【アニメコラム】キーワードで斬る!見るべきアニメ100 第6回「ふらいんぐうぃっち」ほか

アキバ総研 | 2016年06月26日 11:00
【アニメコラム】キーワードで斬る!見るべきアニメ100 第6回「ふらいんぐうぃっち」ほか

アニメファンの飲み会というのは得てして、大喜利というか連想ゲーム的なものになりがちだ。「○○には××なシーンが出てくるよな」と誰かがひとこと言えば、ほかの誰かが「××なシーンといえば△△を忘れちゃいけない」と返してくる。アニメとアニメはそんなふうに見えない糸で繋がれている。キーワードを手がかりに、「見るべきアニメ」をたどっていこう。


今となってはなかなか信じがたいが、昔、アニメというのは「にぎやかしくて騒々しいもの」だった。夕食の前、親が忙しい時に、気を散らさないで“ブラウン管”を見つめてもらうには、飽きさせないストーリー展開、バトルや変身などの見せ場を20分強の時間にぎっちり埋め込む必要があった。

 

ところが時代が進んで、中高生がアニメを見ることが当たり前になってくると、こうしたヤングアダルト層は、子供よりもずっと集中して番組を見てくれる。そうなると作り手も「子供向け」というほどに「にぎやかに華やかにしなくてもいいだろう」と、引き算した演出に挑戦してくる例も出てくる。 セリフを引き算する、音楽を引き算する、カメラワークを抑える、ストーリーをミニマムにする……そういう試みが行われるようになる。

 

ふらいんぐうぃっちは、石塚千尋の同名原作のアニメ化したもの。青森県弘前市を舞台に、独り立ちのためにやってきた魔女・木幡真琴と、その従兄弟である圭・千夏兄妹の日常を描く作品だ。

この作品の魅力は、作中に流れているゆったりとした時間にある。真琴たちの普段の生活の中に起こる、ちょっとした事件とそのさざ波。カメラを引き気味にしたカットも多く、画面から落ち着いた雰囲気が漂ってくる。楽器数を絞ったシンプルな劇伴も、その雰囲気に貢献している。

たとえば第4話「桜の中の占い師」。これは花見のお祭りから始まる。屋台を見て回り、お化け屋敷に入る真琴たち。でも、お化け屋敷の中で腰を抜かしたりするくだりをおもしろおかしく盛り上げたりはしない。ゲストキャラクターである犬飼が出てきてからも、「事情があって犬っぽい姿になってしまった」というあたりでかなりギャグっぽくもできるところを、あくまで「クスリ」というぐらいの笑いに抑えている。こういう絶妙のさじ加減が「ゆったりした時間」の源なのだ。

 

「引き算から生まれるゆったりした時間」。アニメでそういう試みをした極初期の作品といえば、やはりOVAの魔法のスターマジカルエミ 蝉時雨」をあげないわけにはいかない。

このOVAは、TVシリーズの途中にあたる夏の1日を描いた作品だ。「1日を描いた」といってもこのエピソードで事件らしい事件はまったく起きない。主人公の舞をはじめ、メインキャラクターたちの、いつもの1日が淡々と綴られていくだけなのだ。舞がエミに変身して、マジックを披露するというTVシリーズでは絶対欠かせないシーンもほとんどない。そんなコレといった出来事がない中、夕立が降り、その後に虹がかかるくだりがあり、そこがクライマックスといえばクライマックスになっている。公園で雨宿りをしていた舞は、雨が上がった時に、“何か”を思うのだが、それが何かは具体的には描かれない。(シリーズの結末を知っていれば、想像できなくはないが、そこまではっきりと描かれているわけではない)。「日常という時間」を描くだけで成立させるその描写力は当時のファンに強い印象を残した。

 

