メガゾーン23

OVA
開始時期:
1985年春
発売日:
1985年3月9日
制作会社:
-
ジャンル:
ロボット
声優:
久保田雅人、川村万梨阿、荘真由美、冨永みーな塩沢兼人、宮里久美、高木均、三ツ矢雄二山寺宏一、鳥海勝美、曽我部和恭、郷里大輔、沢木郁也、板野一郎、小林清志
スタッフ:
監督:石黒昇、製作:アートランド/アートミック、製作:須田英昭/小野寺脩一、企画:鈴木敏充、プロデューサー:三浦亨、脚本:星山博之、オリジナルキャラクターデザイン:平野俊弘、スペシャルゲストデザイン:美樹本晴彦、メカニックデザイン:柿沼秀樹/荒牧伸志/宮尾岳、メカ・スーパーバイザー:窪田正義、美術監督:中村光毅、音響監督:本田保則、撮影監督:吉坂研一、音楽:鷺巣詩郎、演出:長谷川康雄/板野一郎、アクション監督:板野一郎、絵コンテ:板野一郎/平野俊弘/梅津泰臣/石黒昇、原画:垣野内成美/結城信輝/北爪宏幸/庵野秀明/梅津泰臣

若者達の熱気が喧騒と共に交錯する街、東京。主人公の矢作省吾はダンサーを目指す一人の少女、高中由唯と出逢う。いつもと同じ日常、何一つ変わることのない一日。しかし戦闘用バイク・ガーランドが彼の眼前に姿を現した時、平和と常識はもろくも崩れ去った。  その夜、バイクのテストライダーで友人の中川真二に呼び出された省吾は、軍用の大型バイクを託される。しかし突然あらわれた謎の男B・Dによって中川は射殺。省吾もガーランドで逃走する事となった。 身の危険を感じた省吾は、人気アイドルである時祭イヴの出演する番組を利用してガーランドを世間に公表しようとするが失敗。逆にB・Dの指揮する軍のハーガン部隊と戦闘状態に突入してしまう。追い詰められるガーランド。しかしその瞬間、なんとガーランドがロボット形態に変形した!  窮地を脱した省吾は由唯の部屋にガーランドを隠すかたわら、日常へと戻って由唯の親友である智美の自主映画制作を手伝っていた。しかしロケ地の選定中、偶然にも街の下に廃墟となって放逐された謎の都市を発見する。そしてそこで、彼は恐ろしい事実を知ってしまった。 「オレたちの街が…宇宙船の中にある!?」

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

関連ニュース

【懐かしアニメ回顧録第9回】30年前の“いちばんいい時代”を描いた「メガゾーン23」は、単なる懐古趣味とは言い切れない!?

【懐かしアニメ回顧録第9回】30年前の“いちばんいい時代”を描いた「メガゾーン23」は、単なる懐古趣味とは言い切れない!? 2015-08-01

中年ライター・廣田恵介が、日本アニメのあんな時代・こんな時代を気ままに語る「懐かしアニメ回顧録」。新世代・旧世代ともに、作品のつくられた時代を振り返りつつ、ともに現在と未来を明るく楽しく過ごそう。... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:石黒昇 制作国 日本
主題歌 【主題歌】宮里久美「背中ごしにセンチメンタル」
【ED】タケウチユカ「淋しくて眠れない」
挿入歌 【挿入歌】宮里久美「風のララバイ」
      宮里久美「TOMORROW BLUES」
公式サイト http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/megazone/story/st1.html