色彩設定・松山愛子 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人”第9回)

アキバ総研 | 2017年01月23日 18:00
色彩設定・松山愛子 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人”第9回)

アニメ・ゲーム業界の第一線で活躍するクリエイターたちにインタビューを行い、仕事の流儀や素顔に迫っていく本連載。第9回は色彩設定の松山愛子さん。松山さんは「ああっ女神さまっ」、「アマガミSS」、「僕は友達が少ないNEXT」、「学戦都市アスタリスク」といった、数々のヒット作の“色”の統括責任者。当インタビューでは経歴、影響を受けた作品、目標とする人、仕事のこだわり、色彩設定に求められる資質能力、今後の目標など、さまざまな面からお話をうかがった。

 

「ユンカース・カム・ヒア」のような、人の心に残るアニメを作りたい

 

─本日はどうぞよろしくお願いいたします。最初に、松山さんが影響を受けた作品を教えていただけますか?


松山愛子(以下、松山) アニメ映画の「ユンカース・カム・ヒア」(1990)です。友達に誘われて3、4度観に行ったのですが、どこの映画館で観ても感動して泣くんですよね。それから「アニメでもこんなことができるんだったら、私も人の心に残るアニメを作ってみたい」思うようになり、アニメの仕事に興味を持つようになりました。


─目標とされる方はいらっしゃいますか?


松山 一番初めにいろいろと教えてくださった中山久美子さんです。作る色がとっても素敵なんですよ。今でも私は技術的に全然追いつけていないと思います。


─お仕事を始められてからは中山さんの作品に影響を?


松山 中山さんが色彩設定をされた「マクロスF」(2008)は「すごいなぁ」、「流石だなぁ」と思いました(笑)最近は「クラシカロイド」(2016)などで活躍されていますね。

 

 

色彩設定は「色に関わることにはすべて関わっていく仕事」

 

─基本的な質問で恐縮ですが、色彩設定というのはどういうお仕事なのでしょうか?


松山 簡単に言えば、「色に関わることにはすべて関わっていく仕事」です。作品によっては美術や特殊効果についてもお話しさせていただくことがあります。


─時代による業務内容の変化はございますか?


松山 仕事を始めたころは、アナログのセル画とデジタルが混在していた時期だったのでデジタルを扱える人は少なかったですね。たとえば、美術がまだデジタル化していなければデジタルに取り込んだものを調整する、といったこともやっていました。今は細分化されています。

 

 

AICでキャリアを磨く

 

─キャリアについてうかがいます。アニメの専門学校には通っておられたのですか?


松山 代々木アニメーション学院の仕上げ科に1年通って、セル彩色を学びました。セル画のことが中心の内容で、デジタル彩色のコースは翌年からできたようです。現場でやっている先生も大勢いらしたので、実践的なスキルを身につけることができました。


─ご卒業後、入社されたのがAICさんですか?


松山 そうですね。当時、AICにはまだデジタル彩色のスタッフがいなくて、私は新規立ち上げスタッフの1人として採用されました。学校ではセル彩色を主に学びましたが、デジタルも勉強していたので応募したんです。


─AICさんが第一志望で?


松山 私はAICしか受けてないんですよ。アニメを作りたいから、アニメの専門学校に通ったのですが、実はあまりアニメを観ていなかったんです。どの会社で何を作っているかよくわかっていなかったんです。そんな中、代々木アニメーション学院で教わった市村勇先生が偶然AICの方で、「AICを受けてみたら?」と言ってくださり、応募したら受かったのでそのまま入社しました。


─デジタル彩色のポートフォリオは、どのようなソフトウェアを使用して作られたのですか?


松山 代々木アニメーション学院で使っていた「PaintMan」です。「アニメの現場で使っているものをすぐ使えますよ」というアピールにもなりました。


─最初はどういったお仕事を?


