音響効果技師・川田清貴 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第35回)

2019年10月12日 12:000
音響効果技師・川田清貴 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第35回)

ライターcrepuscularの連載第35回は、音響効果技師の川田清貴さん。せりふと音楽に並ぶ「アニメの音」、それが効果音であり、その効果音を作るのが音響効果技師である。川田さんは株式会社スワラ・プロ出身で、これまであらゆるジャンルのドラマの音を生み出してきた。「メジャー」の吾郎の大気を震わせるジャイロボール音、「蟲師」の美しい自然環境音、「惡の華」の不気味な開花音、「リトルウィッチアカデミア」の夢いっぱいの魔法音、「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」の緊迫感のあるロボバトル音、「衛宮さんちの今日のごはん」の垂涎の料理音……アニメファンならすぐに映像と一緒に思い浮かぶことだろう。近年は、「魔法少女サイト」、「私に天使が舞い降りた!」、「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」、「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」などで、見事な音づくりを披露している。今回の単独インタビューではそんな川田さんにキャリアや創作論、名作の音が生まれた背景などを尋ね、ほかのメディアではめったに触れられない、効果音の世界と魅力をたっぷりと教えていただいた。

 

「せりふと音楽以外の音」を作るプロフェッショナル


─お忙しい中ありがとうございます。連載では初めて、音響効果技師の方にお話をうかがうことになるのですが、まずは川田さんのお仕事について簡単にご説明いただけますか?


川田清貴(以下、川田) せりふと音楽以外の映像の音を作るのが、自分の仕事です。具体的には足音、衣擦れ音、食器の音といった日常生活音、鳥やセミの鳴き声、風音や波音といった環境音、パンチ、斬撃、魔法につけるアクション音、アニメーションにはほかにコミカルな動作音、眉や目の動きに合わせてつける表情音、などもあります。


─表情音などは、実写ではめったに聴けない、アニメならではの音という感じがします。


川田 業界では「タッチ」と呼んでいるんですが、実写でもバラエティ番組とか、コミカルなドラマでは結構つけたりしていますよ。


─やりがいを感じるのはどんな時ですか?


川田 画に音がハマった時、画の目指したアクションに音がついていけた時というのは、やっぱり楽しいですね。


─創作活動にあたり影響を受けた作品は?


川田 自分は割と後天的なアニメファンで、「子供の頃、この作品に衝撃を受けた!」というのは実はありません。「機動戦士ガンダム」(1979~80)や「超時空要塞マクロス」(1982~83)をテレビで観ていたわけでもないんです。中学や高校になってからアニメに興味を持ち始めて、最初の頃は、ビデオ屋のアニメコーナーでちょっと古めのOVAを借りて観ていました。「メガゾーン23」(1985)、「バブルガムクライシス」(1987~91)、「トップをねらえ!」(1988)とか。「魔界都市〈新宿〉」(1988)など、菊地秀行先生原作のアニメも好きで観ていましたね。自分は大分の田舎出身なので、ビデオ屋にも最新のものがあまりありませんでした。アニメが好きになってからはテレビシリーズも観るようになって、業界に入る前は、「ふしぎの海のナディア」(1990~91)や「新世紀エヴァンゲリオン」(1995~96)も観ていました。

 

どんなジャンルも「できなきゃいけない」


─作品参加の基準はありますか?


川田 何でもやりますよ。何でもできなきゃいけないんじゃないですかね、効果って。あくまで自分らはものすごい根っこを作っているわけではなくて、木でいえば、真ん中の幹よりはもうちょっと枝葉に近い部分なんです。木の幹とか根っこを作っている人たちは多分、「絶対これでなきゃ!」というのがあると思うんですけど、ある程度根っこができて幹ができた時に、自分らが枝葉として作るのに「この木は無理だな」なんて言い出したら、仕事が回らないですよね。


─エログロなど、いわゆる年齢制限作品でも問題ないと?


川田 全力でやりますよ。方向性がはっきりしているものは、音で作品を引き立てられるので楽しいです。逆にジャンル関係なく、「音がついてれば何でもいいや」と言われるのが一番辛いです。


─作品参加が決まるタイミングというのは、声優や作曲家と同じなのでしょうか?


