和)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

テレビアニメ 放送日:2013年1月5日~2013年3月30日
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

妹みたいな幼なじみ・千和。銀髪の帰国子女・真涼。真涼にある秘密を握られ、無理矢理偽彼氏となった季堂鋭太は、なぜか千和の彼氏作りに協力することに!? 両手に花? の甘修羅ラブコメディ!

キャスト
季堂鋭太(逢坂良太)
春咲千和(赤﨑千夏)
夏川真涼(田村ゆかり)
秋篠姫香(金元寿子)
冬海愛衣(茅野愛衣)
レビュー★ピックアップ
主人公・鋭太を取り巻く女の子たちがだんだん増えていく展開ですが、一人の女の子が魅力的で次に出てくる子があまりそうでなかったらつまらないと感じてしまうところを、キャラの性格付けや特徴がうまく描き分けられていて、それぞれ魅力がありました。
「修羅場」という言葉が新鮮だ。大人の不倫とかで聞く言葉だが学園ラブコメでは修羅場というのは珍しい。制作は「A-1 Pictures」。『冴えカノ』『ヲタ恋』『かぐや様』といった大好きな傑作を創ったところだ。丁寧に作られた良品だ。

狼と香辛料

テレビアニメ 放送日:2008年1月8日~2008年3月25日

電撃文庫で刊行されていた同名のライトノベルを原作としたアニメ作品。行商人・クラフト・ロレンスと少女の姿をした豊作の神・賢狼ホロの2人の旅を描く。ファンタジー作品でありながら剣や魔法を使った冒険ものではなく、商売上の駆け引きや経済、そして、多くのキャラクターが織り成す人間関係に焦点を置くという独特の作風が人気を博した。

狼と香辛料

行商人ロレンスと、狼神ホロが織りなす新感覚ファンタジー。馬車で各地を巡り、数々の物品を取り引きする行商人クラフト・ロレンスは、収穫祭に沸くパスロエの村を発つ道すがら、荷台に積んだ麦束に埋もれて眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい顔立...

キャスト
ホロ(小清水亜美)
ロレンス(福山潤)
クロエ(名塚佳織)
ノーラ(中原麻衣)

かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~

テレビアニメ 放送日:2020年4月11日~2020年6月27日

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」は、赤坂アカさんによる同名漫画(集英社「週刊ヤングジャンプ」刊)を原作としたTVアニメ。 家柄も人柄も良し、将来を期待された秀才が集う秀知院学園の生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行。プライドが高く素直になれない2人の新感覚”頭脳戦”ラブコメディ作品で、TVアニメ第1期が2019年1月から3月まで放送され、人気を呼んだ。 その2期となる「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」は、2020年4月11日より、MBS、TOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11、テレビ新潟にて放送される。

かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~

秀才たちが集うエリート校・秀知院学園その生徒会で出会った副会長・四宮かぐやと生徒会長・白銀御行誰もがお似合いだと認める2人の天才は、すぐに結ばれるのかと思いきや高すぎるプライドが邪魔して告白できずにいた!!“如何にして相手を告白させるか”という恋愛...

キャスト
四宮かぐや(古賀葵)
白銀御行(古川慎)
藤原千花(小原好美)
石上優(鈴木崚汰)
早坂愛(花守ゆみり)

とらドラ!

テレビアニメ 放送日:2008年10月1日~2009年3月25日
とらドラ!

生まれつきの鋭い目つきが災いして、まわりには不良だと勘違いされている不憫な高校2年生・高須竜児は、高校2年に進級した春、新しいクラスで1人の少女に出会う。彼女は、超ミニマムな身長の美少女でありながら、ワガママで短気・暴れ始めたら誰にも手が付けられな...

キャスト
逢坂大河(釘宮理恵)
櫛枝実乃梨(堀江由衣)
川嶋亜美(喜多村英梨)
高須竜児(間島淳司)
北村祐作(野島裕史)
レビュー★ピックアップ
この作品の一番の特徴はヒロインの超ツンデレな性格ではないでしょうか。小さくて口がわるくて不器用で、でも可愛くて幼くて強がりで意地っ張りで本当は可愛い女の子で。もうもうこれは可愛くて堪らなくなるじゃないですか!!
この作品を見終わった後は、心地よい虚無感を味わいました。見終わって数日間は心にポッカリ穴が開いたような感覚を感じました。ラブコメが苦手な人にでもお勧めできるラブコメ作品です。

STEINS;GATE(シュタインズゲート)

テレビアニメ 放送日:2011年4月5日~2011年9月13日
STEINS;GATE(シュタインズゲート)

舞台は2010年夏の秋葉原。厨二病から抜け出せない大学生である岡部倫太郎は、「未来ガジェット研究所」を立ち上げ、用途不明の発明品を日々生み出していた。だが、ある日、偶然にも過去へとメールが送れる「タイムマシン」を作り出す。世紀の発明と興奮を抑えきれ...

