【アニメコラム】キーワードで斬る!見るべきアニメ100 第8回「WXIII 機動警察パトレイバー」ほか

アキバ総研 | 2016年08月21日 12:00
【アニメコラム】キーワードで斬る!見るべきアニメ100 第8回「WXIII 機動警察パトレイバー」ほか

アニメファンの飲み会というのは得てして、大喜利というか連想ゲーム的なものになりがちだ。「○○には××なシーンが出てくるよな」と誰かが一言いえば、ほかの誰かが「××なシーンといえば△△を忘れちゃいけない」と返してくる。アニメとアニメはそんなふうに見えない糸で繋がれている。キーワードを手がかりに、「見るべきアニメ」をたどっていこう。


「シン・ゴジラ」がヒットということで、今回の「見るべきアニメ100」のキーワードは「怪獣」。とはいえ「怪獣」とアニメは決して相性がよくはない。怪獣は特撮映画・特撮番組に出自を持ち、その巨大感や生物感はアニメでは表現しづらいせいか、アニメでは“主流”にはならなかったのだ。

 

だが怪獣ブームの余波は大きく、怪獣は“メカ”のフィルターを経て、ロボットアニメなどのやられ役へと変奏されアニメの中に取り込まれた。「科学忍者隊ガッチャマン」の鉄獣メカ、「マジンガーZ」の機械獣などがその初期の代表例といえる。ちなみに、こうしたやられメカは制作現場では“怪獣”と呼ばれていたという。

 

そんなアニメの中にあって、ストレートに怪獣を取り上げた作品を探すとするなら、映画WXIII 機動警察パトレイバーが筆頭にあがる。

同作はマンガ版「機動警察パトレイバー」のエピソード「廃棄物13号」を下敷きにした劇場アニメ。事件を追う刑事コンビを主役に据えたスピンオフ的なポジションの作品だ。

東京湾で発生した輸送機の墜落事故。その後、湾岸地域でレイバーが何者かによって襲われる事件が発生する。城南署のベテラン刑事・久住と若手刑事・秦の2人がこの事件を追い始め、やがてそれが大きな事件に結びついていく。

 

誰も気がつかないほどの小さな異変の発見から始まり、怪獣の登場へと至るプロセスや、怪獣の習性に気づくことがプロットの重要なポイントになっている点など、「WXIII」話の運びは非常にオーソドックスな“怪獣もの”にそっている。ロボットアニメの「パトレイバー」だが、内容に関していえば怪獣映画と呼んだほうがふさわしい。

本作の怪獣の特徴は、バイオテクノロジーが背景にあること。テクノロジーが介在するということは、つまり、これは人間の仕業ということでもある。というわけで本作のストーリーは怪獣映画でありつつ、同時に犯罪映画であるという方向へ進んでゆき、悲劇的なラストシーンに至るのである。

 

 

さて、ロボットアニメのやられメカは“怪獣の亜種”と記したが、この“亜種”もやがて衰退期を迎えることになる。ロボットを兵器に見立てる、いわゆる“リアル系ロボットアニメ”の台頭だ。

だがやがてこの“怪獣の亜種”を見事再生したアニメが現れる。それが新世紀エヴァンゲリオンだ。

 

「新世紀エヴァンゲリオン」は、汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンが、さまざまな姿をした使徒を迎え撃つ、という設定が作品の根幹に用意されている。

使徒は、生物ともロボットともつかない非常に個性的な形状をしているところが特徴。先に怪獣の巨大感、生物感はアニメに向いていないと書いた。実は使徒のデザインはこの「アニメは怪獣が苦手」ということへのアンサーになっているのだ。ディテールがなく、形状も幾何学的な使徒は、「実線で縁取られ、色面で塗り分けられる」アニメの表現特性と非常にマッチしているのだ。このあたり、特撮を追いかける感のあったザ・ウルトラマンなどとは異なり、アニメならではの表現として洗練されているのがポイントだ。

 

この「アニメ的表現に特化した怪獣」は「エヴァンゲリオン」の後も、地球防衛企業ダイ・ガードのヘテロダイン、ストライクウィッチーズのネウロイという“後継者”を生み出している。

 

怪獣というキーワードでいうなら、映画わんぱく王子の大蛇退治も忘れてはいけない1本だ。同作はスサノオを主人公にした、日本神話を題材にした映画で、クライマックスではヤマタノオロチとの大決戦が描かれる。

本作は平面的でデザイン的な画面作りが特徴なのだが、ヤマタノオロチとの空中戦(スサノオは天馬アメノハヤコマに乗って空を駆ける)は、画面構成が立体的になる時があって、それがかえってこのバトルの鮮烈な印象を深めている。しかも本作の音楽を手がけたのは、「ゴジラ」を筆頭に数多くの怪獣映画を手がけた伊福部昭。これだけ書けば「わんぱく王子の大蛇退治」が“実質怪獣映画”であると納得してもらえるのではないだろうか、