「平凡な1日を描いた」といえば忘れられない、涼宮ハルヒの憂鬱の「サムデイ・イン・ザ・レイン」は、まさに「蝉時雨」の子孫といっていいようなエピソードだ。

ご存じの通り「涼宮ハルヒの憂鬱」は、何かしら常識を越えた事件が起こるシリーズなのだが、本作だけは「まったくなんの事件も起きない晩秋の1日」を描いているのだ。2006年版ではクライマックスのエピソードが始まる直前に置かれ、劇場版「涼宮ハルヒの消失につながる2009年版では最終回に置かれている。いずれにせよ、「ここ」が語り手であるキョンたちの(戻ってくるべき)日常であるということが、静かな語り口の中で示されている。部室の中を定点カメラで追ったような演出もあり、そういう部分からも「引き算の効果を意識した演出」の印象が残る。

 

そして現在の深夜アニメで「ゆったりとした時間」の作品が少なからず制作される背景にはARIA The ANIMATIONのヒットの影響が少なからずある。2000年前後に一時期「ゆったりとした時間」のアニメが増えた時期があった。だがその後、そういった作品は漸減していった。その流れを変えたのが2005年の「ARIA The ANIMATION」だった。

テラフォーミングされた火星・アクアで、一人前のウンディーネ(ゴンドラ漕ぎ)を目指す灯里の日常を描いた本作は、天野こずえの同名原作のアニメ化。人気を受けてTVシリーズ、OVA合わせて4作制作され、2015年にはアニメ10周年記念作品となる新作ARIA The AVVENIREも発表された。

 

「ゆったりとした時間」を描く作品は、TVアニメの成熟の中で生まれたのだ。

 

(文/藤津亮太)


(C) 石塚千尋・講談社/「ふらいんぐうぃっち」製作委員会

画像一覧

  • 【アニメコラム】キーワードで斬る!見るべきアニメ100 第6回「ふらいんぐうぃっち」ほか

関連作品

ふらいんぐうぃっち

ふらいんぐうぃっち

放送日: 2016年4月10日~2016年6月25日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 篠田みなみ、鈴木絵理、菅原慎介、葵井歌菜、三上枝織、日野まり、井口裕香、佐倉綾音、茅野愛衣、小澤亜李
(C) 石塚千尋・講談社/「ふらいんぐうぃっち」製作委員会

魔法のスター マジカルエミ

魔法のスター マジカルエミ

放送日: 1985年6月7日~1986年2月28日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 小幡洋子、水島裕、龍田直樹、峰あつ子、八奈見乗児、青木菜奈、納谷六朗、三田ゆう子、伊倉一恵、郷里大輔、千葉繁、大滝進矢、亀山助清、岡本麻弥
(C) ぴえろ

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

涼宮ハルヒの憂鬱(第1期)

放送日: 2006年4月2日~2006年7月2日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 平野綾、杉田智和、後藤邑子、小野大輔、茅原実里、松岡由貴、桑谷夏子、白石稔、松元惠、あおきさやか
(C) 2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団

涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒの消失

上映開始日: 2010年2月6日   制作会社: 京都アニメーション
キャスト: 平野綾、杉田智和、茅原実里、後藤邑子、小野大輔、桑谷夏子、松岡由貴、白石稔、松元惠、あおきさやか
(C) 2009 Nagaru Tanigawa・Noizi Ito/SOS団

ARIA The ANIMATION

ARIA The ANIMATION

放送日: 2005年10月5日~2005年12月28日   制作会社: ハルフィルムメーカー
キャスト: 葉月絵理乃、斎藤千和、広橋涼、大原さやか、西村ちなみ、皆川純子、川上とも子、水橋かおり
(C) 2005 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

ARIA The AVVENIRE

ARIA The AVVENIRE

上映開始日: 2015年9月26日   制作会社: TYOアニメーションズ
キャスト: 葉月絵理乃、斎藤千和、広橋涼、大原さやか、西村ちなみ、皆川純子、水橋かおり、川上とも子
(C) 2015 天野こずえ/マッグガーデン・ARIA カンパニー (C) 2015 Kozue Amano/MAG Garden・ARIAcompany All Rights Reserved

関連シリーズ

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • ニンテンドー3DS「モンスターハンター ストーリーズ」プレゼント!
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)