キャスト
岡部倫太郎(宮野真守)
牧瀬紅莉栖(今井麻美)
椎名まゆり(花澤香菜)
橋田至(関智一)
阿万音鈴羽(田村ゆかり)
秋葉留未穂(桃井はるこ)
漆原るか(小林ゆう)
桐生萌郁(後藤沙緒里)
レビュー★ピックアップ
個人的にアニメの中でNO1に位置する作品。中二臭さが全開でネットスラングや言葉も多いのでわからない人はちょっと楽しめない部分はあるがとても面白い。
最初は萌えアニメだと思って敬遠していましたが、友人からの執拗な勧めにより渋々みてみると、Netflixで一夜で見てしまうほどおもしろかったです。アニメ初心者の人に絶対オススメしたいアニメです!

ハヤテのごとく!

テレビアニメ 放送日:2007年4月1日~2008年3月30日
ハヤテのごとく!

不幸な少年・高校生の綾崎ハヤテは、浪費癖のある両親の生活を支えるため、バイトの日々を送っていた。だが、1億5000万円の借金を作った両親は、その借金をハヤテに押し付けて行方不明に・・・。借金取りに追い回されたハヤテは、一人の少女を誘拐して、借金返済...

キャスト
綾崎ハヤテ(白石涼子)
三千院ナギ(釘宮理恵)
マリア(田中理恵)
桂ヒナギク(伊藤静)
桂雪路(生天目仁美)
鷺ノ宮伊澄(松来未祐)
愛沢咲夜(植田佳奈)
西沢歩(高橋美佳子)
ソニア・シャフルナーズ(堀江由衣)

らき☆すた

テレビアニメ 放送日:2007年4月8日~2007年9月16日
らき☆すた

おたくな女の子「泉こなた」のボケに突っ込む普通の女の子「柊かがみ」を中心とした、ゆるゆるーな、何でもない女子高生の日常を面白おかしく描く4コマ漫画を元にした斬新な作品。「あ、それよくあるよねーー」と言った共感できる出来事を素直に描いた生活芝居。

キャスト
泉こなた(平野綾)
柊かがみ(加藤英美里)
柊つかさ(福原香織)
高良みゆき(遠藤綾)
小神あきら(今野宏美)
白石みのる(白石稔)
小早川ゆたか(長谷川静香)
岩崎みなみ(茅原実里)
パトリシア・マーティン(ささきのぞみ)
田村ひより(清水香里)
レビュー★ピックアップ
原作が4コマ漫画の女子高生たちのゆるい日常を描いたアニメです。ゆるいけど、オタク要素や、いろんなパロディが盛り込まれていて、かなり楽しめる作品です。

僕は友達が少ない

テレビアニメ 放送日:2011年10月6日~2011年12月22日
僕は友達が少ない

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、いつも不機嫌そうな少女・三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「……」小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な...

キャスト
羽瀬川小鷹(木村良平)
三日月夜空(井上麻里奈)
柏崎星奈(伊藤かな恵)
楠幸村(山本希望)
志熊理科(福圓美里)
羽瀬川小鳩(花澤香菜)
高山マリア(井口裕香)
レビュー★ピックアップ
ハーレム要員キャラもお嬢様系・クーデレ系・オタク系・メイド系・ロリ系、胸のおっきい子、ちっさい子と多種多様で尚且つ、キャラもかわいかった。
多少面白さに波は、ありますが全体的に面白かったです。面白かった?うーんなんか違う気もするけど、楽しめた作品でした。

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season

テレビアニメ 放送日:2020年7月8日~2020年9月30日

「Re:ゼロから始める異世界生活」は、長月達平さんによるライトノベルを原作としたアニメ作品。コンビニからの帰り道に異世界へ迷い込んでしまった普通の高校生が、異世界で彼を救ってくれた少女へのお礼として少女の探しものを手伝うことに……というシーンから始まる異世界ファンタジー。2016年に放映されたTVアニメに新規カットを追加して、1時間番組として再編集された「Re:ゼロから始める異世界生活」新編集版が、2020年1月1日より放映された

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season

コンビニからの帰り道、突如として異世界へと召喚されてしまった少年、菜月昴。頼れるものなど何一つない異世界で、無力な少年が手にした唯一の力……それは死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。大切な人たちを守るため、そして確かにあったかけがえのない時...

