アニメ・ゲームの“中の人”インタビュー・第5回:美術監督・加藤浩!

アキバ総研 | 2016年09月02日 19:10
アニメ・ゲームの“中の人”インタビュー・第5回:美術監督・加藤浩!

アニメ・ゲーム業界の第一線で活躍するクリエイターたちにインタビューを行い、仕事の流儀や素顔に迫っていく本連載。第5回は美術監督で、株式会社ととにゃん取締役の加藤浩さんにインタビューを敢行。「ああっ女神さまっ」「覇王大系リューナイト」「新世紀エヴァンゲリオン」「アストロボーイ・鉄腕アトム」「ばらかもん」「放課後のプレアデス」といった、数々の名作の背景を手がけてこられた加藤さんに、影響を受けた作品、経歴、美術職に求められるもの、自社の強み、今後の目標などを語っていただいた。


大学時代からアニメを自主制作

 

まずは影響を受けた作品を教えていただけますか?

 

加藤浩(以下、加藤) 実写に関しては、ブログでも書いたように、「タワーリング・インフェルノ」「ブレードランナー」「ジョーズ」「ポセイドン・アドベンチャー」といった作品が好きですね。アニメは「宇宙戦艦ヤマト」や「未来少年コナン」というところから、私は業界に対して興味を持ち始めました。

 

─いつからアニメのお仕事をしたいと思いましたか?


加藤
 大阪芸術大学に在学していたころ、先輩たちと一緒に自主制作アニメを手伝っていて、そのうち「アニメの世界に就職しようかな」と思うようになりました。その後、大学の先輩に聞くと、「生活していくにはなかなか大変な世界だ」と言われ、タツノコプロさんなど、アニメ制作会社数社を見学させていただいた時も、業界の諸先輩から「おすすめはしない」と言われました。しかし、「ならばなおのこと行ってみたい」と強く思い、若気の至りで業界に飛び込みました。

 

―最初はどちらにお勤めを?

加藤 プロダクション・アイ、通称「アイプロ」さんですね。そこでの最初のお仕事は、TVアニメの「めぞん一刻」(1986~88)の背景でした。

 

─新人の方の生活が大変だと言うのは、よく聞きます。

加藤 大学出たてで、20代前半なので、貧乏も自慢のうちでした(笑)。業界の先輩におごってもらったりしながら、「何とかなる」というノリで生活してました。


 

美術は画面のルック・ムードを決める


─当時から美術職を希望されていたのですか?

加藤 上京当初は演出志望だったんですけど、大学の先輩から「美術もかじっておいたほうがいいよ。その後でも演出に行けるよ」と言われ、美術のお仕事を始めました。しかし、美術に入ってみたら、深過ぎる、面白過ぎるんです。

 

─美術の面白さは、どういうところにあるのでしょうか?

加藤 今はデジタルで加工しますが、当時はフィルムの時代で、絵具を使って紙に手描きしてましたから、自分の絵がそのままフィルムになるわけですよ。これは「画面のルック・ムードを決める、重要なポジション」だと気づき、面白くて抜けられなくなりました(笑)。当時でもその後に撮影が入って、フィルターなどはかかるのですが、ムード・雰囲気、時間、天候、ライティングなどを演出の意図に従って描写できるのが背景だったんです。最近は3Dなどのデジタル工程が入ってきたので、そうでもなくなってきていますが。

 

美術監督デビューは「ああっ女神さまっ」

 

─プロダクション・アイさんで経験を積まれた後は、どのようなキャリアを歩まれたのですか?

加藤 アイプロさん退社後は、しばらくフリーで活動していました。そして、細かい仕事をいろいろと受けているうちに、フリーの仲間から「一緒に美峰をやらない?」とお声がけをいただいたんです。美峰は最初、フリーの集団でしたが、その後の法人立ち上げにも参加しました。最初は劇場版の「サイレントメビウス」(1991)やOVAの「電影少女―VIDEO GIRL AI―」(1992)のお手伝いをしていました。

 

―美術監督デビューも美峰さんで?

加藤 デビューは藤島康介先生のOVA「ああっ女神さまっ」(1993~94)ですね(編注:加藤さんはTVシリーズ(2005~06)の美監も務めている)。みずから手をあげ、思い切ってやらせてもらいました。あのころの美峰はまだ法人化していませんでしたが、AICさんにはいろいろとお世話になりました。法人化して美術監督としてお手伝いしたのが、TVシリーズの「覇王大系リューナイト」(1994~95)になります。

 

―TVシリーズの美監はいかがでしたか?

加藤 「リューナイト」は、「駆け出しの会社にTVシリーズができるのか」という挑戦の意味合いもあったので、会社全体で頑張りましたね。あの作品には鍛えてもらいましたよ(笑)。スケジュール的にも大変でしたが、サンライズさんには本当に助けてもらいました。

画像一覧

  • アニメ・ゲームの“中の人”インタビュー・第5回:美術監督・加藤浩!

  • アニメ・ゲームの“中の人”インタビュー・第5回:美術監督・加藤浩!

  • アニメ・ゲームの“中の人”インタビュー・第5回:美術監督・加藤浩!

関連作品

ああっ女神さまっ

ああっ女神さまっ

放送日: 2005年1月6日~2005年7月7日   制作会社: AIC
キャスト: 菊池正美、井上喜久子、冬馬由美、久川綾、梁田清之、二又一成
(C) 藤島康介・講談社/「ああっ女神さまっ」製作委員会

覇王大系リューナイト

覇王大系リューナイト

放送日: 1994年4月5日~1995年3月28日   制作会社: サンライズ
キャスト: 優希比呂、矢島晶子、小杉十郎太、西村朋紘、折笠愛、置鮎龍太郎、松本保典、関俊彦、永島由子、辻谷耕史
(C) 伊東岳彦/集英社・サンライズ

新世紀エヴァンゲリオン

新世紀エヴァンゲリオン

放送日: 1995年10月4日~1996年3月27日   制作会社: GAINAX
キャスト: 緒方恵美、三石琴乃、山口由里子、林原めぐみ、宮村優子、立木文彦、石田彰、清川元夢、優希比呂、長沢美樹、子安武人、関智一、岩永哲哉、岩男潤子、麦人
(C) GAINAX・カラー/Project Eva.

ASTRO BOY 鉄腕アトム

ASTRO BOY 鉄腕アトム

放送日: 2003年4月6日~2004年3月28日
キャスト: 津村まこと、丸山美紀、勝田久、大和田伸也、檜山修之、佐藤ゆうこ、くまいもとこ、千葉進歩、矢尾一樹、川瀬晶子、富田耕生、田中秀幸
(C) Tezuka Productions/SPEJ

ばらかもん

ばらかもん

放送日: 2014年7月5日~2014年9月27日   制作会社: キネマシトラス
キャスト: 小野大輔、原涼子、古木のぞみ、大久保瑠美、内山昂輝、遠藤璃菜、木村聖哉、潘めぐみ、徳永悦子、立木文彦、諏訪部順一、梶裕貴
(C) ヨシノサツキ/スクウェアエニックス・「ばらかもん」製作委員会

放課後のプレアデス

放課後のプレアデス

配信日: 2011年2月1日~2011年2月1日   制作会社: GAINAX
キャスト: 高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲、桑島法子
(C) FUJI HEAVY INDUSTRIES Ltd. / GAINAX / SxG アニメプロジェクト実行委員会

関連シリーズ

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • ニンテンドー3DS「モンスターハンター ストーリーズ」プレゼント!
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)