2作品がデッドヒート! 見事1位を制したのはあのARアイドルの作品! 「2020年冬アニメ人気投票」結果発表!

2020年04月10日 17:001
2作品がデッドヒート! 見事1位を制したのはあのARアイドルの作品! 「2020年冬アニメ人気投票」結果発表!

2020年3月19日~4月3日の期間で開催された、アキバ総研公式投票企画「どの作品がおもしろかった? 2020年冬アニメ人気投票」。その結果についてレポートしよう。はたして、アキバ総研のユーザーが面白いと感じた冬アニメはどんな作品なのだろうか。

 


まず、投票数の多かった順のベスト10作品を見てみよう。


1位 「ARP Backstage Pass」……637票
2位 「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」……526票
3位 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」……86票
4位 「理系が恋に落ちたので証明してみた。」……80票
5位 「地縛少年花子くん」……60票
6位 「恋する小惑星」……49票
7位 「ハイキュー!! TO THE TOP」……46票
7位 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」……46票
9位 「ダーウィンズゲーム」……45票
10位 「映像研には手を出すな!」……44票

数ある冬アニメ作品の中で、1位と2位の2作品が他を大きく突き放すデッドヒートを繰り広げた。そのつばぜり合いの中で見事1位をもぎ取ったのは、ARを使った実在のバーチャルアイドルをベースにしたアニメ作品「ARP Backstage Pass」であった。ARPについては、アキバ総研でも過去に何度も取り上げ、そのステージングの素晴らしさ、ファンの熱狂度などについてお伝えしてきたが、アニメ化された本作においても、その人気は全く衰えることを知らずといった感じで、多くのファンが本作を視聴し、そして本投票にも積極的に投票を行ったものと思われる。視聴者層がほぼ女子に限定されており、視聴した人とそうでない人の差が大きい作品ではあったが、見事堂々の1位の座をしとめた。


この「ARP Backstage Pass」の対抗馬となったのが、2位の「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」である。あおきえいさんによる完全オリジナルの作品ということで、放送開始前にはどんな話になるのか全く見当が付かなかった本作。放送が始まっても、そもそもの世界観が把握しづらく、謎が謎を呼ぶ展開で、視聴者を煙に巻き続けたとも言える本作であるが、近年めっきり少なくなったオリジナルもののハードSF作品として評価は高い。かなり複雑にからみあった展開を考えながら見ないと、ストーリーについていけなくなるというような難解な作品だが、それだけに中毒性も高く、このような高評価を得るに至った。

というわけで、上記の2作品がそれぞれ500票以上の大量票を集めたのに対し、ほかの作品については、いずれも100票以下の低得票となった。しかし、票数はさほどではなくとも、今期アニメは意外な良作が多かったように思える。


まず、3位に入った「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」(愛称「防振り」)、そして4位の「理系が恋に落ちたので証明してみた。」(愛称「リケコイ」)は、いずれもライトノベル原作のコメディタッチの作品であるが、よくありがちな設定でありながらも、作品としての出来はなかなかよく、深く考えずに見ても楽しめる作品として人気を呼んだ。6位の「恋する小惑星」も、いわゆる「きらら系」作品であるが、最近の「ゆるキャン△」などに代表されるような、ほんわか部活モノとしてよくまとまった作品として評価を得ている。


しかし、この種の作品の中でも異色の出来のよさを見せたのは、7位の「推しが武道館いってくれたら死ぬ」(愛称「推し武道」)だろう。今回の投票の順位こそ7位と、ややふるわなかったが、岡山という地方を舞台にした地下アイドルグループと、それを支持するヲタ、いやファンとの心温まるストーリーが、笑いとともに繰り広げられた傑作となった。

いっぽう、コミック原作の若干ハードな雰囲気の作品と言えるのが、5位「地縛少年花子くん」と、9位「ダーウィンズゲーム」であろう。「地縛少年花子くん」のほうは、「ダンガンロンパ」などでおなじみのLercheが制作したこともあり、同作と同じような、コミカルながらもミステリアスな雰囲気が秀逸。「ダーウィンズゲーム」については、いわゆる異能者同士のバトルロイヤルゲームものであるが、共闘と裏切りという、この手の作品につきもののサスペンス要素が見事で、最後まで視聴者を飽きさせない作りが評価されたと言えるだろう。


7位の「ハイキュー!! TO THE TOP」は、人気作品「ハイキュー!!」の続編ということで、こちらは安定の人気。メインキャストが数名変更となり、ファンにとってはやや残念な面もあったが、クオリティはさすが安定のProduction I.G作品という感じで、ファンを楽しませてくれた。