キャスト
ナツキ・スバル(小林裕介)
エミリア(高橋李依)
パック(内山夕実)
レム(水瀬いのり)
ラム(村川梨衣)
ベアトリス(新井里美)
レビュー★ピックアップ
エキドナちゃんが可愛すぎる。強者の余裕と乙女的な一面が最高すぎる。一期は一期で面白いけど二期の方が今の所とても面白い。
今更認識したのだがエミリアの太ももって個人的にかなり好きだ。「ふつつかものですが」と村人たちに挨拶した時の息を吸って膨らむ乳房も美しい。

ブレンド・S

テレビアニメ 放送日:2017年10月7日~2017年12月23日

「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)で連載中の、中山幸による4コママンガがアニメ化。「ツンデレ」「妹」など、ウェイトレスのいろんな属性が楽しめる喫茶店・スティーレで、新人アルバイトの苺香が店長に命じられたのは「ドS」キャラ。一生懸命働くうちに、意外と「ドS」の才能が開花していく、倒錯的ワーキングコメディ。

ブレンド・S

ツンデレ・妹などなど、店員さんのいろんな「属性」が楽しめる喫茶店で、新人アルバイトの苺香が店長にリクエストされたのは、なんと「ドS」キャラ!? 一生懸命働くうちに、意外と「ドS」の才能が開花してしまい…。

キャスト
桜ノ宮苺香(和氣あず未)
日向夏帆(鬼頭明里)
星川麻冬(春野杏)
天野美雨(種﨑敦美)
神崎ひでり(徳井青空)
ディーノ(前野智昭)
秋月紅葉(鈴木達央)

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件

テレビアニメ 放送日:2015年10月7日~2015年12月23日

一迅社文庫のライトノベル(作:七月隆文)をアニメ化。平凡な高校生・神楽坂公人は、ある日突然、超お嬢様学校の清華院女学校に連れてこられてしまう。生徒はみな、外の世界に出たことも、同世代の男性を見たこともないという箱入りぶり。そんなお嬢様たちにとっては、庶民は憧れの存在。いきなり、お嬢様にモテモテの生活がスタート!

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件

「庶民って、すごいですわ!」ごく平凡な高校生・神楽坂公人は、ある日突然、『清華院女学校』に連れてこられてしまう。伝統と格式あるこの学校に通うのは、名家の令嬢ばかり。おまけに外の世界に出たこともなければ、同世代の「男性」を見たこともないという超絶箱入...

キャスト
神楽坂公人(田丸篤志)
天空橋愛佳(芹澤優)
有栖川麗子(立花理香)
汐留白亜(桑原由気)
神領可憐(森永千才)
九条みゆき(大西沙織)
花江恵理(原由実)
レビュー★ピックアップ
最初、アニメのタイトルを見たときは、あぁ また長文タイトルアニメかと思ったが、だらだらと観ているうちにこのアニメに対する見方が変わった。キャラの性格などはわりとありきたりだったが、キャラの動かし方やギャグの演出がよかった。このアニメを見て、原作を全部購入するぐらいにはおもしろかった。(20代後半 男性)
全編に渡りネジの飛んだような、狂った(褒め言葉)展開が繰り広げられ、飽きる時がありません。その本編に呼応するような気が狂いそうなオープニングも最高でした!(笑) 1クールに渡りとても楽しませてもらいました!(10代後半 男性)
こういうタイトルがついていると私は作品に期待はしませんし、アニメにはエロも行き過ぎた萌えも興味ありませんが、登場人物の一人白亜と主人公公人とのなぞなぞとか可愛すぎてキュンとなりました(萌えてるじゃないか)。ギャグも楽しかったです。単なる萌を狙いにきたアニメではなく、セリフのやり取りやぶっ飛び方が楽しいアニメでした。(50代後半 男性)

食戟のソーマ

テレビアニメ 放送日:2015年4月3日~2015年9月25日
食戟のソーマ

下町の定食屋「ゆきひら」では、今日も父・城一郎と息子・創真が料理対決を繰り広げていた――。中学を卒業したら実家「ゆきひら」で料理の修行をし、父を越える料理人を目指そうとしていた創真。だが突然の休業、そして父の提案により、日本屈指の料理学校「遠月茶寮...