 

そして「わんぱく王子」の東映動画(現・東映アニメーション)がその36年後、1999年に送り出したのが、映画デジモンアドベンチャーだ。

TVシリーズの4年前を舞台にした本作は、まだ幼い八神太一と八神ヒカリの兄弟が初めてデジモンと出会った時を描くエピソード。わずか20分間の作品だが、夜の団地で、巨大なグレイモンとパロットモンが本格的な怪獣バトルを披露するのが見どころだ。夜間シーンということで、照明の使い方がデジモンの大きさを際立てているのが“怪獣もの”としての魅力につながっている。

 

怪獣とアニメは、近いようでいて案外遠い距離にある。果たしてこの関係にまた新たな一歩が記されることはあるのだろうか? その時はどんなアプローチになるのだろうか?

 

 

(文/藤津亮太)

画像一覧

  • 【アニメコラム】キーワードで斬る!見るべきアニメ100 第8回「WXIII 機動警察パトレイバー」ほか

関連作品

WXIII 機動警察パトレイバー

WXIII 機動警察パトレイバー

上映開始日: 2002年3月30日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 綿引勝彦、平田広明、田中敦子、穂積隆信、拡森信吾、森田順平、池田勝、冨永みーな、古川登志夫、池水通洋、二又一成、郷里大輔、大林隆介
(C) 2002 HEADGEAR/BANDAI VISUAL/TOHOKUSHINSHA

科学忍者隊ガッチャマン

科学忍者隊ガッチャマン

放送日: 1972年10月1日~1974年9月29日   制作会社: タツノコプロ
キャスト: 森功至、ささきいさお、杉山佳寿子、塩屋翼、兼本新吾、大平透、寺島幹夫、田中信夫、木下秀雄
(C) TATSUNOKO PRODUCTION. All rights reserved.

マジンガーZ

マジンガーZ

放送日: 1972年12月3日~1974年9月1日   制作会社: 東映アニメーション
キャスト: 石丸博也、松島みのり、沢田和子、八奈見乗児、柴田秀勝、北浜晴子
(C) ダイナミック企画・東映アニメーション

新世紀エヴァンゲリオン

新世紀エヴァンゲリオン

放送日: 1995年10月4日~1996年3月27日   制作会社: GAINAX
キャスト: 緒方恵美、三石琴乃、山口由里子、林原めぐみ、宮村優子、立木文彦、石田彰、清川元夢、優希比呂、長沢美樹、子安武人、関智一、岩永哲哉、岩男潤子、麦人
(C) GAINAX・カラー/Project Eva.

ザ☆ウルトラマン

ザ☆ウルトラマン

放送日: 1979年4月4日~1980年3月26日
キャスト: 富山敬、島本須美、森川公也、二瓶正也、兼本新吾、滝口順平、千葉繁、熊倉一雄、塩見竜介、伊武雅刀、蟹江栄司
(C) 円谷プロ

地球防衛企業ダイ・ガード

地球防衛企業ダイ・ガード

放送日: 1999年10月5日~2000年3月28日   制作会社: ジーベック
キャスト: 伊藤健太郎、平松晶子、三木眞一郎、小野健一、広瀬正志、土師孝也、鈴鹿千春、新谷真弓、優希比呂、カシワクラツトム、大野まりな、根谷美智子、田村ゆかり
(C) XEBEC・フライングドッグ

ストライクウィッチーズ

ストライクウィッチーズ

放送日: 2008年~   制作会社: GONZO
キャスト: 福圓美里、千葉紗子、田中理恵、名塚佳織、沢城みゆき、園崎未恵、野川さくら、斎藤千和、小清水亜美、門脇舞以、大橋歩夕
(C) 2007 第501統合戦闘航空団

デジモンアドベンチャー

デジモンアドベンチャー

放送日: 1999年3月7日~2000年3月26日   制作会社: 東映アニメーション
キャスト: 藤田淑子、風間勇刀、水谷優子、天神有海、前田愛、菊池正美、小西寛子、荒木香恵、平田広明、坂本千夏、山口眞弓、重松花鳥、櫻井孝宏、山田きのこ、竹内順子、松本美和、徳光由禾
(C) 本郷あきよし・東映アニメーション

わんぱく王子の大蛇退治

わんぱく王子の大蛇退治

上映開始日: 1963年3月24日
キャスト: 風間杜夫、岡田由記子、久里千春
(C) 東映アニメーション

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)