マジンガーZ

テレビアニメ
開始時期:
1973年冬
放送日:
1972年12月3日~1974年9月1日
制作会社:
東映アニメーション
ジャンル:
ロボット
声優:
石丸博也、松島みのり、沢田和子、八奈見乗児柴田秀勝、北浜晴子
スタッフ:
企画:春日東/別所孝治/有賀健/横山賢二、製作担当:江藤昌治/菅原吉郎、脚本:高久進/藤川桂介/布施博一、演出:芹川有吾/勝田稔男/勝間田具冶、キャラクター設計:羽根章悦、美術:辻忠直/内川文広/山崎誠、音楽:渡辺宙明

地下帝国を支配する狂気の科学者・ドクターヘル。恐るべき機械獣軍団を完成させた彼は、世界征服に乗り出すことを宣言する。だが、野望を阻む邪魔者がいた。日本人の大科学者・兜博士だ。光子力という新エネルギーの抽出に成功した博士は、ドクターヘルの野望と機械獣の秘密を知るただ一人の人間でもあった。そこでドクターヘルは、腹心のあしゅら男爵を呼び寄せ、機械獣を操るバードスの杖を与えて兜博士の抹殺を命令する。海底要塞サルードで日本へ向かったあしゅら男爵は、もくろみ通りに博士が別荘に滞在していることを聞き出す。孫の兜甲児が駆けつけた時は既に遅く、別荘は爆破され、博士は志半ばにして息絶えようとしていた。博士は最後の力を振りしぼり、密かに開発していたマジンガーZを甲児に託す。ドクターヘルの野望を砕くために作られた、光子力で動く巨大ロボットだ。マジンガーZに乗り込んだ甲児は、次々と襲い来る悪の機械獣に敢然と立ち向かってゆく!

満足度4.10
ストーリー
4.00
オリジナリティ
4.17
作画
4.17
演出
4.00
キャラクター
4.00
声優
4.00
音楽
4.33
4.33

ヒトコト (1)

  • ---

    70年代ロボットアニメの代表作。ガンダムが登場するまでのロボットアニメは全てこのマジンガーZのコピーと言っても過言ではない。続編のグレートマジンガーにつなげるためか、マジンガーZは最終回でボコボコにされた。幼心にとても酷いと感じた。

    --- 2014-08-05 09:32:04

評価レビュー(5)

  • スーパーねこにゃん

    4.5超合金ロボットが流行ったアニメ

     このアニメの御蔭で、おもちゃの超合金マジンガーZが大ヒットした凄いアニメです。良くロケットパンチして腕が無くなった人も多いのではありませんか・・ロボットに色んな武器が出てきて最後は勝つと言うアニメですがとにかく燃える感...>>続きを見る

    スーパーねこにゃん 2014-08-09 10:34:55 コメント(0) いいね(0)
  • ばるふん

    4.0主題歌

    主題歌が強烈に頭に残りますね。とばっせーてっけん♪、ストーリーもシンプルですよ。ロボットで悪に戦い勝つという構成ですね。なんといってもマジンガーゼットのかっこよさとパイルダーオンの場面が見所ですね。純粋に面白い深く考えな...>>続きを見る

    ばるふん 2014-08-08 20:15:39 コメント(0) いいね(0)
  • えあるねこにゃん

    4.0斬新な主題歌

    ネタバレ この評価レビューにはネタバレが含まれています。表示する場合はここをクリックしてください
    えあるねこにゃん 2014-08-05 15:24:00 コメント(0) いいね(0)
  • dant

    4.0主題歌が印象的

    初めて見たロボットアニメがマジンガーZでした。水木一郎さんの歌う主題歌がすごく好きで、オープニングがはじまると一緒によく歌っていました。ロケットパンチとかブレストファイヤーが歌詞に出てくるので自然に覚えましたね。子供心な...>>続きを見る

    dant 2014-08-05 11:05:19 コメント(0) いいね(0)
  • ---

    4.0最終回が悲しすぎるマジンガーZ

    ネタバレ この評価レビューにはネタバレが含まれています。表示する場合はここをクリックしてください
    --- 2014-08-05 09:51:32 コメント(0) いいね(0)

作品詳細

原作/原案 原作:永井豪とダイナミックプロ 制作国 日本
主題歌 【OP】水木一郎「マジンガーZ」
【ED】水木一郎「ぼくらのマジンガーZ」
公式サイト http://lineup.toei-anim.co.jp/ja/tv/mazingerz/