キャスト
幸平創真(松岡禎丞)
薙切えりな(種田梨沙)
田所恵(高橋未奈美)
水戸郁魅(石上静香)
タクミ・アルディーニ(花江夏樹)
イサミ・アルディーニ(小野友樹)
一色慧(櫻井孝宏)
榊涼子(茅野愛衣)
吉野悠姫(内田真礼)
伊武崎峻(村田太志)
丸井善二(小林裕介)
新戸緋沙子(大西沙織)
四宮小次郎(中村悠一)
乾日向子(能登麻美子)
堂島銀(子安武人)
レビュー★ピックアップ
画から伝わる味のイメージによって、美味しい料理を食べているような感覚に陥ります。様々な料理をめぐる人間模様が、時に優しく、時に厳しく、訴えかけてきます。料理の世界もまた闘いなのだと知らされ、それがまたエンタテイメントとして昇華されている点が、驚きと愉しさが内包されていて良かったところです。また、今後の展開を期待させるストリー展開や構成も十二分に愉しませてくれます。また観たくなるアニメです。(非公開)
子供向なので、内容もわかりやすくて、何よりも料理がおいしそう!実際に作るとなると難しいのかもしれないけど、ちょっとした工夫で、あそこまで美味しく変化させられるんだなぁ~と実感させられます。(30代後半 女性)
「ミスター味っ子」がアナログ時代の傑作だとすれば「食戟のソーマ」はデジタル時代の傑作足りうる作品だと思う。食べ物が実に美味しそうに思える高水準な作画。熱い展開、音楽。違和感のない声優配置。素晴らしい主題歌。「ミスター味っ子」よろしく食事中にはだける表現がやや際どいwので全年齢推奨とはいかない。それゆえの深夜枠放送なのかな?と思うのであったw(男性)

ニセコイ

テレビアニメ 放送日:2014年1月11日~2014年5月24日
ニセコイ

極道一家「集英組」のひとり息子だが、ごく普通の高校生・一条楽。彼は、10年前、仲良くなった女の子と「再会したら結婚する」という約束をし、その時に貰ったペンダントを肌身離さずに持っていた。そんなある日、楽のクラスにやって来た転校生の美少女・桐崎千棘。...

キャスト
一条楽(内山昂輝)
桐崎千棘(東山奈央)
小野寺小咲(花澤香菜)
鶫誠士郎(小松未可子)
宮本るり(内山夕実)
舞子集(梶裕貴)
クロード・リングハルト(子安武人)
レビュー★ピックアップ
最初見たときジャンプの作品だと知り驚きました。燃える展開でもなくエロすぎる展開でもないパターンはジャンプとしては異例かもしれません。しかし内容はありそうでないような王道の恋愛ストーリー。ドタバタもありますが、毎週楽しく見させてもらっています。(男性)
王道ラブコメでしたがとてもおもしろい作品でした。作画はシャフトさんということでキラキラしてましたし、表情も豊かで漫画のキャラクターをカラーにしてそのまま動かした感じでとても良かったです。(原作は読んだことありませんが)音楽はオープニングもよし、エンディングもよしです。(20代前半)
アニメを見ている側からしても、主人公はどの娘と結ばれるべきなのか? 俺の嫁とするならば誰なのか?? とても悩ましい。そしてヒロイン達を翻弄し続ける主人公に対して、イライラも募るのである。そんなにうらやましい、うふふキャハハのぬるま湯に浸かり続けることができるのなら、もうのぼせてしまえと…(50代前半 男性)

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

テレビアニメ 放送日:2014年10月4日~2014年12月27日

手にした者の願いを叶えるという万能の願望機「聖杯」をめぐる物語を描いた、 ヴィジュアルノベルゲームがアニメ化。現在複数ルート別でアニメ化されている。Unlimited Blade Workではstay nightで遠坂凛をヒロインとする第2ルートで話が展開される。

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

舞台は海と山に囲まれた都市・冬木市。そこで行われる、ある一つの儀式。手にした者の願いを叶えるという聖杯を実現させる為、聖杯に選ばれた七人の魔術師に、聖杯が選んだ七騎の使い魔を与える。騎士 "セイバー"、槍兵 "ランサー"、弓兵 "アーチャー"、騎兵...

