【インタビュー】フライングドッグ10周年。その軌跡とアーティストとの関わりを、佐々木史朗社長が語る!

2019年01月31日 19:000
【インタビュー】フライングドッグ10周年。その軌跡とアーティストとの関わりを、佐々木史朗社長が語る!

アニメ音楽の大手レーベルのひとつであるフライングドッグ。今年、会社設立10周年を迎え、さまざまな企画が実現化している。まず、2019年1月23日にリリースされたのが、ビクター時代から現代までの100曲を繋いだMIX CD「NON-STOP FlyingDog MEGA MIX DOG RUN!!」。そして、2月2日は所属アーティストが多数登場するライブイベント「犬フェス!」が待ち受ける。
30年以上もアニメ制作畑を歩み続けてきた佐々木史朗社長に、フライングドッグの軌跡について、そして「犬フェス!」出演アーティストについて、たっぷりと語っていただいた!

フライングドッグの理念は、世界に通じる町工場


── 佐々木社長は、入社以来一貫してアニメ制作の部署に所属してきたとうかがっています。

佐々木 1982年にビクター音楽産業(当時)に入社して、3年ほど営業職をやった後、ディレクターになったのが1985年です。それからはずっとアニメの制作ですね。会社でも、僕みたいな形態は珍しいと思います。

── ビクター音産からビクターエンタテイメントと社名が変わり、アニメの部署は続いていきます。そして2007年にレーベルとしてフライングドッグが立ち上がり、2009年には子会社化されました。今年は会社としてのフライングドッグ誕生から10周年ということになります。そもそも、フライングドッグというレーベル名、社名の由来は、何なのでしょうか?

佐々木 僕が学生時代のことなんですけど、ビクター内にフライングドッグというロックのレーベルがあったんです。それがなくなって久しく経ち、アニメの部署でレーベルを立ち上げようとなったときに、レーベル名の候補としてあがったひとつがフライングドッグでした。ビクターのトレードマークは犬なので、ビクターの遺伝子を継ぐという意味で社名にDogという言葉を入れたかったんですね。それともうひとつ、僕も含めて、社員に戌年生まれが多いという理由もありました(笑)。

── そんな裏話が(笑)。

佐々木 検討していく中で、フライングドッグというのは、やっぱりキャッチーでいいなと。オリジナルのフライングドッグに関わっていた方々にお許しをいただいて、付けさせていただいたという次第です。

── 誕生してから10年。それ以前のビクター時代も合わせて、さまざまなアニメ作品やアニメ音楽を生み出してきました。フライングドッグというレーベルの特色について、佐々木さんはどのように捉えていますか?

佐々木 自分がもともと制作の人間だったということもあって、「下町ロケット」じゃないですけど、音楽を作る町工場みたいなレーベルだというイメージが、僕の中にはずっとあるんです。巨大なラインがあるプロダクツではなく、最初から最後まで手作りで行う町工場ですね。よく考えていたのは、サッカーのワールドカップに使う審判用ホイッスルを作る町工場のことです(注/野田鶴声社。2016年に廃業)。見た目は普通の町工場なんだけど、世界中に知られている会社で、それにならいたいという思いを、ずっと持っていました。アニソンは世界中に親しまれている音楽なので、こぢんまりとしたレーベルに見えつつ、実は世界に通じている、というのが理想ですね。これはあくまで僕個人の思いですが。


── 佐々木さんとしては、そうありたいと。

佐々木 レーベルの色というのは、中にいる人間によって変わっていくものだと思うんです。僕も先輩たちの作る音楽とは違うものを作りたいと思って仕事をしてきましたし、そんな僕がじじいになった今は、佐々木がやったことはもう古いんだよと思いながら、若い人たちが自分のやりたい音楽をやっていけばいいと思っています。それによってレーベルカラーが変わるのは、全然ありだと思うんですけど、町工場というマインドは持ち続けていってほしいと思いますね。