なお、10位というややさえない順位にはなったが、NHKで放送された「映像研には手を出すな!」は、今期のアニメ作品の中では、ある意味もっとも特筆すべき作品と言える。「ピンポン THE ANIMATION」や「四畳半神話大系」など、その独特な作風で常に話題を振りまいてきた湯浅政明さんが監督を務め、アニメーション制作の面白さを、これでもかというほどに見せつけた本作は、湯浅ワールドをさらに押し進めた傑作として、今後も語り継がれそうだ。OP主題歌に起用されたchelmico(チェルミコ)も、現在大人気で、さまざまな面で、この1~3月期を代表するようなムーブメントを引き起こした。


このほかにも、今期は、コメディ作品やほんわかする作品を中心に意外な良作ぞろいだった印象だが、残念ながら本投票ではベスト10圏内に入ることができなかった。11位以下の結果については、下記のページを参照していただきたい。

 

画像一覧

  • 2作品がデッドヒート! 見事1位を制したのはあのARアイドルの作品! 「2020年冬アニメ人気投票」結果発表!

関連作品

ARP Backstage Pass

ARP Backstage Pass

放送日: 2020年1月13日~2020年3月30日
キャスト: 井上和彦、駒田航、浪川大輔、江口拓也
(C) YUKE’S Co., Ltd. All Rights Reserved. (C) ARPAP

ID:INVADED  イド:インヴェイデッド

ID:INVADED イド:インヴェイデッド

放送日: 2020年1月5日~2020年3月22日   制作会社: NAZ
キャスト: 津田健次郎、細谷佳正、M・A・O、ブリドカットセーラ恵美、村治学、近藤隆、岩瀬周平、榎木淳弥、加藤渉、落合福嗣、西凜太朗、遠藤綾、島袋美由利、平川大輔、宮本侑芽、日笠陽子、蓮岳大、佐倉綾音、小林親弘
(C) 2019「イド・インヴェイデッド」製作委員会

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

放送日: 2020年1月8日~2020年3月25日   制作会社: SILVER LINK.
キャスト: 本渡楓、野口瑠璃子、早見沙織、新井里美、加隈亜衣、諏訪ななか、杉山紀彰、佐藤聡美、小野賢章、山崎たくみ、竹達彩奈、神奈延年、佐藤利奈、山口勝平、石田彰、皆口裕子、丹下桜
(C) 2020 夕蜜柑・狐印/KADOKAWA/防振り製作委員会

理系が恋に落ちたので証明してみた。

理系が恋に落ちたので証明してみた。

放送日: 2020年1月10日~2020年3月27日   制作会社: ゼロジー
キャスト: 内田雄馬、雨宮天、原奈津子、大森日雅、福島潤、置鮎龍太郎、麻倉もも
(C)山本アリフレッド・COMICメテオ / アニメ「リケ恋」製作委員会

地縛少年花子くん

地縛少年花子くん

放送日: 2020年1月9日~2020年3月26日   制作会社: ラルケ
キャスト: 緒方恵美、鬼頭明里、千葉翔也
(C) あいだいろ/SQUARE ENIX・「地縛少年花子くん」製作委員会

恋する小惑星

恋する小惑星

放送日: 2020年1月3日~2020年3月27日   制作会社: 動画工房
キャスト: 高柳知葉、山口愛、指出毬亜、東山奈央、上坂すみれ
(C) Quro・芳文社/星咲高校地学部

ハイキュー!! TO THE TOP

ハイキュー!! TO THE TOP

放送日: 2020年1月10日~2020年4月3日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 村瀬歩、石川界人、日野聡、入野自由、林勇、細谷佳正、岡本信彦、内山昂輝、斉藤壮馬、増田俊樹、名塚佳織、諸星すみれ、神谷浩史、江川央生、花江夏樹、宮野真守
(C) 古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

推しが武道館いってくれたら死ぬ

推しが武道館いってくれたら死ぬ

放送日: 2020年1月9日~2020年3月26日   制作会社: エイトビット
キャスト: ファイルーズあい、立花日菜、本渡楓、長谷川育美、榎吉麻弥、石原夏織、和多田美咲、伊藤麻菜美、前野智昭、山谷祥生、市ノ瀬加那
(C) 平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会

ダーウィンズゲーム

ダーウィンズゲーム

放送日: 2020年1月3日~2020年3月20日   制作会社: Nexus
キャスト: 小林裕介、上田麗奈、大森日雅、八代拓、花守ゆみり
(C) FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会

映像研には手を出すな!

映像研には手を出すな!

放送日: 2020年1月5日~2020年3月22日   制作会社: サイエンスSARU
キャスト: 伊藤沙莉、田村睦心、松岡美里、花守ゆみり、小松未可子、井上和彦、小野友樹、小林裕介、錦貫竜之介、井澤詩織
(C) 2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

コメント(1)
takenokontakenokon2020/04/12 17:44

リケコイは漫画原作ですよー

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。