キャスト
衛宮士郎(杉山紀彰)
遠坂凛(植田佳奈)
セイバー(川澄綾子)
アーチャー(諏訪部順一)
間桐桜(下屋則子)
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(門脇舞以)
葛木宗一郎(てらそままさき)
ランサー(神奈延年)
キャスター(田中敦子)
アサシン(三木眞一郎)
ライダー(浅川悠)
藤村大河(伊藤美紀)
間桐慎二(神谷浩史)
柳洞一成(真殿光昭)
言峰綺礼(中田譲治)
衛宮切嗣(小山力也)
ギルガメッシュ(関智一)
レビュー★ピックアップ
原作未プレイですが、fate zeroは視聴済み。両方視聴しているに越したことはないと思うが、未視聴でも十分に楽しめる。劇場版はつめこみすぎていて原作未プレイだったら内容がわかりにくかったけど、分割2クールで分かりやすいし、作画もfate zeroに負けず劣らず。ただ、作画で鼻の感じがfate zeroの時とは変えてあるなとおもったけど、原作の方に寄せてあるっぽいんですね。(20代前半 男性)
Fateと言えば重圧なストーリーと豊富な設定が魅力の作品ですが、このアニメ作品に限って言うとなんと言っても作画です。流れ的に言う前作の「Fate/Zero」ですら当時の基準を遥かに超えていた作画ですが、数年経っているとは言えさらに進化しています。戦闘シーンはハリウッド映画のように細かくダイナミックに動き、会話などの静的なシーンではキャラ絵を忠実に再現しています。(20代前半 男性)
この作品は、Fate/stay nightのいわゆる凛ルートを映像化したものですが、1クール目は物語の序章に過ぎません。よって、ストーリーの内容的には多少の物足りなさを感じますが、戦闘シーンの迫力に象徴される作画のレベルの高さがその物足りなさを感じさせません。個人的に最終話のバスにはりつく雨のCGには感激しました。(男性)

ストライク・ザ・ブラッド

テレビアニメ 放送日:2013年10月4日~2014年3月28日
ストライク・ザ・ブラッド

“第四真祖”――それは伝説の中にしか存在しないはずの、世界最強の吸血鬼。十二体もの眷獣を従え、災厄を撒き散らすといわれる幻の吸血鬼が、日本に出現したという。その“第四真祖”監視と抹殺のため、政府・獅子王機関は“剣巫”と呼ばれる攻魔師の派遣を決定。し...

キャスト
暁古城(細谷佳正)
姫柊雪菜(種田梨沙)
暁凪沙(日高里菜)
矢瀬基樹(逢坂良太)
藍羽浅葱(瀬戸麻沙美)
南宮那月(金元寿子)
ルードルフ・オイスタッハ(三宅健太)
アスタルテ(井口裕香)
レビュー★ピックアップ
ジャンル的には「学園アクションファンタジー」となります。彼を取り巻く女性陣も、やはりと言うかどの娘も魅力的。特にヒロインである「姫柊 雪菜」と「煌坂 紗矢華」とのちょっとエッチなシーンは、このアニメの見どころのひとつになっていると言えるでしょう。(40代後半 男性)
見方が悪いのか、エロ目線が強い。戦闘も面白い。いいとは思うけど、まあハーレム系だし。エロ多いのは仕方ないのか。この手のはいつか、18禁で出ればいいのにといつも思う訳で、是非お願いしますって感じのアニメでした。(非公開)

ローゼンメイデン

テレビアニメ 放送日:2013年7月4日~2013年9月26日
ローゼンメイデン

ひきこもりの中学生・桜田ジュンの元に届いた一通のダイレクトメール。「まきますか まきませんか」その選択により世界は枝分かれした。「まきます」を選んだジュンは真紅と出会い、「まきません」を選んだジュンは真紅と出会わないまま、やがて大学生になっていた。...

