プロデューサー・松倉友二 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第55回)

2022年06月11日 10:000
プロデューサー・松倉友二 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第55回)

ライターcrepuscularの連載第55回は、株式会社ジェー・シー・スタッフ(J.C.STAFF)の制作本部長で、プロデューサーの松倉友二さん。業界最速 最年少でJ.C.STAFFのプロデューサーになった松倉さんは、その後31年間、アニメを作り続け、日本のアニメ制作現場を支え続けている。プロデュースした作品数は世界トップクラス、成功したタイトルも枚挙にいとまがない。まさに“アニメ界の成功請負人”である。「少女革命ウテナ」、「あずまんが大王」、「灼眼のシャナ」、「ハチミツとクローバー」、「ゼロの使い魔」、「のだめカンタービレ」、「とある魔術の禁書目録」、「とある科学の超電磁砲」、「バクマン。」、「探偵オペラ ミルキィホームズ」、「WIXOSS」、「食戟のソーマ」、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」、「斉木楠雄のΨ難」、「まちカドまぞく」……ジャンルも多種多様、笑いあり涙あり、いずれも観る人の心を震わせる傑作ばかりだ。今回の独占インタビューでは、そんな松倉さんが手がけてきたアニメの数々を実例としながら、独自のプロデュース・ノウハウを詳らかにしていく。どういう基準で企画・スタッフ・キャストを選び、どういうアプローチで作品を成功に持っていくのか。今日のアニメ業界の問題点についても、松倉さんならではの視点からご指摘いただいた。アニメの鉄人が明かすヒットアニメのレシピ、知りたい方はぜひ最後までお読みいただきたい!

 

「監督とクライアントをつなげて作品を成功させる」プロデューサー


─日々の制作で大変お忙しい中、本当にありがとうございます。早速ですが、松倉さんにとって「アニメプロデューサー」とはどういう存在でしょうか?


松倉友二(以下、松倉) 自分的には「監督やスタッフとクライアントをうまくつなげて、作品を成功させる人」だと思っています。なので、「監督が作りたいものを作らせる人」でも、「クライアントの言う通りに作る人」でもありません。双方に寄り添って作品を成功させるのが究極の目標で、そのためには何だってやるのが、自分の考えるアニメプロデューサーです。


─ ほかのプロデューサーと同様に松倉さんも、クレジットを使い分けておられまね。「だぁ! だぁ! だぁ!」(2000~02)や「ゼロの使い魔」(2005~12)で「アニメーションプロデューサー」、「あずまんが大王」(2002)や「探偵オペラ ミルキィホームズ」(2010~16)で「プロデューサー」、「灼眼のシャナ」(2005~12)、「とある魔術の禁書目録」(2008~19)、「リトルバスターズ!」(2012~13)で「プロデュース」、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(2015~)や「斉木楠雄のΨ難」(2016~19)で「アニメーション制作統括」といった感じで。


松倉 自分はいろんなクレジットを使っていますけど、責任職として名前を載せないといけないだけで、具体的な役割を表しているわけではありませんよ。


─松倉さんの言う「成功」とは、商業的な成功、「ヒット」のことでしょうか?


松倉 自分は「ヒットだけが成功ではない」と思っています。作り方やアプローチを工夫すればヒットの確率を上げることはできますが、アニメはある種のバクチなので、すべての作品をヒットさせることはできません。最初からヒットする確率のかなり低い作品もありますし……。その場合には、「原作サイドに満足してもらえる、その原作なりにおもしろい作品ができれば、それも成功にしよう」と考えています。


─どのような時にやりがいを強く感じますか?


松倉 一番はもちろん、作品がヒットした時です。ヒットするということは、作品を認めてくれた人が大勢いるということでもありますから。自分が思った通りのアプローチができた時もうれしいですね。どちらも達成できることはなかなかないんですけど、「ハチミツとクローバー」(2005~06)は、かなりうまく行った例だと思います。


─「ハチクロ」は、拙連載でもお話をうかがった、EGG FIRMの大澤信博さんが参加していますね(編注:https://akiba-souken.com/article/43737/


松倉 大澤さんの部下の松尾光広さんが「一緒にやりませんか?」と持ち込んでくれて、自分は「ハチクロ」が大好きだったのですぐにOKしました。少女漫画ものは当時、アニメで成功しないと言われたジャンルのひとつでしたので、「『ハチクロ』で、少女漫画アニメの成功例を作ってやろう!」と思っていました。そして、大澤さんと「この作品はOLにも観てほしいから、なるべく夜の浅い枠にしたいよね」と話していたら、当時フジテレビのプロデューサーだった山本幸治さんも乗ってきてくれて、「ノイタミナ」の第1弾作品として「ハチクロ」が放送されることになったんです。


─ものづくりにあたり、一番影響を受けた作品は?