── 漠然とした印象ですが、フライングドッグならではの作品というのはあると思います。キャッチーさがある中に、どこかマニアックなこだわりが潜んでいるというか。

佐々木 同じクリエーターでも、フライングドッグで制作したときは違う音になる、という仕事をしたいと考えています。もちろん作り手のやりたいことを大切にするのは第一なんですが、ほかでやった音と同じだよね、ということになるとつまらないなと思うんですよね。クリエーターがヒットを生み出すと、「前の○○のような曲を作ってください」というふうに、制作側は同じ傾向の音楽を求めてしまいがちなんですよ。でも、もしかしたらそれはクリエーターにとっては面白くない発注であるかもしれないし、得意とすることはもっとほかにあるかもしれない。そういうときに、たとえば明るい曲でヒットを飛ばしたクリエーターに、「今度は暗い曲を作ってください」と言うと、興味を持ってもらえるんです。そうやってほかにはない音楽が生み出せれば、自然とレーベルカラーになっていくでしょうし、型にはまらないというのは大事なことかなと思います。それに我々は、唯一無二の存在である方々と一緒に、お仕事をさせていただいているという思いがありますね。

画像一覧

  • 【インタビュー】フライングドッグ10周年。その軌跡とアーティストとの関わりを、佐々木史朗社長が語る!

  • 【インタビュー】フライングドッグ10周年。その軌跡とアーティストとの関わりを、佐々木史朗社長が語る!

関連作品

超時空要塞マクロス

超時空要塞マクロス

放送日: 1982年10月3日~1983年6月26日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 長谷有洋、飯島真理、羽佐間道夫、小原乃梨子、土井美加、神谷明、佐々木るん、鶴ひろみ、深雪さなえ、蟹江栄司、大林隆介
(C) 1982 ビックウエスト

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~

上映開始日: 1984年7月21日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 飯島真理、長谷有洋、土井美加、羽佐間道夫、小原乃梨子、神谷明
(C) 1984 ビックウエスト

マクロスプラス Vol.1

マクロスプラス Vol.1

発売日: 1994年   制作会社: トライアングルスタッフ
キャスト: 山崎たくみ、石塚運昇、深見梨加、内海賢二、速水奨、林原めぐみ、西村朋紘、銀河万丈
(C) 1994ビックウエスト/マクロス製作委員会

マクロス7

マクロス7

放送日: 1994年~1995年   制作会社: 葦プロダクション
キャスト: 神奈延年、櫻井智、菅原正志、高乃麗、子安武人、速水奨、大林隆介、竹田えり、井上瑤、園部啓一、夏樹リオ、岩男潤子、七海入歌、室園丈裕、西村朋紘、陶山章央、中川亜紀子
(C) 1994 ビックウエスト/マクロス7製作委員会

マクロスFRONTIER

マクロスFRONTIER

放送日: 2008年4月4日~2008年9月26日   制作会社: サテライト
キャスト: 中村悠一、中島愛、遠藤綾、神谷浩史、福山潤、桑島法子、小西克幸、豊口めぐみ、大川透、小林沙苗、三宅健太、田中理恵、平野綾、福原香織、井上喜久子、西村知道、杉田智和
(C) 2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS

マクロスΔ(デルタ)

マクロスΔ(デルタ)

放送日: 2016年4月3日~2016年9月25日   制作会社: サテライト
キャスト: 内田雄馬、鈴木みのり、瀬戸麻沙美、小清水亜美、安野希世乃、東山奈央、西田望見、森川智之、内山昂輝、川田紳司、石塚運昇、石川界人、木村良平、KENN、遠藤大智、拝真之介、峰岸佳、てらそままさき、寺崎裕香
(C) 2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会

ダーティペア(劇場版)

ダーティペア(劇場版)

上映開始日: 1987年3月14日

巨神ゴーグ

巨神ゴーグ

放送日: 1984年4月5日~1984年9月27日   制作会社: サンライズ
キャスト: 田中真弓、雨宮かずみ、キートン山田、今西正男、向殿あさみ、佐々木優子、立木文彦、池田秀一、高島雅羅、石塚運昇
(C) サンライズ