キャスト
桜田ジュン(逢坂良)
真紅(沢城みゆき)
雪華綺晶(千葉千恵巳)
水銀燈(田中理恵)
翠星石(桑谷夏子)
蒼星石(森永理科)
金糸雀(志村由美)
雛苺(野川さくら)
桜田ジュン(中学生)(真田アサミ)
柏葉巴(倉田雅世)
レビュー★ピックアップ
原作読んでない人間の感想です。おそらくこの作品はドールの魅力が中心なので、ドールの登場が終盤だけだったのは少し残念かな。真紅役の沢城みゆきさん、水銀燈役の田中理恵さんはさすがですね。作画も演出も音楽もよかったと思います。ただ、きっと、原作とはだいぶ違うんだろうなーと。ワンクールでは収められない世界観なんでしょうね、きっと。(40代前半 男性)
BS-TBSにて視聴しました。原作は未読。旧アニメ版も殆ど視聴していません。ストーリー展開は悪くなかったと思います。音楽もピアノ曲が世界観に合致していたと思います。アリプロのOPも耳に残る印象的なものでした。ただ、最終話。エピローグ的な展開で主人公に救い、展望がひらけるかと思いきやそういった感じで終わらなかったのでこの辺りは少し残念に感じました。(男性)
前回の作品を見ていなかったけど、大人の主人公に共感が持てた部分からかはまっていった。見ていて苦しいと思える部分もあったけど、基本的には見てとてもストーリーが気になる話でした。もう少し先の話まで見てみたかった。(非公開)

緋弾のアリア

テレビアニメ 放送日:2011年4月14日~2011年6月30日
緋弾のアリア
キャスト
遠山キンジ(間島淳司)
神崎・H・アリア(釘宮理恵)
星伽白雪(高橋美佳子)
峰理子(伊瀬茉莉也)
レキ(石原夏織)
ジャンヌ・ダルク(川澄綾子)
武藤剛気(近藤孝行)
不知火亮(江口拓也)
小夜鳴徹(野島健児)
高天原ゆとり(中原麻衣)
レビュー★ピックアップ
基本的にツンデレからの、ハーレム展開のアニメです。それと、戦闘もメインとなっていて、バランスがいい作品だと思います。各キャラクターの個性も面白いので、もう一度見たい作品です。(非公開)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

テレビアニメ 放送日:2010年10月3日~2010年12月19日
俺の妹がこんなに可愛いわけがない

ごく普通の男子高校生・高坂京介は、数年前から妹・桐乃とはろくに挨拶もかわさないという冷え切った関係になっていた。ところがある日、京介が萌えアニメのDVDケースが玄関に落ちているのを発見したことから事態は急変する。興味に駆られた京介が持ち主を探すと、...

キャスト
高坂桐乃(竹達彩奈)
高坂京介(中村悠一)
黒猫(花澤香菜)
沙織・バジーナ(生天目仁美)
田村麻奈実(佐藤聡美)
新垣あやせ(早見沙織)
来栖加奈子(田村ゆかり)
高坂大介(立木文彦)
高坂佳乃(渡辺明乃)
レビュー★ピックアップ
略して「俺妹」いわゆる、オタクな妹に対して主人公があれこれと奮闘する様を描く作品。萌え一色という作品ではなく、隠れたオタク志向にある妹がどういうものに興味を持ち、普段どんなことを思っているのか、兄という視点を通して少しずつ入り込んでいく内容です。妹がオタクというキャラの立ち位置は従来の作品では珍しい斬新さを感じ、それなりに楽しめました。(20代後半 男性)
妹系アニメのパイオニアのようなアニメだと思います。ツンデレ系の妹と、若干説教好きな兄のラブコメディーですね。CVも人気の声優さんを採用しているので、声優ファンにも嬉し作品だと思います。作画も凄く可愛いし、クラリスが歌うOPの曲も作品にピッタリ合っています。EDの曲も毎回違うので聞きごたえがあります。(30代前半 男性)
キャラクターの個性も好きでした。可愛らしいタッチのイラストがそのままアニメーションになっており、ストーリーも原作に沿ってる部分は面白くて繰り返し見ていたのを思い出します。(非公開)