松山 「ロードス島戦記-英雄騎士伝-」(1998)の仕上げです。セル彩色だけでした。そんなに枚数を塗れていないから、名前は載っていないと思いますよ(笑)


─初期キャリアの方の目標枚数というのはあるのでしょうか?


松山 1日50~60枚を目安にしています。当初は「将来的にはデジタルに移行するから」という部署であり、細かいるルールのようなものありませんでした。完全デジタルに移行するようになり、採算なども考え目標が作られるようになりました。


─「ロードス島戦記」では、1日に何枚くらい塗られていたのですか?


松山 セルに絵具で塗っていたので、10~20枚くらいでした。


─入社してすぐに中山さんからマンツーマンで教わっていたのですか?


松山 セルのころは、多くの先輩たちから教わりました。中山さんとはデジタルになってからお会いしました。

 

 

画像一覧

  • 色彩設定・松山愛子 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人”第9回)

関連作品

ああっ女神さまっ

ああっ女神さまっ

放送日: 2005年1月6日~2005年7月7日   制作会社: AIC
キャスト: 菊池正美、井上喜久子、冬馬由美、久川綾、梁田清之、二又一成
(C) 藤島康介・講談社/「ああっ女神さまっ」製作委員会

アマガミSS

アマガミSS

放送日: 2010年7月1日~2010年12月23日   制作会社: AIC
キャスト: 前野智昭、名塚佳織、新谷良子、佐藤利奈、今野宏美、ゆかな、伊藤静、阿澄佳奈、寺島拓篤
(C) ENTERBRAIN, INC./アマガミSS製作委員会

僕は友達が少ないNEXT

僕は友達が少ないNEXT

放送日: 2013年1月10日~2013年3月28日   制作会社: AIC
キャスト: 木村良平、井上麻里奈、伊藤かな恵、山本希望、福圓美里、花澤香菜、井口裕香、加藤英美里、伊瀬茉莉也、日笠陽子
(C) 2013 平坂読・メディアファクトリー/製作委員会は友達が少ないNEXT

学戦都市アスタリスク

学戦都市アスタリスク

放送日: 2015年10月3日~2015年12月19日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 田丸篤志、加隈亜衣、東山奈央、井澤詩織、小澤亜李、内田雄馬、星野貴紀、赤﨑千夏、田村睦心、内山夕実、長妻樹里、杉田智和
(C) 2015 三屋咲ゆう・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/アスタリスク製作委員会

ぷちぷり*ユーシィ

ぷちぷり*ユーシィ

放送日: 2002年9月30日~2003年3月24日   制作会社: GAINAX/AIC
キャスト: 山本麻里安、松岡由貴、福井裕佳梨、折笠富美子、川澄綾子、サエキトモ、山口隆行、堀内賢雄、井上喜久子、石井康嗣、八木光生、前田ちあき、西村朋紘、金田朋子
(C) GAINAX/ぷちぷり委員会

らぶドル Lovely Idol

らぶドル Lovely Idol

放送日: 2006年10月2日~2006年12月18日   制作会社: AIC/ティー・エヌ・ケー
キャスト: 野川さくら、中原麻衣、桃井はるこ、後藤邑子、茅原実里、さかいかな、荻原秀樹、川崎恵理子、竹間千ノ美
(C) 2006らぶドル製作委員会

セイレン

セイレン

放送日: 2017年1月5日~2017年3月23日   制作会社: Studio五組/AXsiZ
キャスト: 佐倉綾音、木村珠莉、井澤詩織、三上枝織、沼倉愛美、下地紫野、黒木ほの香、江口拓也、田村ゆかり、藤田咲、藤井ゆきよ、長妻樹里
(C) 高山箕犀/セイレン製作委員会

関連シリーズ

秋アニメ・レビュー投稿キャンペーン 「ネト充のススメ」特集 ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第3回 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメ・レビュー投稿キャンペーン
  • 「ネト充のススメ」特集
  • ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた!
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