松倉 アニメで一番となると、高山文彦監督と一緒に作った「超時空世紀オーガス02」(1993~95)です。


─ご自身が制作に関わった作品が一番なのですね。


松倉 世代なので「宇宙戦艦ヤマト」(1974~75)も「機動戦士ガンダム」(1979~80)も「伝説巨神イデオン」(1980~81)も観ていたし、ほかにも子どもの頃に観たアニメはそれぞれ好きだったんですけど、自分が最初に目指したのは、ゲーム業界だったんですよ。アニメの学校にもゲーム業界に入るために通っていたし、ぶっちゃけてしまうと20歳の頃は、「有名なクリエイターと知り合いになれたら、すぐにアニメを辞めてゲーム業界に戻ろう」と思っていました。けれど、高山さんと「オーガス02」に出会ったことで、考えは180°変わりました。高山さんは仕事が遅く、全然絵コンテを上げてくれない。毎日ご自宅に通っても、1日10カットぐらいしかもらえなくて、でも読んだらすごくおもしろくて、続きが気になってしょうがない。もらったコンテに応えられるスタッフを用意して、段取りを組んで……全てを自分でやらなきゃいけない、そんな気持ちにさせてくれた作品なので、「オーガス02」が自分のアニメの原点なんです。


─ゲームはどういったものがお好きなのですか?


松倉 シューティングが好きですね。一番好きなのは、ナムコさんの「アサルト」(1988)ですが、古いアーケードゲーム全般が好きですよ。今着てるTシャツの「ダライアス」(1987)も大好きです。10代の頃からアーケードゲームの基板を集めたりもして、自宅でプレイしていました。「ハイスコアガール」(2018~19)の時、嫁さんに「これは資料だから!」と言って、念願の筐体を買いました。もちろん、欲しかった基板もあわせて購入です(笑)。

 

 

「タイトルごとにアプローチを変える」松倉流アニメ術


─お得意とする企画はありますか? 「シャナ」、「ゼロ使」、「のだめカンタービレ」(2007~10)、「とある」、「バクマン。」(2010~13)、「ミルキィホームズ」、「WIXOSS」(2014~21)、「食戟のソーマ」(2015~20)、「ダンまち」、「斉木楠雄」など、いろんなジャンルを制作されていますね。


松倉 自分はロリコンもの以外なら、アクションでも、少女漫画でも、ギャグでも、何でも作れるよと言うようにしています。ロリコンの定義もいろいろあるとは思いますが、小学生を性の対象として描くものは、絶対にダメ。お話をいただいても全部、断っています。おもしろいものならよろこんでやりますし、できれば全部成功させたい。だから、原作付きであれオリジナルであれ、タイトルごとにアプローチを変えているんです。


─最近は「なろう系」と呼ばれる、Web小説原作のアニメが毎期作られていますね。


松倉 J.C.は、なろう系に関しては後発ですね。ライトノベルは早かったと思いますが。「シャナ」は、深夜枠のライトノベルアニメで大成功した、最初の作品だと思います。どんなジャンルでも、「どうせやるならパイオニアになってやるぞ!」という気持ちで作っていますね。


─何かわかりやすい作品があれば、紹介していただけますか?


松倉 4コマ漫画のアニメ化でいえば「あずまんが大王」(2002)、少女漫画でいえば「ハチクロ」、百合系だと「青い花」(2009)とかね。近年の作品でいえば、今千秋監督の「Back Street Girls -ゴクドルズ-」(2018)と「極主夫道」(2021)ですね。両方ギャグものなんですけど相当イレギュラーな作り方をしていまして、「この原作はこういう作り方が一番、おもしろくなるんです!」とクライアントを説得して作らせていただきました。あえてマンガのコマを100%再現して、口以外まったく動かさない。代わりに、テンポを楽しめるようにする、みたいな感じです。もちろん、「アニメなんで動かしてほしい」という意見もありますが、映像コンテンツとしてどの手法が一番おもしろくなるかを考えたつもりです。「ゴクドルズ」は、オンエア翌日に検索ワードトップになったりしたし、「極主夫道」も、Netflixでアニメの国内再生数No.1だったりしました。北米ランキングも1桁台でしたね。共に原作者さんや編集部にもよろこんでもらえたので、間違いではなかったはず。

 