化物語

テレビアニメ 放送日:2009年7月3日~2009年9月25日

西尾維新さんによるライトノベルを原作とした人気アニメシリーズ。不死身に近い身体を持つ吸血鬼もどきの人間・阿良々木暦(CV:神谷浩史)を主人公に、様々な怪異にまつわる物語が展開される。独特のセリフ回し、テンポからなる会話シーンが特徴のひとつ。シリーズのメインヒロインは戦場ヶ原ひたぎ(CV:斎藤千和)だが、作品によってヒロインやメインキャラクターが変わることも。アニメーション制作はシャフト。

化物語

高校3年のある日、階段から落ちてきた少女・戦場ヶ原ひたぎを助けた、阿良々木暦。その接触をきっかけに、戦場ヶ原の抱える秘密を知った阿良々木は、問題解決の為に協力を申し出る。実は彼も、戦場ヶ原同様、人に言えない大きな秘密を隠していたのだった―――。

キャスト
阿良々木暦(神谷浩史)
戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)
八九寺真宵(加藤英美里)
神原駿河(沢城みゆき)
千石撫子(花澤香菜)
羽川翼(堀江由衣)
忍野メメ(櫻井孝宏)
阿良々木火憐(喜多村英梨)
阿良々木月火(井口裕香)
レビュー★ピックアップ
西尾維新の代表作の一つ物語シリーズのアニメ版。半分人間、半分吸血鬼の主人公・阿良々木暦を中心に描かれるアニメ。西尾維新独特のセリフ回り、製作会社シャフト独特の描き方。どれもこれもすごくアニメに合っていました。面白くもあり、心温まる話もあり、熱さもありと、とても充実したアニメ。物語シリーズのスタートにふさわしい作品。(30代前半 男性)
見たことのないような世界感で作られたアニメで始めて見た時は驚きました。原作小説の世界を感じさせるセリフ回しと映像が不思議な感覚でした。早口と早回しのような不思議な画面と言いますか、とにかく始めて味わう感じでした。ヒロインはとんでもなくツンツンな娘さんでこんなにもツンツン過ぎるヒロインにビックリしました。ツンツンよりむしろDVです。やり過ぎです。そんなヒロインについていける特殊な身体の持ち主の主人公は一言でもふたことでも言い表せないこれまた不思議な人です。(30代前半)
西尾維新ワールドへとどっぷりはまり込む、きっかけとなりました。新房昭之監督がとっても好きで、作品はすべて見せてもらっていますが、中でも一番の名作、というか彼だからこそここまで見事な作品に仕上がった、そう思いました。不思議な映像センス、ユニークな演出、会話だけで進むストーリーを、全く違和感なく「アニメ」化してしまうスキルの高さ。もう、とんでもない人たちです。(男性)

とある魔術の禁書目録

テレビアニメ 放送日:2008年10月4日~2009年3月21日
とある魔術の禁書目録

東京西部の大部分を占める巨大な都市。総人口二三〇万人の約八割が学生というところから、そこは『学園都市』と呼ばれており、住民である生徒達には、超能力を開発する特殊なカリキュラムが組まれていた。学園都市のとある高校生・上条当麻(かみじょう・とうま)の評...

キャスト
上条当麻(阿部敦)
インデックス(井口裕香)
御坂美琴(佐藤利奈)
神裂火織(伊藤静)
ステイル=マグヌス(谷山紀章)
土御門元春(勝杏里)
月詠小萌(こやまきみこ)
白井黒子(新井里美)
アクセラレータ(岡本信彦)
レビュー★ピックアップ
魅力的なキャラクターが多い作品でした。設定がしっかりしていて、見ていて安心できる作品でした。そして、ストーリーのワクワク感がたまらない作品の一つです。また機会があったら見たいと思います。(非公開)

ゼロの使い魔

テレビアニメ 放送日:2006年7月2日~2006年9月24日

故・ヤマグチノボルさんによるライトノベルを原作としたアニメシリーズ第1作。突然異世界に召喚されてしまった平凡な高校生と、彼を召喚してしまった魔法の才能がない少女・ルイズが、使い魔&主人として恋と冒険に立ち向かっていく様子を描いた異世界ファンタジー。ルイズをはじめとする女性キャラクターが人気となり、4回にわたってTVアニメが制作された。

ゼロの使い魔

異世界ハルケギニアに「使い魔」として召喚されてしまった高校生・平賀才人(サイト)が巻き込まれる「恋」と「冒険」、「ご主人様」と「使い魔」のアンビバレントでハイブリットなファンタジーロマン。才人を異世界に召喚したのは、可愛いけれど魔法の才能ゼロのご主...