メガゾーン23

メガゾーン23

発売日: 1985年3月9日
キャスト: 久保田雅人、川村万梨阿、荘真由美、冨永みーな、塩沢兼人、宮里久美、高木均、三ツ矢雄二、山寺宏一、鳥海勝美、曽我部和恭、郷里大輔、沢木郁也、板野一郎、小林清志
(C) AIC

トップをねらえ2! 第1巻

トップをねらえ2! 第1巻

発売日: 2004年11月26日   制作会社: GAINAX
キャスト: 福井裕佳梨、坂本真綾、沢城みゆき、岩田光央、山崎たくみ、小林沙苗、松岡由貴、梅津秀行
(C) 2003 GAINAX/TOP2委員会

トップをねらえ! GunBuster

トップをねらえ! GunBuster

発売日: 1988年10月7日   制作会社: GAINAX
キャスト: 日髙のり子、佐久間レイ、川村万梨阿、若本規夫、渕崎ゆり子

AKIRA

AKIRA

上映開始日: 1988年7月16日   制作会社: 東京ムービー
キャスト: 岩田光央、佐々木望、小山茉美、石田太郎、玄田哲章、鈴木瑞穂、中村龍彦、伊藤福恵、神藤一弘
(C) 1988マッシュルーム/アキラ製作委員会

NOIR(ノワール)

NOIR(ノワール)

放送日: 2001年4月5日~2001年9月27日   制作会社: ビィートレイン
キャスト: 桑島法子、三石琴乃、TARAKO、久川綾
(C) 2001 月村了衛・ビィートレイン・ビクターエンタテインメント

天空のエスカフローネ

天空のエスカフローネ

放送日: 1996年4月2日~1996年9月24日   制作会社: サンライズ
キャスト: 坂本真綾、関智一、三木眞一郎、中田譲治、飯塚雅弓、小杉十郎太、山内雅人
(C) サンライズ

COWBOY BEBOP(カウボーイビバップ)

COWBOY BEBOP(カウボーイビバップ)

放送日: 1998年10月23日~1999年4月23日   制作会社: サンライズ
キャスト: 山寺宏一、石塚運昇、林原めぐみ、多田葵、高島雅羅、若本規夫
(C) サンライズ

創聖のアクエリオン

創聖のアクエリオン

放送日: 2005年4月4日~2005年9月26日   制作会社: サテライト
キャスト: 寺島拓篤、かかずゆみ、杉田智和、小野坂昌也、小林沙苗、佐藤ひろ美、日笠山亜美、阪口大助、朴璐美、石塚運昇、玉川砂記子、飛田展男、森川智之、兵藤まこ、青森伸
(C) 2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION

機動戦士ガンダムSEED

機動戦士ガンダムSEED

放送日: 2002年10月5日~2003年9月27日   制作会社: サンライズ
キャスト: 保志総一朗、三石琴乃、桑島法子、子安武人、豊口めぐみ、高戸靖広、井上隆之、白鳥哲、鳥海勝美、渋谷茂、千葉一伸、大川透、宝亀克寿、石田彰、摩味、関智一、笹沼尭羅、関俊彦、川津泰彦、田中理恵、西川貴教、進藤尚美
(C) 創通・サンライズ・毎日放送

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ

放送日: 2006年10月5日~2007年7月28日   制作会社: サンライズ
キャスト: 福山潤、櫻井孝宏、ゆかな、小清水亜美、名塚佳織、折笠富美子、大原さやか、杉山紀彰、千葉紗子、白鳥哲、井上喜久子、成田剣、渡辺明乃、中田譲治、田中一成、新井里美、高田裕司、真殿光昭、飛田展男、若本規夫、皆川純子、南央美
(C) SUNRISE/PROJECT GEASS・MBSCharacter Design (C) 2006 CLAMP

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-

放送日: 2013年10月10日~2013年12月26日   制作会社: サンジゲン
キャスト: 興津和幸、渕上舞、松本忍、宮下栄治、津田美波、東山奈央、沼倉愛美、山村響、内山夕実、ゆかな、MAKO、藤田咲、日高里菜、山本希望、原紗友里
(C) Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!