製作委員会に損をさせない「高打率プロデューサー」


─昔だけでなく今もヒット作や話題作がすごく多いですね。


松倉 プロデューサーを長くやっているので、人より多くの経験値と方法論を持っているということだと思います。あと、チャレンジが大好きなタイプでもあります。今はちょっと打率が落ちちゃったかもですが、若い頃は製作委員会の出資回収できる確率が、7割を超えていたんですよね。まさに、安打製造機(笑)。「でもそれだと、ホームランは打てないでしょ?」と突っ込まれたこともありますけど、プロデューサーとしてクライアントに損はさせたくないですし、J.C.の経営者のひとりとして最低限、会社はつぶしちゃいけない。仕事を受け続けて、スタッフにギャラを払い続けられる組織は維持しないといけない、と思ってやっています。


─ファンタジーも数多く手がけておられますが、個人的には「よみがえる空 -RESCUE WINGS-」(2006)、「初恋限定。」(2009)、「青い花」、といった、日本を舞台にしたリアリティある作品も大好きです。特に「よみがえる空」は、海外ドラマ顔負けの、大変クオリティの高いお仕事・職業系ドラマでした。


松倉 「よみがえる空」は、自分も大好きなんですよ。商業的にはうまくいかなかった作品ですけど、制作に至る過程のところからできあがったものすべてに対して満足してます。「クライアントと監督が、好きなものを好きに作れた」という部分では成功だと思っています。バンダイビジュアル(現:バンダイナムコフィルムワークス)のプロデューサーだった杉山潔さんは、いまだに作品を持ち歩いていて、あちこち売り込みをしてくださっています。2019年3月には東京都立川市のシネマシティで、全話オールナイト上映もされたんですよ。なので、「よみがえる空」は「すごく売れる作品」ではなかったけれど、「すごく愛される作品」にはなったと思います。


─「青い花」も、物語・映像ともにすばらしい作品でした。


松倉 今振り返っても、「青い花」は相当完成度の高い作品だと思います。この作品もすごくやりがいを感じた作品です。監督・カサヰケンイチ、キャラクターデザイン・音地正行、シリーズ構成・高山文彦、美術監督・小林七郎というドリームチームでした。音楽もOP/EDを空気公団さんが、劇伴を羽毛田丈史さんが担当してくださって、最高でしたね。ぜひ、見てほしい!


─いろんなアニメに対応可能ということでしたが、アニメ化は難しいと思う原作はないのでしょうか?


松倉 ありますよ。先の展開がすぐに読めちゃう薄味の作品とか、作画のカロリーだけをひたすら要求される作品とかは、ちょっと辛いなと思います。

 

本邦初公開! 「ジャム・クリエーション」設立秘話


─最近、エロゲー原作のアニメをめっきり見なくなりましたね。


松倉 エロゲーに限らず、もともとゲームとアニメの親和性ってよくないんですよ。ゲームはストーリーが複数あって、ヒロインが複数いたりもしますし。あとエロゲー原作に関して言えば、純粋に売上とか、人気が取れなくなってきたというのもあると思います。


─松倉さんは一時期、J.C.のアニメプロデューサーを務めるかたわら、株式会社ジャム・クリエーション代表として、エロゲープロデューサーもされていました。


松倉 自分がエロゲー会社を始めた頃は今と真逆の状況で、ある種のエロゲーブームがあったんですよ。あと当時の自分は、「何が何でもコンテンツを作る上流に行ってやるぞ!」という強い思いがありました。出版社さんは、自分のところのマンガがアニメ化して、原作が売れれば成功です。今は製作委員会方式が主流で、アニメ会社が単独で原作者になることも、作品を成功させられることも、ほとんどないですからね。J.C.が単独でオリジナルアニメを作って大ヒットさせるというのが理想的なんですけど、それは実際、かなり難しい。当たるかどうかもわからないオリジナル作品に莫大なお金と膨大な時間を突っ込まないといけないし、関わった人たちや会社にもたくさん迷惑をかけてしまいます。アニメ会社が自分たちで儲けることは不可能なんだ……そう思ってあきらめかけていた時に、エロゲーブームが来たんです。「そうか! 自分でエロゲーを作れば原作者になれるじゃん! たくさん売れれば、エロゲーだけで儲けも出せるし!」と立ち上げたのが、ジャム・クリエーションだったんです。


─雇われ社長ではなく、ご自身の意志で、エロゲー会社を作られたのですね。


松倉 そうです。立ち上げもそうだし、企画もプロデュースも店舗営業も、全部自分でやりました。当時は自分の机に2台の電話が置いてあって、J.C.用とジャム・クリエーション用で使い分けていました。深夜にエロゲー用のキャラや設定資料、デモを用意して、自分のパソコンで動きをチェックして、完成したらCD-Rに焼いて、J.C.アニメの原画の上がりを取りにいくついでに出版社にCD-Rを渡してきたり、秋葉原のエロゲーショップにも営業に行って、新作を売り込んだり……。