キャスト
ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール(釘宮理恵)
平賀才人(日野聡)
シエスタ(堀江由衣)
ギーシュ・ド・グラモン(櫻井孝宏)
タバサ(猪口有佳)
キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー(井上奈々子)
アンリエッタ・ド・トリステイン(川澄綾子)
モンモランシー・マルガリタ・ラ・フェール・ド・モンモランシ(高橋美佳子)

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

テレビアニメ 放送日:2006年4月2日~2006年7月2日
涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

ただの人間には興味ありません!「この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上!」入学早々、時を止めるような挨拶をした涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と、誰でもそう思う…。しかしハルヒは心の底から真剣だった。それ...

キャスト
涼宮ハルヒ(平野綾)
キョン(杉田智和)
長門有希(茅原実里)
朝比奈みくる(後藤邑子)
古泉一樹(小野大輔)
鶴屋さん(松岡由貴)
朝倉涼子(桑谷夏子)
谷口(白石稔)
国木田(松元恵)
キョン妹(あおきさやか)
レビュー★ピックアップ
今のアニメブームの先駆けとも言える作品。作中に登場する音楽は文化祭や卒業式などのイベントで当時は引っ張りだこでした。主人公が軽快にナレーションをするスタイルも当時としては斬新で興味深かったですね。出てくるキャラクターも皆個性的で良かったです。(20代後半 男性)
私がアニメにはまるきっかけになった作品です。主人公の涼宮ハルヒが凄く魅力的です。何でも明るく行動し、自分のやりたい放題をしてまわりの皆ををかき回しているというキャラ設定が素晴らしいです(ただし、こういった性格はアニメだから魅力的であって、現実世界であればただ鬱陶しいだけです)。そして音楽も素晴らしいです。劇中のGOD KNOWSは名曲ですし、OP・EDともに色褪せない名曲です。(30代前半 男性)
主人公が不憫系主人公でハルヒに至れり尽くせりなのにまず報われないのですが、可愛い女の子3人に囲まれてなかなか良い生活だと思います。ハルヒの突拍子もない思いつきで行動して進んでいくストーリーが面白くて小説にも手を出してしまいました。(30代前半)

灼眼のシャナ

テレビアニメ 放送日:2005年10月5日~2006年3月22日

高橋弥七郎さんによるライトノベルを原作としたアニメ作品。「紅世の徒」を退治する役目を負う異能力者「フレイムヘイズ」のひとり・シャナと、「紅世の徒」に追われることになってしまった平凡な高校生・悠二の戦いを描く。TVアニメ第1期・2期にはアニメオリジナルの設定やキャラクターも多い。シャナ役・釘宮理恵さんの代表作のひとつであり、川田まみさんやKOTOKOさんが歌うテーマソングも必見。

灼眼のシャナ

平凡な高校生・坂井悠二の日常は、ある日突然消滅した。異界の化け物・紅世の徒が悠二を襲ったのだ。ぼうぜんと立ちすくむ悠二を救ったのは紅蓮の髪と瞳をもつ謎の少女だった。そして、その少女は、悠二に告げた。「おまえはもう【存在】していないのよ」と。

キャスト
シャナ(釘宮理恵)
坂井悠二(日野聡)
アラストール(江原正士)
吉田一美(川澄綾子)
坂井千草(櫻井智)
マージョリー(生天目仁美)
マルコシアス(岩田光央)
フリアグネ(諏訪部順一)
マリアンヌ(こやまきみこ)
池速人(野島裕史)
佐藤啓作(野島健児)
田中栄太(近藤孝行)
緒方真竹(小林由美子)
ティリエル(田村ゆかり)
ソラト(白石涼子)
シュドナイ(三宅健太)
ヴィルヘルミナ・カルメル(伊藤静)
ティアマトー(渡辺明乃)
メリヒム(小西克幸)
天目一個(菅生隆之)
ウィネ(鈴木達央)
オルゴン(斧アツシ)
先代炎髪灼眼の討ち手(岡村明美)
カムシン(皆川純子)
ベヘモット(宝亀克寿)
教授(飛田展男)
ドミノ(加藤奈々絵)
ベルペオル(大原さやか)
ヘカテー(能登麻美子)

トップへ戻る

ログイン