川田 以前の効果は、音響のセクションの中でも選んでもらえる順位が割と後ろのほうでした。アフレコとダビングは、テレビレギュラーだと週に1本がパターンなんですけど、午前にアフレコをやって、午後にダビングをやる、たとえば3話のアフレコをやった午後に1話のダビングをやる、というような段取りで、アフレコとダビングがズレながら作業していることが多いんです。そうなると当然、役者さんを決めた後に効果を、となることが多くて、役者さんの人数も多いので、「この曜日この時間帯で空いてるなら」というオファーを受けるか、会社に依頼する形で「社内で予定の合う方」ということが多かったんです。それが、ここしばらく状況が変わってきていて、効果マンの人数が少ないため、「ここでしかやれない」というオファーのかけ方をすると、誰もつかまらなかったりすることがあるため、早めにお声がけをいただけるようになりました。


─やはり準備の時間も必要ですよね。


川田 自分の場合は、原作があれば原作のテイストを見てみたいし、音ロケが必要かどうかも検討したいので、できるだけ早くお話をいただいて勉強する時間が欲しい、という話をしています。原作に触れて、「これは専門の音ロケをしないと、作品にならない」といった状況になったら、直前のオファーだと間に合わないこともあるんですよね。

 

お台場での音ロケ


─監督や音響監督から直接オファーのあった作品は? 監督の元永慶太郎さんと音響監督のえびなやすのりさんの作品にはよく参加されていますね。


川田 お2人とは、「あまえないでよっ!!」(2005~06)をやらせていただいたのが最初です。その時に気に入っていただけたみたいで、今もお話をいただいています。


─菱田正和監督の「プリティーリズム」シリーズにもずっと参加されていますね。


川田 自分は2作目「プリティーリズム・ディアマイフューチャー」(2012~13)からで、その次の「レインボーライブ」(2013~14)の頃にはスワラ・プロを退社していたんですが、このシリーズには「プリズムジャンプ」という固定音があって、作品の世界観を把握しているのも自分しかいなかったため、「KING OF PRISM」シリーズ(2016~)も引き続きやらせてもらっています。


─「メジャー」シリーズ(2004~10)も長く関わっておられました。吾郎のジャイロボール音は迫力満点でカッコよかったです!


川田 6年もあったので、インフレしないように気をつけて作っていました。物語の最初に吾郎の実父であるおとさんが出ていて、あの段階でプロ最大級の投球音というのがすでに根っこにあって、徐々に物語がそこに近づいていくんですよね。メジャーと日本のトップの全力対戦シーンがまずあって、その後どんどん盛り上がっていくことになるので、「アレより上の何かを求めなきゃいけないんだよな……」という葛藤がありました。


─「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」(2016~17)、「活撃 刀剣乱舞」(2017)、「衛宮さんちの今日のごはん」(2018~19)など、ufotable(ユーフォーテーブル)制作作品でもご活躍されています。


川田 「テイルズ オブ ゼスティリア」はまだスワラにいた頃、ゲームのアニメーション「導師の夜明け」(2014)のお話をいただいたのが最初で、それからつながっていった感じです。「衛宮ごはん」は業界でも観てくれた人がいるみたいで、「ちょっと料理関連のシーンがあって」ということでオファーを受けることもありました。やっぱり仕事が名刺代わりになる部分が大きくて、認められるとうれしいですね。

 

「構造オタク」を生かして音に幅をつける


─お得意な音作りがあれば、教えてください。


川田 得意というより、自分は割と作品に影響されるので、がんばっている作品だと効果音は自然に乗っていきますね。やっぱり画やドラマに力が入っていると、「なんとかしてやろう!」ってなりますよ。


─川田さんの作る音は、人工音でも生音でも深みがあるというか、とことん作り込まれている感じがします。


川田 自分は構造オタクなので、ものの構造をちゃんと理解してから音を作ることが多いですね。たとえば、「肉が裂ける音」とかを録音する時は、生肉よりも鶏ガラのほうがいいんですよ。生肉みたいに途中に引っかかるものとか構造的な複雑さがないと、ダッと鳴るだけで終わっちゃうので、後でダクシャとか、メチャとか、パキャみたいな音を足す必要があったりするんです。鶏ガラは小骨が入っているので、刺すとコシのある、いい音がするんですよ。


─剣同士がぶつかる音や銃の発砲音なども、構造的な違いを意識して作られるのでしょうか?