─入口から出口まで、社長みずから全工程に関わっておられたのですね……大変びっくりしました。しかも、アニメ制作とゲーム制作を同時進行するなんて、よくお身体を壊しませんでしたね。


松倉 自分で言うのも何ですけど、めちゃくちゃタフなんです(笑)。当時は、劇場アニメとテレビシリーズを複数本制作しながらでした。それに、エロゲーを自分で作っていろんなことが勉強できたので、本当にやってよかったと思っています。パッケージやROMの製造なんて、アニメを作っているだけだと、まず経験できないことですからね。


一エロゲーファンからは、今もジャム・クリエーションの解散を惜しむ声がありますね。ainosの「ももいろパラダイス ~住み込みバイト 恋愛付~」(2003)などは、大変高い評価を得ています。


松倉 ありがたいですね! 「ももいろ」も結構売れたんですけど、エロゲーブームも終わりつつあったし、会社が赤字にならないうちに畳ませていただきました。「自分たちは新規ブランドだから、売れるためにたくさんアニメを突っ込もう」としたのが、首を締めちゃったんです。最初の「eye’s ONLY ~その輝きは眩しさに満ちて~」(2000)は、新規ブランドってこともあって予約が全然集まらなくて、J.C.の経営陣からは「お前が勝手に始めたエロゲーで5000万も突っ込んでるけど、予約がこれで、どう回収するつもりなんだ?」と問い詰められました。幸い、「eye’s ONLY」は口コミで広がりロングヒット、資金回収できて儲けもたくさん出たんですが、スタッフにお金を払い、ブランドを続けるために次の作品を企画して、しかも何本も並行して立ち上げていくと、億単位のお金が一瞬にして溶けてしまうことになり、なかなか大きな儲けが出なくなりました……。それで猛省して、「動かないエロゲー」のブランドも作ったんですが、そうすると利益率は高いんですが、本数が思ったより売れなくて……。結局、損をしないうちに会社もおしまいにすることにしたんです。

画像一覧

  • プロデューサー・松倉友二 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第55回)

関連作品

超時空世紀オーガス02

超時空世紀オーガス02

発売日: 1993年12月5日
キャスト: 太田真一郎、中村尚子、山崎和佳奈、山寺宏一
(C) 1993 ビックウエスト/オーガス製作委員会

少女革命ウテナ

少女革命ウテナ

放送日: 1997年4月2日~1997年12月24日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 川上とも子、渕崎ゆり子、子安武人、草尾毅、三石琴乃、久川綾、西原久美子、緑川光、川村万梨阿、小杉十郎太
(C) ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京

あずまんが大王

あずまんが大王

放送日: 2002年4月8日~2002年9月30日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 金田朋子、浅川悠、松岡由貴、田中理恵、樋口智恵子、桑島法子、野川さくら、平松晶子、久川綾、石井康嗣
(C) あずまきよひこ・メディアワークス/あずまんが大王製作委員会

灼眼のシャナ

灼眼のシャナ

放送日: 2005年10月5日~2006年3月22日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 釘宮理恵、日野聡、江原正士、川澄綾子、櫻井智、生天目仁美、岩田光央、諏訪部順一、こやまきみこ、野島裕史、野島健児、近藤孝行、小林由美子、田村ゆかり、白石涼子、三宅健太、伊藤静、渡辺明乃、小西克幸、菅生隆之、鈴木達央、斧アツシ、岡村明美、皆川純子、宝亀克寿、飛田展男、加藤奈々絵、大原さやか、能登麻美子
(C) 高橋弥七郎・メディアワークス/「灼眼のシャナ」製作委員会

ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー

放送日: 2005年4月14日~2005年9月29日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 神谷浩史、工藤晴香、うえだゆうじ、高橋美佳子、杉田智和、藤原啓治、大原さやか、堀内賢雄、竹若拓磨、浜田賢二、土田大、根谷美智子、篠原恵美、小関明久
(C) 羽海野チカ/集英社・ハチクロ製作委員会

ゼロの使い魔

ゼロの使い魔

放送日: 2006年7月2日~2006年9月24日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 釘宮理恵、日野聡、堀江由衣、櫻井孝宏、いのくちゆか、井上奈々子、川澄綾子、高橋美佳子
(C) 2006 ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会