川田 やっぱり日本刀と洋刀は音を変えますね。割と洋刀は、キィ~ンと響く感じをさせることが多くて、カチッと当たった部分と、その後ろの余韻の音とかは、別個に録って加工したものだったりするんです。それこそ「ゼスティリア」と「刀剣乱舞」は、だいぶ意識して変えています。演出上求められる時は例外ですけど、銃に関しては構造的なものより、ケレン味のほうに寄せることが多いですね。たとえば、陸奥守の銃はリボルバーですけど、音はショットガンの音を使っています。


─「魔法少女サイト」(2018)のにじみんが爪を噛み砕く音も、印象的でした。あれは生音ですか?


川田 プラスチックを割る音をベースに作っています。


─パンやズームといったカメラワークにも音がつくことがありますね。「私に天使が舞い降りた!」(2019)第1話では、みや姉が花ちゃんを始めて見た時のズームや、母千鶴の視点でひなたやみや姉を見る時のパンなどに、それぞれ異なる音がついていました。


川田 画に合わせて音をつけています。逆に、音をつけて変な意味がついてしまうようであれば、つけません。驚いて振り向く時のパンであれば音をつける意味があると思いますが、ただ振り向くだけのパンに音をつけると、間違ったメッセージを伝えてしまうかもしれません。効果って、つけ方を間違えるとミスリードすることがあるので、それはやらないようにしています。

画像一覧

  • 音響効果技師・川田清貴 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第35回)

  • 音響効果技師・川田清貴 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第35回)

関連作品

MAJOR(メジャー) 1st season

MAJOR(メジャー) 1st season

放送日: 2004年11月13日~2005年5月21日   制作会社: スタジオ雲雀
キャスト: くまいもとこ、子安武人、日髙のり子、野田順子、緒乃冬華、咲野俊介、落合弘治、笹本優子、釘宮理恵、笹島かほる、石井隆夫、木内レイコ、青山桐子、伊藤亜矢子、恒松あゆみ、和久田み晴、遠藤久美子、はなわ
(C) 満田拓也・小学館/NHK・NEP21・ShoPro

プリティーリズム・ディアマイフューチャー

プリティーリズム・ディアマイフューチャー

放送日: 2012年4月7日~2013年3月30日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 大久保瑠美、高森奈津美、津田美波、佐倉綾音、伊藤かな恵、三宅麻理恵、金香里、明坂聡美、米澤円、阿澄佳奈、原紗友里、榎あづさ
(C) T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PRA製作委員会

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

放送日: 2016年7月3日~2016年9月25日   制作会社: ufotable
キャスト: 木村良平、逢坂良太、茅野愛衣、小松未可子、下屋則子、福圓美里、小野大輔、津田健次郎
(C) BNEI/TOZ-X

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

放送日: 2019年4月3日~   制作会社: feel.
キャスト: 林勇、小澤亜李、内田真礼、大西沙織、釘宮理恵、小林ゆう、前田玲奈、名塚佳織、楠大典、藤原祐規、江口拓也
(C) MAGES./5pb.

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

放送日: 2019年7月8日~2019年9月23日   制作会社: ギークトイズ
キャスト: 下野紘、竹達彩奈、日高里菜、野水伊織、本渡楓、大橋彩香、春野杏、河本啓佑
(C) 2019 花間燈/KADOKAWA/変好き製作委員会

私に天使が舞い降りた!

私に天使が舞い降りた!

放送日: 2019年1月8日~2019年3月26日   制作会社: 動画工房
キャスト: 上田麗奈、指出毬亜、長江里加、鬼頭明里、大和田仁美、大空直美
(C) 椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-

放送日: 2019年4月8日~2019年7月1日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 寺島惇太、斉藤壮馬、畠中祐、八代拓、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬、蒼井翔太、武内駿輔、杉田智和、柿原徹也、前野智昭、増田俊樹、小林竜之、関俊彦、森久保祥太郎、浪川大輔、三木眞一郎
(C) T-ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/キングオブプリズムSSS製作委員会

魔法少女サイト

魔法少女サイト

放送日: 2018年4月6日~2018年6月22日   制作会社: production doA
キャスト: 大野柚布子、茜屋日海夏、鈴木愛奈、芹澤優、山崎はるか、岡本信彦、鈴木達央、中尾隆聖、安里勇哉
(C) 佐藤健太郎(秋田書店)/「魔法少女サイト」製作委員会

蟲師

蟲師

放送日: 2005年10月22日~2006年3月11日   制作会社: アートランド
キャスト: 中野裕斗、うえだゆうじ、土井美加
(C) 漆原友紀/講談社・「蟲師」製作委員会

惡の華

惡の華

放送日: 2013年4月6日~2013年6月29日   制作会社: ZEXCS
キャスト: 植田慎一郎、伊瀬茉莉也、日笠陽子、松崎克俊、浜添伸也、上村彩子、原紗友里
(C) 押見修造・講談社/「惡の華」製作委員会

リトルウィッチアカデミア

リトルウィッチアカデミア

上映開始日: 2013年3月2日   制作会社: トリガー
キャスト: 潘めぐみ、折笠富美子、村瀬迪与、日笠陽子
(C) 吉成 曜/株式会社トリガー/文化庁 アニメミライ2013

銀河機攻隊マジェスティックプリンス

銀河機攻隊マジェスティックプリンス

放送日: 2013年4月4日~2013年9月19日   制作会社: 動画工房/オレンジ
キャスト: 相葉裕樹、浅沼晋太郎、日笠陽子、井口裕香、池田純矢、東地宏樹、沢城みゆき、伊藤静、浅野真澄、野島裕史、鳥海浩輔、鈴木千尋、緑川光、ゆかな、諏訪部順一、町田政則、山本和臣、梁田清之、勝杏里、村瀬歩、藤原祐規、大原さやか、渡辺明乃
(C) 創通・フィールズ/MJP製作委員会

衛宮さんちの今日のごはん

衛宮さんちの今日のごはん

配信日: 2018年1月25日~   制作会社: ufotable
キャスト: 杉山紀彰、川澄綾子、植田佳奈、下屋則子、浅川悠、門脇舞以、伊藤美紀
(C) TAa・KADOKAWA・TYPE-MOON / 「衛宮さんちの今日のごはん」製作委員会

Fate/stay night

Fate/stay night

放送日: 2006年1月6日~2006年6月16日   制作会社: スタジオディーン
キャスト: 杉山紀彰、川澄綾子、植田佳奈、下屋則子、伊藤美紀、諏訪部順一、中田譲治、門脇舞以、浅川悠、神奈延年、田中敦子、神谷浩史、小山力也、真殿光昭、中田和宏、西前忠久、水沢史絵、三木眞一郎、関智一
(C) TYPE-MOON/Fate Project

まほろまてぃっく

まほろまてぃっく

放送日: 2001年10月5日~2001年12月28日   制作会社: GAINAX/シャフト
キャスト: 川澄綾子、瀧本富士子、菊地由美、水野愛日、真田アサミ、荻原秀樹、私市淳、高田由美、野田圭一
(C) 中山・ぢたま/ワニブックス・まほろば家政婦斡旋所

この醜くも美しい世界

この醜くも美しい世界

放送日: 2004年4月1日~2004年6月17日   制作会社: GAINAX/シャフト
キャスト: 川澄綾子、水島大宙、清水愛、瀧本富士子、真田アサミ、高田由美、菊地由美、水野愛日、私市淳、荻原秀樹、亜城めぐ、松本大、こたにともこ、野田圭一
(C) GAINAX/醜美委員会

活撃 刀剣乱舞

活撃 刀剣乱舞

放送日: 2017年7月1日~2017年9月23日   制作会社: ufotable
キャスト: 木村良平、濱健人、榎木淳弥、山下誠一郎、櫻井トオル、斉藤壮馬、皆川純子、永塚拓馬
(C) Nitroplus・DMM GAMES/「活撃・刀剣乱舞」製作委員会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事