のだめカンタービレ

のだめカンタービレ

放送日: 2007年1月11日~2007年6月28日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 川澄綾子、関智一、小川真司、川田紳司、織田圭祐、生天目仁美、松風雅也、小林沙苗、中井和哉、諏訪部順一、能登麻美子
(C) 二ノ宮知子・講談社 のだめカンタービレ製作委員会

とある魔術の禁書目録

とある魔術の禁書目録

放送日: 2008年10月4日~2009年3月21日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 阿部敦、井口裕香、佐藤利奈、伊藤静、谷山紀章、勝杏里、こやまきみこ、新井里美、岡本信彦
(C) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲

放送日: 2009年10月2日~2010年3月19日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 佐藤利奈、新井里美、豊崎愛生、伊藤かな恵、阿部敦
(C) 鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

バクマン。

バクマン。

放送日: 2010年10月2日~2011年4月2日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 阿部敦、日野聡、早見沙織、矢作紗友里、岡本信彦、諏訪部順一、志村知幸、川澄綾子、藤村歩、利根健太朗、野島裕史、川田紳司、堀内賢雄、浜田賢二
(C) 大場つぐみ・小畑健・集英社/NHK・NEP・ShoPro

探偵オペラ ミルキィホームズ

探偵オペラ ミルキィホームズ

放送日: 2010年10月7日~2010年12月23日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 三森すずこ、徳井青空、佐々木未来、橘田いずみ、明坂聡美、岸尾だいすけ、寺島拓篤、下野紘、南條愛乃、沢城みゆき、新谷良子、田村ゆかり
(C) bushiroad/Project MILKY HOLMES

selector spread WIXOSS

selector spread WIXOSS

放送日: 2014年10月3日~2014年12月19日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 加隈亜衣、久野美咲、瀬戸麻沙美、佐倉綾音、茅野愛衣、赤﨑千夏、釘宮理恵、杜野まこ、新井里美、川澄綾子、小林裕介、石谷春貴、久保田民絵
(C) LRIG/Project Selector

食戟のソーマ

食戟のソーマ

放送日: 2015年4月3日~2015年9月25日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 松岡禎丞、種田梨沙、高橋未奈美、石上静香、花江夏樹、小野友樹、櫻井孝宏、茅野愛衣、内田真礼、村田太志、小林裕介、大西沙織、中村悠一、能登麻美子、子安武人
(C) 附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

放送日: 2015年4月3日~2015年6月26日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 松岡禎丞、水瀬いのり、大西沙織、内田真礼、戸松遥、石上静香、日笠陽子、久保ユリカ、岡本信彦、早見沙織
(C) 大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち製作委員会

斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のΨ難

放送日: 2016年7月10日~2016年12月25日   制作会社: EGG FIRM/J.C.STAFF
キャスト: 神谷浩史、小野大輔、島﨑信長、日野聡、花江夏樹、茅野愛衣、田村ゆかり、岩田光央、愛河里花子、内田真礼、細谷佳正、前野智昭、森久保祥太郎
(C) 麻生周一/集英社・PK学園

まちカドまぞく

まちカドまぞく

放送日: 2019年7月11日~2019年9月26日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 小原好美、鬼頭明里、高橋未奈美、高柳知葉
(C) 伊藤いづも・芳文社/まちカドまぞく製作委員会

青い花

青い花

放送日: 2009年7月1日~2009年9月9日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 高部あい、儀武ゆう子、石松千恵美、堀江由衣、井口裕香、矢作紗友里、豊崎愛生、緒乃冬華、川田紳司、浅沼晋太郎、浜田賢二
(C) 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会

Back Street Girls-ゴクドルズ-

Back Street Girls-ゴクドルズ-

放送日: 2018年7月3日~2018年9月4日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 小野大輔、日野聡、興津和幸、貫井柚佳、前田佳織里、赤尾ひかる、藤原啓治
(C) ジャスミン・ギュ・講談社/犬金企画

極主夫道

極主夫道

配信日: 2021年4月8日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 津田健次郎、伊藤静、興津和幸、M・A・O、福島潤、斉藤貴美子、細谷佳正、野川雅史、柳田淳一、大塚芳忠、田中敦子
(C) おおのこうすけ/新潮社

よみがえる空 -RESCUE WINGS-

よみがえる空 -RESCUE WINGS-

放送日: 2006年1月8日~2006年3月26日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 宮崎一成、能登麻美子、石塚運昇、星野充昭、飯塚昭三、笠原留美、伊井篤史、小野坂昌也、志村知幸、さとうあい、高村尚枝、ゆみ、大本眞基子、ふくまつ進紗
(C) バンダイビジュアル

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。